キャリアデザインマガジン

日本キャリアデザイン学会 キャリアデザインマガジン第72号


カテゴリー: 2008年03月17日
■□□----------------------------------------------------------------
□□
□    キャリアデザインマガジン 第72号 平成20年3月17日発行
     日本キャリアデザイン学会 http://www.cdi-j.jp/

------------------------------------------------------------------□■

 「キャリアデザインマガジン」は、キャリアに関心のある人が楽しく読める
情報誌をめざして、日本キャリアデザイン学会がお送りするオフィシャル・
メールマガジンです。会員以外の方にもご購読いただけます。
 ※等幅フォントでごらんください。文中敬称略。

□ 目 次 □-----------------------------------------------------------

1 キャリア辞典「ダイバーシティ(4)」
2 私が読んだキャリアの1冊
          佐藤博樹・小泉静子『不安定雇用という虚像』
3 キャリアイベント情報

----------------------------------------------------------------------
【学会からのおしらせ】

◆日本キャリアデザイン学会は、以下のとおり研究会を開催いたします。
 非会員の方もご参加いただけます。
 先着順ですのでお早めにお申し込み下さい。
 なお、各研究会の詳細は学会ホームページでご確認ください。
 http://www.cdi-j.jp/gyouji/02.html

(第4回研究会)
 日 時:平成20年3月19日(水) 18:30〜20:00
 講 師:東京ガス株式会社東部支店長 作田龍昭氏
 テーマ:「キャリアは誰のものか〜企業現場で個人のキャリアを考える」
 (仮題)
 参加費:会員無料、非会員3,000円
 会 場 法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー25階
     イノベーション・マネジメント研究センターセミナー室(仮)
 ※当日教室変更になる可能性があります。その場合は会場に掲示致します。
 ※定員に達ししだい締め切ります。
お申し込みはこちらからhttps://www.hosei.org/event/detail/20080319.html

(第5回研究会)
 日 時:平成20年4月24日(木) 18:30〜20:00
 講 師:生活協同組合連合会ユーコープ事業連合人事・人材開発部部長
     秋場 隆氏
 テーマ:「ユーコープ事業連合におけるキャリア開発制度について」(仮題)
 参加費:会員無料、非会員3,000円
 会 場:学士会館
 ※定員に達ししだい締め切ります。
お申し込みはこちらからhttps://www.hosei.org/event/detail/20080424.html

◆日本キャリアデザイン学会は、以下のとおり北関東地区中間大会を開催いた
 します。
 非会員の方もご参加いただけます。
 
 日 時:平成20年5月24日(土)10:00-17:00 
 主 催:日本キャリアデザイン学会・新島学園短期大学(共催) 
 会 場:新島学園短期大学(群馬県高崎市)
 テーマ:「地域社会のキャリアデザイン支援力」
 参加費:会員1,000円、非会員2,000円(予定) 
 内 容:記念講演、パネルディスカッションのほか、エクスカーション、会
     員交流会などを計画中
詳細・お申し込みはこちらからhttp://www.cdi-j.jp/topics/080524.html
  (参加方式、会員・非会員により申し込み方法が異なります)

◆2008年度 学会大会会場・テーマが決定しました。
 平成20年9月27日(土)午後−28日(日)午後
 会 場:京都産業大学(京都市北区)
 テーマ:キャリアデザイン:個人の責任と支援者の役割−「自律」と「協働」
     −

----------------------------------------------------------------------

1 キャリア辞典
  〜「キャリア」に関する用語をめぐるコラムです〜

「ダイバーシティ」(4)

 わが国産業界にダイバーシティ・マネジメントが本格的に紹介されたのは、
旧日経連が2000年に発足させた「ダイバーシティ・ワーク・ルール研究会」の
活動によってだろう。その最終報告は2002年5月に発表されたが、その際の報
道発表資料によると、「ダイバーシティ」はこう定義されている。
『ダイバーシティとは「多様な人材を活かす戦略」である。従来の企業内や社
会におけるスタンダードにとらわれず、多様な属性(性別、年齢、国籍など)
や価値・発想をとり入れることで、ビジネス環境の変化に迅速かつ柔軟に対応
し、企業の成長と個人のしあわせにつなげようとする戦略。』さらに、解説と
して『ダイバーシティは、企業の成長と個人のしあわせをもたらす。新たな価
値・発想の導入によって、企業にとっては、優秀な人材の確保、変動するマー
ケットへの対応力強化、グローバル化への対応、他社との差別化を図ることが
でき、個人にとっては、自らの価値によって働き方、ひいては生き方を選択し、
決定できる。』となっている。外資系企業の先進事例調査をもとにまとめられ
ていることもあり、基本的な考え方は米国流のそれと類似しているが、属性だ
けでなく働き方の多様性にも着目していること、ワーク・ライフ・バランスや
キャリアデザインの考え方の萌芽がみられることなど、この時期としては注目
すべき内容をふくんでいる。
 はたして、こうしたダイバーシティ・マネジメントは現実にこうした効果を
上げているのだろうか。わが国ではそもそもダイバーシティ・マネジメントが
普及しているとはいえないので、検証することも難しいが、先行した米国では
さまざまな調査が多数行われているという。それらをみると、ダイバーシティ
はコミュニケーション・ギャップなどのコンフリクトを生みがちであり、それ
によるパフォーマンスの低下が発生する傾向があるということはほぼ確実にい
えるらしい。実際、これは旧日経連の研究会報告でも指摘されているところで
あった。同報告では、こうしたコンフリクトを軽減・解消するための取り組み
を行うことで、ダイバーシティがもたらす人材確保や組織の活性化などにより
トータルではパフォーマンスが向上すると主張しているが、これについてはそ
れを支持する結果は多くないのが実情らしい。
 したがって、ダイバーシティがパフォーマンスを高めるという主張にはまだ
確たる証拠はなく、いわばオカルトである可能性は残されている。とはいえ、
米国では現にこれが効果を発揮していると主張する企業の事例もあるわけで、
コンフリクトの軽減・解消のための手立てなど、管理手法が改善されることで
大きな効果が生まれてくるかもしれないという希望も十分持てるだろう。わが
国においても、好事例の出現が待たれるところだ。
                         (編集委員 荻野勝彦)


2 私が読んだキャリアの1冊

『不安定雇用という虚像−パート・フリーター・派遣の実像』
  佐藤博樹・小泉静子著 勁草書房 2007.11.15

 きわめて刺激的なタイトルの本だが、内容はそれと裏腹に、データの分析を
中心としたまことに堅実な研究書という感がある。その手法たるや、共著者の
ひとりである佐藤博樹氏が心血を注いでいる東京大学社会科学研究所附属日本
社会研究情報センターのデータアーカイブ(SSJDA)経由で、リクルートワー
クス研究所が実施したアンケート調査の個票データを再集計したという地道き
わまりないものだ。佐藤氏はこの本の版元である勁草書房のウェブサイトで
「著者らの意図は副題にある」と書き、続けて「パート、フリーター、派遣な
どに代表される雇用機会には、不安定なものも含まれているが、そのすべてが
不安定な雇用ではない。同時に、正社員の雇用機会のすべてが安定した雇用と
いうわけでもない。そうした単純な2元論でなく、それぞれ(の)雇用機会の
実像を働き方の視点から明らかにしようとしたのが本書の目的である」と述べ
ている。そのとおり、第1章から第3章までは、主婦パート、フリーター、派
遣スタッフのそれぞれについて「どんな人たちか」「どこから(前職など)き
たのか」「なぜ(その働き方で)働いているのか」「どのような仕事をしてい
るのか」「どのように働いているか」「働き方に満足しているのか」「これか
らどこへ向かうか(今後の希望)」について、約6,000件の個票をシンプルに
再集計することで得られた結果を紹介している。事実をベースにした議論とい
う意味では、まさに副題にあるとおり「パート・フリーター・派遣の実像」と
いうべきであろう。再集計ということもあり、本書の中でも言及されているよ
うにデータはやや古いが、ほぼ現状を表しているとみてよいだろう(ただし、
読みやすさへの配慮として割愛したのだろうが、統計的検証についてはもう少
し言及があってよかったように思う)。
 データが示した「実像」は、昨今の政治的局面の中で語られる「パート・フ
リーター・派遣」の姿とは異なる。世間では、パート・フリーター・派遣など
を一括りに「非正規雇用」などと呼び、その就労動機の不本意さ、雇用の不安
定さ、労働条件の低さ、能力開発の機会の乏しさなどを強調し、「格差をもた
らす悪い働き方」と決め付けるような論調が往々にしてみられるが、現実には、
これらの相当程度(すべてではない)は自分のライフスタイルにあった働き方
として現状の働き方を選択しており、満足度の高い人も多い。長期にわたって
勤続している人も多く(特に主婦パート)、世間の一部で言われているような
頻繁に解雇や雇い止めが行われる「不安定雇用」ばかりというわけでもない。
教育訓練なども相当程度に行われている。
 もちろん、世間で喧伝されているような望ましくない実態もあることも間違
いない事実であり、それもまたひとつの「実像」であろう。現実は一律ではな
く多様なのだ。続く結章では「増大する非正社員と人材活用上の課題」として
再分析をもとにしたインプリケーションが述べられる。その方向性は、もう一
度版元のウェブサイトにある佐藤氏の記事から引用すると「正社員として働い
ている人の志向やその働き方を基準として、非正社員の働き方を評価するので
はなく、それぞれを異なる働き方として位置づけ、非正社員の働き方に関して
は、それらに従事している人々の志向に即してその働き方の特徴や課題などを
明らかにすることが重要なのである。こうした視点からすると、非正社員の働
き方の問題点をその働きからに即して理解すると共に、その改善もその働き方
の特徴を生かす形で行うことが求められる」ということになる。実際、本書の
中では「正社員は転勤もあり、残業も非正社員の比ではない。非正社員に比べ
れば雇用が安定しているというだけで、みんながそういう働き方を望むわけで
はない」と、正社員の働き方の問題点も指摘されている。一律に非正社員の正
社員化や正社員の非正社員化を行うのではなく、それを希望する人にはその可
能性を拡大しつつも、いっぽうで多様な働き方を認め、それぞれの働き方をよ
りよいものに改善していこうということだろうか。キャリアデザインという観
点からも選択肢を増やすものであり、政策論としてまことに妥当な考え方とい
えるのではないか。
 それにしても、なんとしても残念なのはこの「不安定雇用という虚像」とい
う不適切きわまりない書名である。この書名は内容をほとんど表していないし、
この書名から想像されるような扇情的な内容を期待する読者には失望を与える
だけであろう。実際、この本の指摘が政治的に「不都合な真実」となる論者か
らは、書名をもとに「虚像」「実像」の言葉遊びめいた批判が寄せられている
ようだ。せっかくの好著なのに、まことにもったいない話だが、書名を見ずに
読めば現実を知るうえで貴重な一冊と言えると思う。
                         (編集委員 荻野勝彦)
 ※「私が読んだキャリアの一冊」は、執筆者による図書の紹介です。
  日本キャリアデザイン学会として当該図書を推薦するものではありません。


3 キャリアイベント情報
  〜キャリアデザインに関係するイベントの開催予定などをご紹介します〜

◆総務省・厚生労働省 セミナー「テレワークによるワーク・ライフ・バラン
 スの実現と就労機会の拡大」
 平成20年3月24日(月)13:30〜17:15
 於 パシフィコ横浜 会議センター5階501(横浜市西区)
 http://www.japan-telework.or.jp/info/kanagawa.html

◆独立行政法人経済産業研究所政策シンポジウム「労働市場制度改革−日本の
 働き方をいかに変えるか」
 平成20年4月4日(金) 9:30〜18:30
 於 経団連会館11階国際会議場(東京都千代田区)
 http://www.rieti.go.jp/jp/events/08040401/info.html


[編集後記]

 今年の春季労使交渉は、この12日に金属労協大手の回答が示され、大きなヤ
マ場を越えました。それぞれ各労使の真摯な交渉の結果であり、尊重されるべ
きものでしょうが、昨年あたりから賃上げの配分をくふうする例が増えてきま
した。松下電器産業では、今年の賃上げはワーク・ライフ・バランスの支援に
配分するのだとか。いわゆる非正社員の賃上げにも注目が集まっており、キャ
リアデザインの観点からも注目すべき動きといえましょう。(O)


【日本キャリアデザイン学会とは】

・キャリアを設計・再設計し続ける人々の育成を考える非営利組織です。
・キャリアに関わる実務家や市民と研究者との出会い・相互啓発の場です。
・多様な学問の交流からキャリアデザイン学の構築を目指す求心の場です。
・キャリアデザインとその支援の理論と実践の連携の場です。
・誤謬、偏見を排除し、健全な標準を確立する誠実な知的営為の場です。 
・キャリアデザインに関わる資格、知識、技法、専門の標準化の努力の場です。
・人々のキャリアの現実に関わり、変えようとする運動の場です。

 学会の詳細、活動状況はホームページに随時掲載しております。
 ◆日本キャリアデザイン学会ホームページ◆
   http://www.cdi-j.jp/

----[PR]--------------------------------------------------------------

◆学会監修・菊地達昭編著『キャリアデザインへの挑戦』優待販売のお知らせ

・本学会の菊地達昭・常務理事編により、学会創立期のメンバーなど、有識者
 58人の「私のキャリアデザイン論」(『文部科学通信』に連載)を集大成し
 た図書『キャリアデザインへの挑戦』が、経営書院から出版されました。
 定価1890円(税込み)のところ、会員には特別に3割引(1323円)で販売を
 いたします。
  *経営書院(FAX:0120(73)3641、e-mail:sato-ken@sanro.co.jp)へ直接
   申し込んで下さい。その際、宛名に経営書院『キャリアデザインへの挑
   戦』係と書き、冊数、 宛名、送り先住所、送り先連絡先電話番号、会
   員番号を明記してください。
    なお郵送料はご負担下さい。折り返し振込用紙を同封しますので到着後
   1週間以内にお振込下さい。

□□■----------------------------------------------------------------
□
  日本キャリアデザイン学会(CDI-Japan)発行
  オフィシャル・メールマガジン【キャリアデザインマガジン】
  
  このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して発
行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000140735.htm
  無断転用はお断りいたします。

 編集委員:荻野勝彦(トヨタ自動車株式会社人事部担当部長)
      児美川孝一郎(法政大学キャリアデザイン学部助教授)

   日本キャリアデザイン学会事務局連絡先
    e-mail cdgakkai@hosei.org
   〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1

----------------------------------------------------------------□□■

キャリアデザインマガジン

RSSを登録する
発行周期 隔月刊
最新号 2018/04/11
部数 3,244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

キャリアデザインマガジン

RSSを登録する
発行周期 隔月刊
最新号 2018/04/11
部数 3,244部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策
ダム、トンネル等大型建設工事の参画経験を有し、テレビ、ラジオ、新聞に出演中の著者が、「儲かる」「身につく」建設(土木、建築、設備、電気、プラント)関連情報を厳選。建設業の業績アップ、技術者育成、技術提案、原価低減ネタを紹介します。ベストセラー「今すぐできる建設業の原価低減」等著書多数。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング