フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第136号】(テキスト版)


カテゴリー: 2015年11月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
	
  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
               第136号             2015年11月30日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラオス、ルーマニア、ロシア等での違法伐採が報告されています。
合法性の担保へ向けた取り組みが進むなか、問題は依然として存在し続けて
います。
───────────────────────────────────
【違法伐採問題】
●2015.11.09 AseanPortal:ラオスから中国へ違法伐採の木材輸出が急増、現地の自然が破壊される
国際NGO団体で世界最大規模の自然環境保護団体である世界自然保護基金
(WWF)は、ラオスにおける森林の違法伐採の状況を調査した結果、中国やベト
ナムに輸出する木材の大多数が違法伐採による木材であり、今後もこの状況
が続くとラオスの森林に深刻な被害を与え、現地に住む人々へ悪影響を与え
ることとなる、と報告書で明らかにした。
この報告によると、ラオス政府では森林の伐採に関する厳密な管理が実施出
来ていないため、輸入国から報告される木材輸入量とラオス政府が発表する
輸出量においては大きな差異がみられている。2013年の場合では、ラオス政
府が公式に発表した輸出量と、実際に他国が発表した輸入量を比較した場合
政府が把握している輸出量は8%程度となっている。この残りの92%のほぼ全て
が違法伐採により輸出された木材とみられる。この様にラオス政府では森林
伐採の厳格な管理が出来ていない状況のため、違法伐採が横行し、年々状況
が悪化することとなっている。
詳しくはこちら
http://portal-worlds.com/news/laos/4712

●2015.10.21 theGuardian:オーストリアの大手木材会社、ルーマニアにおける違法伐採で告発される
ヨーロッパ全土のDIYストアに木材を供給しているオーストリアの大手木材会
社が、違法伐採された木材の調達により、ルーマニアに残存しているヨー
ロッパ最後の原生林を破壊していると告発された。
NGOのEIAによる2年間の調査で、シュヴァイフォファー社の職員が、バイヤー
に扮した調査員に、違法木材の購入を申し入れている現場の音声記録と
明らかにルーマニアの法律に違反している印のない木材がシュヴァイフォ
ファー社の倉庫に積まれている映像記録が残されている。シュヴァイフォ
ファー社は、ルーマニア最大の針葉樹取扱い企業で、ルーマニアの年間生産
量のおよそ40パーセントを加工している。ルーマニアの広大な原生林は
バイソンやオオヤマネコそしてクマのすみかであり、ここ10年間に28万ヘク
タール以上が消滅している。衛星写真による分析によれば、その多くが違法
伐採によって失われているという。
原文はこちら(英語)
http://www.theguardian.com/environment/2015/oct/21/holzindustrie-schweighofer-austrian-timber-firm-accused-of-illegal-logging

●2015.10.30 AFP:アマゾンで大森林火災、2か月延焼 違法伐採業者が放火か
ブラジルのアマゾン(Amazon)熱帯雨林で2か月にわたり大規模な森林火災が
延焼を続けており、先住民族の居住地を脅かしていると、国際環境保護団体
グリーンピース(Greenpeace)が28日報告した。先住民族の土地に不法侵入
した違法伐採業者が放火した疑いがあるという。
グリーンピースによると、この森林火災ではこれまでに、アマゾンの密林の
外れに位置するマラニョン(Maranhao)州にあるアラリボイア先住民保護区
の敷地41万3000ヘクタールのうち、少なくとも45%が焼けた。先住民族グア
ジャジャラ(Guajajara)約1万2000人と、さらに奥地に暮らすアワ・グア
ジャ(Awa-Guaja)80人の居住地に被害が出ているという。
詳しくはこちら
http://www.afpbb.com/articles/-/3064820

●2015.11.17 TheHuffingtonPost:APRIL社の新たな「持続可能な森林管理方針」発表直後にNGOが違反報告
インドネシアのスマトラ島を中心に自然の森を破壊し植林地を拡大してきた
製紙メーカーAPRIL社。1990年代にはじまった同社による自然の熱帯林の破壊
は、貴重な野生生物の生息地を奪い生存を脅かすだけでなく、地域住民との
社会紛争や森林火災、煙害など様々な負の影響を引き起こしてきました。
2015年6月、APRIL社は新たに「持続可能な森林管理方針(SFMP 2.0)」を発
表しましたが、直後に同社に原料を供給するサプライヤーが自然林の皆伐を
行なっていることが報告されました。
詳しくはこちら
http://www.huffingtonpost.jp/wwf-japan/indonesia-forest_b_8572434.html

●2015.11.10 NationalGeographic:木々からトラまで。違法伐採の代償の実態とは。
ランバー・リクイデイターズの広告は必ず目につく。見逃すのは難しい。
黄色の背景に、でかでかとした黒い文字で、広葉樹フローリングの小売安値
をうたっている。そして先月、こうした安い木材の一部の出所が明らかに
なった。
バージニア州に本社を置くランバー・リクイデイターズ社は、法廷において
バイカル湖から太平洋まで広がる、極東ロシアの森林で違法に伐採された木
材を購入したという罪状を認めた。違法伐採は、周辺地域の生態系を破壊し
絶滅の危機にあるシベリアトラやアムールヒョウの生命を脅かしている。
原文はこちら(英語)
http://news.nationalgeographic.com/2015/11/151110-timber-russian-far-east-illegal-logging-siberia/

【パーム関連情報】
●2015.11.16 EIA:信頼に足らない監査人がパーム油グループの「持続可能性」の要求を弱体化させる
今日公開される新しいレポートは、何千もの製品に使用されるパーム油を購
入する消費者に、それが持続可能であることを保証する国際システムに重大
な障害があると暴いています。
持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)は、2004年に設立された業界
団体であり、承認の証明書があるパーム油が、原生林の破壊、絶滅危惧種の
生息地の損失、先住民族やコミュニティの権利侵害へ加担していないことを
示し、消費者を安心させることを使命としている。
しかしながら、新しいレポート「Who Watches the Watchmen」において環境
調査エージェンシー(EIA)は、持続可能な生産を表すRSPOの保証を支える精
査システムにおける重大な欠陥を明らかにしている。
原文はこちら(英語)
https://eia-international.org/dodgy-auditors-undermine-palm-oil-groups-sustainability-claims

●2015.11.19 WRI:新しいGFW地図、サラワク州での広大な伐採、パームプランテーションのコンセッションを示す
歴史的に豊かな森林をもつボルネオ島に位置するマレーシアのサラワク州は
高い森林減少率により苦しめられているが、このダイナミックを理解するこ
とは、政府の秘密主義と透明性の欠如により困難になっている。サラワク州
の公式の伐採、パーム、木質繊維コンセッションの地図は、政府が公的に利
用可能なフォーマットでこのデータを公開していないために入手が困難であ
る。しかしこのようにサラワク州がこの情報を隠蔽し続けることは驚くべき
ことではない。グローバル・フォレスト・ウォッチが公開した商業伐採
パーム、および人工林のコンセッションを示すこの新しい地図は、サラワク
州の半分がコンセッションで占められ、開発により世界においても最も高い
減少率を示すセンシティブな未開発林と重なっていることがしばしばみられる。
原文はこちら(英語)
http://www.wri.org/blog/2015/11/new-gfw-maps-show-vast-logging-oil-palm-and-plantation-concessions-sarawak?utm_campaign=wridigest&utm_source=wridigest-2015-11-24&utm_medium=email&utm_content=learnmore

【中国情報】
●2015.11.16 中国木材・木製品流通協会:国家基準「商用木材・木製品ラベル」が正式に実施
国家品質監督検査検疫総局・国家標準化管理委員会は今年7月3日、国家基準
「商用木材・木製品ラベル」(GB/T31783-2015)を認可・公布し、11月2日か
ら実施を始めた。全国統一の国家基準の実施により、木材・木製品市場の秩
序を規範化し、木材・木製品生産経営企業の品質意識を強化し、木材・木製
品を購入する消費者が騙されて損をすることのないよう、基準根拠が提供さ
れる。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/43923.html

●2015.10.26 科学網:中国のユーカリの人工林の年間生産量は3000万立方メートルを超える
中国林学会・中国林業科学院は先日、2015年ユーカリ国際学術フォーラムを
広東省で共同開催した。全国緑化委員会副主任、中国林学会理事長の超樹叢
氏は、中国のユーカリの人工林の面積は森林面積全体のわずか2%にあたる
450万ヘクタールであるが、年間生産量は3000万立方メートルを超え、全国の
年間木材生産量の26.9%にのぼると指摘した。
原文はこちら(中国語) 
http://news.sciencenet.cn/htmlnews/2015/10/329338.shtm?id=329338

【日本は今!】
●2015.11.26 福島民報:「認証森林」取得後押し 県方針CLT生産増、流通促進 「東京五輪で活用」政府に働き掛けへ
県は林業再生の切り札として期待されている直交集成板(CLT)の生産拡大と
流通促進に向け、環境保全の証しとして国際市場で定着している国際資格
「認証森林」の取得を後押しする。今年度末で期限切れとなる森林環境税の
期間を延長し、税収を普及財源に充てる方針。県や林業団体は木材をCLTに加
工し、東京五輪の関連施設整備に活用するよう政府に働き掛ける。
県は県産CLTの流通量増加には国際的な信用の確保が不可欠となるとみており
認証取得の補助制度などで支援する。税収として見込まれる約1億円の一部を
補助制度の財源に充てるため森林環境税を28年度から5年間延長する条例改正
案を12月定例県議会に提出する方針だ。
詳しくはこちら
http://www.minpo.jp/news/detail/2015112626990

●2015.11.09 J-FIC:宮崎県庁講堂の床を県産スギの圧密材に全面張り替え
宮崎県は、知事の定例記者会見などに使われている県庁講堂の床面を、ビ
ニール製の床材から県産スギの圧密材に張り替えた。公的スペースでの県産
材利用を促進する「みやざ木おもてなし推進事業」により、約2か月の工期で
全面的にリニューアルした。
詳しくはこちら
http://www.j-fic.com/rinseibn/rn520.html

●2015.11.11 日本経済新聞:針葉樹合板の減産緩和 セイホクなど、住宅用出荷増える 
住宅の壁や床に使う国産針葉樹合板の大手メーカーが減産を緩和している。
新設住宅着工が持ち直し、住宅メーカー向けの出荷が増えているためだ。
最大手のセイホク(東京・文京)は、7月から昨年の最大月産量に比べ3割減
産していたがここに来て2割に縮小。林ベニヤ産業(大阪市)も2割を1割に
縮めた。針葉樹合板の出荷量は増えている。9月の出荷量は22万9630立方メー
トルと前年同月と比べて5%多い。
出所はこちら
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO93890670R11C15A1QM8000/

●2015.10.31 日本農業新聞:足元の資源 副収入に 自伐型林業「もうかる」 
所有する山や地域の森林で、木の伐採から搬出、出荷までを自力で担う「自
伐型林業」が中山間地域で広がってきた。森林組合や専門の業者に管理を委
託するケースが圧倒的だったが、自身で担えば新たな所得確保につながるた
めだ。地元の農家は「手間を掛けないで、足元の資源でもうけることができ
る」と手応えをつかむ。
詳しくはこちら
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=35199

--------------------------------------------------------------
■ お知らせ
--------------------------------------------------------------
☆ビジネスと人権セミナー  マレーシア・サラワク州における違法伐採
~日本のサプライチェーンとのつながり
2015年12月2日(水) 13:30~16:30
@新宿住友スカイルーム
--------------------------------------------------------------
https://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2015/151202_ev_sarawakseminar.html

マレーシア最大の州サラワクにおける森林開発は、かつて豊富にあった自然の
熱帯雨林を激減させ、何世紀にも渡って森林で生活し、森林に依存してきた先
住民族の生活様式に重大な影響を及ぼしています。明らかに違法な伐採行為だ
けでなく、木材伐採に関連して起きている先住民族の慣習法上の権利(NCR:
Native Customary Right)侵害について、訴訟や市民・国内外のNGOによって
指摘されているにもかかわらず、現地の伐採企業はそれを改めるに至っていま
せん。

その背景にはサラワク州産の木材の最大の輸入国である日本の存在があります。
一方、2011年に国連から出された「ビジネスと人権に関する指導原則」
では、現地法や現地政府の対応にかかわらず国際的な基準で国家には人権を保
護する責任が、企業には人権を尊重する責務がうたわれており、先住民族の土
地に関する権利は人権の一つに含まれています。 本セミナーでは、グローバ
ル・ウィットネスとヒューマンライツ・ナウによるマレーシア・サラワク州に
おける違法伐採についての最新レポートの発表にあわせて、現地で先住民族問
題に携わる活動家に最新の現地の状況を報告していただきます。さらに、サラ
ワク州の違法伐採とそれに伴う先住民族の権利侵害をこれ以上広げないために、
日本の企業・政府・NGOが何をすべきなのかを議論します。

●開催概要
日 時: 2015年12月2日(水) 13:30~16:30(予定)
場 所: 新宿住友スカイルーム(地図)
参 加: 無料 (要予約)
言 語: 日本語/英語(逐次通訳あり)

●プログラム〈内容は予告なく変更する可能性があります〉
<講演>
・責任ある木材調達:東京オリンピックに向けて
(ハナ・ハイネケン氏/グローバル・ウィットネス、シニア・ポリシー・アド
バイザー)
・輸入木材ビジネスと先住民族の権利~日本企業・政府の果たすべき役割
(伊藤 和子氏/ヒューマンライツ・ナウ事務局長)
・サラワク先住民族の闘い
(ニコラス・ムジャ氏/サラワク・ダヤック・イバン協会)

< パネルディスカッション>
「サラワク州の違法伐採と日本:ビジネスと人権の観点から」
モデレーター:海野みづえ氏(創コンサルティング代表取締役)
パネリスト:講演者全員

【申込】
こちらの申込フォームよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9a1fa779399397
メールで申し込まれる場合は、1)お名前、2)ご所属・ご職業など、3)メー
ルアドレス、4)お電話番号を記して、以下のいずれかの問い合わせ先まで
お送りください。

【問合せ】
・地球・人間環境フォーラム(担当:飯沼、坂本)
Eメール:contact@fairwood.jp TEL:03-5825-9735
・認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(担当:関根)
Eメール:info@hrn.or.jp TEL:03-3835-2110

【主催】 グローバル・ウィットネス、ヒューマンライツ・ナウ、FoE Japan
地球・人間環境フォーラム、熱帯林行動ネットワーク、サラワクキャンペー
ン委員会
--------------------------------------------------------------
☆《フェアウッド研究部会》  12月16日開催 キックオフミーティング
--------------------------------------------------------------
https://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2015/151216_ev_kickoff.html

「国産材とビジネス」をテーマに開催した「WISE FORUM 2015」では、おかげ
さまで300名もの方にご来場いただき、国産材を活用したビジネスのいくつか
の事例を共有し、その可能性を議論することができました。実行委員会では
参加者の方からの熱い要望を受けて、「国産材の事業機会の拡がりと社会的
な好循環」というテーマをさらに掘り下げるための場を継続して行うことに
いたしました。
 
そこで、12月にフェアウッド・パートナーズが立ち上げる『フェアウッド研
究部会』のキックオフミーティングの間口を広げ、ワイスフォーラムにご参
加いただいた皆さまにもお越しいただき、フォーラムでは十分ではなかった
意見交換や志を同じにする方々とのつながりの場にしたいと存じます。
 
本会では、大手住宅メーカーの中で最もはやく2007年からフェアウッド調達
に取組んでいる積水ハウスの佐々木正顕さんを講師にお迎えし、フェアウッ
ド調達の成果や効果、および国産材の位置づけや課題についてお伺いします。
 
また、この会合を国産材はもちろん、「フェアウッド」の調達や商品開発を
テーマに活動する研究部会のキックオフミーティングを兼ねた懇親交流会と
したいと存じます。ぜひ、皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加ください。 

●開催概要
日 時: 2015年12月16日(水)  
     18:30~21:30(開場 18:00/懇親会 19:30~21:30)
場 所: 株式会社ワイス・ワイス
     (〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
会 費:3,000円(懇親会費含む) 

プログラム〈内容は予告なく変更する可能性があります〉 
第1部:積水ハウス 株式会社 環境推進部 部長 佐々木正顕さんのお話と質疑
第2部:懇親会

【お申込み】 
こちらのお申し込みフォームにてお申し込みください。 

フォーム記入ができない場合、「12/16会合参加希望」と件名に明記の上
1)お名前、2)ふりがな、3)所属先名・部署名など、4)電話番号を、メール
(info@fairwood.jp)まで送付ください。 
※定員50名

【お問合せ】
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本) 
 http://www.fairwood.jp、info@fairwood.jp、TEL:03-5825-9735
ワイス・ワイス(担当窓口/広報課 野村)
 http://www.wisewise.com、press@wisewise.com、TEL: 03-5467-7003

--------------------------------------------------------------
☆国内企業のための海外森林保全研修
--------------------------------------------------------------
環境省では、国内の企業による海外での森林保全活動を支援することで、生
物多様性の保全と持続可能な森林経営の取組に貢献することを目指していま
す。
今年度は国内の企業を対象に、フィリピン共和国で日本企業が資金提供を
行い、森林再生を行っている現場を訪問し、視察、体験、現地関係者との意
見交換等を行う研修を実施します。
http://www.env.go.jp/press/101732.html

【研修地】フィリピン共和国ルソン島パンガシナン州マンガタレム市及びマ
ニラ
【研修日程】2016年1月8日(金)午前~12日(火)午後現地発
【対象】日本国内に本社又は主たる事務所を置く企業の担当者
【参加条件】原則全日程に参加可能で、かつ2016年1月下旬か2月初旬に都内
で開催予定の報告会に参加可能であること(平日夜間。遠方の場合は交通費
等別途支給)
【募集人数】10名(原則1社1名まで)
【参加費用】
環境省負担:現地移動費、宿泊費その他現地でプログラム実施にかかる費用
自己負担:往復航空運賃及び飲食費、海外旅行保険、その他個人的費用(8万
円~10万円)
【通訳】全行程で日本語通訳がつきます
【応募】参加条件、研修内容等をご確認の上、申込書類(申込書、経歴書
応募調査票、パスポート(顔写真のあるページ)のコピー)に必要事項を記
入して、申込先(地球・人間環境フォーラム)までメール添付にてお送りく
ださい。
※申込書類は、下記Webサイトよりダウンロードできます。
http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/2015tour.html
【応募締切】2015年12月7日(月)
※航空券手配の都合上、参加をご検討される方はできるだけお早めにお問
合せください。 

【決定】12月10日(木)までに、応募者にご連絡いたします。
【事前説明会】12月15日または16日 18~19時 都内にて開催(予定)
【問合せ・申込み】
一般財団法人地球・人間環境フォーラム(担当:飯沼)
http://www.gef.or.jp/ TEL:03-5825-9735 Eメール:gef@gef.or.jp
〒111-0051 東京都台東区蔵前3‐17‐3 蔵前インテリジェントビル8階
--------------------------------------------------------------
☆フェアウッド研究部会参加のお誘い
--------------------------------------------------------------
https://www.fairwood.jp/consultation/kenkyu.html

日本は国土のおよそ7割を森林におおわれているにもかかわらず、自給率は3割
弱と、利用する木材資源の多くを海外の森林に依存しています。このような木
材需要は、海外では違法伐採などで森に暮らす生きものや地域住民を脅かし、
気候変動の促進にもつながっている一方、国内では山林の荒廃や林産業の衰退
につながっています。

そもそも木材資源は、鉄やアルミニウム等の他の素材と比べ、生産・加工時の
エネルギー消費が少ないことや、適切な森林管理によるものであれば、再生可
能な素材という点で優れています。 このような状況を踏まえ、私たちは伐採
地の森林環境と地域社会に配慮をする「フェアウッド」調達を日本に広めるた
め、消費者・需要者だけでなく、調達先の森林や生産者が、ともにWin-Winの
関係を築いていくことを目指し、「フェアウッド研究部会」を立ち上げます。

【事務局】
フェアウッド・パートナーズ
(国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム) 

【お問合せ】
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本) 
e-mail: info@fairwood.jp
TEL:03-5825-9735/FAX: 03-5825-9737

【お申し込み】
「フェアウッド研究部会申込書」(Word)をダウンロードの上、Eメール(info
@fairwood.jp)またはFAX(03-5825-9737)でフェアウッド・パートナーズ
/(地球・人間環境フォーラム内)までご送付ください。

※詳細はこちら
https://www.fairwood.jp/consultation/kenkyu.html
--------------------------------------------------------------
☆パンフレット「危ない油~パーム油のリスク、知っていますか?」
---------------------------------------------------------------
パーム油はさまざまな食品や洗剤などに使用されています。インドネシアや
マレーシアで多くのパーム油が生産されていますが、現地では環境面と社会
面の両方でさまざまな悪影響が起きています。

FoE Japanと地球・人間環境フォーラムを含む環境6 団体で実施しているプラ
ンテーション・ウォッチの活動では、この度企業向けにパーム油の調達のリ
スクを説明したパンフレットを作成しました。

■オンライン版はこちらからご覧になれます。
http://plantation-watch.org/palmoil/
■パンフレットのPDFが版はこちら
http://plantation-watch.org/news/563

パンフレット自体をご希望の方は、熱帯林行動ネットワーク
(TEL 03-5269-5097)までご連絡ください。送料のみご負担いただきます。
---------------------------------------------------------------
☆FPICガイドライン最終版公表のお知らせ
森林開発・保全プロジェクトに不可欠なセーフガードツールとして活用ください
---------------------------------------------------------------
この度、地球・人間環境フォーラムと熱帯林行動ネットワーク(JATAN)は、
REDD+プロジェクトのためのFPICガイドライン(最終版)を公開しました。

FPICとは、「自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意」を指し、
森林開発や保全の場面で大きな課題となる土地利用をめぐる権利と密接に関
係する考え方です。先住民族が暮らしや文化を保っていく際に不可欠な権利
として国際人権法の主要な原則とみなされており、先住民族のみならず森林
に頼って暮らす地域住民にとっても重要なコンセプトといえます。

気候変動緩和と生物多様性保全の両方を実現する対策として期待が高まる
REDD+については、森林に生計手段等を依存して暮らす先住民族や地域コミュ
ニティに対して大きな影響を与えることが懸念されています。このような懸
念に対応するためセーフガード対策についての国際的議論が進んでいますが、
FPICはその中心の要素となっています。

本ガイドラインは、REDD+事業に関心をもつ日本の企業・組織をメインのター
ゲットとしたもので、FPICを得るためにどのように取り組めばよいかを時系
列の8つのステップで示しています。

REDD+をはじめとする森林関連のプロジェクトを実施される方々のみならず、
サプライチェーンにおける先住民族や地域住民への人権配慮に関心をお持ち
の企業の方々にも参考にしていただきたいと考えています。詳しくはWEBサ
イトをご覧ください。

■詳細WEBサイト
http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/redd_fpic_guideline.html

■問い合わせ
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本、根津)
Eメール:contact@ger.or.jp
TEL:03-5825-9735

【関連情報】
■セミナー「先住民族・地域コミュニティの人権を尊重するということ~森
林・開発分野でのFPIC実践をめぐって」講演映像+資料掲載しています。
http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/2015redd_fpicseminar.html
国際人権法の動向、森林での開発の現場に詳しい講師から、森林に生計を依
存する先住民族・地域コミュニティの人権を尊重するということの具体的な
内容とFPICについて、わかりやすく解説。

*本ガイドラインの作成は環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて実
施しました。
---------------------------------------------------------------
☆GlobalWitness:衝突する二つの世界
---------------------------------------------------------------
東京を象徴する高層ビル群の景色から、マレーシアの鬱蒼とした熱帯雨林を
思い浮かべる人はほとんどいないだろう。しかし、東京のビル群は文字通り
マレーシアの森を切り開いた上に建てられている。東京の主な建設現場には
世界でもっとも危機的状況にある熱帯雨林の「残骸」が散在している。
2020年のオリンピック開催に向けて、新たに建設される8つの競技施設を含
め、東京では建設ラッシュが続くと見られている。東京オリンピックを持続
可能なオリンピック大会のモデルにすると日本は公約した。しかし、建設産
業の慣行を見るとその実現可能性に疑問を抱かざるを得ない。
詳しくはこちら
http://www.globalwitness.org/olympicsjp/
---------------------------------------------------------------
☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぶ教材
--------------------------------------------------------------
世界の森林問題について学んでもらうための映像教材をフェアウッド・パート
ナーズが関わり作成しています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」(無料)
 http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/dvd_hitotoki.html
「木の来た道」(定価3,000円/図書館価格*:12,000円)(税別・送付料込)
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090623_publish_woew.html
「森の慟哭」(詳細下記参照)
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(三柴) Tel: 03-6909-5983 E-mail: info@fairwood.org
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-5825-9735

----------------------------------------------------------------
☆サラワクの先住民族の森から
 ~ドキュメンタリー「森の慟哭(どうこく)」好評販売中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「私は聞きたい。私がもしあなたたちの街に行って銀行を破壊したら、何が起
こるでしょう? それは私たちの現状と同じです。ここは私たちが食料を得る
土地であり、私たちの銀行です。この森が私たちの銀行なのです」

サラワクは、かつて世界中に熱帯木材を輸出していた豊かな森を有していまし
た。しかしその森林は急速に後退し、残された二次林も次々とパーム・プラン
テーションの海に飲み込まれていっています。日本は昔もそして今でも、サラ
ワクからの木材の最大顧客です。

FoE Japanでは、一人でも多くの皆さまに、サラワクの森林をとりまく問題を
知って頂くため、ドキュメンタリー「森の慟哭」(監督:中井信介、22分)を制
作しました。映像ではデータや先住民族の皆さまの森の利用、開発の状況など
を活き活きと紹介しています。

熱帯林や先住民族の権利に関して関心のある方、開発問題や消費者教育の教材
として、ぜひご活用下さい。

【定価】 3,000円(消費税別・送料込み)
【図書館価格*】 12,000円(消費税別・送料込み)
 ※上映会向け貸し出し可能
 * 不特定多数の方への貸出を行う場合、図書館価格となります。
【問合せ】 国際環境NGO FoE Japan 森林プログラム(佐々木)
 Tel: 03-6909-5983、Fax: 03-6909-5986、E-mail:info@foejapan.org
(件名に「DVD購入希望」とご記入ください)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html
----------------------------------------------------------------

その他の記事、ニュースは http://www.fairwood.jpでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 585部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 585部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング