フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第152号】(テキスト版)


カテゴリー: 2017年03月31日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
         第152号           2017年3月31日

  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ミャンマーでの違法伐採が多数報告されています。これと関連し、EUでは同
国からの木材輸入を規制する動きが出ています。
施行間近となったクリーンウッド法。全国各地で同法を周知するためのセミ
ナーが開催されています。フェアウッドでも、4月17日に行政、木材の輸入
および利用に関わる企業の方々を招いたクリーンウッド法セミナーを開催い
たします。様々な立場からの活発なディスカションをご期待下さい。
───────────────────────────────────
【違法伐採問題】
●2017.03.15 MyanmarNews:ミャンマー北部で「違法伐採」の中国人11名を逮捕
ミャンマー情報省によると、情勢が不安定な同国カチン州で地域掃討作戦を
実施していた国軍は3月11日、違法伐採に関与したとして中国人11名を逮捕し
たという。
国軍はカチン州バモー(Bamaw)県Manwanegyi地区の北西部に位置するManmaw村
で3名の中国人を逮捕。その後、現場から違法伐採を運搬するための車両58台、
10輪トラック4台、油圧ショベル(バックホー)1台、クレーン車1台の計64台
の車両と機械を押収した。

また、国軍はその地域を取り巻く掃討作戦を続け、別の違法伐採グループを
発見。車両20台、10輪トラック14台、油圧ショベル(バックホー)1台の計35台
の車両と機械を押収するとともに、8名の中国人を逮捕している。国防司令官の
オフィスによると、11名の中国人と99台の車両と機械がManwanegyi地区の警察
署に移送され、法的処置が取られるという。
詳しくはこちら
https://www.myanmar-news.asia/news_bCN1H73xPy.html

●2017.03.03 NNA ASIA:森林局が内部調査、違法木材の大量押収で
ミャンマー資源・環境保護省森林局は、1月末から大量の違法木材が押収され
たことを受け、内部調査に着手した。電子メディアのイラワジが1日伝えた。
森林局のゾー・ミン副局長は「過失や怠慢が原因ならば職員を解雇する。
賄賂を受け取るなどして事件に関与していた場合は提訴する」と話した。
すでに警察に報告した容疑者3人は逃走中という。
当局は1月24日、最大都市ヤンゴンの河川港、ミャンマー工業港(MIP)で2本
のコンテナから30トン以上のチーク材を押収。2日後にも同じ港で11本のコン
テナからシタン170トンを押収した。その後、ラインタヤ、シュエピタ、ダゴ
ン・セイッカン、南ダゴンの郡区で1,500トン以上の違法木材、市場価格45億
チャット(約3億7,800万円)相当を押収した。
詳しくはこちら
http://www.nna.jp/news/show/1578555

●2017.03.20 Mongabay:デンマークが、EU市場での企業によるミャンマーチークの販売を禁止
デンマークは先週、すべてのデンマーク企業に対し、EU市場でミャンマーか
ら輸入されたチークを販売することを禁じる差止命令を公示した。
同判決は、ロンドンのNGOである環境調査エージェンシー(EIA)により、デ
ンマークの木材企業であるKeflico社が、欧州連合の木材規制(EUTR)に違反
したという証拠を指摘された後に出された。
デンマーク環境保護庁の声明によると、監査は過去4年間にミャンマーから
チークを輸入していたデンマークの企業7社に対して行われた。チークは、
主に家具や造船に使用される熱帯広葉樹材だ。
監査の結果、ミャンマー当局が当該の木材がどこから来たのか、それが合法
に伐採されたかどうかを示す十分な文書がないために、デンマーク企業が違
法木材の輸入を避けることが事実上不可能であることが分かった。
原文はこちら(英語)
https://news.mongabay.com/2017/03/denmark-prohibits-companies-from-selling-myanmar-teak-on-european-union-markets/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+Mongabay+%28Mongabay+Environmental+News%29

●2017.03.21 VietNamNews:ベトナム・中部高原の保護林での違法伐採、密輸が発覚
さる日曜日の真夜中、中部高原のザライ省のレンジャーと警察は、保護林地
帯での違法伐採と木材の密輸を取り締まった。
Nhan Danの新聞報道によると、密輸はカンボジアとの国境付近のPo Ko川沿い
のベトナム国境警備隊の管轄内にあるIa Grai地区のIa Chiaコミューンで行
われた。
地方の行政当局は、森から川岸に木材を運ぶ人々のグループを発見した。そ
こで、別のグループが丸太を結び合わせて筏をつくり、川沿いに他の場所へ
と運ぶ。そしてduc co地区に持ち込まれて売却されるのだ。
原文はこちら(英語)
http://vietnamnews.vn/environment/373183/illegal-logging-smuggling-found-in-protected-central-highlands-forest.html#s8tdSorsbzcbpeK8.99

【中国情報】
●2016.03.13 中国木業信息網:今年5月1日からミャンマーが木材及び木製品の輸出を停止へ
ミャンマー林業生産者協会の情報によると、ミャンマーは2017年5月1日から
木材及び木製品の輸出を停止する。同協会によると、原材料の不足により、
国内材の国外への輸出は国内材の不足を招く恐れがあるため、当面は国内市
場の需要を最優先に考慮しなければならない。原材料の減少とコスト増によ
り、ミャンマーの木材及び木製品の輸出量は年々減少している。ミャンマー
では自然資源・環境保護省の規制により、2015年から木材及び木製品輸出を
削減していた。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/47494.html
 
●2017.03.08 中国木材木業網:2016年度にミャンマーで差し押さえられた密輸木材は4万トン以上
ミャンマー林業部門が公表した統計によると、2017年1月末までの2016-17年
度にミャンマー国内で差し押さえられた違法な密輸木材は40,825トンにのぼっ
た。4月以降、関連部門が差し押さえた違法な輸出木材のうち、チークが最も
多く、4月から10月までに差し押さえられた違法な輸出木材の量は毎月平均
7,000~8,000トンにのぼった。現在残っている森林の破壊を少なくするため、
ミャンマー政府は2016-17年度にチーク及び各種広葉樹の伐採を規制する政策
を発表したが、2017-18年度にはさらに今後10年間の伐採及び林製品の加工輸
出の削減計画を策定する予定である。
原文はこちら(中国語)
http://www.forestry.gov.cn/portal/xdly/s/5188/content-953880.html
 
●2017.02.27 中国木業信息網:ミャンマーの木材生産が回復へ、生産目標予測は27万トンに
ここ数年、ミャンマー政府は深刻な森林問題を解決するため、林業製品の生
産量を徐々に削減し、今年度は木材生産を全面的に停止し、政府の有効管轄
区域内での伐採を禁止した。次年度(2017-18年度)、ミャンマーは木材生産
を回復することが見込まれるが、生産量は27万トン前後に制限する。そのう
ちチークの生産目標は1,274トンである。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/47385.html

【日本は今!】
●2017.03.01 FSCジャパン:FSC日本国内森林管理規格の第2回パブリックコンサルテーション始まる
国際的森林認証制度、Forest Stewardship CouncilR(FSC、森林管理協議会)
の日本国内森林管理規格第2草案のパブリックコンサルテーションが始まった。
FSCの森林管理の規格は国際的に原則、基準が統一されているが、現在、その
下に国内の事情に合った指標を差策定している。規格は完成後、日本全国に
おけるFSC森林管理(FM)認証審査の際に使われる予定。昨年6~8月に行われた
第1回に続き、2回目のパブリックコンサルテーションとなる。誰でも意見の
提出が可能で、コンサルテーション期間中には、オンラインセミナー(4月7日)
や公聴会(4月19日)も予定されている。
詳細はこちら
https://jp.fsc.org/jp-jp/news/technical-updates/id/370
https://jp.fsc.org/jp-jp/news/technical-updates/id/373

●2017.03.03 森林保全へ新税 19年度にも、住民税に上乗せ 
総務省は森林環境の保全を目的とする地方新税の検討に入った。市町村が集
める個人住民税に年数百円程度を上乗せする方向。荒廃が進む森林整備や土
砂災害を防ぐ財源とし、二酸化炭素(CO2)の排出抑制につなげる。税収は
いったん国に集め、森林保全に多額の費用をかける自治体に多めに配り直す。
与党や都市住民の理解を得て、2019年度にも創設したい考えだ。
詳しくはこちら
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13616310T00C17A3EA1000/?n_cid=NMAIL001

●2017.03.08 日本経済新聞:双日、西北プライウッドと宮城県石巻市で合板の表面塗装加工会社を設立 
双日株式会社は、西北プライウッド株式会社とともに、型枠合板の表面塗装
加工会社、ドルフィンコート株式会社を設立しました。2017 年 5 月より、
双日建材株式会社がドルフィンコート社製造の針葉樹型枠用塗装合板のオリ
ジナルブランド「ドルフィンコート」の販売を開始し、2018 年には年商 60
 億円を目指します。
2020 年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は、調達する物品・
サービス等に使用される木材について国産材の優先的使用を奨励する「持続
可能性に配慮した木材の調達基準」を 2016 年 6 月に発表しました。また、
本年 5 月には、木材業者・商社・建設業者など、木材を扱う事業者に「合法
伐採木材」の利用を求める法律「クリーンウッド法(合法伐採木材等の流通
及び利用の促進に関する法律)」が施行予定であり、合法性が担保されてい
る国産材の積極的な活用への機運はますます高まっています。ドルフィン
コート社では、国産材を主原料とする合板の加工事業を通じて、伐採期を迎
えている国産材の利用を促進し、我が国の森林資源の有効活用に寄与すると
共に、持続的な森林経営に貢献します。
詳しくはこちら
http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP438820_Y7A300C1000000/

●2017.03.15 J-FIC:公共建築物の木造化で東北が全国をリード、政投銀が調査
公共建築物の木造化で東北地方が全国をリードしていることが、日本政策投
資銀行東北支店の調査でわかった。同調査結果によると、公共建築物の木造
率(床面積ベース)で全国1位は秋田県の36.9%、次いで2位は岩手県の33.5%
さらに山形県が29.9%で4位に入った。木造・木質化した公共建築物の件数で
も、トップの北海道(180件)に次いで、東北地方は167件で2番手につけている。
詳しくはこちら
http://www.j-fic.com/rinseibn/rn552.html

●2017.03.21 日経BP:王子ネピア、WWFジャパンと国際的森林認証「FSC」の普及促進でライセンス契約
王子ネピアは、環境保全団体の公益財団法人世界自然保護基金ジャパン
(WWFジャパン)と、国際的な森林認証制度「FSC(森林管理協議会)」の普
及促進を目的に提携することで合意した。同社は王子製紙を中核にする王子
ホールディングスグループ企業で、ティッシュペーパーやトイレットロール
を手掛ける。商標ライセンス契約を結び、啓発活動を展開する。 
家庭用紙メーカーとして日本で初めての取り組みという。ティッシュペーパー
やトイレットロールといった王子ネピアの身近な紙製品を通し、協働してFSC
の普及を進めることで、WWFが推進してきた森林資源の持続可能な利用につい
て日本の消費者への浸透を図る。王子ネピアが販売しているFCS対象商品全て
に啓発ロゴマークを表示する。 
詳しくはこちら
http://business.nikkeibp.co.jp/atclemf/15/238719/032102260/

●2017.03.17 大阪日日新聞:アウトドア用品大手 1次産業向けウエア好調
アウトドア用品大手のモンベル(大阪市西区)が、農業など1次産業向けのウ
エアの開発、販売を加速させている。農業現場の声を商品に取り入れ、アウ
トドア用品の開発で培った高機能素材とデザインを活用。林業や漁業用のウ
エアにも取り組みを拡大する。
同社が1次産業向けウエアの開発を始めたのは2013年春。アウトドアのフィー
ルドである田園や森林、海、川などの維持に関わりが深い農林水産業を守る
のが狙いだった。北海道東川町や鳥取県大山町など同社の地方の店舗では、
顧客がアウトドア用のウエアを着て農業をするケースが多いことも後押しした。
詳しくはこちら
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170317/20170317037.html

【パーム油関連】
●2017.03.27 SPOTT:企業の土地所有:隠された土地、隠されたリスク?
ロンドン動物園協会(ZSL)は、SPOTTで評価された世界最大のパーム油生産
者50社とトレーダー50社によって情報開示された土地保有に関する新しい分
析を発表した。
このSPOTTによるレポート「隠された土地、隠されたリスク? パーム油生産
に伴う土地保有に関する企業による報告改善の必要性」が示すところでは、
企業がマネジメントするすべての土地と各地域の詳細を公表していないこと
により、森林破壊などの環境リスクや社会的リスクを潜在的に隠す可能性が
あることを示している。
企業は、管理下にある様々な土地のタイプの明確な定義に従い、関連する日
付けを明記した定期的で一貫したレポートを提示する必要がある。持続可能
なパーム油のための円卓会議(RSPO)およびその他の基準策定者は、定義を
発展させ、定量的および空間的データを用いたハイクオリティーなレポート
を確保する役割を果たすべきである。
原文はこちら(英語)
http://www.sustainablepalmoil.org/landbank/?dm_i=1FF5,4RX5G,M1Y836,HYBB3,1

--------------------------------------------------------------
■ お知らせ
--------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★フェアウッド研究部会シンポジウム「世界の違法伐採問題と日本の木材消費
:合法伐採木材利用促進法の実施に向けて」
2017年4月17日(月)13:00~17:00@早稲田大学(予定)
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2016/ev_subcommittee_mtg.html#sympo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年5月のクリーンウッド法施行に向け、木材・木材製品の合法性に留まら
ず、持続可能性をも視野に入れ、法律の一歩も二歩も先を行く「フェアウッド
調達」に取組んでいただくべく、その取組みに必要な情報やツールを紹介する
場として調達分科会を開催いたします。
【日時】2017年4月17日(月)13:00~17:00(予定)
【場所】早稲田大学(予定)
【参加費】無料
【プログラム】(案)※内容は予告なく変更することがあります
講演:合法伐採木材利用促進(クリーンウッド法)の解説(林野庁(予定))

各業界団体からのクリーンウッド法対応計画の発表
パネルディスカッション~違法伐採木材の流入を防ぐために必要なことは?
【お申込み】下記のお申し込みフォームにてお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2f34f72a469866
フォーム記入ができない場合、「フェアウッド研究部会シンポジウム参加希望」
と件名に明記の上、1)お名前 2)ふりがな 3)ご所属(組織名及び部署名等)
4)Eメールアドレスを、メールにてinfo@fairwood.jpまで送付ください。

【お問合せ】
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本)
http://www.fairwood.jp、info@fairwood.jp、TEL:03-5825-9735
国際環境NGO FoE Japan(担当:三柴)
Tel: 03-6909-5983 / Fax: 03-6909-5986 / mishiba@foejapan.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★第16回フェアウッド研究部会
「その商品は人を幸せにするか」~ソーシャルプロダクツに学ぶこれからの商品開発
2017年4月26日(水)18:30~@東京・表参道
https://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2017/170426_ev_fwkenkyu16.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近年注目されている、「ソーシャルプロダクツ」とは環境や人、社会に対す
る特別な配慮がなされた商品・サービスのことで、オーガニックや環境配慮、
フェアトレード、復興支援に関係するものなどが含まれます。環境・社会・
人権などに配慮した木材「フェアウッド」もソーシャルプロダクツの1つです。

今なぜ「ソーシャル」が求められるのか、そしてソーシャルプロダクツには
どの様な可能性があるのかを、ソーシャルプロダクツ普及推進協会を設立し、
その普及に取組む同協会専務理事・事務局長の中間さんに、これからの商品
開発のヒントと合わせて、お話いただきます。

日時:2017年4月26日(水)18:30~21:30(開場:18:00)
場所:株式会社ワイス・ワイス(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
参加費:3,000円(懇親会費1,000円を含む。当日受付でいただきます)

【プログラム】
第1部:講演 「その商品は人を幸せにするか」
~ソーシャルプロダクツに学ぶこれからの商品開発
(中間大維氏/(一社)ソーシャルプロダクツ普及推進協会専務理事、事務局長)
第2部:懇親会
 
■講師紹介中間大維氏(なかまだいすけ)
一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会 専務理事/事務局長
株式会社SoooooS.カンパニー 代表取締役
 
東京大学大学院修了。花王株式会社にマーケティング職で入社し、商品開発
やブランドマネジメント等に従事する。その後、起業を経て、(一社)ソー
シャルプロダクツ普及推進協会を設立。現在、同協会の専務理事兼事務局長
としてソーシャルプロダクツの普及活動を推進するとともに、ソーシャルプ
ロダクツ専門のショッピング・情報サイト『SoooooS.(スース)』を運営す
る株式会社SoooooS.カンパニーの代表も務める。旅が好きで、現在までに中
南米やアフリカを中心に30カ国を訪問。そこで目の当たりにした社会的課題
に対して、自分なりに取組むことを人生のテーマの一つとする。

【お申込み】
お申し込みフォームにてお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0fb016c0441802
フォーム記入ができない場合、「第15回フェアウッド研究部会参加希望」と件
名に明記の上、1)お名前 2)ふりがな 3)ご所属(組織名及び部署名等)4)Eメ
ールアドレスを、メールにてinfo@fairwood.jpまで送付ください。
※定員50名 

【お問合せ】
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本)
http://www.fairwood.jp、info@fairwood.jp、TEL:03-5825-9735
ワイス・ワイス(担当窓口/広報課 野村)
http://www.wisewise.com、press@wisewise.com、TEL: 03-5467-7003

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆セミナー:インドネシアからゲスト来日!ボルネオの森林破壊とオランウータン」
4月13日(木)18:30~20:30@東京・表参道
http://plantation-watch.org/jatan/cop/about_cop/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東南アジアの熱帯林を住処とする「森の人」オランウータンは、現在ではス
マトラ島とボルネオ島の限られた場所でしか見られず、絶滅のおそれがある
動物としてレッドリストに掲載されています。木材生産等による熱帯林の減
少と劣化が生息地を狭め、近年ではアブラヤシ農園の拡大がオランウータン
への直接的な脅威となっています。オランウータンを追い詰めている現地の
開発問題は、「見えない油=パーム油」を通じて日本の私たちの生活とも深い
つながりを持っています。
 
このセミナーでは、インドネシアのボルネオ(カリマンタン)を中心に、
オランウータンの救助・保護活動を行っているオランウータン保護センター
(Centre for Orangutan Protection:COP)代表のハルディ氏を招き、オラ
ンウータンが直面する窮状と彼らの活動についてお話しいただきます。
パーム油の消費者でもある私たちに何ができるか、みなさんと一緒に考えた
いと思います。
 
またCOPの活動を紹介する日本語のウェブサイトを新たに立ち上げました。
ぜひご覧ください。
ウェブサイトはこちら→http://plantation-watch.org/jatan/cop/about_cop/
 
【プログラム】
1. 「日本とパーム油のつながり」
/中司 喬之(熱帯林行動ネットワーク)
2. 「森林開発からオランウータンを救え!」(逐次通訳付)
/ハルディ・バクチャントロ(Centre for Orangutan Protection:COP)
3. 質疑応答、ディスカッション
 
【日 時】2017年4月13日(木)18:30~20:30(開場18:15)
【会 場】地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
     東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1Fhttp://www.geoc.jp/access/
【参加費】500円
【お申込み】https://goo.gl/forms/2BiGVALwEQTL7Nfb2
 
【主 催】熱帯林行動ネットワーク(JATAN)
【共 催】ウータン・森と生活を考える会、プランテーション・ウォッチ
(国際環境NGO FoE Japan、サラワク・キャンペーン委員会、地球・人間環境
フォーラム、メコン・ウォッチ、レインフォレスト・アクション・ネット
ワーク日本代表部)
【協 力】ボルネオ保全トラスト・ジャパン、モア・トゥリーズ
【お問い合わせ】熱帯林行動ネットワーク(JATAN) 担当:中司
TEL:03-5269-5097/FAX:03-5269-5097
E-mail:info[@]jatan.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆グローバル・ウィットネス 最新の報告書
『違法行為の黙認:日本の自主的制度は違法木材取引を見逃している』
https://www.globalwitness.org/en/reports/wilful-ignorance/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の多くの国が違法伐採問題にとりくむ必要性に目覚めている。違法伐採は
熱帯雨林を破壊し、気候変動を悪化させ、森林に住む人々の住居、食料、薬を
奪い、豊かな森林をもちながら金銭的に貧しい国々の経済を損なう一方で、国
際組織犯罪を助長している。

この脅威の深刻さを理解する主要木材消費国の大半は、需要を抑制することで
違法木材市場に打撃を与えるべく、違法に調達された木材製品の輸入を禁止す
る措置をとってきた。しかし、日本は世界第4位の木材輸入国であるにも関わ
らず、G7 の中で現在、唯一、違法木材の輸入を禁止する法律を定めていない。

日本では違法木材の輸入を防ぐ法律がない中、木材の合法・違法を監視するの
は企業頼みである。本報告書は違法木材が日本の市場で取引される可能性に対
して、企業の自主規制がいかに効果を上げていないかを示唆している。グロー
バル・ウィットネスは日本の木材輸入大手7社の調達動向をアンケート調査と
追加調査によって調べ、違法木材を市場に流入させないための対策を評価した。

その結果、日本の主要7社が、違法伐採が横行し深刻な社会的・環境的被害
を生んでいるマレーシア・サラワク州の雨林から大量の木材を調達しているこ
とが分かった。

違法伐採の事実はよく知られているにも関わらず、日本の企業はサラワクから
の輸入品を精査して違法木材を排除する努力をほとんど行っていない。

詳しくはこちら(英語)。日本語版の報告書もダウンロードできる。
https://www.globalwitness.org/en/reports/wilful-ignorance/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆違法伐採についてのコーナーを更新しました
https://www.fairwood.jp/forest/illegallogging.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェアウッド・パートナーズのWEBサイトの違法伐採についてのコーナーをリ
ニューアルし、最近の国際的な違法伐採対策や、フェアウッド・パートナーズ
による日本国内の違法伐採対策を強化するための取り組みについて紹介してい
ます。

資料や過去に開催したセミナーの一覧などもございます。是非ご覧ください。

<構成>
・インドネシアの違法伐採
・ロシアの違法伐採
・消費国側の違法伐採対策(new)
・各政党の立法に向けた動き(new)
・NGOによるセミナー・資料とメディア掲載(new)
https://www.fairwood.jp/forest/illegallogging.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆パーム油について知るためのWEBサイト紹介
『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プランテーション・ウォッチでは、パーム油の消費者向けと企業向けのウェブ
サイトを立ち上げています。

一般消費者向けには、『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイトを通じ
て、【パーム油】が身の回りの多くの食品に多く含まれていること、そして、
その【パーム油】の生産のためのプランテーション 開発が引き起こしている
環境問題や社会問題について伝え、情報を発信しています。

パーム油を調達している企業向けには、パーム油の調達リスクに対処し、サプ
ライチェーン管理を実践するための情報や手順をまとめた情報提供サイト「パ
ーム油調達ガイド(http://palmoilguide.info)」があります。
是非、サイトをご覧いただき、ご活用ください。

『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぶ教材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の森林問題について学んでもらうための映像教材をフェアウッド・パート
ナーズが関わり作成しています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」(無料)
http://www.gef.or.jp/activity/forest/hitotoki/
「木の来た道」(定価3,000円/図書館価格:12,000円)(税別・送付料込)
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090623_publish_woew.html
「森の慟哭」(詳細下記参照)
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(三柴) Tel: 03-6909-5983 
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-5825-9735
E-mail: info@fairwood.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 585部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 585部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング