キャリアデザインマガジン

日本キャリアデザイン学会 キャリアデザインマガジン第100号


カテゴリー: 2010年08月16日
■□□----------------------------------------------------------------
□□
□    キャリアデザインマガジン 第100号 平成22年8月16日発行
     日本キャリアデザイン学会 http://www.career-design.org/

------------------------------------------------------------------□■

 「キャリアデザインマガジン」は、キャリアに関心のある人が楽しく読める
情報誌をめざして、日本キャリアデザイン学会がお送りするオフィシャル・
メールマガジンです。会員以外の方にもご購読いただけます。
 ※等幅フォントでごらんください。文中敬称略。

□ 目 次 □-----------------------------------------------------------

1 キャリア辞典「セーフティネット」(3)

2 私が読んだキャリアの1冊 生駒俊樹『実践キャリアデザイン』

3 キャリアイベント情報

----------------------------------------------------------------------
【学会からのおしらせ】

◆第7回研究大会・総会の参加募集を開始いたしました。
 テーマ:キャリア・ルネサンス-逆境からの挑戦-
 日 時:平成22年10月23日(土)・24日(日)
 場 所:神戸学院大学ポートアイランドキャンパス(主宰校)
     〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3 Tel.078-974-1551(代表)
 http://www.career-design.org/content/view/187/1/

◆関西支部では、以下の要領にて、関西支部研究大会を開催する予定です。
 日 時:平成22年11月23日(火)13:00~17:00
 場 所:関西大学千里山キャンパス第三学舎
      ※詳細は決定次第学会ホームページなどでご案内します。

◆2010年度第4回研究会
 日 時:平成22年8月28日(土)14:00~16:00
 テーマ:「いっしょに働きたくなる人」の育て方
     マクドナルド・スターバックス・コールドストーンの人材育成研究
 講 師:見舘好隆 北九州市立大学キャリアセンター准教授
 参加費:会員/無料 非会員/3,000円
 会 場:法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー25階
 http://www.career-design.org/content/view/186/1/

----------------------------------------------------------------------

1 キャリア辞典

 「セーフティネット」(3)

 2008年、サブプライム問題や原油価格の高騰などを受けて日本経済の原則が
鮮明となった。9月にはリーマン・ショックもあり、雇用失業情勢も急速に悪
化した。年初に3%台だった完全失業率は年末には5%台半ばに達し、1倍近か
った有効求人倍率も0.7倍に急落した。

 これを受けて、当時の自公連立政権は8月に「安心実現のための緊急総合対
策」、10月には「生活対策」、さらに12月には「生活防衛のための緊急対策」、
そして翌2009年4月には「経済危機対策」と矢継ぎ早に4次にわたる総合経済対
策を打ち出したが、雇用対策、さらには雇用のセーフティネットは、はその重
要な項目として注目された。

 「安心実現のための緊急総合対策」で注目されるのは、訓練期間中の生活保
障給付制度の導入だろう。これは、失業給付が終了してなお再就職できない、
あるいはそもそも失業給付が受けられない失業者が、生活保護の対象とならな
ければ収入が途絶してしまうという問題に対応するものだ。また、収入を確保
するために低技能・低賃金の仕事を掛け持ちし、求職活動や職業訓練にあてる
時間が確保できないという問題にも対応している。これは、失業者に対する第
一のセーフティネットである雇用保険に続くものという意味で「第二セーフテ
ィネット」と称された。当初、「安心実現のための緊急総合対策」には直接的
な言及はなく、そこでうたわれた「ジョブ・カード制度の整備・充実」の一環
として技能者育成資金制度を拡充するという変則的な方法で導入されたが、そ
の後政権交代の前後を通じて拡充がはかられ、現在ではこれを「求職者支援制
度」として恒久化することが検討されている。

 続く「生活対策」では「雇用のセーフティネット強化対策」が一項目として
掲げられた。その記述をみると「景気後退による雇用の影響が最も出やすい非
正規労働者、中小企業や地方企業を中心にセーフティネットを強化し、60万人
分の雇用下支え強化を行う」とされており、具体的には年長フリーター等(25
~39歳)を正社員雇用する事業者に対する特別奨励金の創設や「非正規労働者
就労支援センター」の増設、ジョブ・カード制度の拡充(ここでは雇用型訓練
に対する助成の拡充とあわせて「訓練期間中の生活保障給付の返還免除対象者
の拡大」も明記されている)などが実施に移された。さらに、雇用調整助成金
の要件緩和・助成率引上げや、中小企業を対象に雇用維持をさらに手厚く支援
する中小企業緊急雇用安定助成金の拡充も掲げられた。さらには、「ふるさと
雇用再生特別交付金」の創設とそれを活用した雇用機会の創出といったものも
含まれている。

 しかし、リーマン・ショック後の雇用調整は従来になく急速なものとなり、
雇用失業情勢も一段の悪化が余儀なかった。雇用不安が拡大し、年末の「生活
防衛のための緊急対策」では雇用対策を具体的施策の最初に掲げるに至ること
となる。
                        (編集委員 荻野勝彦)


2 私が読んだキャリアの1冊

 『実践キャリアデザイン-高校・専門学校・大学』
               生駒俊樹編著 ナカニシヤ出版 2010.7.10

 「多摩地区高等学校進路指導協議会」という団体をご存知だろうか。その名
のとおり多摩地区の国・公・私立の高等学校約120校が参加し、進路指導に関
わる情報交換や実践報告、企業・大学のヒヤリング・見学などを行う研究会を、
50年近く(!)にわたって毎週(!)継続しているという。まことに驚くべき
勤勉さだが、編著者の生駒俊樹氏は長年にわたってこの会の事務局長を務め、
自身も進路指導の実践を蓄積してきた。

 進路指導にはこのように長い歴史があるわけだが、90年代後半の「就職超氷
河期」を境目に、その役割や期待は大きく変化した。もちろん、新卒就職を果
たせなかった人は従来からいたし、将来の夢を実現するためにあえて時間的・
空間的な自由度の高いアルバイトなどの働き方を選択する人もいた。新卒就職
後三年の退職率(中卒7割・高卒5割・大卒3割=いわゆる七五三)も実は長期
的にそれほど変動していない。その一方で、不本意ながら新卒で正社員就職が
できない、あるいは正社員就職しても退職し、その後正社員として再就職でき
ない若年者が増加した。その多くは非正規雇用での就労となり、雇用が不安定
なだけではなく、技能蓄積やキャリア形成が進みにくく、したがって労働条件
も向上しにくいという問題を抱えた。あるいは、就労もせず、教育訓練も受け
ないという状況に追い込まれる例も増加した。こうした中で、まず正社員就職
させること、さらに容易に退職させないこと、そのための指導や教育が強く要
請されるようになった。

 とはいえ、それが極めて困難な営みであったことも想像に難くない。確立さ
れた手法があるわけではなく、試行錯誤を余儀なくされただろうし、他方には
さまざまなツールを売り込んでくる業者やコンサルタントもいる。それらには
有益なものも多いだろうが、しかし彼らは結果に責任を持つわけではない。

 この本は、編著者自身の高校・大学それぞれでの経験を含めた、進路指導・
キャリア教育の実践事例集と言ってよいだろう。副題にあるように、第1部が
高校、第2部が専門学校、第3部が大学にあてられていて、高校については実践
事例が2例とハローワーク所長からのヒヤリング記録、専門学校は実践事例が2
例、そして大学については実践事例が3例と研究者による解説記事が2本という
構成になっている。

 とりわけ興味深いのが、実践事例の紹介であることは言うまでもない。専門
学校はもとより、高校・大学もそれぞれに個性を有する学校において、その個
性に応じたキャリア教育が行われているようすを、具体的な生の事例を交えな
がら紹介している。文体は書き手の個性が現れつつもおしなべて抑制的だが、
しかし実践の背後にある苦心は窺われて余りあるし、個別事例の一般化には慎
重であるべきだが、しかしその見解には説得力がある。いずれの事例もさらに
詳細・多数の具体例を知りたいと思わされるし、実践者の苦闘振りをもっと伝
えてほしいとも感じさせられるが、それはコンパクトな本なので致し方のない
ところなのだろうか。

 逆に、コンパクトにまとめられているだけに、進路指導担当教諭やキャリア
センターのスタッフが多忙の中を縫って通読し、さまざまなヒントを得るには
好適といえるのだろう。また、非常に読みやすい本だけに、進路指導やキャリ
ア教育を受ける側である学生や保護者にも一読をすすめたい。指導する側の考
え方や努力を周知した上で指導を受けることは、その効果を大いに高めるので
はないかと思う。

 最後に私個人の感想を述べると、民間企業の一人事担当者として、進路指
導・キャリア教育に携わる人たちの熱意と苦心をこの本を通じて再確認し、こ
うした苦労を通じて送り込まれた新入社員をしっかり育成し、定着させていき
たいものだとあらためて感じた。同業の諸氏にもぜひ手にとってもらいたい本
だと思う。
                        (編集委員 荻野勝彦)

 ※「私が読んだキャリアの一冊」は、執筆者による図書の紹介です。
  日本キャリアデザイン学会として当該図書を推薦するものではありません。


3 キャリアイベント情報
  ~キャリアデザインに関係するイベントの開催予定などをご紹介します~


◆日本生産性本部メンタルヘルス研究所第32回メンタルヘルス大会「働きがい
 のある職場・希望が持てる組織」
 平成22年9月2日(木)13:00-17:20、3日(金)9:30-16:30
 於 ホテル ラングウッド(東京都荒川区)
 http://www.js-mental.org/images/04/taikai32.pdf

◆学習院大学経済経営研究所(GEM)第3回公開ワーク・ライフ・バランス(WL
 B)カンファレンス「勤務医・看護師におけるWLB」
 平成22年9月9日(木)13:30-17:00
 於 学習院大学 目白キャンパス 西2号館 2F 201教室(東京都豊島区)
 http://www.gakushuin.ac.jp/univ/eco/gem/wlb_20100909.html


【編集後記】

 おかげさまをもちまして、本「キャリアデザインマガジン」は本号でめでた
く?第100号となりました。創刊が平成17年9月ですので、ほぼ5年を要した計
算になります。隔週刊の建前からすればもう1年早く到達しているはずだとい
うツッコミは御容赦いただいて(笑)、今後ともご愛読のほどお願い申し上げ
ます。(O)


【日本キャリアデザイン学会とは】

・キャリアを設計・再設計し続ける人々の育成を考える非営利組織です。
・キャリアに関わる実務家や市民と研究者との出会い・相互啓発の場です。
・多様な学問の交流からキャリアデザイン学の構築を目指す求心の場です。
・キャリアデザインとその支援の理論と実践の連携の場です。
・誤謬、偏見を排除し、健全な標準を確立する誠実な知的営為の場です。 
・キャリアデザインに関わる資格、知識、技法、専門の標準化の努力の場です。
・人々のキャリアの現実に関わり、変えようとする運動の場です。

 学会の詳細、活動状況はホームページに随時掲載しております。
 ◆日本キャリアデザイン学会ホームページ◆
   http://www.career-design.org/

□□■----------------------------------------------------------------
□
  日本キャリアデザイン学会(CDI-Japan)発行
  オフィシャル・メールマガジン【キャリアデザインマガジン】
  
  このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して発
行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000140735.htm
  無断転用はお断りいたします。

 編集委員:荻野勝彦(トヨタ自動車株式会社人事部担当部長)

   日本キャリアデザイン学会事務局連絡先
    e-mail cdgakkai@hosei.org
   〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1

----------------------------------------------------------------□□■

キャリアデザインマガジン

RSSを登録する
発行周期 隔月刊
最新号 2017/12/20
部数 3,228部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

キャリアデザインマガジン

RSSを登録する
発行周期 隔月刊
最新号 2017/12/20
部数 3,228部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング