新「夢を形に」ひろ健作(&マダムれいこ)

ひろ健作○新053【音声付】メンプロの特長~メンプロで変化し始めた人の事例


カテゴリー: 2010年01月31日
  ひろ健作○新「夢を形に」

  ―――――――――――――――――――――――――――――――― 

  ○ お知らせ

  30年の構想と15年の実践を経て新しく創り上げた
  【第3期】メンタープログラム。

  ◆◇メンプロ【第3期】受付開始です。
    
  <お申込みは、【2月13日(土)20時迄】です。>

  ⇒ http://www.kensakudo.com/program.html
  
  ----------------------------------------------------------------

  【音声】メンプロ【第3期】公開です。

  ⇒ http://www.voiceblog.jp/hiroreiko/1041837.html
  
  ※ 再生ボタンを押すと再生。右側の▼ボタンを押すと保存できます。
 
  ―――――――――――――――――――――――――――――――― 

  ○ はじめに


  こんにちは。ひろ&れいこです。

  新しくなったホームページ、私たちの想いを載せたものですが、
  実際のところ反応はどうかなぁと思っていました。

  でもなかなか好評のようです。


  AKB48やおニャン子クラブをプロデュースした
  秋元康さんの作品「象の背中」のイラストを担当。

  私たちが銀座で行った「口説ける」セミナー参加者
  あやさんからもコメントを頂きました。


  >ひろさん、サイトリニューアルおめでとうございます。 

  >高級感があるけど、ホッとする、
   リラックスできる感じのサイトになりましたね。

  ----------------------------------------------------------------

  【ひろとれいこからコメント】

  イラストレーターのあやさんにも伝わるものがあったのですね。

  それはうれしい。ありがとうございます。  

  ----------------------------------------------------------------

  あやさんの作品「象の背中」はこちら
  ⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/B000VDN13Y/

  あやさんと秋元康さんのインタビュー記事はこちら
  ⇒ http://www.asahi-mullion.com/column/akimoto/80221index.html
  私たちもどうかな~って思っていたのです。

  ----------------------------------------------------------------

  ◆ホームページデザイン案について

  サイトの見せ方というのは大体2つのパターンにわかれます。

  あれも売りたい、これも売りたい、売り一色のものか、
  イメージだけのもの。

  そのどちらかに偏りがちです。


  けれど私たちは、そうしたくはなかった。


  私たちの「世界」を伝えるものにしたかった。

  一流レストランとか、リゾート・ホテルとかといった高級な雰囲気か、
  田園風景といった牧歌的な雰囲気を目指しました。


  ホームページ制作会社社長のNさんと、女性スタッフOさん、
  それに私たち二人の計4人体制で創り上げました。

  その想いが結晶となって表現されました。

  これからさらに少しずつ磨いて行きますので、
  時々遊びに来てくださいね。

  ■ ひろとれいこの公式ホームページ「健作堂」
    ⇒ http://www.kensakudo.com/

  ----------------------------------------------------------------

  ◆メンプロ参加者のその後

  さて今日は、メンプロ参加後のその後の変化をご紹介しましょう。

  卒業生その中でも、いまひとつ何も起きていない――と当初、
  嘆いていたお二人です。


  こうした方たちの正直な感想もまた、皆さんに参考となると思うので、
  ご紹介しますね。


  そのお二人とは、ともさんとれいさんです。


  お二人は、いい人と出逢いたい――とメンプロに参加したのですが、

  メンプロ中も、終わってからも、いい人とはまだ巡り合えず、
  まだ結果が取れていない――といまひとつ元気がありませんでした。


  とは言え、参加した時の状況がくすぶった状態でしたので、
  まずそこを落ち着かせることが優先。

  私たちも暖かい気持ちで見守っていました。


  彼女たちの変わりようは、私たちの目には明らか。
  だからいずれいい方向に変化して行くだろうと予想していたのです。


  こうした彼女たちの事例でわかるように、
  メンプロに参加したからといって、
  必ずしもすぐにいい方向に行くとは限りません。

  最初は、自分の弱さと直面したりして、落ち込むこともある。

  でもそのうちに少しずつ落ち着きを取り戻し、
  新たな自分の魅力を発見して行くんです。


  彼女たちは、いま新たな旅を始めています。


  参加者の感想としてすでに「メンプロ参加者からのメッセージ」として
  載せていたのですが、その後、新たな変化があったので、
  ご紹介しましょう。

  いまはどんな風に変わったのか【音声+解説】付きでお届けしますね。


  今回新たに「メンプロの特長、参加者の変化の様子」を解説した音声を
  録音しましたので、これ聴きながら読んでくださいね。

  ----------------------------------------------------------------

  新録【音声】メンプロの特長、変化し始めた人の事例

  ⇒ http://www.voiceblog.jp/hiroreiko/1046045.html
  
  ※ 再生ボタンを押すと再生。右側の▼ボタンを押すと保存できます。
 
  ――――――――――――――――――――――――――――――――

  ○新053【音声付】メンプロの特長 
            ~メンプロで変化し始めた人の事例
 
  ――――――――――――――――――――――――――――――――

  〔目 次〕

  1 変化がないように観えた二人

  2 ホームページ制作秘話

  -----------------------------------------------------------------

  1 変化がないように観えた二人

  私たちの教えに触れた人の中には、
  1度で深く気づき、大きく人生を変えた方もいます。

  ですが必ずしもそんな風にスムーズに行くとは限らない。


  なぜなら、クセというのはなかなか抜けないからです。
  忘れてもまた気づくと同じ生き方のパターンになる。

 「生き方のクセ」というのがあるのです。


  一方で、時間が経ってもあまり変化したように観えない人もいる。


  恋愛のことで悩み、私たちの門戸をたたいた
  ともさん、れいさんがそうでした。


  自分の中に根強く恐れや怖さがあったために、
  私たちの言うことがなかなか届かなかったのです。

  -----------------------------------------------------------------

  ◆ともさん、れいさんのメンプロ参加後の感想は、こちら
  ⇒ http://www.kensakudo.com/program_message.html

  -----------------------------------------------------------------

  しかし私たちの元を訪ねる、ということは、自分を変えたい
  ――という意識の表れです。

  出逢う「準備」は整っているのです。


  後は、気持ちをどう落ち着けるか、ということ。
  それだけでいいのです。


  なぜなら実際皆さんとお逢いしてみると、
  卑下する理由は何も見当たらない。

  誠実で、魅力のある方ばかりなんです。

  ですからその場合、
 「自分がせき止めている泉の元栓を外すだけ」でいいのです。


  では、まずともさんの届いたばかりのお便りをご紹介しましょう。
  彼女のいまの気持ちがよく現れています。

  -----------------------------------------------------------------

  >ひろさん、れいこさん、メールありがとうございました。

  >ホームページ素敵ですね~。
   トップページもひろさんのページもれいこさんのページも。

  >あまりに素敵なので、こんな凄い方にコーチしてもらっていいのかな、
   と思いました(笑)。


  >今日は、昨年12月から延び延びになっていたコンパに行ってきます。
   今回、私の憧れていた職種の方たちが来ます。


  >気持ちを落ち着けるためにメールしてしまいました。緊張します。

   でも、ひろさんとれいこさんとみんながついてるから大丈夫だーと
   思って、自分らしく楽しんできます。
                             (とも)

  -----------------------------------------------------------------

  【ひろとれいこよりコメント】

  ともさんが私たちの元を訪れたのは昨年の1月。
  そのときの彼女は絶望の淵に立たされていました。

  元彼に別れを告げられたものの別れたくないしがみ付き、
  構って欲しい――と無意識で訴える状態に陥っていたのです。

 
  そこからコンサルやセミナーに参加をし、メンプロに参加。

  すると彼女自身は気づいていないのですが、
  すごくきれいに変わって行ったんです。


  元々、かわいい人でしたから(笑)
 「悲壮感」が無くなったその表情はますますイキイキ。

  肌まで輝き始めた。


  ただ自分では実感が全然無い。
  お誘いはかかるものの結婚につながるいい出逢いは無いからです。


 「ぜんぜん出逢いが無いんです」という彼女のことばを
  私たちは一笑しました。

  ハタから観ていれば、彼女の変わりようは一目でわかる。


  驚いたことにメンプロ1期中に元彼が訪ねて来たのです。
  吸い寄せられるように。

  電話で話すだけで何となくわかるんですね。その雰囲気に。


  しかし当時彼女はすでに次のステージへ行っていた。

  波長の合わなくなった彼の元へはもう戻る気がしなくなったのです。
  何も告げてはいないのですが、そのまま彼は去って行きました。


  さてそのコンパは元々年末クリスマス時期に行われる予定だったもの。  
  
  ところがともさんの期待が大き過ぎて体調を崩してしまったのです。


  私たちはともさんが「何か」あると病気になったり、
  体調を崩すことを見抜いていました。


  彼女の場合さびしさが募って来たり、期待が大きくなり過ぎると、
  体調を崩すのです。


  それは構って欲しくなったり、
  自分をよく見せようとしたくなったりするときに起こす。


  自分らしさが失われる。


  このように幸せになるのに慣れていないと、
  熱が出たり、体調を崩したりして、
  すぐには幸せを受け取れなくなるのです。

  そこが面白い所ですね。


  しかしその後、徐々に体調も気持ちも落ち着いて行き、
  幸せを受け取れる準備が整った。


  そのおかげで延期されていたコンパがともさんの都合に合わせて
  行われるのですね。

  よかったですね。ともさん。


  では続いて、れいさんを紹介しましょう。

  -----------------------------------------------------------------

  れいさんは、「5年越しの片思い」をしていた女性。


  好きで好きでしょうがないその想いが募っていました。
  
  一緒にお食事をし、飲みにも行き、思いを共有したこともある。


  けれども肝心な「好きな気持ち」をどうしても言えなかった。
  断られるかもと思うと怖くなり言えなくなるのです。


  敬遠される訳でも無い。だけど好意を持たれているかどうか、
  尋ねるのもとてもじゃないが、怖い。

  彼がどう自分のことを思っているのかわからず、
  5年の月日が過ぎました。


  忘れようとしても忘れられない。  

  そんなときです。私たちの門戸をたたいたのは。
  告白をし、一区切り付けよう――と決心したのです。


  告白後、彼の返事は、「ありがとう」だった。


  ところが言えた――という喜びも落ち着いてみると、
  YESでもNOでもない煮え切らない返事に
  かえって彼女は迷います。

  はっきりと断られた訳でも無いし、
  受け入れられた訳でも無いからです。


  私たちから観れば、まだ彼とは何も始まってはいず、
  好きとか嫌いとかといった次元ではないと観ていました。


  問題の本質は、彼の意向では無く、
  れいさん自身のセルフ・イメージにあると観ていたからです。

  それが彼に投影し、彼の一挙手一投足が気になっていたのです。


  しかしそのことを伝えてもメンプロ中はまだ聴ける余裕が無かった。


  そうこうするうちにメンプロ1期も終わってしまい、
  先が見えないまま不完全燃焼な状態となります。

  他の人からの結果報告を聴くたびに、
  自分にはまだ何も無い――と思ってしまうのです。


  こうしたことはよくあります。
  人の結果を観て落ち込んでしまうのです。


  ですが私たちには、メール・コーチ、電話コンサル等で
  彼女が明らかに変わっているのをキャッチしていました。

  落ち込みや不安はあってもかつてのような恐れが無くなり、
  落ち着いて来たからです。


  そしていま。
  第1期が終わって3ヶ月が過ぎました。
  
  彼女から、少しずついい方向に進み始めている様子が伺える
  お便りを頂きました。

  特にここでは、非常に重要な「気づきの変化」が起きているので、
  皆さんもわかるよう解説しながらご紹介して行きましょう。  

  -----------------------------------------------------------------

  >れいです、こんばんは!

  >今日、仕事が休みで、体調が悪いのに、
   学生時代の友人と4,5年ぶりにランチしました。


  >友人は、すでに結婚して今や妊婦なんですが、
   かつて4、5年前、合コンをセッティングして紹介してくれたり、
   いろいろお世話になっていたんです。


  >そのランチの時に当時の話が出て、
  「れいちゃんはあの時に人気あったんだよ」って話を聞きました。


  >私は、その時も自分に自信ないし、人見知りもあり(今もですが)、
   男性陣とそんなにお話する機会がなく、連絡先も交換もなく、
   そのまま終わってしまいました。【※注1】

  -----------------------------------------------------------------

  【※解説:注1】

  かの偉大な成功哲学の大家、「引き寄せの法則」の元祖
  ナポレオン・ヒルは、500人以上の成功者を研究し、

  ■「思ったことは現実となる」という法則を体系化しています。


  しかし私は、アメリカ成功哲学へのアンチ・テーゼとして、
  30年間、1万人以上の一般人を調査・研究。
  自分自身や人にも試してみて、

  □「思ったことが現実となっているのではない」

  □「思ったことが現実だと思い込んで行動してしまうので、
    望む結果が得られないだけだ」と結論付けています。

  これが「マイナス思考」の成功哲学や「引き寄せの『本質』」で、
  述べている所です。


  ナポレオン・ヒルを始めとするアメリカの成功法則の教え方では、
  説明が足りないのです。


  れいさんが当時、出逢えなかったのは、
  どうせダメだ――と思っていたから、ではありません。


  正確に言うと、
  本当は男性陣に「自分のことをよく思ってもらえていた」のに、

  れいさんが「自分に自信が無く、自分の思い込みフィルターでしか、
  観ていなかったし、聴いていなかった」ために、
  「好かれていたという声」が届かなかっただけなのです。

  
  多くの成功法則は、「思っているから引き寄せてしまう」と説きます。
  こういう風に単純化して説明しますが、それでは説明不足なのです。

  実際には、そう引き寄せているのでは無く、
  いいことがその人に目に入っていないだけ。

  当時、れいさんが怖くても男性陣に話しかけていたら、
  全く違う結果が起きていたはずなのです。

  続けましょう。

  -----------------------------------------------------------------

  >それで「ええ~その時知りたかったな」って友人に言ったら、
   友人「私もつい最近知ったの」ってこと。


  >私は意外にモテてるの!?って、
   おこがましいけど思っちゃいました(笑)。


  >今、考えれば、今、自分をどうにか受け入れられるようになったから、
   こういうことも知ることができたのかな、と。【※注2】

  -----------------------------------------------------------------

  【※解説:注2】

  引き寄せ的な着眼点で言うとここからが重要。

  れいさんのセルフ・ステージが上がり、
  「視点」が変わっていることがここで初めて伺えるコメント
  だからです。


  メンプロやセミナー等でそれまでの恐れをクリアリングし続けたために
  ようやくここに来て「視界」が開けて行ったのです。


  意識の内奥で、恐れというフィルターがクリアリングされたために、
  望んでいる現実を受け入れる準備が出来た。

  すると友人がそのような発言をし、
  そういう状態の友人として目の前に現れるのです。


  わかりますか?


  これこそが「引き寄せの法則」そのもの。

  自分が自分に「許可」を出し、「私行っちゃってもいいのかも」
  とOKを出したから、無意識のブレーキが外れ、
  意識(現実)上にそういう形となって現れたのです。


  言い換えればこれがスピリチュアル・マーケティングです。



  これまで、私たちがコーチして来た人はいつもこういった展開を
  して来ました。

  自分の中の恐れをクリアリングすると同時に、
  具体的アプローチ法を教える。

  すると実際そのような展開になって行くのです。


  それは何もマジックとかトリックとかではありません。

  「準備」が整っただけなのです。

  免許で言えば、運転できるようになったというだけなのです。

  -----------------------------------------------------------------

  >そして、今日も友人やそのランチした店長さんも、
   私はちょっとした知り合いなので、

  「今出会いが休止状態で、何かいい出会いないですかあ~?」って
   種まきしました(笑)。


  >スペイン料理の店長さんで接客相手だから、
   いろいろな人を知っているかなと思いまして。


  >そしたら、店長「じゃあどんな人がいいの、気に留めておくよ」って。

   友人も、かつての合コンを企画してくれた友人に言っておくねって
   言ってくれました。 


  >あと、友人いわく、私は理想が高いらしいです(苦笑)。

   友人の話を聴いて、

  「頼りがいがある、引っ張ってくれる男性は少ないかも・・・」

   と思いました。


  >今日は、体調悪いけど、友人とあえていろいろな意見が聞けたこと、
   種まきができてとても楽しかったです。

  >合コンで、意外に人気があったってことを知って、
   思わずひろさんとれいこさんにメールしちゃいました。


  >友人は思ったことをぽんぽんと言うタイプの子で、
   昔はボーイッシュでした。

  
  >でも、男性からいじられたり、軽くからかわれるタイプでもあり、
   結構、モテた記憶があります。

   私には、その軽さが必要なのかも。


  >あ、あと片思いをしていた彼がまさに「自分大好き」な人でした。

   少し「自己中心的」な要素もあり、私は真逆なので、
   惹かれていたのかもしれません。


  >だから、心のどこかで、たとえ一緒になっても、
   この手のタイプは大変そう・・・って思っていたのも事実なんです。


  >私も最近、気づきがたくさんあるのかな?
   メンプロってメンプロ後の気づきもたくさんあるんですね。


  >お返事を頂いて自分もいま、確かな手ごたえを感じます。

   本当にちょっとしたことですが、
   うれしくてメールを送ってしまいました。
                             (れい)

  -----------------------------------------------------------------

  【ひろとれいこからコメント:まとめ】

  読んでみて皆さんも感じるであろうことは、

  全体的に「明るい雰囲気だ」ということ。


  かつてのれいさんはこんなにひょうひょうとした文章を
  出して来たことはありませんでした。

  初めの頃はきまじめ過ぎて、取っ付きにくい印象があった。
  いいものを持っているのにそれを生かせていなかったのです。

  ですがいまは、当時とはうって変わって、
 「軽さ」と「明るさ」。さらに「ひょうきんさ」まで出ている。



  元々重くなってしまっていた理由は、

  1)お母さんから「否定」され続けたこと

            ↓

  2)それにより「自信を失っていた」こと

            ↓

  3)それによりつい無意識で「反抗的」な態度を取ってしまうこと

  こういうステップを踏んでいました。


  その影響で、仕事でも上の人につっかかるし、
  恋愛でもうまくことを進めることができなかったのです。


  けれど私は、彼女の可能性にかけていました。
  なぜならそれは、かつての私の状況にソックリだからです。


  私も父に否定され続けていた。ケチばかり付けられていた。

  だからふだんは温厚な私が無意識に反抗的な態度を
  取ることがあったのです。

  そこが似ていた。


  でもれいさんもようやく幸せな旅立ちの準備ができて来ましたね。

  私たちは、こんな風に、教えた方たちが成長して行く姿を観て、
  一人ひとり卒業生を送り出すような、何とも言えない心境になります。


  よかったですね。れいさん。

  ----------------------------------------------------------------

  新録【音声】メンプロの特長、変化し始めた人の事例

  ⇒ http://www.voiceblog.jp/hiroreiko/1046045.html
  
  ※ 再生ボタンを押すと再生。右側の▼ボタンを押すと保存できます。
 
  -----------------------------------------------------------------

  2 ホームページ制作秘話(第3話)
             
  <前回までのあらすじ>

  制作スタッフのN氏のデザイン案に惚れ込んだ私たちは、
  彼に一任することにした。

  彼のデザイン力なら私たちの「世界観」を伝えるものを
  創ってくれるに違いない――。そう思ったからだ。


  そして彼は、次なる手を打って来た・・・

  ◆前回のメルマガはこちら
  ⇒ http://archive.mag2.com/0000133759/20100128201202000.html

  -----------------------------------------------------------------

  それは、初めの打ち合わせから2ヶ月が過ぎた12月初め。

  あらかた構想が固まったので、一度お逢いしたいと言って来た。


  いつもは一人で訪ねて来るのだが、
  今回は、女性スタッフを連れて来るとのこと。

  それが後々私たちの強力な助っ人となるとは思いも寄らなかった。

  その人とは、WEBデザイナーO嬢。
  結婚する前もこうした仕事でやっていた人だ。


  性格も非常に前向き。
  サイトができ上がって行くのがこの上なく喜びだと言う。


  そこでこれからは彼らと私たち。4人体制で創って行くことになった。
  いいものができ上がって行きそうだ。


  ただ問題は、これまで書きあげて来たセミナーの内容をどう扱うか、
  ということ。

  あまりに膨大なページ数なので、
  これをすべて新ホームページに移行するととんでもない量になる。


  かと言ってむげに削るのも惜しい。

  そこでO嬢は、このような提案をして来た。


  O「取り合えず、いまの内容をそのまま新しいサイトへ
    流し込んでおきましょう。

    その上で、おいおい修正をかけて頂ければこちらで打ち直します。

    修正は手書きで構いません。

    でき上がり次第都度お送りください。
    こちらに届き次第修正して行きますので」

  ひ「わかりました。そうします」


  その後、各種プログラムに参加した方や、CDを聴いた方の
  結果や感想をどうまとめるか、という話になった。

  これもたくさんある上、あちこちにバラバラとなっているので、
  非常に見づらくなっていた。


  そこでれいこが発言した。

  れ「多くの方が気づきや結果を取ってあるんですよ。

    結婚された方もたくさんいるし、
    ライフワークが形になった方もいる。

    夫婦関係が良くなった人もいるし、
    仕事上での人間関係が良くなった人もいる。


    ところがその紹介の仕方において、
    セミナーやコンサルに参加した直後の感想と、
    その後の結果報告というのもあるため、

    多過ぎて整理出来ていないんです。

    一体どうしたものかと・・・」


  すると、N氏がこう提案して来た。

  N「一般の感想とは別に、【人生が一変した人】という
    枠を取ったらどうでしょう。

    そうすれば一目でわかる。

    ひろさんれいこさんの教えを受けて、
    人生が一変した人もたくさんいる。

    だったらそれを【別枠】として取ったらどうでしょう。

    初めての人が来てもすぐにわかるから
    インパクトあると思いますよ」


  その話を聴いて、私たちは意気投合した。

  ひ「それはいい!それなら一目でわかるし見ごたえがあるし・・・」

  れ「そうね。それがいいわ」


  そうしてでき上がったのが「人生が一変した人の感想」だ。

  ◆「人生が一変した人の感想」
  ⇒ http://www.kensakudo.com/gekihen_koe.html


  このページは、内側にもサイドバーがある(縦スクロールのバー)。

  これを使うことによって長いページを短く表示できる。

  またひろ、れいこそれぞれのページからも同じページを
  見に行くようにしているためページが節約できるのだ。


  ひろのサイトから観たページ
  ●「人生が一変した人の感想」
  ⇒ http://www.kensakudo.com/hiro/gekihen_koe.html

  れいこのサイトから観たページ
  ○「人生が一変した人の感想」
  ⇒ http://www.kensakudo.com/m-reiko/gekihen_koe.html


  私たちのサイトは、3つのサイトが展開するようになっている。

  したがって1つを変えたときに共通ページは他の2つも変える必要が
  あるのだ。

  それを同時に行うよう同じページにしたのが
  この「ダブル・ウインドウ」方式だ。

  内側にもう一つスクロールバー付きのページを展開することによって、
  ひろとれいこ、ひろ、れいこ、それぞれのサイトから同じページを
  観に行くことになる。

  そうすれば1ページだけを修正すれば良い。


  しかし当初このやり方は問題があった。

  初めは、上下左の枠が無かったため、別ページに飛んでいることを
  見落としてしまうのだ。そこで私は言った。


  ひ「Nさん。アイディアはいいのですが、ページが続いているのを
    見落としかねません。

    右側のスクロールバーを見落としてしまうと
    ページが終わってしまうように観える。それじゃマズい。

    どうにかなりませんか?
    たとえば窓枠を付けるような感じにして。


  そうやってでき上がったのが上下左の罫線枠だ。

  さらにひろのサイトの下の罫線はブルー、れいこのはピンクと
  わざわざ色を変えるという心憎い演出をN氏はしてくれた。


  それだけではない。

  左上のサイトを表すバーにカーソルを移動して欲しい。

  ひろとれいこは白く光り、
  ひろはブルー、れいこはピンクに光るだろう。

  しかもひろのサイトに入ったときはひろは光らず、
  れいこのサイトに入ったときはれいこは光らないようにしている。

  そうやって変化を楽しめるようになっている。


  またふつう大元のページに戻るときは、
  左上のマークをクリックするだけで色が変わるものは少ない。

  しかもこの「ひろとれいこ」のマークは、左側にはみ出ているため、
  ここだけを光らせるのは非常に難しかったのだと言う。


  新たはチャレンジを私たちのためにしてくれたのだ。


  しかし私たちはこの後カベにぶち当たる。
  先が観えなくなってしまうのだ。


  次回はそのカベにぶち当たった話をしよう。

                             (続く)

  ―――――――――――――――――――――――――――――――― 

  30年の構想と15年の実践を経て新しく創り上げた
  【第3期】メンタープログラム。

  ◆◇メンプロ【第3期】受付開始です。
    
  <お申込みは、【2月13日(土)20時迄】です。>

  ⇒ http://www.kensakudo.com/program.html
  
  ----------------------------------------------------------------

  【音声】メンプロ【第3期】公開です。

  ⇒ http://www.voiceblog.jp/hiroreiko/1041837.html
  
  ※ 再生ボタンを押すと再生。右側の▼ボタンを押すと保存できます。

  ----------------------------------------------------------------

  新録【音声】メンプロの特長、変化し始めた人の事例

  ⇒ http://www.voiceblog.jp/hiroreiko/1046045.html
  
  ※ 再生ボタンを押すと再生。右側の▼ボタンを押すと保存できます。
 
  ―――――――――――――――――――――――――――――――― 

  ◆「新」無料小冊子 願望を叶える木~「ビジョン・ツリー」

  ⇒ http://1muryoureport.com/?6535
  
  「お友だち、お知り合いにご自由に教えてくださいね」
  
  ――――――――――――――――――――――――――――――――

  ○ あとがき(その1)

  メンプロを立ち上げ、ひと段落付きました。

  現在、昔書いた小冊子を見直しています。

  見直してみるとかなり粗が目立ちます。

  それを一つひとつ修正しているところです。


  でも純粋な想いが載っていて、懐かしいですね。


  ツイッター始めて少し日にちが過ぎました。

  ツイッターとは「ツイット」=「つぶやき」の意味。

  つぶやきと言うか、ボヤキみたいな感もありますね。


  知らない方からフォローされることが多く、
  面白いなぁと思います。

  私にとっては、ツイッターと言うより、ボヤキ。
  ボヤッキーという感じですね。


  アメブロも書いていますので、遊びに来てくださいね。


  ◆ お便り宛先 kensakudo@yahoo.co.jp

  ―――――――――――――――――――――――――――――――― 
  
  ~幸せになる道しるべ~

  ひろ健作のメールマガジン 新「夢を形に」登録・解除は

  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000133759.html

  ★転載・転送は、ご自由にどうぞ。

  -----------------------------------------------------------------

  ◇◆90分で人生が変わる「幸せなコンサルティング」◆◇

   ⇒ http://www.kensakudo.com/consulting_1.html

  ◆◇ひろとれいこの最高傑作CD「『婚活』講座・エクセレンス」◇◆
   ⇒ http://www.kensakudo.com/kyozai_8.html

  -----------------------------------------------------------------

  ◇ご意見・感想をお待ちしています。

  お返事はできませんが、お便りはすべて読まさせて頂いています。
  励みになりますので、送ってくださいね。
   
  ご紹介させて頂くこともあるので、匿名がいい方は、
  ニックネームでお願いします。

  ◆ お便り宛先 kensakudo@yahoo.co.jp

  ―――――――――――――――――――――――――――――――― 

  ■ ひろとれいこの公式ホームページ「健作堂」
    ⇒ http://www.kensakudo.com/

  ● ひろ健作の「夢を形に」
    ⇒ http://kensakudo.com/hiro/

  ○ パートナーマダムれいこの「恋愛コーチ」
    ⇒ http://kensakudo.com/m-reiko/  

  ----------------------------------------------------------------

  ◆ ひろとれいこの公式ブログ「幸せのカタチ」
    ⇒ http://ameblo.jp/hiro-reiko/

  ◇ ツイッター始めました。「ひろ健作」
    ⇒ https://twitter.com/hirokensaku 

  ―――――――――――――――――――――――――――――――― 

新「夢を形に」ひろ健作(&マダムれいこ)

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/15
部数 1,284部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

新「夢を形に」ひろ健作(&マダムれいこ)

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/15
部数 1,284部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

坂本よしたか「せどりエイト」成功術
せどり転売とアフィリエイトを組み合わせた「せどりエイト」を実践している坂本よしたかが、せどりとアフィリエイトのノウハウ、考え方、成功談、失敗談、せどりとアフィリエイトの融合方法などを配信しています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング