心の健康増進メールマガジン

頑張るあなたが行き詰まったときの悩み克服法 2006.2.10


カテゴリー: 2006年02月10日
┏《メルマガ》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      頑張るあなたが行き詰まったときの悩み克服法

┠──────────────────────────────┨
   前向きで一生懸命な人のために、行き詰まった時の悩みを
   克服するヒントを紹介するメルマガです。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                    2006年 2月10日(金)発行号



━━┫はじめに┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
心理療法研究家で、心理カウンセラーの笹氣(ささき)です。
本メルマガでは、日常生活やビジネスにおいて行き詰まった時の悩みを
解決する方法として、カウンセリングで用いられる心理療法の考え方や
テクニックをご紹介しています。
今すぐ自分自身に使える部分、いずれ必要になる部分があると思います
ので、もし読んでいてピンと来なくても、その号は軽く読み飛ばしても
全然構いません。

本メルマガが、あなたが自分らしい人生を生きるためのお役に立てば
幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のテーマ
「現代人は、ウイルスに侵されている?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさんは、メタファーという言葉を聞いたことがありますか?
メタファーとは「比喩」と直訳されます。

「メタファー」という単語でgoogle検索して、
一番上にヒットしたサイトを見てみると、

「メタファーの本質とは、
ある事柄を他の事柄を通して理解し、経験することである。」

と書いてありました。

※その他、いろいろと深いことが書いてあったので、興味のある方は、
 次のサイトを見てみてください。
http://homepage2.nifty.com/digitallife/metaphor.htm

比喩は、認知言語学という分野で研究されているようですが、
日常的にも誰もが使っているものです。

たとえば、
「あの人は、ライオンのようだ」
と言う表現をして、その人の貫禄を表したりします。

カウンセリングでは、悩みを解決するための方向性として、
認知の拡大・転換というアプローチを行いますが、
その際にもメタファーは使われます。

カウンセリングの事例ではないのですが、
「あいつは私の言うことを聞かないで困っている」
と悩む人に対して、「北風と太陽」の寓話を例に出して、
「相手の気持ちや立場を考えずに、こちらの考えを押し付けても
 こちらの思うように相手は動かない」
ということを説明すれば、すんなりと理解できる場合があります。

前置きが長くなりましたが、今回は、
人が悩んだり、苦しんだり、傷つけあったりする原因について
メタファーを使って説明したいと思います。


  *  *  *  *  *  *  *  *


人間の脳はコンピューターのようなものです。

ですから、生まれたての赤ちゃんの脳は、買ってきたばかりの
新しいコンピューターということになります。

そして、赤ちゃんが成長し、大人になるということは、
その脳に、いろいろなプログラムをインストールするようなものです。

「お腹がすいたら、泣けばミルクがもらえる」
というのは、初期にインストールされるプログラムのひとつでしょう。

このように、自ら経験的にプログラムをインストールする場合もありますし、
他人から教育されてインストールされるプログラムもあります。

「男の子だったら、泣いちゃいけません」
と言われて、その通りにしようとするのが、その例です。

また、自分でプログラムを選んでインストールする場合もありますが、
無意識のうちにインストールしてしまう場合もあります。


  *  *  *  *  *  *  *  *


ところで、人間の脳がコンピューターであるならば、
OS(オペレーティング・システム:基本ソフトウエア)というものも
もちろん存在します。

※OSとは、例えば、マイクロソフト社のウィンドウズXPのように
 プログラムを動かすためのベースとなるプログラムのことです。

人間にとってのOSとは、
その人が生きている社会に例えることができると私は考えます。

たとえば、
日本に住む人は、日本人のOS、
中国に住む人は、中国人のOSが
インストールされているのです。

OSは、マイクロソフト社だけではなく、他の会社も
開発・提供していて、製品によって機能が若干異なってきます。

日本人には基本的に日本人に共通するような考え方があり、
中国人は、日本人とは微妙に考え方が違うところがある
というのと同じです。

これは「文化の違い」と説明されるものだと考えてもいいと
思います。


  *  *  *  *  *  *  *  *


さて、コンピューターのOSにはバグ(欠陥)があります。
人間がつくったものですから、それは仕方がないことです。

そして、そのバグを狙って、コンピューターの働きをおかしくするのが、
コンピューターウイルスです。

ですから、ウィンドウズパソコンをお持ちの方は、適宜、
ウィンドウズのアップグレードをしているはずです。

それをしておかないと、新種のウイルスに侵されてしまう危険が
あるからです。

実は、日本人のOSにも、同じように欠陥があると考えられます。

たとえば、「勤勉であれ」「責任感が大切」「努力を継続」といった
プログラムが日本人のOSの特徴的なものですが、
その性質が、現代日本で蔓延しているうつ病の原因のひとつである
と考えられているのです。

もしかすると、最近の残虐非道な事件も、そういったOSの
バグ(欠陥)によるものと言えるかもしれません。

もちろん、OSの後からインストールされたプログラムの方に
欠陥がある場合もあるでしょう。

ここから少し怖い話になるかもしれませんが、
日本人として共通のOSを持つ私たちにも、
残虐非道な事件を起こした人と同じような欠陥が
内包されている可能性が否定できないと、私は考えています。

新聞沙汰になるような事件を起こさないにしても、
日常で、他人の心を傷つけたり、自分で自分を傷つけたり、
ということを、ほとんどの人がやっているわけで、
それが、OSやプログラムのバグ(欠陥)によるものと
考えられないでしょうか?

でも、幸いなことに、その原因がバグ(欠陥)のためだとしたら、
OSをバージョンアップするか、
新しいプログラムをインストールすれば、
原因の払拭ができることになります。

そして、
カウンセリングは、ウイルスを駆除する行為であり、
同時に、プログラムのバージョンアップにも効果があると
考えられています。

それは、心理学的には、
視点や考え方を変えることだったり、
繰り返される問題行為を、異なるパターンに変える
ということになります。

そのバージョンアップ方法が、
心理療法による心理的アプローチなのです。

いかがでしょう?
不完全なOSやプログラムをバージョンアップするために、
心理療法の知識を活用することに効果がある、
ということが理解できたでしょうか?

しかし、残念なことに、このバージョンアップは、
自己流ではできません。

新たに、心理学的アプローチのためのプログラムを
外部から取り入れなければならないのです。

一般のパソコンユーザーが自分でウイルス対策ソフトを
作れないのと同じです。

また、外部の人は、プログラムを提供することはできますが、
パソコンとは違って、インストールを外部の人にお願いすることは
できません。

それをインストールできるのは、他ならない自分自身だけです。

これからも私は、一人でも多くの人が、
自分でバグ(欠陥)を修復するためのプログラムとしての
心理療法に関する情報を発信していきます。

皆さんは、どうぞそれを学んで、ご自身のコンピューター(脳)を
バージョンアップしていってください。

このように考えると、
私は、バグ(欠陥)修復プログラムをインストールし、
バージョンアップするための技術サポート担当だと
言えるかもしれません。

どうぞこれからも、この技術サポートをどうぞご活用くださいネ!




━━┫編集後記┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

笹氣です。先週土曜日に無事セミナーが終わりました。

一年ぶりだったので、スタートはメチャクチャ緊張してしまいました。

それでも終わってみれば、54名の参加者の方には大好評で、
今後もこのセミナーを継続していくにあたっての自信と手ごたえを
感じました。

セミナー後に、参加者の一人から次のようなメールをいただきました。


> 土曜日のセミナーありがとうございました。非常に役に立つ内容でした。
> 早速実践しています。心理モードを意識して、できるだけ支配モードに
> ならないように意識してみました。今日私の顧客からの相談では、
> その効果が大きいものでした。相手が何で悩んでいるかを知り、実際は
> どうなりたいのかが良くわかり、そして、相手の意志を尊重した会話と
> なりました。結果スムーズに対応でき、こちらもいたって良い状態で
> いることができたのには驚きです。


次回のセミナーは、5月頃に開催する予定です。
詳細が決まりましたら、またこのメルマガでご案内させていただきます。

では、また来週お会いしましょう。


   *  *  *  *  *  *  *  *  *


一歩ナビ事務局のマツナガです。

先週の土曜日に笹氣の1年振りとなるセミナーが終了しました。
私もセミナー開始前に、皆さんの前で少しお話をさせていただきましたが、
以前は、機内アナウンス等で、たくさんの方の前でお話しするのは
普通のことでしたが、久しぶりの経験に少し緊張感を味わい、
新鮮な気持ちでした。

また、来てくださった方の中に「客室乗務員だった方ですよね?」と
話し掛けてくださった方がいて、驚きました。
メルマガをいつも読んでくださっているとのことでした。

おそらく、以前2回に渡って、本文中に私自身のことを
書かせていただいた時がありましたので、
そちらを読んでくださっていたのだと思います。
自分の書いた文章を読んでくださっていた方とお話しすることができ、
とても嬉しく思いました。
ご覧いただいてない方は、バックナンバーからご覧になることができますので、
お読みいただければとても嬉しいです。
http://blog.mag2.com/m/log/0000132152
※11月25日と12月2日の号です。

次回のセミナーは、5月頃を予定しておりますが、
また色々な方と出会い、お話できることを今からとても楽しみにしております。


   *  *  *  *  *  *  *  *  *


一歩ナビ事務局のオオヤマです。

2月4日(土)に、笹氣の1年ぶりのセミナーとなった
「革新的コミュニケーション術! 心理モードマトリクス活用セミナー」が
おかげさまで無事終わりました。
メルマガ読者の方にも多数ご参加いただき、ありがとうございました。

セミナーの中心となったのが「安定モード」の話。
これは、メルマガ読者ならご存じの通り、
自分にも他者にも尊重的という姿勢です。
「安定モード」になっていると、どんな出来事が起きても、偏見を持たずに
事実を事実としてありのままに受け止め、
それはそれでひとつの出来事に過ぎないとして、
現実的に建設的に考えることができます。

今回のセミナーでは、どのようにしたら「安定モード」でコミュニケーション
できるか、その極意を笹氣が説明しました。
セミナー中、積極的に質問してくださる方が多くて、参加者の熱意が感じられ、
とても活気がありましたよ。
「安定モード」で流行語大賞をひそかにねらっている笹氣も無事セミナーを
終えて、ほっとしているようすです。私も何となくほっとしました(^_^)

さて「安定モード」の人が増えたら、どんなに穏やかな社会になるだろう
って思いますが、「安定モード」になるってそれがなかなか難しいんですよね。
カウンセラーとしてという前に、ひとりの大人してオオヤマも
まだまだ修行が必要だなって感じています。

これからも読者に役立つセミナーを企画していきますので、
こんなセミナーがあったら参加したい! といったご意見も
ぜひお聞かせください。

では、また来週。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 笹氣健治の著作物紹介 ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●DVD
行動を起こしたい人のための自己点検セミナー収録
「これであなたも『はじめの一歩』が踏み出せる!」
 http://www.1po.jp/4_seminardvd.html

●著書
「『仕事がイヤ!』を楽にするための本
―自己変革を起こす心理モードマトリクス―」
 http://www.1po.jp/3_books2.html

「なぜあなたはその仕事を先送りしてしまうのか
―行動のための自己変革トレーニング―」
 http://www.1po.jp/3_books1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メルマガ、笹氣健治の著作に関するご意見ご感想、
また取り上げて欲しい悩みなどがございましたら、
お気軽にメールください。⇒ ipponavi@1po.jp
──────────────────────────────────
発 行▼ 一歩ナビ事務局
発行人▼ 笹氣健治
ご意見・お問い合わせ▼ ipponavi@1po.jp
ホームページ▼ http://www.1po.jp/
Copyright (C) 2006 Kenji Sasaki All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
解除はこちらから⇒ http://www.mag2.com/m/0000132152.htm 

心の健康増進メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/04
部数 2,230部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

心の健康増進メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/04
部数 2,230部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング