栗野的視点

栗野的視点(No.582_1):住宅に見るセキュリティーとコミニュケーション~広場と通りの関係(2)


カテゴリー: 2017年06月24日
 では、曖昧な部分には何があるのか。「通り」である。今と違いかつての町には
「通り」が存在した。ところが西洋の街づくりを真似、交通重視でつくられた現代
の街(町)は人々の暮らしから「通り」を奪い、代わりに広場という名の空間をつ
くってきた。
 西洋における「広場」は人が集まりコミュニケーションをする場、コミュニティ
ーの重要な一要素だったが、形を真似ただけの広場はコミュニケーションがすっぽ
りと抜け落ちた単なる「広い場」でしかなくなっている。
 こうした広場(広い場)があちこちに作られていったが、それは大小の公園があ
ちこちに作られたのとよく似ている。砂場と滑り台とブランコを備えていることが
公園の条件だったのはそれほど前のことではない。
 公園といえばどんなに小さな公園(空き地程度の)にでも名前が付いているのは
驚く。日本人の生真面目さというか役人の生真面目さというか。
 役人は必ず仕事の足跡を残すのだ。それがどんなに小さな仕事でも。いわんや政
治家と会えば必ずメモを残す。それを「ない」と言い張るものだから、ついに官僚
側のリークに合い、目も、メール、文書の存在を次々と認めざるを得なくなったが、
文書を出してきたのが国会閉会直前というなんとも姑息な手を使ってきた。

◆「通り」に共通する日本の住宅

 まあ、それはさておき「通り」である。日本の住宅は曖昧さがウリである。西洋
住宅のようにプライベート空間とそれ以外とが明確に分かれていない(最近は西洋
風にプライベート空間を設ける住宅が増えてはいるが)。
 この部屋は居間、寝室などと一応の用途は決っているが、寝室でも布団を上げれ
ばそこが居間に早変わりするし、部屋の仕切りにしてからが襖や障子だ。襖や障子
は開き戸ではなく引き戸だから、襖を開ければ二間続きの部屋に早変わりし、人数
が増えても即座に対応できる広間になる。このように便利でフレキシブルに対応で
きる仕切り(境界の拵え方)は西洋の住宅にはない。

 境界に対するこうした考え方は家の内と外でも見られる。内と外の中間に存在し
ているのが「通り」である。「通り」は人々が往来する道であるとともに、人が集
(つど)い、コミュニケーションを交わす「広場」的な役割も担っている。西洋の
ように通り(ストリート)と広場を明確に分けるのではなく、日本(と一部のアジ
ア)の「通り」は通りであるとともに広場でもある。

 「通り」は家の内と外の境界(中間帯)であるとともに共有部分でもある。例え
ば通りを挟んで向かい合う家が存在すると、通りは両家を分ける境界であるととも
に、どちらにも属さず、またどちらが利用してもいい共有・公有スペースでもある。
 西洋のコモンスペースがこれに近いが、完全なる公有ではなくムラに見られた入
会地のような存在である。コモンスペースは公有だが、入会地はそれとは少し違う、
というか根本的な考え方が違う。
 入会地はムラ(コミュニティーの構成人員)の住民の共有地であり、コミュニテ
ィーの構成人員は自由に出入りして、そこに生えている木や草、茸などを自由に収
穫することが許されている。入会地の財産はムラの住民の共有財産なのだ。

 「通り」にはこのような側面もあり、通りを挟んだ家々は互いに「通り」を共有
し、夕食後はそこに縁台を出し、互いに涼んだり、時にはそこで将棋盤を指したり
しながら世間話に興じたりする。そこは互いの内の延長でもあるわけだ。

 こうした「通り」が区画整理で、古い町名と一緒にどんどん消えていった。それ
と並行して隣近所のコミュニケーションも。
 気が付いたら人は皆、家(内)、自分達だけの世界にとどまり、外界との触れ合
いをなくし、隣は何をするものぞ、我関せずと自分の世界だけを守ろうと囲いを高
く、厳重にし、これで防犯は万全と考えているが、鍵をかけて締め出したのは泥棒
だけだろうか。高い塀で内側に閉じ込めたのがやさしい精神(こころ)、人を信じ
る精神(こころ)でなければいいが。

****************************************************************
栗野 良
 ジャーナリスト(Technology & Economy)
 中小企業経営アドバイザー

   中小企業の活性化をテーマにメルマガ配信、各種講演活動等を
   行っています。
   講演・講師等の依頼は下記へtel/faxあるいはメールで。
 
OFFICE KURINO 〒811-1362
福岡市南区長住5-11-23-403

 E-mail kurino@liaison-q.com
 HP  http://www.liaison-q.com(九州・岡山の技術・頑張る企業収録)
 
 ブログ「栗野的視点~ジャーナリスト・栗野の辛口コラム」
       http://blog.goo.ne.jp/kurino30 
 ブログ「栗野的風景~フォトエッセー」
        http://blog.livedoor.jp/kurino30/
*****************************************************************

栗野的視点

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/06/24
部数 285部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

栗野的視点

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/06/24
部数 285部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング