『週刊金曜日』メールニュース

<<『週刊金曜日』メールニュース >> 2018.1.12


カテゴリー: 2018年01月12日
    <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>      2018.1.12
_________________________________________________________『週刊金曜日』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     
          ★日中戦争80年共同キャンペーンの集大成★
     「日中戦争から80年  加害の歴史に向き合う」
       
        http://www.kinyobi.co.jp/publish/002464.php
         

====================================================================
                                        <http://www.kinyobi.co.jp/>

 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】注目の記事

■リベラル 新たな民意のゆくえ

昨年の衆議院選挙で野党が分裂し、自民党は大勝したものの、安倍政権に代わる新しい流れを求める民意も示された。
とくに脚光を浴びた立憲民主党は、有権者に真正面から民主主義や憲法の理念と大切さを熱く、愚直に語り続ける姿勢が世代を超えて共感を呼んだ。
一方、議席を減らしたものの野党共闘を積極的にすすめた共産党は、今後自らの党を含めたリベラル勢力全体の底上げにどう臨むのか。
日本の政治は今後、「極右」と称される安倍政治と対峙する「リベラル」「革新」といった構図がより鮮明になりそうだが、一過性の「風」ではない、市民と連帯する「リベラル」「革新」の流れを確固たるものにするためには政治的に、あるいは思想的に、何が求められるのか。
2018年。この国の針路を大きく左右する新たな民意のゆくえを問う。


●リベラル対談Part1
新しい政党政治・経済政策のビジョンを
福山哲郎×金子勝

野党分裂下で行なわれた昨年の衆議院選挙で唯一「躍進」を果たした立憲民主党。新たな日本のリベラル政治の幕開けか、それとも……。経済学者の金子勝氏が福山哲郎・立憲民主党幹事長と「新しい政党政治」のあり方を語る。


●リベラル対談Part2
リベラルの選択肢を作りたい
井手英策×藤田孝典

民進党ブレーンとして、社会保障政策立案に関わった井手英策慶應義塾大学教授。前原誠司前代表の希望の党合流で積み上げてきた政策はどうなるのか。『下流老人』などの著書があり、社会運動の最前線で活躍する藤田孝典さんは、リベラル政策の確立に向けて、井手教授の研究・提言から大いに学ぶべきと語る。


●リベラル対談Part3
「共産党は筋金入りの『リベラル政党』です」(上)
小池晃×雨宮処凛

野党共闘した立憲民主党が「リベラル」政党として注目されたなか、日本共産党は、何を掲げて人びとに訴えていくのか。編集委員の雨宮処凛さんが、小池晃日本共産党書記局長に、党名変更や、若者の支持、財源問題など多岐にわたり率直に聞いた(2回に分けて掲載)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】  編集長後記

 
 年が明け、ベランダに放置していた枯れ草の残る鉢をようやく手入れした。鉢の中からバッタがひょいと出てきたのには驚いた。あたたかい枯れ草のなかで身を潜めていたのに、気まぐれの掃除のために引っ越しを余儀なくして、申し訳ないことをした。

 国政は昨年からの重い課題を抱える。沖縄・普天間基地周辺で起きた米軍ヘリからの落下物の案件は、納得できる解決とはほど遠い。

「モリカケ」問題も大きな進展がみられない。森友学園の籠池夫妻はいまだ勾留中という。本来事情を聞くべき疑惑の主から話が聞けていないのに、これで真相解明ができるとは思えない。なによりも不当な人権侵害ではないのか。

 昨年の今頃、山城博治さんの不当逮捕・長期勾留に憤っていたことを思い出す。今週号の大髙正二さんのケースも異常としかいいようがない。裁判所が“憲法番外地”になってしまったのだろうか。

 その憲法を改悪する勢力との闘いも正念場だ。通常国会召集は22日。やるべきことはたくさんある。(小林和子)

(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
 [編集長後記]はこちら↓
 http://www.kinyobi.co.jp/henshucho/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】1月19日(1168)号予告



【特集】刑法改正から考える「同意」のこと。
なぜ男は「合意」あったと思い込むの?

●なぜ110年も改正できなかったのか
「刑法177条は家父長制の産物」   角田由紀子

●「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」呼びかけ人・
神本みえ子議員(民進党)に聞く
警察・検察は事件の真相を「明らかにしたくない」ということが
明らかになった

●『週刊金曜日』誌面ワークショップ!
みんなで一緒に考えたい。
「同意」ってなんだろう?  大澤祥子

●日本にも拡がる「♯Me too」 鎌田華乃子

【対談】●人類史の最先端をゆく日本国憲法 鎌田慧 ×保阪正康

【国際】ナイキ、アディダス、リーボック――
北朝鮮労働者が作った世界的ブランド衣類  キム スンジェ

【沖縄】日本政府はここに至っても危険を容認せよというのか
相次ぐ落下物事故の後には米軍ヘリ不時着も    高瀬毅


【ルポ】
越冬炊き出しに延べ6000人余
寿町16時、居場所と尊厳とぬくもりと 本誌取材班

【震災】
阪神・淡路大震災から23年
借り上げ復興住宅、長田区の再開発、解体アスベスト……
戦後最大の都市災害被災地で憲法は守られたのか   粟野仁雄

【歴史】
旅順大虐殺と南京大虐殺の現場を訪ねて
明治から開始された大日本帝国の暴虐の爪痕    乗松聡子

【政治】「共産党は筋金入りの『リベラル政党』です」(下)
暮らし・経済の深刻な現状への対応が、もう一つの課題  雨宮処凛×小池晃

【ぶんか】自由と創造のためのレッスン67
ウォール・ストリートとラナ・プラザ   廣瀬純

【強力連載】
●それでもそれでもそれでも 齋藤陽道
●風速計          宇都宮健児
●初めて老いった!?    石坂啓
●俺と写真                本多勝一
●新・政経外科            佐高信
●らんきりゅう    雨宮処凛
●無責任架空対談 松崎菊也
●こせがれ、農に生きる 宮治勇輔


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】近刊のご案内  http://www.kinyobi.co.jp/publish/index.php

★日中戦争から80年 加害の歴史に向き合う

『週刊金曜日』編 1000円+税 A5判並製 136頁
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002464.php

今年は、日中全面戦争開始から八〇年。侵略戦争への深い反省から始まったはずの戦後はいま、大きな危機に直面している。歴史歪曲主義者の安倍晋三首相はふたたび「戦争国家」への道を暴走し、民主主義そのものが崩壊させられようとしている。私たちは、あらためてアジア太平洋戦争の実相をみつめ、いまと将来のために加害の事実を振り返り、向き合う姿勢が必要だ。本ブックレットは日中戦争開始から八〇年となる二〇一七年七月から一〇月の各月一回、「日中戦争80年共同キャンペーン実行委員会」が企画した学習会の内容を再録したもの。



★21世紀に『資本論』をどう生かすか

著者:鎌倉孝夫・佐藤優 2200円+税 四六判上製 288頁
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002411.php

『資本論』1巻刊行より150年。
いまの社会問題の根本がどこにあるかを考えるためにマルクスの『資本論』は最強の武器であり続けている。
ただし『資本論』は革命の手引書ではない。一般向けの講義をまとめた本書は、資本主義の内在論理をあきらかに
するとともに『資本論』の誤読されやすい部分をていねいに説きおこす。


★軟骨的抵抗者
演歌の祖・添田唖蝉坊を語る

著者:鎌田慧・土取利行 1200円+税 四六判並製 176頁
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002364.php

明治大正すごい演歌師がいた。

明治から昭和初期にかけて活躍した近代流行歌の祖、添田唖蝉坊(1872―1944年)。風刺やユーモアに満ちたその歌は貧困が拡大する現代の世相に響き合い、いまも人々の心にしみいる。そして「ストライキ節」「ラッパ節」など多くの人が一度は聴いたことがあるメロディーは数知れない。「正調」唖蝉坊を歌い継ぐ土取利行と明治の社会運動に詳しい鎌田慧が語り合う。




★ひとめでわかるのんではいけない薬大事典

著者:浜六郎  1800円+税 四六判並製 432頁
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002330.php

その薬は必要?不要?危険?
医師として薬害と闘い続ける著者が、さまざまな薬の危険度と効用を分析し解説する。2012年発行のベストセラー『新版 のんではいけない薬』に増頁大幅改訂。2色刷り、簡単・便利な索引つき。




★日本会議と神社本庁

『週刊金曜日』成澤宗男 編著 1000円+税 A5判・並製 232頁
ISBNコード:978-4-86572-010-5
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002036.php

ナショナリズムと宗教が結びつき「壊憲」を目指す右派組織

1997年に設立された日本会議は、神社本庁といくつかの宗教団体が中核をなす、現在最も行動的な右派団体だ。
また関連組織の日本会議国会議員懇談会には、安倍首相をはじめ約280人の国会議員が加わっており、閣僚の大半が名を連ねる。

本書は日本会議と神社本庁の活動を歴史的に追い、徹底「解剖」を目指した。両団体の素顔を暴くことが、この国の民主主義や立憲主義を守るための喫緊の課題と考えたからである。資料として日本会議国会議員リスト(日本会議国会議員懇談会名簿)を掲載。



┃Kindle版┃マイナンバー

明石昇二郎:著 Kindle 購入価格:500円
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002448.php

「マイナンバー」の通知が始まった2015年10月から2年が経った。だが、便利になるどころか、さまざまな不具合が生じている。問題点を洗い直すとともに、「マイナンバー」によって余計な負担を強いられる市民一人ひとりが自衛策を考える上での"処方箋"を提供する。



┃Kindle版┃電通の正体 新増補版

週刊金曜日取材班:著 Kindle 購入価格:1200円(3月31日まで期間限定価格580円)
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002216.php

ロングセラー『電通の正体 増補版』発売後に『週刊金曜日』で報じた東京五輪や芸能界の裏面に関わる特ダネ記事や写真、資料などを加えて「新増補版」として電子版で限定発売することになった。株式会社電通はブラック企業大賞2016にノミネートもされたものの大手マスコミはほとんどニュースにしなかった。いまだにマスメディアが書こうとしない巨大広告会社の実相に迫る。


┃Kindle版┃バラ色のひきこもり

勝山実:著 Kindle 購入価格:300円
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002203.php

「ひきこもり」というと、白い目で見られがち。
でも、当事者が日々、どんな思いで暮らしているのか、
その声が伝わることはほとんどありません。
高校3年生から45歳の今まで、ひきこもりを続ける
自称「ひきこもり名人」の勝山実さんに、
なぜにひきこもり続けるのか、
自身のひきこもり生活の極意を書いてもらいました。


┃Kindle版┃何がどうして発達障害

司馬理英子:著 Kindle 購入価格:300円 
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002011.php

自分では気をつけているつもりなのに、つ「うっかり」ミスばかり。
時間やお金の管理も超苦手。
やらなきゃいけないことはたくさんあるのに、何から手をつけたら……?

あの人ってなんでいつもいい加減なの!
スケジュールどおり仕事ができないし、融通も利かないし、
人の気持ちをわかろうともしない。社会人失格なんじゃないの?

本書は発達障害という切り口で、そんな悩みに迫ります。
近ごろメディアで取り上げられることの多い発達障害ですが、
肝心なのは周囲の対応であることは、あまり知られていません。
自分(あるいは相手)の言動に悩んだら、本書をひもといてみてください。
きっとそれまでとは違った視点で、
自分や相手のことを見つめられるようになりますよ。



==============================================『週刊金曜日』

 ※ 定期購読のお申し込みは以下のページから。
   https://ssl.kinyobi.co.jp/consult/input.php?id=tk

 ※ このメールは、お申し込みいただいた方にお送りしています。
 ※ このメールへの返信はできません。
 ※ お届けするE-Mailアドレスの変更や配信停止は以下のページから。
   
  http://www.mag2.com/m/0000140118.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃発 行  株式会社金曜日                                        ┃
┃     〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-23        ┃
┃            アセンド神保町3階            ┃
┃        http://www.kinyobi.co.jp/                             ┃
┃編集部   mailto:henshubu@kinyobi.co.jp                         ┃
┃業務部   mailto:gyomubu@kinyobi.co.jp                          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

----------------------------------------------------------------------
  このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
  発行しています。配信中止はこちら 
http://www.mag2.com/m/0000140118.htm
  発行者Webサイト: http://www.kinyobi.co.jp/MiscPages/meru_annai
----------------------------------------------------------------------.

『週刊金曜日』メールニュース

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/12
部数 4,285部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

『週刊金曜日』メールニュース

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/12
部数 4,285部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ゼロから始める不動産投資
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング