短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

★短縮版:5/17(水)◆「共謀罪」の成立と「種子法」の廃止は、セットでした!今後は、山でキノコを勝手に取っても……


カテゴリー: 2017年05月17日
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓
【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

               ニッポン人の心と体を救う!

        ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

            2017年05月17日(水)号
                   No.2831-「短縮版」

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
   創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            やあ、こんにちは。
          山田博士(ひろし)です。  
                     お元気でしたか!

                 今日もまたお逢いしましたね。
                         嬉しいです。
                              
                地球という星を平和にしたい。
   そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
              ぼくはいつもそれを望んでいます。

    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
          文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                    ぜひ知ってほしい……。





             ▼目次▼

【1】山田流「時事呆談」:

    「共謀罪」の成立と「種子法」の廃止は、セットでした!


【2】先週の「土曜日」に案内した作品(本日が最終割引日です):

   ★「いのち運転“即実践”マニュアル」★
           【第8話】 

     あなたの歯が、どんどん悪くなる理由。フッ素
     塗布する歯科医には、こう伝えなさい!








______________________________
【1】

           ▼山田流「時事呆談」▼

  「共謀罪」の成立と「種子法」の廃止は、セットでした!

 ~なんと、今後は、山でキノコを勝手に取っても、「共謀罪」
  とやらで「テロリスト」となる時代になる?~

______________________________

  (この欄は、毎週「水曜日」に掲載します。お楽しみに!)



                      ~目次~

★(第1章)

ぼくたちの先人たちが血と涙と汗で作ってくれた伝統の「固定種」。
これがいま、目の前から消えようとしております。これ、ぼくたち
日本人の生存にとって、大変なことなんですよ。じつは……

★(第2章)

この「共謀罪」をよく見てみると、どうも、諸手(もろて)を挙げ
て賛成するわけにもいかないんですね。あとでも述べる「種子の問
題」にも、この「共謀罪」は絡(から)んでいるのですが、この中
身は何度も言いますが、トンデモナイ法案です。つまり……

★(第3章)

この「種子法」を廃止して、その代わりに、先述した「共謀罪」の
中に今度は「種苗法」なるものを取り込みました。そして、多国籍
企業たちを守ろうとしたわけですね。押しつけられた種子と違うも
のを使う農民がいれば、「共謀罪」で徹底的に取り締まろうと……

★(第4章)

このモンサント社。農薬の「グリホサート」がが効かない雑草が大
幅に増えたため、今度は、なんとベトナム戦争で使ったあの枯葉剤
を混ぜました。でも、それも抹消されてしまったわけですね。耐性
が生まれて効かなくなったと。なんか笑い話ですよね……


               ★
               ★
               ★




★(第1章)

ぼくたちの先人たちが血と涙と汗で作ってくれた伝統の「固定種」。
これがいま、目の前から消えようとしております。これ、ぼくたち
日本人の生存にとって、大変なことなんですよ。じつは……



ぼくが、市民農園をやっていたころ。

季節が変わるたびに、畑に野菜の種(たね)をよく蒔(ま)きました。

大粒のやら小さいのやら、触(さわ)るとトゲがあるものやら、ま
あいろいろな顔をした種たちが、ぼくの手のひらに載ったものです。
いまも、懐かしく思い出しています。

ある野菜の種は、ビンの底を畑の土に押しあてて円柱形の穴を作
り、その底へ数粒ずつ蒔いたりもしました。
そして、ソッと、土をかぶせる。

本当に、わが子を育てるようなものでした。

そして、それらの作物が、日に日に成長してゆくさまを見るのも、
いとおかし……。
あ、これは吉田兼好さんの言葉か(横取りしてはいけません。笑)。

いずれにしても、作物の一番最初は、こうした種です。

この種がなくては、どれだけぼくたち人間が水をかけたり、太陽が
日光を与えてくれたりしても、1ミリとも成長してくれません。
まあ、当然ですよね。

その大事な種が、いまピンチです。
過去のどんな時代より、いまが一番「ピンチ」です。

いったい、何が起こっているのか。
今回は、そのあたりを皆さんにぜひお伝えしようと思います。

ところで、ぼくたち人間は「動物」ですよね。
「とんでもない。私は動物じゃないわ、人間よお」……というかた
もいらっしゃるかもしれませんが、まあ、それはそれとして(笑)。

動物だと言うことは、ほかの生きものの「いのちを食べる必要」が
あります。
どれだけ心が優しい人でも、これは仕方ありません。

そうしなければ、1日とも生きてゆけませんから(まあ数日は大丈
夫でしょうが)。

そのために、ほかの動物や植物などを「わざわざ殺して」ぼくたち
は、毎日を生来ているわけですね。
殺される運命の彼らに感謝しなくてはなりません。

とくに日本人は、「野菜のいのち」をたくさん食べます。

そのため、先述したような作物の「種」の中身については、欧米諸
国以上に、大いに関心を持つべきだなと思っています。

とくに、ぼくたちの先人たちが血と涙と汗で作ってくれた伝統の
「固定種」。
これがいま、目の前から消えようとしております。

これ、ぼくたち日本人の生存にとって、大変なことなんですよ。

そして、外国から一代限りの「F1種」が……。

さてさて、いまどういうことが起こっているのかと言いますと……。



★(第2章)

この「共謀罪」をよく見てみると、どうも、諸手(もろて)を挙げ
て賛成するわけにもいかないんですね。あとでも述べる「種子の問
題」にも、この「共謀罪」は絡(から)んでいるのですが、この中
身は何度も言いますが、トンデモナイ法案です。つまり……



最近、さまざまな法律が、次々に出てきています。

呑気(のんき)なぼくなど、本当に目が回ってしまうほどなのです
が、国民たちが、「スマホ」なんていう小さな箱を持ち、その小さ
な窓しか見つめていないうちに、国会の内部では、トンデモナイ動
きがどんどんと進んでいるんですね。

その速さは、驚くばかり。

ちょっと、ちょっと。
いつも、「スマホ」しか見ていない、そこのお嬢さん。
先ほどから指ばかり動かしていますけど、このような動き、ご存じ
でした?

指じゃなく、頭、動かしています?

余談ですが、ぼくは「スマホ」の電磁波などの問題はさることなが
ら、この小さな箱のために、国民の多くがいつも下ばかり見ている
ことに、大きな危惧を抱いています。

見てご覧なさい。
どこでも誰でも、みんな下を向いて、世間のことには目もくれない。
いつも与えられたものを見るだけの「受け身」の姿勢なんですね。

違いますか。

電車の中でも、隣に少しの空間があっても、誰も詰めようともしない。
もしこれがいつも世間を見つめていれば、すぐに動くようにするこ
とでしょう。
日本人は、本来、そんな意地悪ではありませんでしたから。

でも、いま、みんな、あえて世間を見ないようにしているわけですね。
いや、この「スマホ」を見ているふりをして、世間を見ようとしない。

そして、そのうち、本当に世間や社会や時代の流れを見ることがで
きないようになっている自分に気がつくのでしょう。
でも、そのときになって、社会に気がついても、時遅し。

頭上を「砲弾」がビュンビュンと飛び交っているかもしれません。

もちろん、その砲弾は実際のものじゃなく、情報や文化などという
「架空の砲弾」かもしれません。

たとえ実際には戦争になっていなくても、自分の思いを言葉にでき
ず、文字にもできず、音楽にも絵画にもできない時代が、目の前に
広がっているかもしれないんですね。

まさか……とお思いかもしれませんが、過去を見れば、そんなこと
すぐに分かります。
歴史は繰り返しますから。

まあまあ、「スマホ」については、いいでしょう。

ただ、ぼくたちが、ナントカ幼稚園やナントカ小学校の問題だとか
で騒いでいる間に、国会内部では、「ちゃんと」重大な法律は審議
されていたという事実だけは、お知り下さい。

まず、いま一番の問題は、「●●罪」でしょうね(●●は、下記の
設問をご覧下さい)。

これは、「テロ等準備罪」法案のことなんですが、もちろん、誰し
も、テロなどが起こらない国を願っているはずです。
テロが好きな人など、どこにもいないはず。

ただ、この「共謀罪」をよく見てみると、どうも、諸手(もろて)
を挙げて賛成するわけにもいかない。

あとでも述べる「種子の問題」にも、この「共謀罪」は絡(から)
んでいるのですが、この中身は何度も言いますが、トンデモナイ法
案です。

この5月18日にも(2017年)、ひょっとして衆議院で強行採
決されそうな動きなんですが、この法案は、犯罪の準備をする前の
時点で、当局が「犯罪を実行しようという合意があった」と判断す
れば、誰でも取り締まることができるわけですね。

そのようになると、当然ですが、日常的かつ無制限な監視や盗聴な
どが必要となります。
そうですよね。

そうしなければ、当局としては、取り締まることができませんから。

そうすると、「超監視社会」になったり、「政府の都合のいいように、
恣意(しい)的な監視や捜査が横行する」ことになりかねません。
そのため、いま、良心的なメディア関係者や、市民団体、弁護士な
どが大反対をしています。

ただ、ぼくは、いまの日本がテロの対象にならないように、その準
備だけはしておくべきだと思っています。

日本の近隣の国に対しては、もっと毅然(きぜん)とした程度で対
峙(たいじ)するべきです。
何でもかんでも謝罪外交なんて、止めるべき。

そして、常に、外国の災害などへの人道援助などはどんどんする。
日本人がいままで、これだけも世界の人たちから好かれてきたの
は、みな先人たちのそれなりの努力があるわけですね。

そうした行為を、もっともっとすべきです。
欧米諸国のような「植民地政策」では、恨みを買うだけですからね。

ところで、政府は、この「共謀罪」の乱用はしないと言っているよ
うですが、弁護士の海渡雄一さんが、次のように話していました
(2017年5月12日。議員会館前の「共謀罪NO!実行委員
会」集会にて)。

「1925年に治安維持法が制定されたときも、政府は乱用のおそ
れはないと強調していたのです」と。

う~むむむ。
この治安維持法がその後、大いに乱用されるようになったのは、ご
存じのとおり。

国民は、何も言えなくなりましたよね。
そして、あれよあれよと言う間に、あの悲惨な泥沼の戦争に突っ込
んでいきました。

そして、日本は廃墟となり、日本人だけでも「数百万人」が犠牲に
なった……。

そのような歴史は繰り返したくはありません。
ぼくは、そのような歴史を振り返りながら、いまこの原稿を書いて
います。

確かに、政府の言うことは信じたい。
ぼくも日本人の一人ですから、日本政府の話すことを信じたい気持
ちはもちろんあります。

でも、悲しいかな、過去の事実は事実として受け止めなくてはなり
ません。
そして、同じ過ちを犯したくはないんですね。
そう、一人ひとりの子孫のためにも……。

だから、こうした「共謀罪」なんていう戦後初めての法律が出てき
た場合は、とくに、十分注意をしなくてはならないなと思っており
ます。

そして、それがいま述べている作物などの「種子」などにも大いに
関係があるとしたら……。



★(第3章)

この「種子法」を廃止して、その代わりに、先述した「共謀罪」の
中に今度は「種苗法」なるものを取り込みました。そして、多国籍
企業たちを守ろうとしたわけですね。押しつけられた種子と違うも
のを使う農民がいれば、「共謀罪」で徹底的に取り締まろうと……



4月14日(2017年)、ついに、「種子法」廃止法案が、参議院
で可決されました。

この「種子法」は、食糧増産をはかる目的で、1952年に制定さ
れたのでしたが、この法律は、稲や麦や大豆などの品種開発、それ
にそれらの安定供給に、それなりに役立ってきたものです。

この「種子法」の廃止は、国民の基礎的食料である米や麦、それに
大豆などの種子は国が守るんだという、いままでの政策を完全に放
棄するものですよね。

そのため、種子の供給不安や、外資系企業の参入による種子の支配
などの懸念が、いま国民の間で広がっています。

この「種子法」は、「食料自給のため、自治体などにその地域に合
った作物の種子の開発・普及を義務づけて」いました。
そう、地域ごとに、それぞれの種子を、大切にしようとしていたわ
けです。

だけど、この「種子法」が無くなれば、どうなります?

外資系の種子会社が参入して、日本の「種子」を独占することに
もなりかねません。

まあ、当然、そうなることでしょう。

だから、この「種子法」が果たしてきたいままでの役割をほとんど
議論もせず、最初から「廃止ありき」の政府の姿勢は、大いに問題
があると思います。

もし政府たちが本当に国民を守るんだという姿勢があるなら、堂々
と議論すべきじゃありませんか。
違いますか。

自分の考えがもし正しいし理路整然としているとするならば、反対
意見にもよく耳を傾けて、みんなが納得できるようにしてから、
この「種子法」をどうするか考えればいいのじゃないか。

1歩譲っても、ぼくはそう思います。

でも、政府は、今回、それを放棄した……。

この「種子法」を廃止する政府の理由説明では、いまのままでは
「民間企業が参入しにくい」……とのことです。

つまり、企業にもっともっと参入させたいという目論見(もくろ
み)があるわけですね。
国民のいのちより「企業を大切に」する姿勢……。
いやあ、正直です(笑)。

でも、じつは……(省略)。



               ★★                  

          ~本誌は「短縮版」です~

    このあと、長くなりますので、非常に大切な部分も
    ありますが、涙をのんで約半分ほどに短縮しました。

     もし、この「時事呆談の100%の内容」を、いま
    すぐご希望の場合は、下記までご連絡下さい。
    近い将来、電子本で、世界に向けて公開するつもり
    です。

    ただ、もしお急ぎの場合は、優先的に制作すること
    も可能です(PDF版に作り替えることもOKです。
    その点も、あわせてお知らせ下さい)。
          事務局→ http://goo.gl/t12Yx
 
               ★★



昔は日本でも、たとえ不効率であっても、あえて稲作に「複数の品
種」を植えていたものでした。

そういう多様性の過去があるから、いま、稲という素晴らしい作物
が確保されているのかもしれません。
最初から同一品種ばかりであれば、とっくに滅びていたことでしょ
う。

こうしたぼくたちの先人たちの立派な行為は、考えてみれば、F1
種の農業とまったく対極だと思いませんか。
そうした過去の歴史、伝統、学び、体験……。

それらをすべて放棄して、はたして日本人の食べるものが、安全に、
安定して、今後手に入るのかどうか。

いまこそ、みんなで考えるべきときでしょうね。

あまり「スマホ」ばかり見つめている場合じゃありませんぞ。

ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士)


             ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

    「まず、いま一番の問題は、『●●罪』でしょうね」

       【選択語句→ 軽犯、漂白、共謀】
  

                          ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。
              答え→ 共謀








______________________________
【2】

       ▼先週案内した作品の再案内です!▼

      ~まだご覧になっていないかたのために~

______________________________



      先週の「土曜日」(5/13)に案内した作品
             ↓  ↓  ↓
        =======================

       ★あなたの歯が、どんどん悪くなる理由★
     フッ素塗布する歯科医には、こう伝えなさい!
           (即実践・第8話)

   ~市販の歯磨き剤の90%には、すでにフッ素が添加さ
    れています。なぜアメリカの歯磨き剤には「注意書き」
    があるのでしょうか~

        =======================

     ※今回も、この作品で、「フッ素問題だけでなく」ぜひ社
    会をのぞいて下さい。

      5/13(土)号→ https://goo.gl/kzGZle
       (本日が……割引価格最終日です)

                         ~目次~

●歯の「8020運動」に載っかった、巧妙な動きとは

●フッ素洗口の薬剤に書かれている、驚くべき「注意書き」

●フッ素の歴史をひもとくと、なんと「広島原爆」の開発者が!

●井戸水とフッ素中毒症。井戸水を飲んでいるかたはぜひご留意を

●アメリカの練り歯磨きについている「毒」という見出し

●フッ素が、虫歯を「予防する」という2つの理由。だけど……

●フッ素は、体に入れると同時に血液に入り、体中を駆けめぐりま
 す

●記憶障害やアルツハイマー病に近づくという研究

●フッ素が「安全」でなければならなかった理由とは

●フッ素を使わなくても、学校歯科医会で表彰された学校の名前

●虫歯を防ぎ、歯を強くするには

      5/13(土)号→ https://goo.gl/kzGZle
       (本日が……割引価格最終日です)







        ===============
                      〜事務局より〜                       
        ===============


★山田の数ある作品の中でも、人気「第1位」の作品は、これです!
 〜毎月「数万円も家計が楽になります。100名の声をどうぞ〜

  「わずか月1万少々の食費で、何千億円もの健康を稼ぎ、
   あなたの一生の夢を実現させる健康長者養成10日間
   ナビ」全3巻 (愛称→「月1万〜」)
               → http://goo.gl/SfOzHD


★本誌「完全版」をご希望のかたへ!

 100%掲載の、世にも面白い完全版メルマガ「暮しの赤信号」
 をご希望のかたへ!その3大特徴とは……。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の内容が100%読めます!

    とくに、毎週水曜日の「社会の裏側!」や、火曜日の読者の声
  への山田の返信文などは、分量も多く内容もあり、楽しい文体
  になっていますので、なかなかの人気のようですよ。

2.山田の作品が、「公開価格の8掛け前後」で手に入ります!

  多くの作品が、なんと8掛け前後の価格で手に入ることになり
  ます。でも、こんなに安くていいのでしょうか(笑)。しかも、
  何度でもOK。ぜひご活用下さい。

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらをいち早く、しかもすべて無料で「プレゼント」
  します! 社会での一般公開よりいち早く、しかも無料で読め
  ますので、しみになさっているかたも多いようです(「PDF
  版」に作り直してお贈りしますので、アプリ不要です)。

  ◆入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。3月と9月ごと
   の一斉課金となりますので、途中入会の場合は、その月によ
   り価格は異なります。1か月分は540円。翌月からの分と
   なります。入会当月は無料。自動返信で、当月現在の金額を
   お知らせします。世にも面白い「完全版」をお楽しみに!
                    → https://goo.gl/c6S6EQ 





______________________________

                  発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
                    http://yamadainochi.com/ 
                            
事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx 
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。













本誌の登録・解除はこちらから
        → http://www.mag2.com/m/0000141214.htm

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2017/05/25
部数 2,555部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

魔法使いリエちゃんのインスピレーション競馬
馬券ベタの初心者でも高額配当的中 魔訶不思議な魔法の3連単馬券術をお伝え中(有料) もちろん、馬券センス有りのあなたなら、さらに、、、( *´艸`) 直近の的中結果 9/24 中山 1R  148,100円的中 中山 2R  135,630円的中 9/25 阪神2R  221,300円的中 阪神4R  257,570円的中 中山7R  139,420円的中 中山10R  133,100円的中 中山12R  113,680円的中 詳しくは、メルマガ紙面にて
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

最近の記事

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング