短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

隔日刊「暮しの赤信号」2/27(水)857◆いまの味の素の製法は、これはもう誰が見ても、化学合成品のかたまりだと……


カテゴリー: 2008年02月27日
    
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

              ★食卓の事件簿★

>>>        隔日刊メールマガジン「暮しの赤信号」
                  (月、水、金の早朝5時に発行)

              2008年2月27日号(水)
                No.857
             発行人/山田博士(ひろし)[毎回、7600部発行]
          URL/http://www.kt.rim.or.jp/~setu/yama.shtml
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『脱コンビニ食!』(平凡社新書)などの著者で、食生態学者(米国イオン
ド大学教授)の山田博士(ひろし)が、早朝の5時に配信。食べものだけで
なく、人としてのありかた、生きかたをいつも考えます。なんともユーモラ
スな文体が人気のようで……。 [まぐまぐの「殿堂入りマガジン」です]



            ▼今日、あなたにお伝えしたいこと▼
          
   やあ、いらっしゃい!
   今日は、文中で述べたように、「最近、企業が使い始めた調
   味料、タンパク加水分解物とは何?」
   について少しだけ……。


▼本文(連載198)

第4章(大疑問4)
   なぜ、コンビニ食に、若者をキレさせる五つの化学物質が使
   われているのだろう
  ─ そのコンビニ食を食べていて、他者のいのちを愛せますか─



──────────────────────────────
  いまの味の素の製法は、これはもう誰が見ても、化学合成品
  のかたまりだと……
──────────────────────────────

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとなります)
 → http://archive.mag2.com/0000141214/20080225050000000.html

 
 いまの「味の素」。
 そう、よく宣伝しているように、いまはサトウキビから全部作ら
れてい……ません(笑)。

 厳密に言えば、「サトウキビのカスから」と言ったほうが正しい
でしょう。
 サトウキビは砂糖の原料です。

 当初は小麦などを原料にしていて、そのグルテンを塩酸で分解し
て作っていたようです。
 でもその後、石油原料を使ったりしたあと、この「サトウキビの
カス」にたどり着いたんですね。
 自然っぽい雰囲気を出すためにはいいじゃありませんか。

 でもサトウキビには、グルタミン酸ナトリウムなどは存在しませ
ん。
 だからこれに、アンモニアや塩酸、界面活性剤などたっぷりの化
学薬品を使って、ナトリウムの化合物を作っているというわけ。

 これはもう誰が見ても、化学合成品のかたまりだと……。


(次回へつづく) 


【ぼくの著書『最新 危ないコンビニ食』(現代書館)P131】
───────────────────────────────


           ■山田からのコメント■


 本文で述べたように、実際には、いろいろな化学変化を起こさせ
て作ったものが、この味の素だったんですね。

 サトウキビをただ砕(くだ)いたそのものではない(笑)。

 味の素の名前は、いまや固有名詞ではなく、日本発の「普通名詞」
として使われるようになりました。
 でも、日本人のぼくたちとしては、外国人に対してなんとも恥ず
かしい名前としか言いようがありません。

 だって、世界中の人たち、とくに貧しい人たちの舌を壊し、これ
ほども体に影響を与えている物質は、ほかにないでしょう。

 たとえ新鮮な旬の野菜でなくても、たとえそれが農薬にまみれて
いても、たとえ遠くから運ばれた輸入冷凍食品であっても、これさ
え添加すれば、あ〜ら不思議、たちまち「いつものあの味」に変わっ
てしまうわけですからね。

 毎日、コストをいかに下げるか血眼(ちまなこ)になっている食
品企業たちが、これに飛びつかないはずがありません。

 そして、貧しい若い母親や小さな子どもほど、体に大きな影響を
受けてしまうという図式。
 つらいですね。

 経済的にゆとりのある人は、こんなものが添加されていない自然
のままの食べものを探すゆとりがあります。
 でも、そうでない人たちは……。
 世界中にこうして、経済格差がだんだん健康格差へと広がって行
くのを、ぼくはいつも腹立たしく見つめているんです。

 これの体に与える影響などについては、次回あたりから少しずつ
述べて行きますが、前回、「ほんのちょっとだけよ」でお知らせし
たものを、少しだけ先に述べておきましょうか。

 え? 「ほんのちょっとだけよ」って何だったっけって?
 そうですか。あまり関心がないなら、次に進みますか。
 あ、思い出したって?(笑)

 そうでしたよね。ほら、例の「タンパク加水分解物」。

 ぼくが、あまりにもこのMSGについて叫ぶものですから、食品
企業たちはほかのものを「調味料として」最近使い始めました。

 ちょっと表示をご覧になって下さい。
 生協の食べものを含む多くのものに、この「タンパク加水分解物」
がいつの間にか、使われているじゃありませんか。

 驚かないで下さい。
 これは、法律上は「食品添加物」じゃなく「食品」に分類されて
いるんです。

 だから「化学調味料無添加!」「化学調味料は使っていません!」
なんて大きく書かれたものにでも、これを使っても平気なんですね。
 無添加だから安心だなんて、考えないで下さい。

 で、何が問題か。
 これは、比較的簡単な工程で作られるんです。

 タンパクを含んだ肉や魚や大豆などを加水分解すると、アミノ酸
が作られます。
 このことなんですね。簡単な工程です。
 でも、ぼくが心配しているのは、この製造のとき、「○○」を使う
方法があるっていうこと。

 そうすると、脂肪から分解したグリセリンがこの塩酸と結びつい
て、「塩化グリセリン」という物質が出来ますが(すみません。少
々嫌なカタカナ語が続きました)、その仲間のMCPが大問題なん
です。

 じつはこれに、完全な変異原性があるんですね。
 細胞に突然変異を起こす作用があるというわけです。

 ほかの製造法としては、酵素分解法や熱水抽出法などがあります
が、日本生協連のHPを見てみますと、どうも「塩酸分解法を使っ
ているが自主基準を設定している」、と謳(うた)っているようで
すね。
 でも、やはりちょっぴり心配だなあ。中国製冷凍食品事件という
前例もあったし……(笑)。

 この「タンパク加水分解物」。
 皆さんも、ちょっと頭の隅に入れておいて下さい。
 今後、問題にならないとも限りません。

 まあ、皆さんはもう、こんな加工食品などには手を出していらっ
しゃらないはずですから、こんなこと、どうでもいいのですが……。

 え? 
 何ですって?
 どうも、最近耳が遠くなって……(笑)。

 さて、MSGについてなんですが……。
 あれれ? もう紙幅がなくなっちゃったぞ。う〜ん、困った。
 ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士)

┌─────────────────────────────
│
│         ★皆さんへの設問です!★
│           (2008.2/27)
│ 
│ 試験:下記の○○に、選択語句から正しいと思われるものを選
│    んで、入れてみよ。ただし2文字とは限らない。
│                 
│「でも、ぼくが心配しているのは、この製造のとき、『○○』を
│ 使う方法があるっていうこと」
│                 
│       【選択語句→ 塩辛、塩煎餅、塩酸】
│     (答えは、本誌の最後部に書いておきました)  
│                 
└─────────────────────────────
 ★いいことをお教えしましょう。この「暮しの赤信号設問専用ノート」
  を作って、設問と答えを毎回記入するようにしてみて下さい。
  ふふ、毎回思い出しながら答えを記入してゆくようにするだけで、
  ○○に書いた言葉が指に残り、?いのちにとっての貴重な財産」が蓄
  積します。今後の人生で役立ちますよ。ま、家族でお試し下さい。    
                   

  ┌───────────────────────────────
  │
  │           ★いのちの定期券2★
  │      
  │ 本誌発行人の最高傑作作品。マンガ・ストーリィと食品実名リスト!
  │   『小冊子版&CD−ROM版 暮しの赤信号』全23号
  │      CD−ROM版は、1枚でも購入可能になりました。
  │
  │ 食、農、洗、水、魚、肉、卵、乳、糖、塩、粧、調、煙などのデー
  │ タが満載。言葉はいらない、これを渡せば子どもや配偶者が黙って
  │ 変わる。学校副読本としても広く活用。下記で読者の反応が読める。
  │             
    │★専用HP→ http://www.kt.rim.or.jp/~setu/redsignal.shtml
  │      (読んだ読者の声も、各号別に載っています)    
  └───────────────────────────────



>>〈本誌の事務局が紹介する相互紹介中のメルマガ。毎回、山田は直接タッチ
>> していませんので、皆さんご自身でご選択下さい〉


────────────────────────────────────
  まぐまぐ殿堂入りメルマガ ☆【世界の新聞「101紙」の視点】☆

 世に報道されていることは「真実の全て」ではありません。場合によっては、
各メディアにとって「都合のいい真実」だけを編集しているということもあり得
ます。そのためにも世の中の事象を、価値観の異なる様々な角度から見る必要が
あるように思います。
 主要紙の社説もトップ記事も、このメルマガだけでOK! 表題のみ広く浅く眺
めるもよし。気になる記事を深く読むもよし。各新聞の「エントランスマガジ
ン」として、弊誌をご自由にご活用下さい!
>>>     登録はこちら ⇒ http://www.mag2.com/m/0000174275.html
────────────────────────────────────
◆◆自らが関係または精通している記事を読むと、各紙で取扱いが異ることに驚
きます。国内主要6誌のトップ記事や社説を読み比べられる!(事務局)。



 ┌────────────────────────────────
  │
  │
 │         ★★以下は、山田博士の「無料レポート」全5冊★★
 │
  │  これらのレポートは、本誌の読者になっていただく条件がありま
 │  すが、すでに読者のかたは、再度登録されてもダブることはあり
 │  ません。
 │   「感動しました!」という声もいただいていますので、お茶で
 │  も飲みながら、ごゆるりとお楽しみ下さい。すべて無料ですが、
 │  読み応えがありますよ。今後も執筆してゆきますのでご留意を。
 │
 │               
 │>>>■節約と健康が両方手に入る山田の話を、ふふふ、少しだけどうぞ
 │  http://form.3muryoureport.com/muryoureport.php?id=1001&seq=0&ref=0
 │>>>■キレる若者と切っても切れない食生活。法務省から頼まれたお話
 │  http://form.3muryoureport.com/muryoureport.php?id=1001&seq=1&ref=0
 │>>>■感動小説「走れ!アルキメデス」。コンビニ食常食の寅太郎に何が
 │  http://form.3muryoureport.com/muryoureport.php?id=1001&seq=2&ref=0
 │>>>■マンガ・ストーリィ「タバコ・ぷかドン」。若者に衝撃データです
 │  http://form.3muryoureport.com/muryoureport.php?id=1001&seq=3&ref=0
 │>>>■朝4時半の話 −山田式早朝お楽しみ生活− 
 │  http://www.muryouform.com/rep.php?id=1001&seq=4&ref=0
  │
  │
 │────────────────────────────────
  │
 │  以下は、本誌の事務局が「山田に内緒で」載せているものです。
 │       ご自分で判断して参考になさって下さい。
 │          ★お楽しみ無料レポート★
 │ 
 │>>>■美術鑑賞入門1 あなたの美術鑑賞を成功させる7つの方法
 │  http://mailzou.com/get.php?R=720&M=2487
 │>>>■大人の塗り絵1 春色の花編
 │  http://mailzou.com/get.php?R=1320&M=2487
 │>>>■春限定! 無料レクリエーション講座
 │  http://www.free-book.jp/report.php?rp_cd=33836&rf_mb_cd=1222
 │>>>■今から始める自分改革part1
 │  http://www.free-book.jp/report.php?rp_cd=30240&rf_mb_cd=1222
 └────────────────────────────────
 
 
>>★メールマガジン「暮しの赤信号」では、相互紹介をお待ちしています。
>> ジャンルに関係なく楽しいメルマガをお待ちしています。
>> 検討させていただきますので、どうぞお気軽に。
           
──────────────────────────────────

                     発行/山田博士いのち研究所
  〒107-0052 東京都港区赤坂2−10−15 宮原第2ビル3階

   事務局への連絡は、どんなことでも下記のアドレスまでどうぞ。
     → setu@ kt.rim.or.jp(スパムメール対策のため、1字空け
               てあります。詰めて下さい)
──────────────────────────────────
 ★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。必ず事
  前にご連絡下さい。お願いします。

           本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

┌─────────────────────────────────
│  ★今日の「皆さんへの設問です!」の答え
│               → 塩酸
└─────────────────────────────────










本誌のバックナンバーはこちらからどうぞ(右側に並んでいます)
        → http://blog.mag2.com/m/log/0000141214/
 
本誌の登録・解除はこちらから
        → http://www.mag2.com/m/0000141214.htm

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2017/02/28
部数 2,656部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

最近の記事

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング