心の健康増進メールマガジン

笹氣健治の『心の健康増進メールマガジン』 2017/ 1/20


カテゴリー: 2017年01月20日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

心理カウンセラー笹氣健治の『心の健康増進メールマガジン』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
常に安定した気持ちを維持して充実した毎日を送れるようになる
ために、ストレスや悩みを解消するヒントをさまざまな切り口で
お届けしていきます。(毎月1~2回不定期発行)
─────────────────────────────
2017年 1月20日発行(前回発行日:2017年 1月 6日)


─────────────────────────────
【今回のテーマ】うまく断る方法(その2)
─────────────────────────────

みなさん、こんにちは。
心理カウンセラーの笹氣健治です。


2週間空いてしまいましたが、前回の続きをお届けします。

前回、仕事上の最大のストレスである人間関係に苦しまない
ためのひとつの方法として『アサーション』というものを紹介
しました。

簡単に言えば、「自分の本当の気持ちを相手にしっかり伝えな
がら今までよりもいい関係を構築する方法」です。

自分の本当の気持ちをなかなかうまく伝えられない、その代表
的なケースに「断りたいのに断れない」ということがあります。
そんなときにどう対処すればいいか、前回は6つのポイントが
あると言いました。

1.『断る』とは、どういうことなのかを知る。
2.「ノー」の的を絞る。
3.すぐにその場で答えを出す必要はない。
4.断る場合、理由は簡潔に率直に言う。
5.はっきりと、堂々とした態度と表情で言う。
6.代替案を提示する。

前回はこのうちの1と2について触れました。今回は続きとし
て、3から6について書きたいと思います。
(3回に分けて説明すると申しましたが、今回で残りすべてを
説明してしまいます)

※前回をお読みでない方は、先に前回のメルマガをお読みにな
ってから以下をお読みください。
http://archives.mag2.com/0000132152/20170106123000000.html



3.すぐにその場で答えを出す必要はない。

何かお願いされたり頼まれたりしたとき、断るのが苦手な人は、
すぐにイエスかノーの回答をしなければならないと思い込んで
います。

実は、回答はイエス・ノーの二択とは限りません。
半分イエス、半分ノーという回答もアリなのです。

たとえば、「この担当を引き受けてほしい」とお願いされたと
します。

担当を引き受ける・引き受けない、という選択ももちろんあり
ますが、この担当のこの仕事は引き受ける、この仕事は引き受け
ない、というように、一部分だけ引き受ける(それ以外は断る)
という選択も考えてみてほしい、ということです。

例を挙げます。

町内会の会長をお願いされました。
仕事が忙しくてすべてをやるのは難しい。
そこで、当日の議事運営だけはしますが、それ以外の資料づくり
や連絡を回すのは他の方にお願いしたい。

といったように条件つきで引き受ける、ということをやっても
いいのです。

他にも、

・仕事を引き受けるが、期限を1週間延ばしてもらう。
・仕事を半分だけ引き受ける。
・今自分がやっている仕事を他の人に代わってもらえるなら
引き受ける。
・今週は難しいが、来週なら引き受けられる。

といったように、相手の依頼内容をそのまま引き受けるのでは
なく、自分の事情を説明し、相手の要望とすり合わせる、つまり、
交渉をして引き受ける、ということです。


前回のメルマガで次のことを言いました。

・断るのは、何ができて何ができないのかをわかってもらうため
の行為である

・断るのは、相手と自分がお互いに納得できる妥協点を探す行為
である。

「断る」か「引き受ける」か、という二択ではなく、相手の要望
にどこまで対応できるかを考える、という視点を持つことで、
「断る」というハードルが下がるのではないかと思います。

なお、上記のようにスムーズに交渉をするのが難しいという場合
は、「少し考えさせていただけませんか?」と答えて、考える
猶予をもらうというのもいい手です。

猶予をもらって、「自分の今の忙しさの中でどこまで引き受ける
ことができるか」「どういうサポートを受けられるなら引き受け
られるか」といったことをじっくり考えましょう。

忙しすぎて自分で整理できないときは、第三者のアドバイスを
もらう、というのもいいでしょう。



4.断る場合、理由は簡潔に率直に言う。

全部にしろ一部にしろ、断る場合は、くどくどと言い訳のような
説明は不要です。

依頼してくる相手も忙しいのです。断られたら次の人を探さなけ
ればなりません。

「どうしても今週は時間がつくれません」
「明日までに報告書を提出しなければならないのです」

といったように、できない理由は簡潔に伝えることが相手のため
でもあります。

別な例として、二次会に誘われて本当は帰りたい、といったとき
は、シンプルに「今日は失礼します。ありがとうございました。
楽しかったです」といった感じでニコッとほほ笑みながらサラッ
と伝えてその場をすぐに立ち去るといいでしょう。

「仕事がたまっている」とか「資格試験の勉強をしなければなら
ない」とか「家事がたまっている」とか、帰る理由を言う必要は
ありません。

二次会を誘った相手が知りたいのは、行くか、行かないか、それ
だけです。

くどくどと理由を言うのは、相手のためではなく、自分の罪悪感
を減らすためであれば、なおさら言う必要はないでしょう。

飲み足りない相手が次のアクション(他の人を誘う、自分一人で
飲みに行く)をとれるようにしてあげる、というのも断る人の
配慮だと言えます。



5.はっきりと、堂々とした態度と表情で言う。

できれば引き受けたい、手伝ってあげたい、でも、自分も忙しく
てそれが難しい……といったように、どうしても引き受けられな
い事情があるのであれば、「申し訳ありませんが、今は(今回は)
難しいです」といったようにハッキリ伝えるべきです。

あいまいな態度で、「いやあ、引き受けたいのはヤマヤマなん
ですが…」といったような返事をしていると、相手に「もうひと
押しすればなんとなかるかも」と思われてしまって、執拗に依頼
をされることになりかねません。

変なたとえですが、突然の訪問セールスなどでも、きっぱりと
「いりません」と言わないと、相手はすがってきます。相手に
してみればとくにかく買ってほしいので、そう簡単に引き下がる
わけにはいかないのです。

同じように、断るときはハッキリと伝える。そうしないとお互い
にムダな時間をダラダラと使うことになります。



6.代替案を提示する。

これについては、上記の3のところでほとんど説明してしまい
ました。

・期限を1週間延ばしてもらえるなら引き受ける。
・仕事を半分だけなら引き受ける。
・今自分がやっている仕事を他の人に代わってもらえるなら
引き受ける。

といったように、相手の依頼内容そのままで引き受けるのが
難しいときに、これなら引き受けられる、という代わりの提案
をするのです。



以上、前回と今回で、「断りたいのに断れない」人がどうすれ
ばいいかを、6つのポイントに整理してざっと説明してきました。

「断る」という概念が変わった、という方もいらっしゃったので
はないかと思います。

断るのが苦手という方は、この6つのポイントをもとに、できそ
うな場面からぜひチャレンジしてみてください。

ここから先は、実際に行動を繰り返して自信を深めていくという
ことになります。

この実践を繰り返せば、「断る」ことが今よりもずっと楽になる
はずです。

もし、こういうケースはどうすればいいのか?という質問や疑問
がありましたら、どうぞメールでお尋ねください。

次回以降、このメルマガでご説明いたします。



───────────────────────────────
【Q&Aコーナー】質問・相談を募集します。
───────────────────────────────

このメルマガでは、皆さまからのメールをお待ちしております。
今お悩みのこと、ご質問など、お気軽にメールでお尋ねください。

メルマガ誌面でのご回答にはなりますが、無料で回答させていた
だきます。


※以下の手順でお気軽にご相談ください。


★相談・ご意見・ご要望のメール方法★

次のURLにある「ご相談・ご質問フォーム」からメールを送っ
てください。
http://1po.jp/SpeeverForm/form/mailmagazine

匿名での相談が可能ですし、ご自分のメールアドレスを入力するか
どうかも任意で選択できます。

その他、今後のメルマガで取り上げてほしいこと、ご意見ご要望
などもお待ちしております。


───────────────────────────────
【編集後記】
───────────────────────────────

先週、インフルエンザにかかってしまって一週間ほど寝込んで
いました。

これからが本番という話も聞きますので、どうぞ皆さんも
しっかり予防してご注意ください。

では、また次回お会いしましょう!

笹氣健治


このメルマガのバックナンバーは次のサイトでご覧いただけます。
http://archive.mag2.com/0000132152/index.html



───────────────────────────────
▽ネットで読める・聴ける・買える、笹氣健治の著作物
───────────────────────────────

■笹氣健治の著書一覧
 http://www.1po.jp/books.html


───────────────────────────────
▽笹氣健治が直接あなたのお役に立ちます。

───────────────────────────────
ひとりで悩んでいないで、心の専門家に相談してみませんか?

⇒個人サポート(対面/メールカウンセリング)
 http://www.1po.jp/counseling.html

⇒企業や団体の研修・講演のご依頼・お問い合わせはこちらから
(なるべくご予算に応じます。まずはお気軽にご連絡ください)
 http://www.1po.jp/lecture.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『心の健康増進メールマガジン』
───────────────────────────────
発行人:笹氣健治/笹氣健治公式サイト http://www.1po.jp/
Copyright (C) Kenji Sasaki 2003-2017 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

心の健康増進メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/04
部数 2,232部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

心の健康増進メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/04
部数 2,232部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング