栗野的視点

栗野的視点(No.393):TPPを考える時、重要な視点は?


カテゴリー: 2011年10月13日
栗野的視点(No.393)                  2011年10月14日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TPPを考える場合に重要な視点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前回のTPPに関する投稿は皆さんの関心も高かったようだし、改めて何が問題な
のかを整理することができたのではないだろうか。
 多少補足する意味も含め、TPPを考える場合に重要な視点を示しておきたい。

 TPP参加問題が「にわかに」クローズアップされたのは菅直人氏が首相の時に唐
突に言い出してからだろう。「平成の開国」と。
 とにかく驚くというかガッカリしたのはこの人物である。
野党時代には多少なりとも彼を評価していたが、首相になってからは権力志向ばか
りが目に付き、「もうお前の顔は見たくないから、1日も早く辞めてくれ」と望ん
だものだ。
 いまだかつて思い付きで政治を動かそうとした人物は後にも先にも彼だけだろう。
あれだけ絶叫した「消費税のアップ」も「平成の開国」も、その後口にするのをピ
タリと止め、今度は「脱原発」を言い始めたことでも、いかに彼が思い付きで政治
を行っていたか分かろうというものだ。
 それはさておき、なぜTPP参加がこんなに問題にされるのか(マスメディアは皆
参加を煽っている)。
 以下、私の視点を述べてみたい。

 結論から先に言えば、TPPにおけるアメリカの標的は日本であり、アメリカは戦
後一貫して<自国農産物の輸出を弱い国に押し付け>てきたが、今回もその延長線
上の戦略であり、それに菅前首相はまんまと乗ってしまった、あるいは現政権も乗
せられようとしているのである。

 物事を考える時に重要なのは歴史的な視点である。
この視点が欠けると原因も背景も経過も見通せず、思考が現象的、短絡的になる。
まさに菅前首相がそうだった。目先のことにはすぐ飛び付き、反応も早いが、歴史
的な視点、時間軸がないから、しょっちゅうブレる。一貫性がない。

 1.スタートは小国間の貿易協定
 そもそもTPPとは何なのか。環太平洋経済連携協定と訳されるTPPがスタートした
のは2006年5月。当初の参加国はシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーラン
ドの4カ国の間で締結された自由貿易協定である。
 特徴は全物品の関税を即時、または段階的に撤廃することである。

 要するに小国間の貿易協定で、スタート段階ではほとんど注目されなかった。と
ころが、2010年3月、アメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナムの4カ国が加
わり、それまでのP4からTPP(環太平洋経済連携協定)に拡大。さらに同年10月に
マレーシアが参加し9カ国の参加になる。
 菅前首相が所信表明演説でTPPへの参加検討に触れたのが10月1日だから、アメリ
カの参加がきっかけになったのがよく分かる。逆の言い方をすれば、アメリカの参
加がなければ見向きもされなかったということだ。

 2.アメリカが参加した背景
 9カ国の参加とはいえアメリカ(オーストラリアも含めるとして)を除けば小国
間の貿易協定であることに変わりはない。そんな小国間貿易協定になぜ、アメリカ
は参加したのか。
 ここで重要なのが2010年という年である。2006年でも2008年でもなく2010年であ
る。
2008年9月にリーマン・ショックが起き、この時を境にアメリカ経済は急下降し、
長期低迷に喘ぐことになる。アメリカ(政府)にとって景気回復は至上命題なのだ。
 自国が不況に陥った時、各国が行ってきた手は戦争である。しかし、この手はも
う有効ではないと、イラク戦争を最後にアメリカも悟った。そこで、武器を持った
戦争ではなく、経済戦争を仕掛けることにした。輸出である。
 たしかに輸出は経済回復に有効な手だった。特にアジア経済危機の際はアジア諸
国が輸出主導で景気回復を成し遂げた。
 この時の「成功体験」があるものだから、いまでもそれに習おうとする傾向が各
国、特に日本でもあるが、過去の成功体験はもう通用しない。その理由は後ほど述
べる。

 アメリカが輸出できるもの、それは過去も現在も農業である。いろんな餌と引き
換えにアメリカは弱い国に自国の農産物を売り込んできた。日本には戦後の食糧難
に食料提供という美文のもとに自国のトウモロコシや小麦を売り込み、米食をパン
食に変えてしまったのだ。トウモロコシは戦後まもなく家畜の餌としてトウモロコ
シを配合された「配合飼料」が出回り、養鶏農家なども「配合飼料」を買って鶏に
与えていたのを覚えている人も多いはず。
 アメリカの戦略は他国に自国の農産物を売り込むことで一貫している。小麦の輸
出に成功したアメリカが次に狙ったのはミカンであり、牛肉であり、金融であり、
それらが次々に標的にされ、関税を下げさせられたり、市場開放を迫られた。アメ
リカにとって金融の戦略的標的は巨大バンク・郵貯だったが、これは小泉内閣の時
に弱体化された。アメリカにとってまだ残っている最後の標的は米である。TPP参
加を日本に迫るアメリカの重要な標的の一つが米であるのは間違いない。

 アメリカがアジアを狙う理由の一つもここにある。成長著しいアジア諸国に自国
農産物を売り込みたい、金融・医療などの分野に進出したい。そのための関税障壁
をなくしたいと考えているのだ。
 しかし、ここで疑問が出てくる。成長著しいアジア市場を狙いたいというのはア
メリカに限ることではなく日本でも同じだ。では、TPP参加国に成長著しい市場の
国があるだろうか。誰もが即答するのはベトナムぐらいではなかろうか。ベトナム
市場1国のためにアメリカがTPPに参加するとは思えないし、参加してもそれほど
のメリットがあるとは思えない。
 では、どこが目的なのか。

****************************************************************
栗野 良
 ジャーナリスト(Technology & Economy)
 中小企業経営アドバイザー
 ベンチャー支援組織「リエゾン九州」代表

 「中小企業の活性化に必要なものは」「なぜベンチャー企業は潰れ
  るのか」「ベンチャー企業が陥りやすい罠」「地方が生き残るために」
 「個性化・ブランド化で地域を活性化する」
 「宮本武蔵と変化の時代の経営」など、中小企業の活性化、
  流通業の動き、経営に関する講演・セミナーも数多い。

OFFICE KURINO 〒811-1362
福岡市南区長住5-11-23-403
 tel/fax 092-553-1041      

 E-mail kurino@liaison-q.com
 HP  http://www.liaison-q.com(九州・岡山の技術・頑張る企業収録)

 ブログ「栗野的視点~ジャーナリスト・栗野の辛口コラム」
       http://blog.goo.ne.jp/kurino30
 
 ブログ「栗野的風景~フォトエッセー」
        http://blog.livedoor.jp/kurino30/
 *****************************************************************

栗野的視点

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/01/19
部数 270部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

栗野的視点

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/01/19
部数 270部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング