知っててよかった!人事・労務の落とし穴

サンプル誌


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□□    「知っててよかった!人事・労務の落とし穴」
■□■    2004/5/10−−創刊号 発行:287部
■□■     〜会社のトラブルを未然に防ぐためのメルマガ〜
■□■    〜誰にでもできる!健全な労使関係を応援します〜
高田社会保険労務士事務所:http://www91.sakura.ne.jp/~office-takada/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ご挨拶とメルマガの趣旨】

皆様は社会保険労務士(社労士)をご存知ですか?
金融機関の年金相談や資格の学校などで紹介される機会も増えてきました。
でも、人事や労務の問題で困ったときに、社労士の名前が頭に浮かぶでしょ
うか? ・・・浮かばない人の方が多そうですよね・・・?

私が相談を受けたある会社の話です。
「退職した従業員から労災絡みの裁判を起こされて困っている。どうしたら
よいか?」

よくよく話を聞いてみると、労災の申請に至る経緯やその従業員への対応な
ど、もっと早くに相談を受けていたら簡単に解決できた問題でした。

その会社の社長も、色んな専門家に相談してきたというのですが、社労士を
知らなかったばかりに、このような裁判を起こされてしまったのです。「も
っと早く社労士に相談しておけばよかった。知らなかった」と何度もおっし
ゃっていたのが印象に残っています。

小さなトラブルを小さなうちに解決する。法律という秩序にのっとり経営者
と従業員双方の感情がこじれないよう、思いがけない大問題に転がるのを食
い止める。それが社労士です。

人事・労務の専門家である社労士をもっと身近に感じていただければと思い
配信しています。


【目次】
・今なぜ労働問題のトラブルが多いのか?
・個別労働紛争の第1位は解雇のトラブル

--------------------------------------------------------------------
1.今なぜ労働問題のトラブルが多いのか?
--------------------------------------------------------------------

労働問題に関する個々の労働者と事業主との間の労働紛争が増加の一途をた
どっています。
このように、労働紛争が多発化している背景は、なぜでしょうか?

社内の労働問題について、昔は労働組合が窓口になり団体交渉を通じて解決
に当たってきたが、色んな働き方をする人が増えたり、労働者の意識の変化
によって、労働組合離れが続いた。その結果、多くの労働者が個別に会社と
交渉しなければならなくなってきた。

会社内において、上司と部下のコミュニケーションが不足してきている。

専門のスタッフがいないため、適切な労務管理がが行われていない、など。

これを読んでいただいてもわかるように、トラブルを防ぐためにすぐに実行
できることは、コミュニケーションの機会を増やすことです。例えば、一緒
に飲みに行くでもいいでしょう(部下の機嫌をとるのではなく、コミュニケ
ーションをとる=部下の話を聞くことが目的です)。

詳しくはこちらをご覧ください
 → http://www91.sakura.ne.jp/~office-takada/roudousoudan.htm

また、これは私の顧問先でも実践しているところもありますが、面談をする
こともお勧めです。できれば定期的に行うのがいいでしょう。上司はできる
だけ聞き役に回って部下から本音を出してもらい、お互いの理解の場とする
のです。個室で、一対一で行うことがポイントです。

--------------------------------------------------------------------
2.個別労働紛争の第1位は解雇のトラブル
--------------------------------------------------------------------

次回は、解雇の問題を取り上げる予定です。
なぜ、解雇の問題を取り上げるのかというと、個別労働紛争うち解雇の占め
る割合が第1位だからです。

平成16年に労働基準法が改正され、「解雇権の行使は、それが客観的に合
理的な理由を欠き社会通念上相当として是認することができない場合には、
権利の濫用として無効」と明文化されました。

これを読んだだけでどういう場合なら解雇権の濫用にならないのか、さっぱ
りわかりませんよね?

また、注意しなければならないことがほかにもあります。
解雇に関するトラブルが発生した場合、行政当局はその解雇が有効なのか無
効なのか直接判断をしないようですし、最終的には裁判所の判断によること
となる点は、前と変わらないようです。

解雇は、会社からの一方的な意思表示でもありますので、その運用次第では
大問題に発展することも十分に考えられます。

このようなことから、次回から解雇の留意事項や対応など、解雇の問題を取
り上げていきます。

--------------------------------------------------------------------
【編集後記】
--------------------------------------------------------------------

最後までお読みになっていただきありがとうございます。いかがでしたか?
今回のメルマガは皆様のお仕事にお役に立ちましたか?

ところで、私には息子(4歳)がいます。子育てをしている中で、大ヒット
したことがありました。

男の子なら誰でもそうだと思いますが、我が家の息子も、子ども向け番組の
ヒーロー(今でしたら「デカレンジャー」「仮面ライダー ブレイド」)に
憧れています。「おれもいつかヒーローになるっ!」

それを、息子の好き嫌いをなくしたり指しゃぶりをやめさせるために利用し
たのです。どういうことかというと、ヒーローになるための認定制度を作っ
たのでした。

例えば、嫌いなキノコを食べられるようになったらヒーロー3級。指しゃぶ
りをしなくなったらヒーロー2級。息子は次々に課題をクリアーしていきま
した。

この具体的な出来事は、こちら
 → http://www91.sakura.ne.jp/~office-takada/2003.6.2.htm
高田社会保険労務士事務所ホームページ内「J−CLUB」(エッセイ。高
田順司ってこんな人。不定期連載)

人というのは、目標があると頑張れるものなんですよね。
それは、子供でも大人でも同じだと思いませんか?

部下の指導にも共通するところが多そうですよね。なかなか仕事を覚えられ
ない従業員をどう指導したらよいか、勝手に突っ走ってしまう従業員とどう
チームワークを築けばよいか。

相手に対して「生意気な、嫌な奴だ」という先入観を持たないことも重要で
す。自分の子供なら、言うことを聞かずに癇癪を起こされても、嫌いになる
ことはないでしょう? 愛情を持って叱れるはずです。

それでは、また次回お目にかかりましょう。

★ご意見・ご感想などありましたお気軽にメールして下さい。
  必ずお返事は致します。→ office-takada@www91.sakura.ne.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 *発行人      :社会保険労務士 高田順司
 *関連HP     :http://www91.sakura.ne.jp/~office-takada/ 
 *子供しゃろうし教室:http://www.geocities.jp/srosigoto/
 *E-MAIL      :office-takada@www91.sakura.ne.jp 

 ★私のプロフィールはこちらです
   → http://www91.sakura.ne.jp/~office-takada/takada.htm

このメルマガは転送自由です。しかし、掲載された記事の内容を許可なく転
載することを禁じます。ご一報下さい。

掲載された情報を独自に運用されたことにより、何らかの不都合が生じた場
合、当事務所は責任を負いかねます。あらかじめご了承下さい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■購読・解除はご自身でお願いいたします。こちらから出来ますよ!
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000130731.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

知っててよかった!人事・労務の落とし穴

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/06/01
部数 460部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知っててよかった!人事・労務の落とし穴

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/06/01
部数 460部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング