知っててよかった!人事・労務の落とし穴

知っててよかった!人事・労務の落とし穴 第44号


カテゴリー: 2009年08月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□□    「知っててよかった!人事・労務の落とし穴」
■□■    2009/8/13--第44号 発行:681部
■□■     ~会社のトラブルを未然に防ぐためのメルマガ~
■□■    ~誰にでもできる!健全な労使関係を応援します~
高田社会保険労務士事務所:http://www.office-takada.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【初めてこのメルマガをお読みになられる方へ】
「小さなトラブルは小さなうちに解決しよう」という
趣旨で配信しています。

ちょっとしたことでも知っているかどうか、そこから
行動に移せるかどうかが、後になって大きな差と
なってきます。

ご相談の依頼に関してはフットワークを重視して
います。

安心設定のお見積りです。お気軽にどうぞ。


★高田社会保険労務士事務所のサービス、
 パーソナリティはこちら!
 → http://www.office-takada.biz/


【目次】
 ・労働基準法改正のポイント
 ・体験レポート~ESクレドの作成 その1~

--------------------------------------------------------------------
1.労働基準法改正のポイント
--------------------------------------------------------------------


平成22年4月1日から、労働基準法が改正されます。

最大のポイントは、60時間を超えた時間外労働に
対して法定割増率が、現行の25%から50%以上に
引き上げられることにあります。

※中小企業については「当分の間」適用が猶予され
 ます


子育て世代の長時間労働の割合が高いので、仕事以外
の生活のための時間を確保できるようにするため、
限度時間を超える時間外労働に対して法定割増率を
引き上げることにより、時間外労働を抑制することを
目的としています。


●対象となる時間外労働とは?

5割以上の率で割増賃金の支払が義務付けされるのは、
1ヵ月の起算日から時間外労働を累計して60時間に
達した後に行われた時間外労働です。


●1ヵ月の起算日は?

就業規則等に特に定めが無い場合には、賃金計算期間
の初日を起算日として取り扱うこととしています。


●休日労働との関係

週1回または4週間に4日の休日(法定休日)以外の
休日(所定休日)の労働は「1ヵ月について60時間」
の算定の対象に含めます。

ですから、就業規則等により、法定休日と所定休日の
区分を明確にしておくことが望ましいわけです。


●深夜労働との関係

深夜労働のうち、「1ヵ月について60時間」に達した
後に行われた労働については、深夜労働の法定割増
率(2割5分以上)と、60時間を超える法定割増率
(5割)が合算され、7割5分以上の割増賃金の支払が
必要になります。



●猶予となる中小事業主の範囲は?

法定割増率の引き上げに関して、中小企業は「当面の
間」猶予措置が設けられています。

労働基準法の適用事業の単位は、事業場単位であり、
全事業場を単位とするものではないのですが、今回の
法定割増率が猶予される中小事業主の範囲は、事業場
単位ではなく、企業単位で判断されるとしています
ので、注意が必要です。

具体的な中小事業主の判断については以下のとおりと
なります。

【猶予となる中小事業主の範囲】

<小売業>
・資本金の額もしくは出資の総額が5,000万円以下
 または常時使用する労働者数が50人以下である場合

<サービス業>
・資本金の額もしくは出資の総額が5,000万円以下
 または常時使用する労働者数が100人以下である
 場合

<卸売業>
・資本金の額もしくは出資の総額が1億円以下または
 常時使用する労働者数が100人以下である場合

<その他の業種>
・資本金の額もしくは出資の総額が3億円以下または
 常時使用する労働者数が300人以下である場合

中小企業については、自社が上記に当てはまるか
どうかを早めに判断し、当てはまらない(猶予と
ならない)場合には、早めに対応することが必要です。



■参考リンク
 改正労働基準法のリーフレット
 http://www.mhlw.go.jp/topics/2008/12/dl/tp1216-1e.pdf


●36協定に関する規制も強化されています。

次回は、この点を解説していきます。



--------------------------------------------------------------------
2.体験レポート~ESクレドの作成~
--------------------------------------------------------------------


最近、ESクレドを作成する会社が増えています。
当事務所でも、実際に、今年の5月から7月にかけて、
ESクレドの作成を行った会社があります。

ESクレドといっても名前は聞いたことがあるけど、
内容がよく分かっていない方もいるかと思います。

そこで、まず、ESクレドとは何か、今なぜ、ESクレド
が求められているのかなどを話しておきます。



●今、なぜESクレドを作成する会社が増えているのか?

「2008年度新入社員 半年間の意識変化調査」という
ものがあるのですが、これを見てみると、新入社員は
仕事の内容や職場の風土・体質を重視しているのが
わかります。

■参考リンク
 財団法人 日本生産性本部「2008年度 新入社員 半年間の意識変化調査」
 http://activity.jpc-sed.or.jp/detail/mdd/activity000895/attached.pdf


つまり、現在は、地位やお金や名誉だけでは会社に
入社しないということがいえます。労働市場が求めて
いるもの、要するに、社員が求めているものが
変わってきているのです。


皆さんの会社には、経営理念があると思います。
経営理念の下に位置する組織のコンセプト・キャッチ
フレーズは、組織の成長とともに、または外部の労働
市場の変化とともに変わっていく必要があります。

この組織のコンセプト・キャッチフレーズがESクレド
です。組織のコンセプト・キャッチフレーズが強い
会社は現在も伸びています。

こうしたことから、これからの経営の柱となるのは、
「ESクレド」ということになるのではないでしょうか。


●ESクレドとは?

「ESクレド」とは、経営理念(企業理念)を実現する
経営方針を実行するために、従業員が日常で常に意識
しておくべき行動指針、考え方をいいます。

経営理念(企業理念)は経営者がつくったものが
ほとんどですが、「ESクレド」は、すべての従業員を
巻き込んで作ります。

すべての従業員を巻き込むことで、従業員一人ひとり
が傍観者ではなく主役になるのです。


「ESクレド」について、さらに詳しくは、こちらを
ご覧ください。

■高田社会保険労務士事務所ホームページ
 http://www.office-takada.biz/jinji/credo.html


●実際にどのようにしてESクレドを作成していったのか

次回お伝えします。



--------------------------------------------------------------------
【編集後記】
--------------------------------------------------------------------


最後までお読みになっていただきありがとう
ございます。今回のメルマガは皆さまのお仕事の
お役に立ちましたか?

皆さんの夏休みの予定は、いかがですか?
私は、黒部ダムに行く予定です。見所が多いので
楽しみにしています。

それでは、また次回お目にかかりましょう。

★ご意見・ご感想などありましたらお気軽にメール
して下さい。必ずお返事は致します。
 → info@office-takada.biz



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 *発行人      :社会保険労務士 高田順司
 *関連HP     :http://www.office-takada.biz/
 *子供しゃろうし教室:http://www.geocities.jp/srosigoto/
 *税理士紹介    :http://www.expert-net.co.jp/g/takada/
 *E-MAIL      :info@office-takada.biz

 ★私のプロフィールはこちらです
   → http://www.office-takada.biz/profile/index.html

このメルマガは転送自由です。しかし、掲載された
記事の内容を許可なく転載することを禁じます。
ご一報下さい。

掲載された情報を独自に運用されたことにより、
何らかの不都合が生じた場合、当事務所は責任を
負いかねます。あらかじめご了承下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■購読・解除はご自身でお願いいたします。
こちらから出来ます。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000130731.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

知っててよかった!人事・労務の落とし穴

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/06/01
部数 463部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知っててよかった!人事・労務の落とし穴

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/06/01
部数 463部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング