短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

★短縮版:11/27(月)◆加工食品に含まれるニセモノ成分とは。外食メニューや加工食品に含まれる「異性化糖」たちが……


カテゴリー: 2017年11月27日
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

               ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

            2017年11月27日(月)号
  〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜

                      No.2997

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
   創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





            やあ、こんにちは。
          山田博士(ひろし)です。  
                     お元気でしたか!

                 今日もまたお逢いしましたね。
                         嬉しいです。
                              
                地球という星を平和にしたい。
   そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
              ぼくはいつもそれを望んでいます。

    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
          文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                    ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼本日の目次▼
  〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜


【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:765回:

   今後、ぼくたちが、外食や中食を利用したり、自宅
   で料理する場合に、なかなか避けることのできない
   「5つの極悪添加物」を、詳しく述べることにしま
   す…

【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:
     (同価格で、PCでもご覧になれます)

   ■「社会の裏側!」第49巻

    なぜ、「栄養ドリンク剤」を未成年に禁止してい
    る国があるのか!

    ~無水カフェインの怖さをご存じか。それに、
     「異性化糖」のために糖尿病のリスクがグング
     ン高まっている事実とは


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。








______________________________

【1】
         人生には少しのお金と歌と夢、
     それにでっかい健康があれば、それでいい!

            連載:765回
______________________________

         (この欄は、毎週「月曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとなります)
  → http://archives.mag2.com/0000141214/20171120050000000.html 




★タイトル:今後、ぼくたちが、外食や中食を利用したり、自宅で
      料理する場合に、なかなか避けることのできない「5
      つの極悪添加物」を、詳しく述べることにします……



いよいよ突入しましたね。

あ、突然、周囲を眺めて、何のこっちゃ……と、驚かないで下さい。

前回から、この欄が、いよいよ第1章に……突入しました(笑)。

この欄では、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』(三才ブ
ックス)の文章を、少しずつご紹介しています(毎週月曜日)。

そして、それへのコメントなども加えていますので、すでにその本
をご覧になったかたも、改めて、これらの内容はお役に立つのじゃ
ないかなあ。

この第1章のタイトルは……「加工食品に含まれるニセモノ成分」
でした。

ニセモノ……という場合、それがどういう意味かは、序章で、何度
も述べましたのでもうお分かりだとは思いますが、簡単に言えば、
それらは日本人が食べてはいけないもの……という意味でした。

どれだけ、添加物や農薬などが含まれていなくても、その食べもの
が北欧や南国の人たちが好んで食べているものであれば、それらは
すでに、「日本人にとってのニセモノ食品」です。

              ★★★

そういう思いを、いつも頭に入れて、今後の人生を歩いて下さると
嬉しいですね。

そうすれば、日本人であるぼくたちが何を食べればいいのか、すぐ
に氷解します。

どんなことも、大切なことは、非常に●●なんです(●●は、下記
の設問をご覧下さい)。

それを難しく見せているのは、誰かが、何かを裏で考えているから
なんです。
たとえば、高価なお金を得るためや、権威付けのためなどなど。

政治や文学や音楽など、よく調べてみれば、みなそうですよね(笑)。
一皮めくってみれば、みなシンプル。

だから、ここで述べている食べものなどについても、一番大切なこ
とは、いつもシンプルなんだと覚えておいて下さい。

              ★★★

今後、ぼくたちが、外食や中食を利用したり、自宅で料理する場合
に、なかなか避けることのできない「5つの極悪添加物」物質を、
詳しく述べることにします。

しかも、それらはマスコミ報道のような、抽象的な内容ではありま
せん。
それらのすべてを、商品名で挙げています。

これは、その食品だけが問題だというわけじゃなく、あくまでもそ
の一つに過ぎない……という意味で、掲載しました。

だから、その食品以外を使っているから大丈夫……なんて思いなが
ら、けっして安心しないで下さい(笑)。

前回でも述べましたが、それらの「5つの極悪添加物」を詳しく述
べる前に、いま一番問題になっているある「甘味料」について述べ
てみることにします。

いつの間にか、白砂糖から、この「甘味料」に変わっていました。

ただ、その白砂糖についても、下記で少し述べていますので、その
あたりから少しずつ、少しずつ、本書の中へ入り込んで行って下さ
い(笑)。

ささささ、それでは下記をどうぞ……。


              ★ ★ ★


↓ 本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。




さて、白砂糖に対しては、ダイエットなどの観点から多くのかた
が、完全ではないとしても、それなりに対処していることは事実です。

ぼくも、1975年から、小冊子などを発行して、白砂糖の問題に
ついては「カルピス・カリエス」などの弊害をふまえて社会に叫ん
できました。

日本各地を飛び歩き、その影響で泣いているかたや、その研究調査
などをしているかたなどにお会いし、この「白い麻薬」の体に与え
る凄まじい影響を身に染みて感じたものでした。

この「カルピス・カリエス」とは、歯が溶けてしまった子どものほ
とんどが、カルピスを哺乳(ほにゅう)びんで寝る前に飲んでいた
ことから起こった症状を言います。

とくに1955年前後にバヤリースオレンジやコーラ飲料が上陸し
てから、白砂糖の害がすさまじくなったと言われています。

なにしろ、このカルピスなどは、その原液の半分は白砂糖でした
し、それをたとえ6倍ほどに薄めたとしても、100g中には8.
5gも入っていたわけです。

それらを子どもたちに飲ませていた!

しかも、小児歯科という講座が大学にできたのは、1956年。

だからそれ以前に学んだ歯科医たちは、子どもの歯を直す教育は受
けていなかったわけです。

でも、それらの事件が広がったこともあり、いまは多くのかたが白
砂糖をなるべく避けようとしているようになりました。

まあ、ダイエットの願いもあるのでしょうが……。

ところが……。


(次回のこの欄に続く)


             ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

    「どんなことも、大切なことは、非常に●●なんです」

      【選択語句→ 複雑、シンプル、滑稽】

                      ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。

           答え→ シンプル

【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』(三
 才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい事実を述
 べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、どうぞお楽し
 みに!】







______________________________

【2】
   ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★
    (パソコンでも、簡単に読むことができます)

〜いずれも短文です。そのため、「いまの時代」をサクッと知ること
  が可能です。楽しい文体ですので、ご家族でご覧下さい〜
______________________________

           1冊、約585円

  ■パソコンでも、同様の価格で簡単に「電子版」を読む
   ことが可能になりました。その方法は各ブログに記載。

  ■各巻合計で3冊以上ご希望の場合は、下記からお申し
   込み下さい。より安価に、「PDF版」にしてお送りい
   たします。1冊は千円ですが、3冊以上で電子本より
   安価になり、10冊以上では1冊が400円となります。
   「PDF版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/GPFu2B 



             ===============
        ★「社会の裏側!」第49巻★
             ===============


 なぜ、「栄養ドリンク剤」を未成年に禁止している国があるのか!

  ~無水カフェインの怖さをご存じか。それに、「異性化糖」の
   ために糖尿病のリスクがグングン高まっている事実とは

            山田博士・著

       専用ブログ→ https://goo.gl/Fmjg49


             【概要】

平日の夕方。
あるターミナル駅のプラットホームは、大勢の人たちで混雑してい
ました。

お、そこに群がって、ドリンク剤をグイッと飲んでいるのは……。
そう、ある大手塾のロゴマークの入った共通のリュックを背負った
……騒がしい子どもたち(笑)。

きっと親から「いいわね。あそこの駅で栄養ドリンク剤をグイッと
飲んでから塾に行くのよ。分かった?」と言われているのでしょう。

ただ、こうした「栄養ドリンク剤」を子どもたちに飲ませることを
禁止した国があるのです。未成年に飲ませれば、罰金に処するとい
う法律を作ったわけですね。

う~むむむ(またまた、唸っております)。法律で禁止するとはねえ。
これには、ぼくも驚きました。
でも、それにはそれなりの意味があるのでしょう、きっと。

ところで、どの国が、そういう規制をしたのかと言えば……(本書
をどうぞ楽しみにご覧ください。笑)。
どの国の大人たちにとっても、一番心配なのは、未来の国民(子ど
もや若者たちのこと)の心と体に与える健康なのでしょうなあ。

たとえば、あまり多くのかたはご存じないのでしょうが、子どもた
ちも日常的に飲んでいるこれらの「栄養ドリンク剤」には、少量で
すがアルコールが入っているものもあるんですね。
それにカフェインの問題もありますよね。
それは……(それらについては、本書で述べています)。

ところで、ここで使われている多くの甘味料は、すでに高価な砂糖
じゃありません。安価な「異性化糖」になってしまっているんです
ね。これは、分子式が同じでも、性質をまったく変化させたものな
んですが、砂糖以上に問題点があります。

体内で急速に吸収されるため、血糖値を急激に上げてしまうわけで
すね。つまり糖尿病予備軍のかたにとっては、この「異性化糖」は
敵(かたき)のようなものです。

ついでですから、この「異性化糖」が使われているものの商品名
を、少し述べておきますか。

そうですね。たとえば……。
「ビタローク2000」(日本薬剤)、
「エスカップ」(エスエス製薬)、
「MJ-リゲイン」(第一三共ヘルスケア)……など。

また、ほとんどの「栄養ドリンク剤」に含まれている強力な保存物
質が、またまた大問題です。これらについても、実名で述べておき
ましたので、ぜひ本書をご覧ください。

どうです、これでもあなたは、愛する子どもさんに、こんなドリン
ク剤を飲ませます?

え? 私、子どもなんか……愛してはいない?
またまた、そんな怖ろしいことを平気で……(笑)。

(以下、省略します。目次などは、「専用ブログ」をご覧下さい。
 目次をご覧になるだけでも、内容が想像できると思いますよ)

       専用ブログ→ https://goo.gl/Fmjg49





               ★
               ★
               ★



───────────────────────────────

               ●●●山田の作品集●●●
〜ご希望のものがあれば、下記のそれぞれの各専用頁からどうぞ〜

───────────────────────────────
 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2 





★本誌「完全版」を購読されたいかたは、下記からどうぞ!

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します!
  「PDF版」に変更してお送りします。

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
                → https://goo.gl/c6S6EQ 





______________________________

              発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2ー2ー5共同通信会館B1F
                http://yamadainochi.com/ 

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx 
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。













本誌の登録・解除はこちらから
        → http://www.mag2.com/m/0000141214.htm

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/07/20
部数 2,286部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/07/20
部数 2,286部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

最近の記事

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング