使えるビジネス心理学

【使えるビジネス心理学】子育てや介護での時短勤務で陥りがちな心理について


カテゴリー: 2017年01月04日
●------------------------------------------------------------------●
    使えるビジネス心理学 【 179号 】
                       by Counseling Service
●------------------------------------------------------------------●

ビジネスシーンで使える心理学を経営者の立場から、上司の立場から、
部下の立場からと様々の角度からプロカウンセラーがご紹介します。
※バックナンバーブログ →  http://ameblo.jp/tukaelbusiness/


----------------------------------------------------------------------
今週のテーマ
■ 子育てや介護での時短勤務で陥りがちな心理について ■
----------------------------------------------------------------------
                        講師:那賀まき


結婚する、しない。子どもを持つ、持たない。仕事を辞める、辞めない。バリ
バリ働く、ゆるやかに働く、等々。様々な選択肢の中で私たちは働いています。
その中の一つに、「時短勤務」という選択肢を選ぶ、ということがあります。
選ぶ理由は、子育てのためだったり、介護のためだったりするのですが、時短
勤務を選んだ結果、心理的に苦しい思いをする人も少なくありません。そこで、
今日は、「時短勤務」の際に感じやすい気持ちや行動について書いてみたいと
思います。

◆「時短勤務」を選ぶ理由 
子育てや介護のための「時短勤務」を選ぶ場合、大きく分けると以下の2つの
場合が考えられます。
1. 子育てや介護も「やりたい」と思って選ぶ
2. 子育てや介護のために「好きな仕事をガマンして」選ぶ

◆仕事も大事だけれど、子育てや介護もやりたいと思う場合

・子育てや介護のための短時間勤務を認めてくれる環境や同僚に感謝する。
ありがたいという気持ちを同僚に伝えたり、謙虚な態度で人と接します。心に
余裕を持っているので、引継ぎが必要な場面や、急な休みを取らなければなら
ない場面で丸投げせずに済むよう段取りを組むことができたり、嫌味や八つ当
たりを聞き流すことができます。また、
不本意な役職や仕事であってもベストを尽くして取り組もうとします。

・自分の思いを優先させてしまっていることを申し訳なく感じすぎている。
仕事に対する責任感が強すぎる人や仕事にプライベートを持ち込むべきではな
いと感じている人は自分のプライベートを仕事より優先させてしまっているこ
とへの罪悪感や、自分だけがずるをしているような感覚を感じやすくなります。
そのため、周囲から「ずるい」と思われたり、仕事をしていないと指摘された
りすることに怖れを持ち、その怖れを回避するため、「プライベート」の大変
さを誇張してアピールしたり、必要以上に仕事を抱え込んでしまったりしやす
くなります。ちょっとした忠告やアドバイスを「怒られた」「嫌われた」と捉
えやすく、上手にコミュニケーションが取れなくなることもあります。

◆子育てや介護のために「好きな仕事をガマンして」いる場合

・子育てや介護のストレスを仕事へのモチベーションに変える。
自分がやりたいことは、本当は仕事だと感じているので、仕事の時間をより充
実したものにしようとします。徹底的に無駄な時間を省いて効率化を図ったり、
チームの一員として、現状で貢献できることをより多く見つけたり、と積極的
に仕事に関わっていこうとします。仕事上の出来事を前向きに捉え、より良い
働き方を模索することを喜びにすることができます。

・以前の自分と今の自分を比較して、自己攻撃をする
「もっと働きたい」という気持ちが強い人の場合、フルタイムで働いていた時
の自分と現状を比べ、以前のように働けない自分を情けなく感じたり、みじめ
に感じたりすることがあります。こういった時には、現状の自分に対し「どう
してできないのか!」と自分を責めているので、同じように周りも自分のこと
を「できていない」「ちゃんと働いていない」と責めているはずだと思い込み、
ミスの指摘やアドバイスに対して反発や言い訳をしやすくなります。

・被害者意識をもつ
子育てや介護の負担が大きいと、心身の疲労が蓄積し、自分だけが、大変なこ
とを背負わされていると感じたり、家族に自分の人生を邪魔されているように
感じます。「どうして自分だけが」という不満感を感じているので、フルタイ
ムで働いている人を恵まれた人だとらえ、妬ましく感じたり、自分の大変さを
理解してくれないと不満を持ったりします。「周りが助けるのは、当たり前」
といった態度をとることも多く、職場で孤立しやすくなります。

◆「時短勤務」を上手に乗り切るには

・時短勤務をする人は「感謝」と「安定したコンディションを保つ」で乗り切
る
「時短勤務」は、誰かの助けによって成り立っているものです。その助けに対
しての感謝は常に心にとどめておきたいもの。とはいえ、自分の心や体が疲労
困憊していては、そういった余裕を持つこともできません。自分のコンディシ
ョンを整えることも意識しておきましょう。

・一緒に働く人は「思いやり」と「ガマンしすぎない」で乗り切る
「時短勤務」をしている人の中には、自分のことでいっぱいいっぱいになって
いる人も多いかと思います。そんな同僚を助けてあげたいと思うけれど、ちょ
っとあの態度はないんじゃない?と感じた時に、「あんな態度をとるくらい大
変なのか~」と大目にみてあげることで、サポートする側の気持ちもイライラ
ではなく穏やかに保つことができます。とはいえ、仕事の負担が大きすぎたり、
迷惑だと感じることが多いと、そんな優しい目をむけることはできなくなりま
すから、ガマンしすぎず、NOと伝えたり、上司や周りの人と相談したりするこ
とも大切です。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎那賀まき(なかまき)

カウンセリングサービス所属カウンセラー。大阪地区担当。
「働く私も、家庭の私も、どちらも大切にしたい!」と願う、働く女性のサ
ポートを得意とする40代後半の女性カウンセラー。
職場での上司や同僚との人間関係の悩み、初めてのリーダーの時の不安や視点
の変化への戸惑いからの悩み、結婚や出産、介護といったライフイベントと仕
事に関する問題、出産後の職場復帰のサポート、など様々な場面でのサポート
を行っている。
ワーキングマザーとしての体験や経験を活かしたカウンセリングは、お客様か
ら「わかりやすい」、「共感してもらえた」、「実践的だ」「ほっとできた」
「やる気を取り戻した」等の声を多数いただいている。

□那賀まきのブログ&プロフィールはこちら
            < http://blog.livedoor.jp/cs_maki/ >


★初回無料!(名前)の電話・面談カウンセリングのご予約は
 カウンセリング予約センター 06-6190-5131まで
(受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■□ 講演・執筆のご依頼を承ります 
□ ご希望の方は< info@counselingservice.jp >にお問い合せください ■
■□


●------------------------------------------------------------------●
「使えるビジネス心理学」への、ご意見、ご感想、ご要望をお寄せください。
お待ちしています。
Mail: < info@counselingservice.jp >
○------------------------------------------------------------------○


★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆
   カウンセリングのご案内          

◎初回無料!電話カウンセリング
 60名以上の心理カウンセラーを初回無料でお試しいただけます。
< http://www.counselingservice.jp/service/service-muryo.html >

○ 東京・大阪・名古屋・福岡他で面談カウンセリング
  < http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html >

◎あなたのお気に入りカウンセラーを見つけよう!
  < http://www.counselingservice.jp/fromus/fromus.html >

    電話受付時間:12:00~20:30(月曜日定休日、月曜祝は翌日)
     予約センター:06-6190-5131
      個人カウンセリングは年中無休。土日祝も営業中!

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆


●------------------------------------------------------------------●
   面談カウンセリングのご案内        
○------------------------------------------------------------------○

☆ご利用いただいたお客さまの声☆
「今までわからなかった疑問が一気に解消した」
「カウンセリングを受けたら目からうろこの連続でした」
「面談が終わったとき、心が軽くなっているのを感じました」

◎詳しくはHPをご覧ください☆
 < http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html >
○ご予約は、カウンセリング予約センター06-6190-5131まで
   (受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)


●------------------------------------------------------------------●
   心理学ワークショップのご案内
○------------------------------------------------------------------○

カウンセリングサービスの心理カウンセラーが、毎回異なるテーマを
取り上げて行うワークショップです。
自分を見つめるために、自分をより知るために、恋愛、ビジネス、家族、
対人関係に役立てるために、ぜひお越しください。
http://www.counselingservice.jp/workshop/index.html


●------------------------------------------------------------------●
   カウンセリングサービスのメルマガ       
○------------------------------------------------------------------○

 ◎カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座◎
   ○すぐに役立つ心理学を週2お届け
    >>> < http://www.counselingservice.jp/ml/ml2.html >

 ◎毎日読める★恋と仕事の心理学 ◎
   ○あなたの恋と仕事をバックアップします。
    >>> < http://www.counselingservice.jp/ml/ml.html >


●------------------------------------------------------------------●
   カウンセリング予約センターのTwitterのご案内
○------------------------------------------------------------------○

カウンセリング予約センターのTwitterを開設しました。
予約センターのお休みや、予約開始日のご案内、満席情報などを
つぶやいております。
https://twitter.com/cs_yoyaku
よろしければフォローお願いします。


●------------------------------------------------------------------●
   カウンセリングをご利用の皆さまへ
○------------------------------------------------------------------○

カウンセリングサービスより、予約メール登録のご案内です。
http://www.counselingservice.jp/cs-mailcampaign.html
どうぞ、お申込みいただきますようご協力お願いいたします。


----------------------------------------------------------------------

 発行: カウンセリングサービス
 URL : < http://www.CounselingService.jp/ >
 Mail: < info@counselingservice.jp >

カウンセリング予約センター:06-6190-5131
 お問合せTEL : 06-6190-5611(神戸メンタルサービス)
     FAX : 06-6190-5612
 大阪: 〒564-0063 吹田市江坂町1-23-17-602
 東京: 〒141-0001 目黒区駒場4-6-8
 営業時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 Copyright (C), 2001-2016 カウンセリングサービス
 ※掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。

----------------------------------------------------------------------
◎使えるビジネス心理学のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0000132820.html
----------------------------------------------------------------------

ついでに読みたい

使えるビジネス心理学

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/01/04
部数 2,635部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

まりりんのFXここだけの話
OLまりりんがFXでちゃっかり稼いでいる、ここだけのマル秘情報をメールでお届けします!誰でも簡単に稼げるトレンド情報や必殺テクニック等、ここでしか公開しないFX有益情報が盛り沢山です。スキマ時間にFXで稼ぎたい方必読です!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

フリーランスでもラクラク年収1000万円
フリーランスの方向けに「年収1000万円を達成するための法則」を公開していきます。 ここだけの話ですが、40万円以上お支払いただいている講座で私がお伝えしている内容ばかりです。 2016年9月の時点で、この法則を学び、実践されている方のほぼ過半数が年収1000万円超えを果たし、受講生全員が年収アップを実現しています。 つまり、1000万円を稼ぐことや目標を達成することはスキルというわけです。 誰にでも可能な、再現性のあるスキルなのです。 ビジネス、マインドセット、マーケティング、健康、お金の事などについて詳しく、わかりやすくお伝えします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、好きなことを仕事にする「お金の心理学」
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング