フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第143号】


カテゴリー: 2016年06月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
               第143号          2016年6月30日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバル・ウィットネスが6月に発表した報告書によると、世界では多くの環
境活動家が殺されるということが起こっています。そして、その報告書の発表
直後にマレーシア・サラワク州で先住民族の権利を守るために活動していた活
動家が殺される事件が起きました。南米ペルーでも違法伐採を行うマフィアが
幅を利かせているようです。違法伐採が行われるのは、その材の需要があり、
買う人がいるからです。輸入する消費国側の取り締まりも重要です。
───────────────────────────────────

【違法伐採問題】
●2016.06.24 Mongabay: マレーシア・サラワク州で先住民族の土地権保護の活動家が道路で殺される
先住民族の土地権の問題の活動家であり、またサラワク州の野党メンバーであ
ったビル・カヨンが日中、運転中に信号待ちをしていたところを銃で撃たれて
殺された。警察は殺人として捜査中で、目撃情報を求めている。
この事件は、NGOのグローバル・ウィットネスが環境活動家が世界中で殺されて
いるという報告書を発表した直後に起こった。グローバル・ウィットネスによ
るとサラワク州は、腐敗・汚染、先住民族コミュニティの人権侵害、環境破壊、
活動家への政府による抑圧が蔓延し、さらにそのような活動家への暴力行為
に対しての処罰がされていないという。同団体のリック・ジェイコブソンは、
「マレーシア当局は今回の事件の真相を早期に突き止め、裁きを受けさせなけ
ればならない」と述べている。
原文はこちら(英語)
https://news.mongabay.com/2016/06/malaysian-land-rights-activist-bill-kayong-murdered-in-broad-daylight/

●2016.06.22 EIA:日本のバイヤーがルーマニアでの違法伐採に拍車をかけている
日本の大手商社がヨーロッパに残る最後の広大な原生林での違法伐採に拍車を
かけていることがワシントンD.C.を本拠地とする環境調査エージェンシー(EIA)
の新しい報告書で明らかになった。「偽上の住宅:日本の新築住宅の犠牲
になる欧州の原生林/Built on Lies: New Homes in Japan Destroy Old 
Forests in Europe」と題する報告書では、オーストリア企業シュバイクホファー
社(Holzindustrie Schweighofer)のルーマニア国内の製材所からの輸出の50
%近くが主に住宅用建材として日本向けに出荷されており、2015年には合計20
0億円(1億6500万米ドル)に相当したことを示す、新たに入手された貿易デー
タを公開している。EIAが2015年10月に発表した報告書「Stealing the Last F
orest」で詳述したように、シュバイクホファー社の調達は、長年にわたり、
ルーマニアにおける違法伐採の誘引となってきた。
シュバイクホファー社への森林管理協議会(FSC)による最新の加工・流通(
CoC)認証発行の責任を負うQuality Austria社は、シュバイクホファー社へ
の認証発行における規則違反に関して苦情申し立てが行われた後、2016年6月3
日から新しいFSC認証発行を行うことを禁じられた。それとは別に、違法伐採
の「重大な嫌疑」にまつわるFSCの「組織とFSCとの関係に関する指針」に違反
に関するシュバイクホファー社の調査も現在FSCによって実施されている。
今回の報告書では、シュバイクホファー社から木材製品を購入する日本企業
、上位十社の名前を挙げている:1)阪和興業、2)住友林業、3)ラムセル(
銘建工業)、4)伊藤忠建材、5)双日建材、6)ジャパン建材、7)丸紅建材、
8)ナイス、9)篠原商店、10)吉銘。
詳しくはこちら(日本語)
http://eia-global.org/news-media/japanese-buyers-fueling-illegal-logging-in-romania-japanese-translation

●2016.06.20 Mongabay:レイシー法違反でグローバル・プライウッド社に捜索令状
6月の初めにカリフォルニアに拠点をおくグローバル・プライウッド・アンド
・ランバー社にレイシー法違反の疑いで捜索令状が出された。NGOのEIAによる
と同社はペルー政府が違法としているアマゾンからの木材を大量に米国に輸入
した疑いがもたれており、またそのために米国とペルー当局は協力していたと
いう。
EIAのボン・ビスマルク氏は「我々は何年にもわたり、ペルーでの違法伐採に
よる環境破壊と経済的また人権への影響について調査している。2014年には環
境保護家のEdowin Chotaが殺されている。それなのに、違法材取引でもうけて
いる者たちは何も罰せられていない。今回の件がこのような環境犯罪を取り締
まるきっかけになることを望んでいる」と述べている。
ペルーのび森林資源野生動植物監督機関(OSINFOR)のトップはこの1月に急に
退職したが、違法材の取引を強くしようとしていたことが原因だろうと言われ
ている。さらに、その前任者は、本人や機関に対する暴力的な脅迫がひどく、
最終的に国外に逃げることになった。その後、実際にOSINFORの地方事務所が
爆撃された。
EIAのペルー担当であるジュリア・ウルナガは、米国など輸入国による行動が
不可欠であると述べている。輸入側の行動も伴わなければ、ペルー現地での違
法材取り締まりの努力も報われない。違法伐採を行うマフィアは、国際的な需
要をもとに活動している。違法材の需要をなくさなければならない。
今回の件が米国のレイシー法施行以来の最新の案件となっている。現在までは
、ギブソン・ギター社とランバー・リクイデター社の件が注目されている。レ
イシー法が改正されたことによって、米国への違法材の輸入は32~44%減少し
たとされているが、いまだに毎年30億米ドルほどの違法材が輸入されていると
いう。
原文はこちら(英語)
https://news.mongabay.com/2016/06/search-warrant-executed-at-global-plywood-over-alleged-lacey-act-violations-2/

●2016.06.20 Guardian:環境活動家の死者数が最も多かった2015年
環境NGO グローバル・ウィットネスの調査報告によると少なくとも185人の活
動家が殺された。最も被害が多かったのは採掘反対活動で、反対運動の過程で
42人が死んでいる。
昨年少なくとも185人もの環境活動家が殺されており、これは今までで最も多
い数で、また昨年より60%も増加している。グローバル・ウィットネスは16ヵ
国で調査を行い、ブラジルが50人で最も多く、これはアマゾンでの違法伐採を
阻止しようとしていた活動家が多く含まれている。フィリピン33人、コロンビ
ア26人、ペルー12人、ニカラグア12人、コンゴ民主共和国11人と続く。
「鉱物、木材、パーム油などの製品の需要が高まる中、政府、企業、犯罪グル
ープは、そこに住む人びとを無視し土地を奪おうとしている。抵抗するコミュ
ニティの人びとは、企業、民間セキュリティ会社、警察、さらに雇われ殺し屋
などの標的となっている。我々が調査した以外にも報告されていないケースが
数多くある。政府はこの暴力の悪循環を止めるために早急に介入しなければな
らない。」とグローバル・ウィットネスのビリー・カイト氏は語る。
ブラジルでは、何千もの違法伐採者のキャンプが作られており、貴重なマホガ
ニー、エボニー、チークなどが伐採されている。このような犯罪者たちは、木
材企業や買収した役人たちの指示で地元住民を脅迫している。
ブラジルからの木材の80%が違法だと推定され、グローバル市場の違法材の25
%を占めると言われている。これらの木材は、英国、米国、欧州、中国に販売
されており、世界の森林減少の大きな原因となっている。
原文はこちら(英語)
https://www.theguardian.com/environment/2016/jun/20/environmental-activist-murders-global-witness-report
報告書はこちら(英語)
https://www.globalwitness.org/en/reports/dangerous-ground/

【世界の森林減少】
●2016.06.28 ナショナル・ジオグラフィック日本版:森林火災が地球におよぼすこれだけの影響~カナダの大規模森林火災は「対岸の火事」ではない
5月上旬にカナダのアルバータ州北部で発生した大規模な森林火災は、60万ヘ
クタール近くもの森を消失させた。この地域は大都市から離れているため、避
難を余儀なくされた8万8000人のフォートマクマレー住民を除いては、大きな
影響はないように思われるかもしれない。しかし近年の研究から、北方林の森
林火災は、地球に重大な影響を及ぼすことが明らかになってきている。
広大な森林と林床の土壌を焼き尽くす激しい森林火災は、温暖化から地球を守
ってきた北方林を変容させ、その役割まで変えてしまう。
詳しくはこちら
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/062700039/

●2016.06.13 Mongabay:ミシュラングループがゼロ・ディフォレステーション・ポリシーを適応
世界の三大タイヤメーカーの1つであるミシュラングループがゼロ・ディフォ
レステーション・ポリシーを原料であるゴム調達にあたって適応することを発
表した。ゴムの木のプランテーションへの転換により多くの森林が破壊されて
いるため、この動きは大変重要である。特に西アフリカと東南アジアがゴム生
産のために破壊されている。
今まで、大豆、パーム油、木材などのコモディティについては、NGOも活動を
活発にしていたが、今まであまりゴムは対象とされていなかった。また、ポリ
シーでは、地域のFPIC(自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意)
も尊重するとうたっている。
ミシュランのこの動きによりブリジストンとグッドイヤーも同様のポリシーを
作成することになるかもしれない。
原文はこちら(英語)
https://news.mongabay.com/2016/06/in-unprecedented-move-michelin-adopts-zero-deforestation-for-rubber-sourcing/

【パーム油関連】
●2016.06.27 SPOTT:パーム油生産会社大手50社の評価で半数以上が評価を改善
SPOTT(Sustainable Palm Oil Transparency Toolkit)では、年2回パーム油
生産会社大手50社の評価を実施しており、最新結果が発表された。28社(56%)
の会社の透明性が高くなり、カーギル社とムッシム・マス社が66%以上のス
コアを受け、「グリーン」と評価を改善した。ただし、IOIとFELDAは、RSPO認
証が取り下げられたこともあり、評価が大幅に落ちた。ただし、IOIはRSPOへ
の提訴を引き下げ、今後RSPO Nextを目指すと発表しているため、今年の11月
に実施する次の評価までに大きな進歩があることを期待している。
原文はこちら(英語)
http://technology-trust-news.org/1FF5-4A6ZH-07LNUV0D07/cr.aspx

●2016.06.08 World Resources Institute:パーム油のサプライチェーンでの森林破壊の状況を地図ツールで確認可能
パーム油はシャンプーなどの生活洗剤からお菓子にいたるまで、多くの消費財
に含まれている原材料だが、その生産のためには多くの犠牲が払われている。
とくにパーム油生産の85%以上を担っているインドネシアとマレーシアでプラ
ンテーション造園のために森林破壊が行われている。パーム油を調達する企業
は、サプライチェーンが複雑なパーム油の製造元を確認することが難しかった
が、新しいPALMというリスクツールによりそれが可能になった。
このグローバル・フォレスト・ウォッチによる新しいツールは、衛星をもとに
したデータを活用しており、800以上の工場の森林減少リスクをはかることが
できる。また新しい工場データも随時追加される。
原文はこちら(英語)
http://www.wri.org/blog/2016/06/companies-can-now-spot-deforestation-their-palm-oil-supply-chains-it-happens?utm_campaign=wridigest&utm_source=wridigest-2016-06-14&utm_medium=email&utm_content=learnmore

●2016.06.07 The Guardian:IOIグループがRSPOへの提訴を取り下げ
世界有数のパーム油生産企業で、ユニリーバやネスレにも供給していたIOIグ
ループは、RSPO認証の要求に見合うような是正措置を年内に実施するつもりだ
という。
IOIグループは、インドネシアでの森林減少防止策を怠っていたとして、持続
可能なパーム油のための認証であるRSPO認証を2016年4月に停止されていた。
主要な顧客であったユニリーバ、マース、ケロッグ、ネスレなどはその後すぐ
にIOIからの購入を停止した。そして5月にIOIはRSPO認証停止は不当だと提訴
していた。しかし、6月6日IOIは提訴を取り下げると発表した。
グループのCEOであるDato’ Lee Yeow Chor氏によるとRSPOの最高レベルの
Next認証システムに見合うように行動計画を策定し、2016年までに対応すると述
べた。ただし、行動計画の詳細は明らかにされていない。
原文はこちら(英語)
http://www.theguardian.com/sustainable-business/2016/jun/07/palm-oil-ioi-rspo-unilever-nestle-kelloggs-mars-deforestation-indonesia

【中国情報】
●2016.06.17 北京晨報:世界の紅木の輸出国は続々輸出政策を縮小へ
現在、中国の紅木(紫檀・黒檀などの家具用高級木材)の輸入依存度は90%を
超えているが、世界の紅木輸出国は輸出政策を続々と縮小している。 
6月初め、ラオス政府は各種樹種、木製品、鑑賞用植物の輸出に関する新たな
禁止令を公布、5月にはベニン政府が木材の輸出を厳しく制限することを宣言
した。4月末、ミャンマーは国内すべての木材企業の木材伐採及び加工を停止
し、4月中旬にはガボン政府が民間企業による風乾製材の輸出制限する新たな
規則を策定、3月末には、西アフリカ6ヵ国の森林専門家が会議を開き、地域
内の木材輸出規制メカニズムについて議論した。
資源が枯渇し、木材輸出禁止令が続々と制定される中、中国の紅木家具企業が
市場の変化に対応するには資源利用率を高めるしかないだろう。
原文はこちら(中国語)
http://www.chinatimber.org/price/60778.html

●2016.06.09 中国木業信息網:ロシアの原木が中国の木材市場のトップに返り咲き
最新の統計データによると、ルーブルの価値下落などの要因により、ロシアの
原木は中国木材市場トップの地位を回復した。
2016年1~4月に中国が輸入したロシアの原木の総量は387.19万立方メートルに
のぼり、前年より12.43万立方メートル、3.32%増えた。そのうち紅松および
樟子松の原木輸入量は165万4,481立方メートル、雲杉・冷杉は165万1,241立方
メートルであった。
原文はこちら(中国語) 
http://www.wood168.net/woodnews/45506.html

【日本は今!】
●2016.06.28 中日新聞:国際認証の天竜材活用 浜松の中部中
森林環境協議会(FSC)の国際認証を受けた天竜材を、小中一貫校として来春
開校する浜松市中部中学(中区)の校舎や体育館に活用するプロジェクトグル
ープの設立総会が27日、市役所であった。建設業と木材の加工、流通業など一
団体七社と、市が官民連携で進める。学校施設にFSC認証材を使用するのは全
国で初めて。
詳しくはこちら
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160628/CK2016062802000046.html

●2016.06.17 日刊工業新聞 JAPIC/次世代林業モデルで重点政策提言/木の良さ実感、「城郭」を体験施設に 
日本プロジェクト産業協議会の森林再生事業化委員会は16日、林野庁の今井敏
長官を訪ね、「次世代林業モデル・16年度重点政策提言」を提出した。国産材
の利用を拡大するため昨年の提言にも盛り込んだ木の良さを実感できる体験型
施設の整備として今回は「城郭」に着目。江戸城天守跡に本丸御殿の一部を復
元し、体験パビリオンとして公開することを提案した。
詳しくはこちら
http://www.decn.co.jp/?p=70514

●2016.06.15 建設通信新聞:木材調達基準を策定/有明体操競技場に初適用
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、今後発注する工事
などに適用する「持続可能性に配慮した木材の調達基準」を策定した。建設材
料に使用する製材、集成材、直交集成板、合板、単板積層材、フローリング、
建設に使用するコンクリート型枠合板などが対象となる。大梁に木材を活用す
る有明体操競技場を念頭に検討を進めてきたもので、同競技場は今夏に実施設
計・施工一貫のデザインビルド(DB)方式で発注する。
http://www.kensetsunews.com/?p=67937

●2016.06.13 J-Fic:五輪施設は国産材を優先使用、WTOルールには抵触せず
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、6月13日に「木材の調達基準
」を策定・公表した。施設整備にあたっては、FSC・PEFC・SGECの認証を取得
している国産材を優先的に使用するとし、民間施設の場合はWTOの内外無差
別原則に抵触しないとの考え方を示した。
詳しくは、「林政ニュース」(第535号、6月22日発行)

●2016.06.08 林野庁:公共建築物の木造率が初めて10%を超える結果となった
平成26年度に着工された公共建築物の木造率(床面積ベース)は、前年度から
1.5ポイント増加し10.4%となり、初めて10%を超える結果となりました。
詳しくはこちら
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/160608.html

●2016.06.07 FSCジャパン:FSC日本国内森林管理規格のパブリックコンサルテーション始まる
国際的にも信頼度の高い森林認証制度、Forest Stewardship Council®(FSC、
森林管理協議会)の日本国内森林管理規格第1草案のパブリックコンサルテー
ションが始まった。FSCの原則と基準は2012年に改定されたが、その後さらに
基準の下の指標段階の統一も図られ、昨年約200に及ぶ国際標準指標が発表さ
れた。現在FSCジャパンでは、この国際標準指標を基に日本の実情に合った国
内規格の策定作業を進めており、今回のコンサルテーションはその草案につい
て広く意見を募る初めてのものとなる。コンサルテーション期間中、オンライ
ンセミナーや公聴会の実施も予定されている。この規格は、2017年末に完成予
定で、完成後は日本全国におけるFSC森林管理(FM)認証審査の際に使われるも
のとなる。
詳細はこちら
https://jp.fsc.org/jp-jp/news/technical-updates/id/283

●2016.06.03 SGEC:SGECとPEFCの相互認証
SGECが国際認証制度として発展するために、2014年にPEFCへ加盟し、引き続き
PEFC認証制度との相互承認の申請を行うこととして、基本的な枠組みとなるSG
EC規格文書について意見公募(パブリックコメント)を実施したほか,SGECス
テークホルダー会議、同専門部会、同評議委員会、同理事会等を開催し審議を
して参りましたが、この度必要な手続きを終えPEFCとの相互承認の申請を2015
年3月27日に行い、2016年6月3日に相互承認が認められた。
詳しくはこちら
http://www.sgec-eco.org/index.php?PEFC%E7%9B%B8%E4%BA%92%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E7%8F%BE

●2016.06.02 日本経済新聞:浜松市、林業振興へ官民連携協議会 東京五輪で採用へPR本格化
浜松市などは1日、林業振興に向けた官民連携の協議会を設立した。製材業や
建設業、金融機関など、木材流通の川上から川下までの110社・団体が参画す
る。浜松市は森林環境保全の国際認証「FSC認証」を受けた森林の面積が約4万
3000ヘクタールと、全国の市町村で最大。2020年東京五輪の競技施設での採用
を見据え、PR活動を本格化する。
名称は「浜松地域FSC・CLT利活用推進協議会」。同日、浜松市内のホテルで開
いた設立総会では、会長に中村建設(浜松市)の中村信吾会長、運営委員会委
員長に須山建設(同)の須山宏造社長を選任した。
今後は、7月にセミナー、8月にはFSC認証材使用物件の視察会などを予定する。
企業や団体の参加希望は随時受け付ける。同様の協議会は全国でも珍しい。
浜松信金、遠州信金と市が結んだ「地方創生に係る相互協力および連携に関す
る協定書」による取り組みの一環。鈴木康友市長は「売れる林業を目指し、五
輪も追い風にしてビジネスチャンスにつなげる。海外展開の可能性も探る」と
話した。
詳しくはこちら
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO03078560R00C16A6L61000/

--------------------------------------------------------------
■ お知らせ
--------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆第8回フェアウッド研究部会
フェアウッド的木造建築と街づくり
2016年7月27日(水)18:30~21:30@東京・表参道
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2016/160727_ev_fwkenkyu8.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェアウッド研究部会第8回は、「生活・コミュニティーを考慮したエネルギ
ー効率の良い、ユーザ支店に立った住居環境や街づくり」を提唱されている法
政大学の網野禎昭 教授。
今回は、「フェアウッド的木造建築と街づくり」と題してご講演いただきます。

●開催概要
日 時:2016年7月27日(水)18:30~21:30(開場 18:00) 
場 所:株式会社ワイス・ワイス(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
会 費:3,000円(懇親会費含む、当日受付でいただきます) 

プログラム(内容は予告なく変更することがあります) 
第1部:講演 フェアウッド的木造建築と街づくり
(網野禎昭氏/法制大学デザイン工学部建築学科教授)

第2部:懇親会

【講師プロフィール】
網野 禎昭(あみの よしあき) <法政大学デザイン工学部建築学科教授>
1967年生まれ。静岡県出身。
1999年 スイス連邦工科大学建築土木環境工学部 アシスタント
2004年 ウィーン工科大学建築学部 アシスタント・プロフェッサー
2010年 法政大学デザイン工学部建築学科教授、ウィーン建築家協会設計競技
専門員、オーストリア政府交通技術革新省助成・中高層木造プロジェクト委員。
受賞歴/2005年 オーストリア・シュバイクホッファー賞、2015年度グッドデ
ザイン賞 ベスト100「新築住宅[木のカタマリに住む]」
また、環境や社会に配慮したエシカルなライフスタイルへと繋げるために様々
な活動にも従事。

【お申込み】
お申し込みフォームにてお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0fb016c0441802

フォーム記入ができない場合、「第8回フェアウッド研究部会参加希望」と件
名に明記の上、1.お名前2.ふりがな3.ご所属(組織名及び部署名等)4.Eメー
ルアドレスを、メールにてinfo@fairwood.jpまで送付ください。 

【お問合せ】
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本)
http://www.fairwood.jp、info@fairwood.jp TEL:03-5825-9735
ワイス・ワイス(担当窓口/広報課 野村)
http://www.wisewise.com、press@wisewise.com、TEL: 03-5467-7003

【関連情報】
フェアウッド研究部会
原則、毎月第3木曜日の夜に開催しています。詳細が決まり次第、WEBサ
イトでお知らせしていきます。
https://www.fairwood.jp/consultation/kenkyu.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オルタナ45号 2016年8月号(2016年6月29日発行)
特集:木と紙のリスクはグレーゾンにあり
http://www.alterna.co.jp/18190
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の違法伐採木材は木材貿易の10-30%を占め、その取引額は最大年間16兆円
に達するという。各国政府は違法伐採の法的規制を強め、日本でも遅ればせな
がら今年5月にクリーンウッド法が成立したが、残念ながら強制力はない。ブ
ラック(完全な違法)な木材ではないから使うというスタンスでは、日本企業
は大きな事業リスクを抱えることになる。
◆日本の取り組み  不十分
◆「紛争コピー用紙」 認証任せは禁物
◆産出国を組み込み法制化 EUの国際森林政策
◆米改正レイシー法で罰金続出、有罪判決も

フェアウッド・パートナーズが協力をした「違法伐採リスク「見える化」マッ
プ」も掲載されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)第160回研究会のご案内>
                          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日  時: 2016年8月24日(水)15:00~17:00
テーマ:「合法木材推進法の成立による木質バイオマス発電への影響~入念な
確認(デューデリジェンス)の導入~」
講演者:坂本有希氏(一般財団法人地球・人間環境フォーラム 企画調査部長)
会  場:地球環境パートナーシッププラザ
    (東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F)
    地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分
    http://www.geoc.jp/access
参加費:BIN会員 無料、一般 1,000円

※2016年5月、合法木材推進法(合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関す
る法律)が国会で可決・成立しました。

※同法では、合法木材の利用推進のため、合法伐採木材等の利用を確保するた
めの措置を適切かつ確実に講ずる木材関連事業者は、「登録木材関連事業者」と
いう名称を用いることができるとし、政府調達はこの登録事業者のみが対象とな
ります。

※登録事業者には、木材の合法性について「入念な確認(デューデリジェンス
)」が求められます。

※同法の成立によって、木質バイオマス発電にどのような影響が出るのか、長
年、違法伐採木材の問題に取り組んできた、一般財団法人地球・人間環境フォーラ
ムの坂本有希さんに伺います。

※バイオマスの持続可能な利用や調達をどのように行っていくのか、参加者の
皆様とともに活発なディスカッションができれば幸いです。

※参加をご希望される方は、下記よりお申し込みください。
http://www.npobin.net/apply/

※サーバーの不調等で送信できない場合は、お手数ですがお名前、お名前ふり
がな、ご所属、電話番号、E-mailアドレスをご記入いただき、E-mail:
mail@npobinn.net までお送りいただくか、faxもしくはお電話にてお申し
込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆グローバル・ウィットネス 最新の報告書
『違法行為の黙認:日本の自主的制度は違法木材取引を見逃している』
https://www.globalwitness.org/en/reports/wilful-ignorance/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の多くの国が違法伐採問題にとりくむ必要性に目覚めている。違法伐採は
熱帯雨林を破壊し、気候変動を悪化させ、森林に住む人々の住居、食料、薬を
奪い、豊かな森林をもちながら金銭的に貧しい国々の経済を損なう一方で、国
際組織犯罪を助長している。
この脅威の深刻さを理解する主要木材消費国の大半は、需要を抑制することで
違法木材市場に打撃を与えるべく、違法に調達された木材製品の輸入を禁止す
る措置をとってきた。しかし、日本は世界第4位の木材輸入国であるにも関わ
らず、G7 の中で現在、唯一、違法木材の輸入を禁止する法律を定めていない。
日本では違法木材の輸入を防ぐ法律がない中、木材の合法・違法を監視するの
は企業頼みである。本報告書は違法木材が日本の市場で取引される可能性に対
して、企業の自主規制がいかに効果を上げていないかを示唆している。グロー
バル・ウィットネスは日本の木材輸入大手7社の調達動向をアンケート調査と
追加調査によって調べ、違法木材を市場に流入させないための対策を評価した。
その結果、日本の主要7社が、違法伐採が横行し深刻な社会的・環境的被害
を生んでいるマレーシア・サラワク州の雨林から大量の木材を調達しているこ
とが分かった。
違法伐採の事実はよく知られているにも関わらず、日本の企業はサラワクから
の輸入品を精査して違法木材を排除する努力をほとんど行っていない。
詳しくはこちら(英語)。日本語版の報告書もダウンロードできる。
https://www.globalwitness.org/en/reports/wilful-ignorance/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆違法伐採についてのコーナーを更新しました
https://www.fairwood.jp/forest/illegallogging.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェアウッド・パートナーズのWEBサイトの違法伐採についてのコーナーをリ
ニューアルし、最近の国際的な違法伐採対策や、フェアウッド・パートナーズ
による日本国内の違法伐採対策を強化するための取り組みについて紹介してい
ます。
資料や過去に開催したセミナーの一覧などもございます。是非ご覧ください。

<構成>
・インドネシアの違法伐採
・ロシアの違法伐採
・消費国側の違法伐採対策(new)
・各政党の立法に向けた動き(new)
・NGOによるセミナー・資料とメディア掲載(new)
https://www.fairwood.jp/forest/illegallogging.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆「『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト」のご案内
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プランテーション・ウォッチが新たに消費者向けのウェブサイトを立ち上げ
ました。
一般消費者の方々に【パーム油】が身の回りの多くの食品に多く含まれている
こと、そして、その【パーム油】の生産のためのプランテーション 開発が引
き起こしている環境問題や社会問題について伝え、情報を発信していくサイト
です。日本では、まだまだ知られていないこの【パーム油】の存在を多くの人
に知っていただくために作成しました。【パーム油】に関する動画も集めてみ
ました。

是非、このサイトをご覧いただき、ご活用いただければと思います。
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぶ教材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の森林問題について学んでもらうための映像教材をフェアウッド・パート
ナーズが関わり作成しています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」(無料)
 http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/dvd_hitotoki.html
「木の来た道」(定価3,000円/図書館価格:12,000円)(税別・送付料込)
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090623_publish_woew.html
「森の慟哭」(詳細下記参照)
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(三柴) Tel: 03-6909-5983 
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-5825-9735
E-mail: info@fairwood.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

───────────────────────────────────

■今回の記事はいかがでしたか?
 下記ページより、あなたが記事の評価を行う事ができます!
  http://melma.com/score_g011B8Blg0Gzr3Y1K0z5I5b4a51ffe72/ 

□このメルマガのバックナンバーやメルマガ解除はこちら
  http://melma.com/backnumber_83539/ 
□その他のメルマガ解除や登録メルマガの検索はこちら
  http://melma.com/contents/taikai/ 
───────────────────────────────────


フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 585部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 585部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング