毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン

【BBM:生きる指針となる名著】⇒『自省録』ビジネスブックマラソンvol.4451


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

        ビジネスブックマラソン Vol.4451
              『自省録』

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

■〔1〕本日の一冊

■〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔1〕本日の一冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『自省録』マルクス・アウレリウス・著 鈴木照雄・訳 講談社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061597493/businessbookm-22/ref=nosim

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00BP76QXW/businessbookm-22/ref=nosim

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2cjdEZk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、土井英司です。

昨日に引き続き、古典名著を紹介。

本日ご紹介する一冊は、哲学者から皇帝になった「哲人皇帝」、
マルクス・アウレリウスによる『自省録』です。

本書の素晴らしいところは、ともすれば誤読しやすいストア派哲学
のエッセンスを、ギリシャ哲学を専門とする訳者、鈴木照雄氏(故
人)が、わかりやすく解説してくれているところ。

ストア派哲学は、古代ギリシャのポリスの存在が揺らいでいた頃、
「生きる指針」を求めた人々が飛びついたもの。

アレクサンドロス大王が領土を急速に拡大し、今で言うところのグ
ローバリゼーションが起こり、人々が不安になったからで、ある意
味、現在のグローバル社会に似た時代背景のなか、登場してきた学
問と言えるでしょう。

訳者いわく、この『自省録』は、ストア派哲学の書としては、<第
二級の資料、二番煎じの著述>だそうですが、それにもかかわらず
後世に残されたのがこれだけだったというのは、おそらく氏が実務
家(皇帝)として、大いに悩み、ストア派哲学を「生きる指針」と
して活用したからでしょう。

それゆえに、本書は啓発書として、また生きる指針として読む価値
があります。

生きる目的を探している人、人間関係で悩んでいる人、克己心を養
おうと考えている人には、きっと得るところがあると思います。

できればすべて通して読んでいただきたいですが、参考までに、一
部ご紹介しましょう。

-----------------------------------------------


何人もいま生きている生以外の生を失うわけではなく、いま失う生
以外の生を生きるものではない

復讐する最良の方法は、[相手と]同じような者にならぬこと

神々を畏敬し人々の安泰を計れ。人生は短い。この地上の生の唯一
の成果、それは敬虔な心構えと公共を想う行為である

太陽は雨の作用を果たすことをよもや求めはすまい。アスクレピオ
スもカルポポロスの仕事をすることはまずあるまい。星辰のおのお
のはどうか。皆それぞれに違ったものであるが同一の目的に協働し
てはいないか

おまえの心を愉しいものにしようと思うなら、共に生きる人々の長所を想え

誰におまえが出会おうとも、直ちにおまえ自身に先ず語りかけよ――
この男は善悪のことについていかなる原則を持っているか、と

人間は相互のために生まれたものである。されば、教えよ。さもな
ければ耐えよ

無教養な者が無教養なことをしたからといって、いかなる不都合な
あるいは新奇なことが生じたというのか。むしろ彼がその過ちを犯
すことを予期しなかったことをおまえは自身を責めるべきではない
のか、それを反省せよ

人生の目標が終始一つにして同一不変である者は、その者自身もま
た生涯を通して一つにして同一不変の人間であることの可能な者である

過去のことはすべて捨ておき、未来のことは神慮に委ね、ただ現在
のことをのみ敬虔と正義に方向付ける

神々を非難すべきではないし――なぜなら、神々は意識的にもあるい
は無意識的にも誤ることはけっしてないから――また人間をも非難す
べきではない。なぜならその過ちが無意識でないものは一つとして
ないからである。結果、誰をも非難すべきでないということになる

生命の終焉はいやしくもそれが人間の選択の埒外のものでもあるな
らば醜いものでもないからして各人に悪しきものではなくまた非社
会的なものでもない。却って、もしそれが万有にとって時宜に適っ
たものであり万有に益を齎し全体と共にとり運ばれるものならば、
それは善きものである。かくして、神と同じ道を運ばれそしてその
思慮判断によって神と同じ目標に運ばれる者は神の息吹に運ばれる
[至福の]者である

-----------------------------------------------

最初から終わりまで説教を聞いているようなものなので、途中休み
休み読むことをおすすめしますが、内容は本当に素晴らしいと思います。

本格的にストア哲学を勉強したいと思いました。

なお、土井が感動したのは、本文もさることながら、巻末にある訳
者の解説です。

学者として述べるべきを述べつつ、柔軟に『自省録』の素晴らしさ
を述べ、また自身の『自省録』への愛を説く。

鈴木照雄さんという方は、きっと魅力的な方だったのだろうなと、
勝手に思い描いていました。ご存命なら、ぜひお会いしたかったと
ころです。

著者も訳者も亡くなっているのに、その英知に触れられるのは、
読書の最大の魅力のひとつです。

ぜひじっくりと、味わいながら読んでみてください。

-----------------------------------------------

『自省録』マルクス・アウレリウス・著 鈴木照雄・訳 講談社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061597493/businessbookm-22/ref=nosim

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00BP76QXW/businessbookm-22/ref=nosim

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2cjdEZk

-----------------------------------------------

◆目次◆

第一巻
第二巻
第三巻
第四巻
第五巻
第六巻
第七巻
第八巻
第九巻
第十巻
第十一巻
第十二巻

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もうすぐ18日間の旅も終了です。

今回一番の収穫は、現地の人とのやり取りを通して、またわずかば
かりの読書を通じて、自分を見つめ直すことができたことです。

とくに、昨日ご紹介したマーク・トウェインの『人間とは何か』と、
本日ご紹介したマルクス・アウレリウスの『自省録』は、今後の人
生を考える上で、大いに参考になりました。

※参考:『人間とは何か』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003231139/businessbookm-22/ref=nosim

本当に詳しいところは、帰国後セミナーか何かでお話しますが、取
り急ぎ、ブログにて思うところをまとめておきました。

ブログ「これからのキャリア&ビジネス書」
<浦島太郎は、40代のために書かれたのではないか。>
http://ameblo.jp/eliesbook/entry-12201500321.html

既に「いいね!」をくださったみなさま、ありがとうございます。

残りの時間、パリを楽しもうと思います。

帰ったらメチャクチャ働きます。
どうぞよろしくお願いいたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼最近読んでよかった本はこちら

1位『“トークの帝王”ラリー・キングの伝え方の極意』
ラリー・キング・著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799319582/businessbookm-22/ref=nosim

2位『ビジネス・フォー・パンクス』ジェームズ・ワット・著
高取芳彦・訳 楠木建・解説 日経BP社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822251705/businessbookm-22/ref=nosim

3位『世界をつくった6つの革命の物語』
スティーブン・ジョンソン・著 大田直子・訳 朝日新聞出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023315303/businessbookm-22/ref=nosim

4位『<インターネット>の次に来るもの』
ケヴィン・ケリー・著 服部桂・訳 NHK出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140817046/businessbookm-22/ref=nosim

5位『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』
西野亮廣・著 主婦と生活社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4391149192/businessbookm-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼BBMのバックナンバーはこちら!
 ⇒ http://eliesbook.co.jp/review/

▼これから行われる出版・ビジネス関連セミナー
 ⇒ http://eliesbook.co.jp/category/event

▼ご意見、お問い合わせは、
⇒ bbm@eliesbook.co.jp

▼マガジン登録、変更、解除
⇒ http://www.mag2.com/m/0000135008.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】有限会社エリエス・ブック・コンサルティング
      代表取締役出版コンサルタント 土井英司
【会社概要】 http://eliesbook.co.jp/company   
        
※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、
 無断転載することを禁止します。
 各種コンテンツに転載する場合は事前に当社までご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/09/27
部数 56,753部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング