ニュースタート通信(関西)

ニュースタート通信(関西)~メルマガ版~


カテゴリー: 2017年03月21日
ニュースタート通信(関西)◆◆ 〜家族を開く〜 
2017年 4月号 vol.158
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
不登校・引きこもり・ニートを考える会(定例会)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
親御さんや当事者の方が最初にニュースタートへ参加していただく窓口と
して毎月1回、定例会(不登校・ひきこもり・ニートを考える会)を設けて
います。
定例会では参加される親御さんにそれぞれのご家庭の話をしていただきます。
ほとんどの親御さんはご自身の家庭のケースの事しかご存知ありません。そ
こで視野狭窄になり、何とか家族だけで対処しようともがく中で、よけいに
悪循環に落ち込むケースが多々あります。 ひきこもり問題は、当事者と家族
をふくめた社会的孤立の問題でもあります。家族以外の人達とのつながりが
解決へ向けて重要になってきます。この会に参加することも一つのつながり
をつくっていくものと考えてください。会に参加しているスタッフ、ひきこ
もりの若者も交えてこの問題について一緒に考えていきましょう。
【次回開催日程】
◆第219回定例会(2017年4月例会)
日時:4月15日(土) 14時〜17時
場所:クロスパル高槻(高槻市総合市民交流センター) 4階第4会議室
住所:高槻市紺屋町1-2
最寄駅:JR高槻駅南出口すぐ
参加資格:当事者家族・当事者及び一般
参加費:無料
一般の方のみ500円 (資料代)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鍋の会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月2回高槻市内で「鍋の会」をやっています。難しいことはやりません。
ただ集まって鍋料理をいっしょに食べ、趣味の話をしたりテレビの話をした
り興味のある本や映画の話をしたり各自自由に過ごしています。 もちろん、
時には引きこもりや不登校の体験を語り合ったりもします。不登校の学生、
引きこもっている当事者、お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん、ニュー
スタート事務局を手伝っていただいているサポーター、サポーター志願者色々
な方が参加されています。

鍋の会は大勢の見知らぬ人々が家族のように一同に会して食事を楽しむこと
に意義があります。鍋の会は義務でもなく権利でもない人々の自主的な集ま
りです。是非一度参加してみてください。

【次回開催日程】

12時からスタート16時解散になります。
買い物して作るところから始めます。作るの苦手な方も食器の用意やおにぎ
り作りなどゆっくり準備していくので大丈夫です!

■3月26日(日) 394回
 
■4月 9日(日) 395回※お花見鍋の会です。
○お花見In芥川堤公園
BBQをみんなで作ってみんなで食べてみんなで桜を見るぞ!
【開始】芥川堤公園12時スタート
【時間】ドミトリー11時30分、JR高槻駅11時50分
【雨天】雨の場合ドミトリーで持ち寄り 鍋の会とします
※事前の申し込みを事務局までお願いします

■4月23日(日) 396回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


住所:共同生活寮の中での開催のため公開していません。
最寄駅:JR摂津富田駅、阪急富田駅
集合場所:JR摂津富田駅改札口付近 11時30分(※1月からは11時半
に変更になっています。)
参加資格:定例会に一度は参加すること
参加費:カンパ制 ※要申し込み 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●父母会のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次回予定日
4月1日(土)14時〜17時 @駅前事務所
必ず必ず前日17時までに事前予約をお願いします
参加資格:個別面談を受けられた方
※寮生の親御さんや訪問活動を依頼中の親御さん、個別面談の後で
これからどのようにしていこうか考えておられる親御さんが参加されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【特集】◆カレー&ボウリング◆ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月3日のオブスペレクは、高槻駅前の気になっていたカレー屋さんでお昼
を食べて、その後ボウリングです。最近見かけるたびに行列ができていたそ
のカレー屋さんは、口に入れた感じは甘くて、後から後から辛さがやってく
る、もっと食べたいけど口がひりひりして食べられない系のカレーでした。
美味しかったです。その後シャトルバスまでの時間買い物をして、14時半
過ぎにやっとボウリングスタートです。一人だけ前に出てうまくもない投げ
姿を見られるのは緊張しますが、逆に人の投げ方も良く見られて、癖があっ
たり絶対右に曲がったり、こっちで待ってるメンバーであーだこーだ言うの
が楽しかったです。勝負事になると普段の雰囲気から変わって上から目線で
崖からようしゃなく突き落としてくる田中くんがまた一人高得点ですが、マ
イペースな寮生の二人と私は50から80点くらいの間で楽しみました(^^)vボウ
リング場は想像以上に混んでいてものすごい熱気でした。右腕しか使ってい
ないようですが、帰る時の全身の疲れはいっちょ前にめっちゃスポーツした
ー!という感じでした。

~感想~
ボウリングは音がうるさく最初は慣れるまで落ち着かなかった。落ち着いて
くると楽しめた。ボウリングの前に食べたカレーがおいしかった。M

ボウリング。倒れると楽しくてガーターになると悲しい。とてもわかりやす
く気分が上がったり下がったりする自分に驚きました。ストライクの時の気
持ち良さと、振り向くとみんながおぉーという笑顔で迎えてくれるのが嬉し
かった。(く)

高槻駅近くでのランチはハンバーグカレーを食べて美味しかったのです。ボ
ウリングはもちろん僕の圧勝です。気分爽快。自由人

ボーリングは久しぶりだったので良い気分転換になりました。太ももや尻あ
たりが筋肉痛になり苦しかったです。M.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【突撃インタビュー!】~夕食担当の巻・第二弾~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
去年末頃から元寮生光さんと鍋隊長のつぼい君が夕食作りの担当に加わりま
した。少し遅くなりましたが紹介も含めて二人に突然インタビューしました
!「光」「つぼい」の順で答えていただきました。
1、普段自炊しますか? A.する A.めったにしない 
   
2、得意料理は? A.ない A.得意と言えるほどの料理はない 
              
3、今までに失敗は? 
A.炊飯器のスイッチ押し忘れ10分程遅れた。A.ご飯固かった時あった。

4、メニューの決め方は?
A.ぼんやりと食べたい物決めてスーパーで最終決定!
A.寮生に聞くかその時自分が食べたい物

5、買い物でこだわりは? 
A季節の野菜を多めに使う.A季節の野菜を多めに使う.

6、今までで特別だと感じたメニューはありますか? 
A.ないです。非日常のメニューは考えてないです。
A.スペイン料理のメニューで統一した
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【報告]~日々のつれづれ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ひな祭り夕食会☆
3月2日にひな祭り夕食会を行いました。参加者はここ最近定番となってき
たメンバーです。話し合いの結果、ちらし寿司、あさり汁を作る事になり、
チラシを見ながらあーだこーだとしゃべりながらまずは買出しです。野菜が
足りないのでアボカドを入れてみることと刺身もちょうどよい物が見つかっ
たのですが海鮮の卵系が見つからず、店内を右往左往した結果たらこに落ち
着きました。
ドミトリーに戻って調理開始!なのですがいつもの夕食会よりも料理の行程
が少なくゆったりとした感じ。いつの間にかあさりの砂抜きが始まっていた
り、キュウリが綺麗に切られていたり、お刺身を切るのはまだ早い!といっ
た具合でいつの間にやら料理が整っていくのが夕食会です。
僕はいつも夕食会で最終的な形に違いはあれど、野菜や肉の切り方の人それ
ぞれの違いに感心します。
そんな感じで進んだ夕食会。久美子さんが結構簡単そうに作った追加メニュ
ーの春雨サラダが一番うまい!と感じてしまいました。
山の上の元寮生
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のお鍋はなんですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『392回目の鍋』
2月26日。まだちょっと寒いねと言える気候でした。そして今回作る鍋は
「すき焼き鍋」です。
メインの調味料は砂糖と醤油ですが、水は白菜等の野菜から水分が出るので
最終的な味の調整には慣れが必要になるかもしれません。
幸いにもすき焼き鍋に慣れている方がいたので味付けを任せたのですが、ち
ょうど良い食べやすい味の濃さに仕上がってました。自分も昔はよく肉豆腐
を作っていたのですが、すき焼き風の肉豆腐なのでこれも作り方はほぼ同じ
になりますね。味の濃さの調整には何度か作って慣れる必要はありますが、
基本的には水も使わず簡単に作れちゃいます。
すき焼き鍋は解いた卵と一緒に食べるのでまろやかな味わいとなってご飯が
進む美味しさになっていました(いつもはおにぎりを作ってますが、今回は
敢えて白飯のまま)。
久々に日本の和の鍋の真髄を堪能出来て幸せな昼の間を過ごせました。

『393回目の鍋』
3月12日。時間帯によってはまだ寒かったりしますが、昼間は暖かくなっ
てくる季節になりました。この時期、空気中を漂う花粉によって悩まされて
る花粉症の方々がいるわけですが、何を隠そうその中の一人に自分がいます。
鼻水、くしゃみ、目の痒み、痛み、頭がボーっとする等、仕事はもちろん生
活にさえ支障をきたすこの症状、生半可な精神では耐えられません。とても
耐えられませんが、仕方がないのもまた事実。一つ一つの動作がいつもの半
分以上にまで遅くなっているとしても、気合いと根性と我慢で外へ出ます。
そんなわけで到着が遅れてしまい、今回作る鍋を先にいる方々に決めておい
もらっていました。
「キムチチゲ鍋」を作る事にしたみたいですが、これを日本語にすると「キ
ムチ鍋鍋」になってしまいますので、正確には「キムチチゲ」ですね。チゲ
というのが鍋という意味らしいです。
そして参加者の中に日本在住の外国人の方が3人も来てくれました(内2人
は夫婦)。
日本語はとても上手でしたが、ちょっとでもややこしい言葉だと伝わらない
ので、何とか英単語を混ぜつつ会話しました(英語が得意という日本人はい
ませんでしたが)。
こういう時は学生時代にもっと真面目に英語の授業を受けていたらと痛感し
てしまいます。
学生の頃の自分は「どうせ外国に行く気なんてないから覚える必要はない」
なんて事を思っていたのでしょう。たとえ自分が外国に行かなくても、外国
人が日本に来る事はもはや珍しくありません。備えあれば憂いなし、勉強し
て得する事はあっても損する事はないはずです。
キムチチゲもいつもより少し辛めに作ったおかげか、外国の方々のウケも良
かったですし、もちろん我々も美味しくいただけました(辛いの苦手な方は
いませんでした)。
外国の色んな話も聞けて勉強にもなる鍋の会となりました。 つぼい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
例会&父母会 一言報告コーナー

普段ニュースタートがどんな活動をしているか知りたい!という声にお答え
して、プライバシーは守りつつ、例会や父母会でどんなことが話されて
いるかを、読者の皆さんと共有するコーナーを作りました。皆様よろしくお
願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
定例会報告
2月18日(土)に15名参加(内御家族さん7組)でした。
引きこもり問題について友達というものが大事だと話し合われました。相性
が合わなかったり突発的なケンカなどで友達関係は決裂する場合もあります。
うまくいかなかった過去の記憶そのものは消えないと思いますがそれでも人
間関係の構築は人生に必要で無しでは引きこもりから脱出する事は困難だと
感じました。 

父母会報告
2月18日(土)に15名参加(内御家族さん7組)でした。
引きこもり問題について友達というものが大事だと話し合われました。相性
が合わなかったり突発的なケンカなどで友達関係は決裂する場合もあります
。うまくいかなかった過去の記憶そのものは消えないと思いますがそれでも
人間関係の構築は人生に必要で無しでは引きこもりから脱出する事は困難だ
と感じました。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【voice】「子どもの貧困」髙橋淳敏

親が子に「好きなように生きなさい」「自由に生きなさい」と言えない。家
が貧しいのではなくて、社会が貧しいからだ。「大学くらいは行きなさい」
と、大学はやりたいことのために広い知見を得る学びの場ではなく、人並み
に見られ普通になるために行くところへと変質した。「就職しなさい」「苦
労させたくない」など想像力のない言葉で親が子を拘束する。親が言ってい
るだけなら、家から出ればいいだろう。だが、親の言葉は世間を代弁してい
る。社会による生き方の拘束は、それができる人にとってもできない人にも
貧困問題に直結している。多様になったかに見えた生き方は、雇われる働き
方のごとくマニュアル化され、コンビニエンスストアーの陳列棚に並んだ商
品のように一様で貧しく見える。生きることが合理化され、選択肢は増えて
もいずれも似たもののようだ。世間は人の生き方のお膳立てをしている。子
どもの貧困は、そのように人並みの子育てができない親の責任であり、その
家に生まれ堕ちた子どもの責任にして仕方ないと、この社会は何も手を尽く
さずそう判断している。ひどく世知辛い。厳しい状況に置かれている子ども
に対して、その環境で生き延びることがこの世の試練なのだと言わんばかり
*1だ。

一処にしかおられない貧しさである。関係に拘束されれば、何かに従えば、
生き永らえる。でもそこから離れられない、出れば生きる根拠を失う。一方
的な関係にからめとられている貧しさである。親や家のせいにしておけば、
閉じた一処を見ぬふりをすれば、大人たちが統治しやすい社会*2だ。比較
的恵まれていると言われながら、好き嫌いや自由を一処で削られる。そして
命もまた。他人に迷惑はかけられないと思っていて、困っているとは相談で
きない。それどころか、今あなたが上手くやれないのは、ただあなたのせい
だと厳しく世間に見られている。他の人はやれている我慢しているのだから
わがままを言ってはいけない。子どもに対してがそうだ。予見できない考え
方や働きをする子どもを、当面は制止できなく一処におられない存在として
、社会は目先のことしか考えず、子どもを視界から追いやっては排除してき
た。結果として子どもは減り、可能性としての夢や希望も私物化され無くな
った。そのように子どもを受け入れられないこの社会こそが、少子化の原因
であり、今の貧困問題の核心である。責任は親ではなく、すべての大人にあ
る。

子どもの貧困は、大人社会の貧困問題である。大人社会の貧困問題とは、親
の所得が相対的に少なく、経済的に自分の子にご飯を食べさせられない話し
ではない。かつて広まったアフリカの貧しい国の子どもの話しではない。衣
食は捨てるにお金がかかるほどあり、空き家も増えている。しかもそれを大
人たちは知っている。いまの貧困問題は経済成長期に始まった貧しさである
。当時も、近所付き合いがなくなったとか、核家族になったとか、子どもが
外で遊ばなくなったなど、その変化については言われてきた。それを関係が
希薄になったと言っていた。家の違う子はよその子としてかまうことができ
ず、地域なり近くの大人が子どもの存在を受け入れられない、触れ合うこと
もない関係の無さである。あなたが勝手に産んだのだと言われた子は、その
親だけの元で、すくすくとは育だたない。学校へ行き、習い事に行き、塾へ
も行き、休日はレジャー施設やショッピングモールで買い物をし、病気にな
れば病院で治療してもらい、障害をもてば年金をもらい支援してもらう。そ
れだけでも子どもは勝手に大きくなるが、そんなプランターの中で育てて、
のちに労働商品として収穫するようなことが、人の生ではないだろう。枠組
みの内でサービスを受けるだけでは、その存在はどうしてもはみ出してしま
う。地に根を張って、思いもよらない花が咲いたり実が成ったりするには、
共に生きていくための社会や地域、他者の存在が必要である。大人として、
一つの役割(親とか仕事とか)を演じる話しではなく地域の生活者などとし
て、よその子にも向き合うのでなければなるまい。大人社会の貧困問題は、
大人が子どもの存在を疑っていることにある。

役に立つかもしれず地域の仕事につながるかもと期待もあって、私たちは20
13年から子ども食堂に協力してきた。でも、どんな子のために子ども食堂を
すれば良いか分からなかった。ここにも来ることができない子どものことを
私たちは考えていた。目の前にいる子にもどんなことをしてあげれば良いの
か分からなかった。来てくれた子どもは、他の子たちがいるし、元気そうに
見えた。親たちはみんな困っていた、でもその親の代わりをすることはでき
ない。私たちは同じ大人として、その子どもたちが子ども食堂というその処
に、居ていいのだとその場を子どもと一緒につくるしかなかった。そこでの
大人たちの振る舞いの一つ一つは、子どもたちの存在にささげられていた。
貧しい大人たちの関係はそのことによって少しはましになったかもしれない。
大人になれば生きていることの意味は分かっているものだと、子どものころ
は勝手に大人を尊敬していたが、子どもこそがそういうのを自然に分かって
いるのだった。大人たちは家に帰れば困った親か、子どもがいなければ孤独
な人に戻ってしまうのだった。

お腹がすいたと言ってくる子にご飯をあげる話しではない。貧しい大人社会
を子どもの力も借りて変えていかなくては、この貧困問題は解決していけな
い。子ども食堂を子どもたちのためにと大人たちがやったことを通して、今
の社会の反省がなければ、そこにも来れない子どもをただ地域から追いやる
だけになるだろう。

*1そうも言ってくれず、ほとんどは無関心で自らのシェルターを強化するこ
としか考えていないのではないか?
と不信に思い、いつも人にぶつけている自分に気づく。
*2国策は、統治しやすいように一処の問題をできるだけ隔離して、専門的な
解決を謀ろうとする。そのため、国が助成金などで手出しをすれば、大方は
閉じられた一処の問題に留まり、小さな民の互助的な活動や自治のための働
きを例外なく弱めてしまう。統治は国や行政の目的であるので、このような
行政主導の福祉の罪は山ほどあって、関われば巻き込まれ、人は活力を削が
れる。医療や教育も同じである。

 

2017,3,2髙橋淳敏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●スポーツプログラム一般参加者の募集について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポーツプログラムへの一般参加希望の方はスタッフまで。
※参加条件
○できるだけ現地集合が出来る方
○申し込みをメール・FAXで出来る方
○スケジュール確認を自主的に出来る方
(web、NS通信で自分で行なえる方)
※スケジュールについてはホームページをご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●オブスペースって?●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オブスペースとは?→就労支援である。就労訓練ではない。
その違いは?
→訓練は就労する上で現場などの技術作業を効率よく習得するた
めの環境疑似体験の場である。それに対し支援は個々の日常生活を自分自身で
よいサイクル、リズムに変えるための環境を提供します(例えば、オブスペー
スに入る前よりも入った後の方が楽に生活できているような感じがしたり
、活動の中には、アルバイトではないですがちょっとした有償ボランティア活
動もあったりします)。そのため、参加者は自己主張やマイペースなど個性
を表現することになっていきます。オブスペースとは団体やチームでもあり、
単体や個人個人での総称でもあります。
※通所生と寮生が一緒に活動しています。見学、おためし歓迎。最初に面
談を受けてください。通所の場合は入会金1万円、月会費4万円
(イベント参加費などは別途実費)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●個別面談のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆個別面談◆
本人、ご家族の状況を詳しくお聞きした上で、ニュースタート事
務局関西の引きこもり・ニート問題に対する考え方をお伝えし、解決へ向け
てのアドバイスをさせていただきます。また、親御さんの考え方などもお聞
きして総合的に判断させていただき、ニュースタートでサポートが可能かど
うかを検討した上で、「訪問活動」(レンタルお姉さんの派遣)や「入寮」
「通所支援」などの方法でサポートさせていただきます。
■面談日
基本的には平日でのスケジュール日程を組みますが、どうしても平日にスケ
ジュールが組めない方は申し出てください。土、日での対応をさせていただ
きます。
■面談のお申込み
面談希望日を複数日ご確認いただき、事務局までご連絡ください。代表と
のスケジュール調整ができしだい、個別面談を行わせていただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「スケジュール」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ニュースタート事務局関西HP上のスケジュールをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜編集後記〜〜
久しぶりに思春期の頃好きで繰り返し聴いてた歌を思いだしました。20年
程前の歌ですが今でも良い歌詞だと思いました。当時ビーズのアルバム曲だ
ったと思います。歌詞だけですがどうぞ。
「あいかわらずなボクら」
いままで好きな事もやったしたまに我慢もしてきた「あいつはダメだ」なん
てキミ勝手に決めないで余計なお世話だよ どこに行ってもいい道なんてい
くらでもある 立てなくなるほど考えこむより行こうよ行こうよ自分を叫ぼ
う 元気なうちにやりたいこと見つけだしたいよ 大好きなひとに会いたい
ときに会えればいいのにな 気がすむまでケンカして仲直りしたいよ やり
たいようにやりたいことできればいいのにな いつでも正しい人なんている
のかな まあそんなことたいした問題じゃないね 行こうよ行こうよ あい
かわらずなボクら
こんな風になれたらなあという憧れもあって聴いていたのかと当時の多感な
時代を思い出して黄昏ていました。
田中一成
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ニュースタート通信(関西) メルマガ版 2017年4月号 Vol.158
2017年3月18日発行 
発行:特定非営利活動(NPO)法人 ニュースタート事務局関西
編集:田中 一成、高橋淳敏、坪井勇哉、
〒569-1145 大阪府高槻市富田丘町
TEL 072-694-3933 (月〜金 10時〜17時)
FAX 072-695-6692 (24時間受付) URL http://www.ns-kansai.org/
ご家族からの相談:月〜金10時〜17時にお電話ください。
参加申し込み:初参加以外はなるべく、メール・FAXなど電話以外の方法で
連絡してください。月〜金 10時〜17時

ついでに読みたい

ニュースタート通信(関西)

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/03/21
部数 194部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング