フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第82号】(テキスト版)


カテゴリー: 2011年05月31日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
                    第82号     2011年5月31日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
震災復興が進められています。政府による応急仮設住宅建設が急がれる中、
恒久住宅へつながる新たな取り組みも出てきており、国産材や震災後の廃材
を活用する動きもあります。
海外では先月に引き続き、違法伐採木材を排除する取り組みが加速化。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【国内は今!】
●2011.5.9 朝日新聞:仮設でない永住の家建設へ 工学院大、絆重視し被災地に
工学院大学(東京)の建築学者らが、東日本大震災で被災した宮城県石巻市
で永住型の木造住宅の建設に乗り出す。土地を借り、地元の木材を使って7月
に10棟を完成させる計画。政府が急ぐ仮設住宅づくりではなく、永住を前提
にコミュニティーも育てる狙いだ。 
場所は、津波の難を逃れた標高30~40メートルの高台。木造2階建て(延べ床
面積約66平方メートル)と平屋建て(約43平方メートル)の計10棟で、室内
から木の柱やハリが見える伝統工法を採用。寒冷地用の断熱材や二重サッシ
も使い、5月中旬に工事を始め、2カ月ほどで完成予定だ。施工は同県登米市
の工務店。経営する伊藤秀夫さん(57)は「地元の材木を使い、被災した職
人を雇いたい」と話す。 
詳しくはこちら
http://www.asahi.com/housing/news/TKY201105090201.html

●2011.5.3 岩手日報:震災の廃木材で仮設住宅 チップ化し建設資材に
岩手大農学部の関野登教授(木質資源工学)と県立大盛岡短期大学部の内田
信平准教授(建築設計)は宮古市の建設業者と連携し、東日本大震災で生じ
た廃木材を活用した仮設住宅供給の仕組みづくりを進めている。廃木材をチ
ップ化してパネルとして建設資材に活用。短時間で建設できるのが特長だ。
被災地では仮設住宅の早期建設を望む声が強く、がれき処理や地元企業の雇
用創出にもつながる新たな試みとして注目される。
建設の仕組みは自治体が収集した廃木材のうち利用できるものをチップ化し
て木質ボードに加工し、パネルとして建設資材に活用。他の建材も、可能な
限り本県産や県内業者の加工にこだわった。建設時間の短さや断熱性能の高
さも特長。使用後に解体・保管し、再利用することも可能という。
詳しくはこちら
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110503_11

●2011.5.10 静岡新聞:天竜材で仮設住宅 被災地にモデルハウス
浜松市天竜区の天竜木材産地協同組合(高林敏郎理事長)が、東日本大震災
の被災地支援の一環として、天竜材を用いた「天竜型仮設住宅」の開発を進
めている。予想される東海地震発生後の復興対応も視野に入れる。今月下旬
にも県の現地支援調整本部がある岩手県遠野市にモデルハウスを設置。木造
仮設住宅の供給を支援していく。
天竜型仮設住宅は、天竜産のスギを多用する。1DKで22平方メートル。
迅速かつ大量の供給を想定するため、製造工程もデザインも簡素化。一般流
通の製材品だけでつくる。量産すれば、生産コストはプレハブ仮設と同程度
に抑えられるという。
詳しくはこちら
http://www.at-s.com/news/detail/100026939.html

●2011.5.10 マレーシアナビ:サラワクの合板価格が上昇、日本からの需要増で
東日本大震災の復興活動への需要高まりを受け、日本からの注文が増えサラ
ワク産の合板価格が1立方メートル400米ドルから600米ドルへと1カ月で平均
50%の値上がりを見せている。 
サラワク木材協会(STA)の合板製品委員会のウォン・カイソン委員長による
と、国内の合板工場の生産量は原料となる材木不足を受けて減少傾向にある
が、日本と米国からの注文が増えているために短期間で価格が上昇している
という。 
サラワク州の木材生産量は今年第1四半期に181万立方メートルとなり、前年
同期比28%の減少となった。輸出量も20%近く減少した。今年年初3カ月では
日本向けの輸出が全体の50%を占めた。 
詳しくはこちら
http://www.malaysia-navi.jp:80/news/110509055640.html

●2011.5.16 農業協同組合新聞:外国資本の森林買収、620ha 林野庁・国交省
国土利用計画法に基づく届出情報などを参考に都道府県を通じて平成22年1月
から12月までの森林買収実態をまとめた。この間の買収森林面積は45ha。
件数は10件だった。北海道がもっとも多く7件、31ha。譲受人は中国(香港)
とギリシア。利用目的は別荘、住宅のほか資産保有・販売目的もある。
その他の事例は山形、長野、神奈川で確認され、英領ヴァージン諸島が居住
地の法人の取得もあった。平成18年からの外国法人や外国人(いずれも居住
地が海外のもの)による森林取得面積は、今回の分と合わせると620ha(40
件)となっている。
詳しくはこちら
http://www.jacom.or.jp/news/2011/05/news110516-13483.php

【違法伐採対策の動き】
●2011.5.17 PrintWeek:インドネシア、違法木材輸出に取り組む
インドネシアは2013年より、国家合法性証明システムにより認可された紙・
パルプを含む木質製品のみの輸出を許可する。
この制度の下、インドネシア国内の4,500におよぶ生産業者、加工業者、輸出
業者は、国内のISO審査機関により審査を受けることになる。このプロセスに
国際的な森林認証機関が直接含まれることはない。
EUおよびアジア国家間の初めての協定である自主的二国間協定(VPA)が、
4年間の公式交渉を経て5月4日にジャカルタにおいて調印された。
原文はこちら(英語)
http://www.printweek.com/Business/article/1070349/indonesia-tackle-illegal-timber-exports/

●2011.5.20 Jakarta Post:主要な森林および泥炭地を保護するモラトリアムが発行
木曜日、スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領は、森林減少による気候変動対
策のための政府公約の一環として、主要な森林および泥炭地の土地利用転換
を今後二年間禁止する政策へついに調印した。
大統領令によれば、すべての地方当局は、主要な森林および泥炭地エリアに
おいてビジネスを目論むプランテーションおよび採掘企業向けを含む伐採許
可の発行を停止しなければならない。
「このモラトリアムは、全国の6,400万ヘクタールに適用される」と、気候変
動問題担当の大統領補佐官であるアグス・プルノモ氏は述べている。
原文はこちら(英語)
http://www.thejakartapost.com/news/2011/05/20/moratorium-issued-protect-primary-forests-peatland.html

●2011.5.9  Lesprom Network:EU、違法伐採材取引の終了を目的にリベリアと協約
ヨーロッパ連合と、西アフリカに現存する熱帯雨林の半数以上を管理してい
るリベリア政府は、リベリアがEUに輸出するリベリア木材製品がすべて合法
的な資源から得られたものであること、および、その取引は結果的にリベリ
ア国民の利益に繋がることを保証する画期的な協定を公表した。
リベリアの約45%(約4,300万ヘクタール)は熱帯雨林が占めている。西アフ
リカに残存する熱帯林全体の半数以上をリベリアが管理しているため、リベ
リアは絶滅寸前の稀少野生生物の生息地であり、世界中で34地域しかない生
物多様性のホットスポットの典型のひとつに数えられている。
EUとの自主的二国間協定(VPA)は、リベリア政府がその義務として木材部門
全域の改善に取り組み、林産物とその輸出売り上げを回復させようとする積
極的な努力の成果である。違法伐採は1990年代、リベリアの長引いた内戦中
には手に負えない状態になっていた。
原文はこちら(英語)
http://wood.lesprom.com/news/48033/

●2011.5.6 mongabay:パプア・ニューギニアが異論の多かった先住民所有森林地の外国企業へのリースを停止
クーリエ・ポスト紙の伝えるところによるとパプア・ニューギニア政府は論
争の的となっていた、主に外国企業による520万ヘクタールにも及ぶ先住民所
有林でのプランテーション開発と森林伐採を認めてきた農用・商用特別借地
制度(Special Agricultural and Business Leases program:SBLs) を一時
停止することを(昨日)発表した。
この借地制度は近年、その国土の97%が先住民共同体による共有土地所有権
の下にあるパプア・ニューギニアでの焦眉の政治的論点となってきた。いく
つかの事例ではSABLsは明らかにパプア・ニューギニアの土地法に反して土地
所有権者である先住民共同体の許可なしで、あるいは共同体が全く知らない
内に認可されてた。SABLsは企業が既存の森林関係法令に準拠することなく
森林を皆伐(区域にある全ての樹木を伐採すること)を認めている。
原文はこちら(英語)
http://news.mongabay.com:80/2011/0516-png_sabls.html

【東南アジア情報】
●2011.5.10 AFP:希少なスマトラトラが12頭も、生息地保護を要請 WWF
世界自然保護基金(World Wildlife Fund、WWF)は9日、インドネシア・スマ
トラ島(Sumatra)東部ブキ・ティガプル(Bukit Tigapuluh)地域で撮影し
た絶滅危惧(きぐ)種スマトラトラの映像を公開した。
赤外線カメラは、3~4月に設置されたもので、母トラ2頭、子トラ4頭を含め
た計12頭のトラの姿が映っている。WWFによると、これほどの数のスマトラト
ラが撮影されたのは初めてだという。
なお、12頭が生息する森には、製紙大手アジア・パルプ・アンド・ペーパー
(Asia Pulp and Paper、APP)に木材を供給するバリト・パシフィック・
ティンバー(Barito Pacific Timber)の所有地も含まれていた。
詳しくはこちら
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2798939/7194032?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

●2011.5.2 stop-timber-corruption.org:オーストラリア人自然保護活動家、タイブ一族の木材運搬船によじ登った後、逮捕・釈
オーストラリア人の自然保護活動家は、マレーシアの木材業者大手タ・アン
社所有のベニヤ積載船のクレーンによじ登り、本日現地時間午後4:30に拘留
から釈放された。
タスマニアに本拠地を置くヒューオンバレー環境センターによると、この活
動家は14人からなる活動家グループの一人で、土曜日にホバートワーフにて
タ・アン社に対する抗議活動を行っていた。
この活動家はオーストラリア警察によって拘留され、週末を檻の中で過ごす
ことを余儀なくされた。
「 タ・アン社は、マレーシア・サラワク州における環境と社会正義の乱用に
よって世界でもっとも大きな伐採会社の一つとなった」。また「タ・アン社
は、タスマニアにある保護価値の高い森林の伐採を強力に推し進めることに
より、芳しくない環境的な記録を出し続けている」と、ヒューオンバレー環
境センターのスポークスマン ジェニー・ウェーバーは述べた。
原文はこちら(英語)
http://www.stop-timber-corruption.org/campaign_update?show=19

●2011.5.3 mongabay:REDDプロジェクトのディベロッパーであるカーボンコンサベーション社を採掘会社が一部獲得
採掘会社からの新聞発表によると、アジアの採掘会社である、イーストアジ
アミネラルズ社は、カーボンコンサベーション社の株式50%を50万ドルで取
得した。このカーボンコンサベーション社はオーストラリアの会社で、世界
初の森林保全プロジェクトを開発し、炭素資本からの資金供給を受けていた。
イーストアジミネラルス社はトロント証券取引所に上場しており、スマトラ
島アチェ州とスラウェシ等の北部沖にあるサンギヘ諸島の金・金銅鉱山を経
営している。また、モンゴルに7箇所のウラン採掘場所と2つのリン酸塩採掘
所を保有している。
原文はこちら(英語)
http://news.mongabay.com:80/2011/0503-carbon_conservation.html

●2011.4.26 ICRAF:グローバル林業機関、コミュニティーベースの森林経営の増強を要求
森林の保護・管理に取り組む世界の主要な国際組織は、世界中の政府機関が
森林の経営に関してコミュニティーの役割を増強するよう求めている。
コミュニティーの役割の強化は、森林の健康と活力の改善のみならず、10億
人近い人々の貧困状況からの開放にも繋がるだろう。
「森林に関する協同組合」(CPF)は、あらゆるタイプの森林の管理、保存お
よび持続可能な開発に専門的に従事している14の国際組織で構成されている。
今年のEarth Day、4月22日に際してこのグループが集まり、一体となって明
確なメッセージを発信した:全世界の貧困の終わりを見届け、絶滅の危機に
瀕する多種多様な生物の保護を目指すには、森林地帯およびその周辺コミュ
ニティーの人々が、持続的な森林経営の意思決定に携わらなければならない。
原文はこちら(英語)
http://www.firstscience.com/home/news/agriculture/global-forestry-institutions-call-for-more-community-based-forest-management_104509.html

【中国・ロシア情報】
●2011.5.13 FSCジャパン:ロシア:ロシアの認証林面積が3千万ヘクタールを超える。 イケアがFSCロシア支援表明。
2011年3月現在、ロシアにおけるFSC認証林は3,050万haとなり、認証林面積の
広さでカナダに次いで世界第2位となった。 ロシアでは2000年2月、コシンス
キ地域林業に対して、初めて認証が発行されて以来、森林認証の面積は順調
に拡大している。極東ロシア地方では現在700-800万Haが認証審査中であり、
ロシア西域においても同程度の森林が審査中であることから、FSC認証林面積
は更なる拡大が期待されている。 2月にロシアの木材会社イリムグループが
約370万ヘクタールの森林で認証取得した。
このようなロシア国内のFSC認証の拡大と、ロシア政府及び消費者のFSCに対
する認知度の増加を背景に、大手小売企業「イケア」はロシア国内における
FSC強化プロジェクトを立ち上げ、FSCロシア=ナショナル・オフィスに対し資
金的・技術的な支援を行うことを表明した。特に、このプロジェクトでは新
規の国内基準の準備に貢献し、「FSC原則と基準」とロシア林業政策との調和
を法的拘束力のあるプロセスを通じて支援していくことも計画されている。
詳しくはこちら
http://www.forsta.or.jp/fsc/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=62

●2011.05.11 ハルビン新聞網:黒竜江省最大の家具製造基地が着工
5月10日、黒竜江省最大の家具製造基地「龍江森工木業園」の建設が阿城経済
開発区で始まった。同木業園は投資総額22億元、計画用地面積150万平方メー
トル。フローリング材、家具及び板業の3つのプロジェクトがあり、完成後は
35億元の販売収入が見込まれている。製品の原料は伐採後の小枝等の余剰材
が利用される。
原文はこちら(中国語)
http://service.my399.com/system/20110511/000174440.html

●2011.05.20 中国木業信息網:ミャンマーが木材の委託加工貿易を停止
ミャンマー木材業協会によると、ミャンマーは2010/11年度末からミャンマー
木材公社と民間企業による委託加工方式を停止している。主な原因は一部の
民間企業が掛売り方式により国から木材を調達後、決められた期間内に貸付
金を清算することができないこと、またミャンマー木材公社が他のルートを
通じて民間企業に木材を販売することが挙げられる。
委託加工方式は2004年1月から始められ、当初企業6社によって試験的に行わ
れていたものが100社にまで増えた。委託加工とはミャンマー木材公社が原木
を民間企業に販売し、その企業が製品(製材)を生産後、ミャンマー木材公
社の名義で輸出するものである。民間企業が貸付金を清算できない主な原因
は2007年にミャンマーに対する経済制裁が始まり木材製品の輸出が難しくな
ったこと、2008年の世界的な経済危機後、チークなどの高級材を使った家具
が売れなくなったことが挙げられる。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/21626.html
---------------------------------------------------------------
■ お知らせ
---------------------------------------------------------------
☆にっぽんの木 100年家具 コンペティション
ワイス・ワイス グリーンファニチャーアワード2011開催
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「100年先を考えて木を植えるように、100年先を考えて家具をつくりた
い。100年使える家具をつくり、100年受け継げるしくみをつくりたい。」

このような想いから、「日本の木を使った、100年先の人々にも喜んでもらえ
るような“暮らしの道具としての家具”」を求めて、家具のデザインと、
“家具づくりを通じて100年先が豊かになるしくみ”についてのコンペが実施
されます。 フェアウッド・パートナーズは協賛、そして中澤健一が審査員の
一人として参加します。
詳しくはこちら
http://www.wisewise.com/greenproject/gfa/
---------------------------------------------------------------
☆WEBサイト「フェアウッド・カフェ」オープン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/cafe/

フェアウッド・パートナーズでは、「フェアな木と暮らそう」というコンセ
プトのWEBサイト「フェアウッド・カフェ」をオープンしました。

身近なところからフェアウッドな製品を活用してもらいたいと、テーブルや
いすなどの家具から、お皿、スプーンのような小物、さらにコーヒーなど、
森に配慮した製品を紹介しています。製品を作った「人」の顔が見えるよう
なストーリーも紹介しています。

また、森林農法のコーヒーを国産材のカップでいただきながら、森のこと、
木のことに思いを巡らせるトークやワークショップをお楽しみいただける、
イベント型「フェアウッド・カフェ」の情報もご案内します。

ぜひ「ご来店」ください。

---------------------------------------------------------------
■ セミナー/シンポジウム
---------------------------------------------------------------
☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぼうキャンペーン実施中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2010/100825_pr_mokuzaifukyu.html

フェアウッド・パートナーズでは、世界の森林問題を木材を通して多くの方に
知ってもらいたいと出前講座の実施やイベントへの出展などの活動を環境省と
の共同のキャンペーンを実施しています。以下の映像教材を活用した出前講座
を受け付けています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」
 http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/dvd_hitotoki.html
「木のきた道」
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090423_publish_woew.html
「森の慟哭」
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■問合せ
FoE Japan(中澤、中畝) Tel: 03-6907-7217 E-mail: info@fairwood.org
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-3813-9735
----------------------------------------------------------------
☆サラワクの先住民族の森から
 ~ドキュメンタリー「森の慟哭(どうこく)」好評販売中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「私は聞きたい。私がもしあなたたちの街に行って銀行を破壊したら、何が起
こるでしょう?それは私たちの現状と同じです。ここは私たちが食料を得る土
地であり、私たちの銀行です。この森が私たちの銀行なのです」

サラワクは、かつて世界中に熱帯木材を輸出していた豊かな森を有していまし
た。しかしその森林は急速に後退し、残された二次林も次々とパーム・プラン
テーションの海に飲み込まれていっています。日本は昔もそして今でも、サラ
ワクからの木材の最大顧客です。
FoE Japanでは、一人でも多くの皆さまに、サラワクの森林をとりまく問題を
知って頂くため、ドキュメンタリー「森の慟哭」(監督:中井信介、22分)を
制作しました。映像ではデータや先住民族の皆さまの森の利用、開発の状況な
どを活き活きと紹介しています。
熱帯林や先住民族の権利に関して関心のある方、開発問題や消費者教育の教材
として、ぜひご活用下さい。

【定価】 3,150円(消費税・送料込み)
【図書館価格*】 12,600円(消費税・送料込み)
 ※上映会向け貸し出し:無料
 * 不特定多数の方への貸出を行う場合、図書館価格となります。
【問合せ】 国際環境NGO FoE Japan 森林プログラム(三柴、中畝)
 Tel: 03-6907-7217、Fax: 03-6907-7219、E-mail:forest@foejapan.org

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html
----------------------------------------------------------------

その他の記事、ニュースは http://www.fairwood.jpでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 586部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 586部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング