最先端ビジネス、企画と構想への道

仮想通貨、ブロックチェーンの大潮流と、ビジネス哲学に学ぶ


カテゴリー: 2018年01月05日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        【 最先端ビジネス、企画と構想への道】     2018/1/5 号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

□ ■  仮想通貨、ブロックチェーンの大潮流と、ビジネス哲学に学ぶ
□ ■  仮想通貨、ブロックチェーンの大潮流
□ ■  仮想通貨、ブロックチェーンの可能性
□ ■  ビジネス哲学に学ぶ
□ ■  生活が変る!? スマートスピーカー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           【仮想通貨、ブロックチェーンの大潮流と、ビジネス哲学に学ぶ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 新年明けましておめでとうございます。

2018年(平成30年)は十二支では、戌(いぬ)であり、干支(えと)では「戊戌(つ
ちのえいぬ)」とされています。戊戌の年は、60年周期でやってくるわけですが、60
年前といえば、1958年(昭和33年)。当時は、岩戸景気に入っていった頃で、皇太
子・美智子様の婚約や、当時世界一の高さ(333メートル)の東京タワーが完成した
り、テレビ受信契約数が100万台を突破したり、国立競技場がつくられたりしました。
2020年の東京オリンピックに向かう現在とは、一概に比較はできませんが、何か
大きなトレンドに入っているような気がします。


【仮想通貨、ブロックチェーンの大潮流】

私が考えるビジネス新潮流は、ビットコインなどの仮想通貨、用途が広がるブロック
チェーン技術などです。

お金を基本に経済は回っており、戦争というものもお金が関係するともいわれていま
す。かつては通貨の価値は金(ゴールド)の裏付けがありましたが、1971年のニクソ
ンショックを契機に、金ドル交換停止(金とドルとの固定比率での交換停止)となっ
てしまいました。その後、世界は通貨の発行権を持つ一部の集団の意思に大きく左右
されてきたのではないでしょうか。そのようなことを考えてきた昨今、私は仮想通貨
という言葉を聞いたとき、「そんなもの、実態経済と異なり、いつか消えるだろ
う」、などと思ってしまったわけですが、よくよく調べてみると、実は世界経済のよ
りよい発展のために必要かもしれない、と思うようになりました。

ご存知のように、日本は明治維新を契機に、西洋文明を積極的に採用するようになり
ました。明治初期の頃、日本銀行の創設に動いた先駆者は何人もいたと思われます
が、初代監査役をしていたのは、読売新聞の初代社長でもあった、子安峻(こやす 
たかし)でした。この人物は洋学者で、現在の岐阜県大垣市にあたる地域の下級武士
の家に生まれたのですが、横浜で税関の仕事などをしていたようです。おそらく、ロ
スチャイルドなどの影響を受けて、西洋の銀行制度をお手本につくった日本銀行創設
を少しお手伝いしたのでしょう。いっぽう、私の誕生した場所は利根川をはさんで、
深谷があり、ここには明治時代にたくさんの会社をつくった、渋沢栄一がいました。
渋沢栄一は道徳を重んじた経営を希求していました。また、近隣の世良田というとこ
ろは、徳川家康のルーツのお寺があるのですが、私は小さいころから、そろばん、書
道教室に通ったりしたのですが、いま気づけば、古き良き時代? 江戸文化の名残に
浸っていたわけです。ベンチャー精神を有してきた私にとっては、子安峻と渋沢栄一
は、本来お手本とすべき人物像ですが、いかんせん、志高くとも、専門的なところな
どでは実力が伴なわないものですから(笑)、実は今日まで私はお二人について、深
くは考えてきませんでした。(^^;)

ちなみに日本銀行は、中央銀行として、明治15年10月10日に業務を開始。国立銀行で
はなく、政府機関や株式会社でもありません。現在、なぜか、ジャスダックに上場さ
れています。現在の日本銀行の株主は、政府が55%、民間が45%(詳細不明)で構成
されています。世界中の「中央銀行の中央銀行」と銀行家たちから言われているの
が、1930年に設立されたスイスのバーゼルにある国際決済銀行BIS(Bank for 
International Settlements)です。(国内送金ならすぐに届くのに、海外からの送金
はすぐに届きません。しかも、受け取り手数料、4千円+α。高いと感じざるを得ま
せん。送金(受取)手数料が安く便利なビットコインにしてもらおうかと思案中です。。)


【仮想通貨、ブロックチェーンの可能性】

大局的流れから、また経済活動、ビジネスという視点で考えると、かつてインターネ
ットが始まった頃と同じような、大きな潮流が動き始めた感があります。そうです。
暗合通貨、仮想通貨です。ビットコインなどの仮想通貨は、ブロックチェーンという
技術と深く関係し、主体となる機関がなく、いわば草の根運動のようなものですが、
世界的なニーズ(低コストの海外送金、モバイル決済が可能など)を受けて、今後、
大きく拡大してゆくと思われます。また、先の渋沢栄一の話ではありませんが、
ICO(Initial Coin Offering)という企業上場への道も現れ、ベンチャー、スタートア
ップにとっては追い風になってくると考えられます。仮想通貨については、金本位制
→石油本位制→暗号通貨(仮想通貨)といった流れもあるようです。ただし、仮想通
貨はハイリスク・ハイリターンであることに留意すべきでしょう。

ところで、3.11の大災害に遭った日本は、再生可能エネルギー(Renewable 
Energy。石油や石炭、天然ガスなどの化石エネルギーとは違い、太陽光や風力、地熱
といった地球資源の一部など自然界に常に存在するエネルギー。 環境にやさしく、枯
渇する心配が無い。)に、大きく舵を切ったと思っていましたが、いつしか、世界の
流れから、取り残されてしまったようです。日本は環境先進国どころか、アジアへの
高効率石炭火力発電所の輸出など、未来の無い、化石燃料をいまだに投資、推進して
いると、国際的に厳しい声があるのです。コカコーラ、マイクロソフト、アップル、
DHL、ウォルマート、カリフォルニア州などの企業や自治体では、脱炭素化へ大き
く動いています。巨大ハリケーンなどの被害は温暖化対策、脱炭素化の重要性を認識
させているようです。こうした動きの背景には、温暖化対策の国際会議COP23の
動きなどがあるようです。

いっぽう、日本国内で再生可能エネルギーが普及しない理由のひとつとしては、太陽
光や風力発電の電力は気象に影響されやすく不安定であり、安定供給の妨げや空き容
量が不足しているなどとして、既存の電力会社は消費地への送電網への接続を制限し
ているようです。しかしながら、ブロックチェーン技術を用いれば、エネルギーの取
引にも応用できます。例えば、ヨーロッパや米国では、電気を個人間でやりとりする
実証実験が行われています。また、これまで管理が非常に煩雑であった再生可能エネ
ルギーの環境価値の交換(太陽光発電や風力発電の付加価値を交換)をする実験も行
われています。

このように、ブロックチェーンの活用の可能性は金融の世界だけでなく、エネルギー
をはじめ、不動産、医療、音楽などさまざまな分野で研究されており、大いに注目さ
れます。


【ビジネス哲学に学ぶ】

さて、フィンテック(金融とITの融合)、仮想通貨に取り組む企業として、SBI
(SBIホールディングス)があります。企業経営には哲学がなければならないと思
いますが、同社の北尾吉孝社長は、ソフトバンクの金融事業にも携わったほか、松下
幸之助の思想に精通し、中国古典・東洋哲学に造詣が深いようです。PHP研究所のイン
タビューにも答えていますが、中国古典に「死生命あり、富貴天に在り」という言葉
がある。生きるか死ぬかは天命、成功するかしないかも、天の配剤。だから、幸之助
さんもおっしゃるように、それぞれの天分に応じたところで生きていけばいい。人そ
れぞれ天分が違うから、またいいのです。「任天」「任運」――人知が及ばないもの
に運を任せる姿勢は、幸之助さんも一貫していた。・・・と答えています。そして同
社長は、「私の天命は二つある。一つは、金融の世界にインターネットを持ち込み、
顧客中心の革新的な金融サービスを提供すること。二つ目は、事業活動によって得ら
れた自らの資産を使い、恵まれない子供たちのための施設を作り、徳育を行なうこと
だ」とし、その言葉通り、前者は本業で、後者は公益財団法人SBI子ども希望財団
や社会福祉法人慈徳院の設立というかたちで取り組んできた、とのことです。詳細に
ついては見てきていませんが、その志については素晴らしいと感じます。

これからのビジネスは、ブロックチェーンなどの最先端技術を活用した社会貢献サー
ビスと、事業開発の哲学をしっかり持ち、心の大切さを後世に伝えてゆく、人づくり
も大切になってくると感じた次第です。

貴社、皆様のより一層のご発展を祈念申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


2018年 元旦


━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━
                   生活が変る!? スマートスピーカー
━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━

NEWS 24 の報道ニュース番組 『生活が変る!?「スマートスピーカー」』
のコンテンツの一部について、協力させていただきました。

 2017年10月23日


(関連レポート)

 『AIスピーカー及び、ヒアラブル端末の市場動向、市場予測に関する調査』
    -スマートスピーカー、スマートイヤホンの需要拡大をとらえる-
        http://www.aqu.com/ai-speaker-hearable/
             ISBN 978-4-904660-34-8

━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━
        先端ビジネス ! 調査報告書のご案内  ☆。.:*:.:*:・'゜
━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━

◆タイトル
『AIスピーカー及び、ヒアラブル端末の市場動向、市場予測に関する調査
-スマートスピーカー、スマートイヤホンの需要拡大をとらえる-』
http://www.aqu.com/ai-speaker-hearable/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 280頁

◆タイトル
『AIスピーカー及び、ヒアラブル端末の需要動向に関する調査
-スマホ・NEXTの可能性、スマートスピーカー、ヒアラブルの大潮流-』
http://www.aqu.com/ai-speaker-hearable-need/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 140頁

◆タイトル
『脳波ビジネス、BCIビジネス、市場開発に関する調査
-脳波特許の動向と注目企業機関、需要動向を調査-』
http://www.aqu.com/brain-bci/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 204頁

◆タイトル
『IT、生命科学の融合領域におけるビジネス開発、研究開発、市場予測に関する調査
-AIビジネス、脳波ビジネス、ウェアラブル・サービス等の新潮流-』
http://www.aqu.com/it-bio/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 526頁



・。・☆・。・★・。・☆・。・★・。・☆・。・★・。・☆・。・★・。



→ 貴社固有のテーマで、調査レポートを提出します。→ info@aqu.com
   http://www.aqu.com/usr/bin/perl/mail/mail.cgi?id=custom


    。・°°・☆・°°・。☆。・°°・☆・°°・。☆。・°°・☆・°°・。


   【ビジネスの成功へ向けて、新規事業開発を多角的に支援】
    http://www.aqu.com/shinki-kaihatsu.html



□□■■□□■■□□■■□■□■□■□■□■□■□■■□□■■□□■■□□
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
====================================================================
※ 【 超シャープな最先端感動ビジネス、秘密の話 】と連携中!
○電子メールマガジン
 【 最先端ビジネス、企画と構想への道】       2018/1/5 号
発行編集人 AQU先端テクノロジー総研 Katsumasa Koyasu
◇【最先端ビジネス、企画と構想への道】
Home Pages: http://www.aqu.com/infinite21/
 「最先端ビジネス、企画と構想への道」 バックナンバー
  http://archive.mag2.com/0000141427/index.html
◇ ご意見・ご要望・お問合わせは E-Mail:info@aqu.com
◇メールマガジンの登録(解除)
http://archive.mag2.com/0000141427/index.html
【Copyright (C) 2009-2018 AQU先端テクノロジー総研  All Rights Reserved.】
 転送の場合、全文を転送下さい。
==========================【最先端ビジネス、企画と構想への道】============
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□□■■□□■■□□■■□■□■□■□■□■□■□■■□□■■□□■■□□ 

最先端ビジネス、企画と構想への道

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/01/05
部数 35部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

最先端ビジネス、企画と構想への道

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/01/05
部数 35部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング