ビジネス真実践

【真実践】注意!「こだわり」の伝え方


カテゴリー: 2017年02月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビジネス真実践 ~ 実践の中に真実がある

おかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。
毎週火曜・木曜午前8:00発行 
※但し、祝日の場合は翌朝発行


2017/2/23 


        発行者:中久保 浩平


書籍「ビジネス真実践」http://goo.gl/tmmRe



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ┌─『目次』───────────────
 │【今回のテーマ】注意!「こだわり」の伝え方
 │【まぐまぐニュース】過去の人気記事
  │【あとがき】
 └──────────────────

-------------------------------------------------


■メールマガジンポリシー

ご愛読いただきありがとうございます。
発行者の中久保 浩平です。

このメールマガジン【ビジネス真実践】では、
悩める経営者、ビジネスマンの為に、私自身が、
コンサルタントという仕事を通して実体験から学んだこと、
直接見たり、聞いたり、読んだりしたこと、肌で感じた事、
クライアントとの中で得たもの、などを中心にお送りしています。
従って、簡単にこうすれば儲かる、楽に集客ができるなどという
類の情報は一切配信しておりません。
また今後もそのような情報を配信していくつもりもございません。

ぜひ、みなさまの経営、お仕事、お客様や社内の為にお役立て下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマ

【注意!こだわりの伝え方】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■「○○にこだわってます!」はNGです。


お店や商品、あるいはサービスの強みを伝えたり、
インパクトを与えるために、
はたまた差別化だといって、

「当店では○○にこだわっています。」

みたいなことを謳っている店舗は少なくありません。


確かに、素材や原材料、サービスの質など
こだわっているのでしょう。

ですが、

「○○にこだわっています。」

という謳い文句は、実は、
お客さんに伝わり難いものなのです。


しかも、

「ライバルが○○にこだわっているのなら、
当店は××のこだわりには負けないぞ。」

なんていう後付のこだわりなんて
こだわりでもなんでもないし、
強みでも差別化にもなりませんので、全く伝わりません。


なぜなら、

こだわりとはお店のポリシーであり信念ともいえるものだからです。

つまり、これだけは絶対に守りとおすという「強い意志」が
そこになければならないものなのです。


ですので、その意志をお客さんが感じ取れないと
結局、こだわりなんてものは伝わりません。


伝わらないので、当然、その商品やサービスの良さを
お客さんは理解できません。
理解できないので、リピートのお客さんにはなってもらえません。


「そうはいっても、うちは確かにこだわっているものが
あるし、それを前面的に出していかないと・・・」

と思う方も多いでしょう。

確かにわかります。

わかりますが、それだけではダメなのです。

こだわりというのは、お客さんに「こだわってます」と
伝えるだけでなく、
ちゃんとお客さんに響かなくてはならいものですから。

では、どうすれば、ちゃんと伝わり、
お客にさんに響くのでしょうか?


その1つが、

「○○はしません。」というものを明確に打ち出すことです。


「○○にこだわっています」ではなく、
「これはうちは絶対にやりません。」
という方が意志の強さの方が、はるかに伝わります。

つまり、こだわりを通すために「これはやらない。」
「これはしない。」という意志を示し、
そのことをお客さんと約束するのです。


このことによって、商品、サービスの提供者側は
逃げ道を完全に封鎖できます。


「ちょっとくらいなら・・・」

ということが起きません。


なので、当然、ぶれることがありません。
むしろ、サービスや商品の質を維持、向上させることもできます。
総じて、自店のこだわりを真っ向から守りとおすことができます。

それが「こだわり」を伝えることになるのです。

そうしてはじめて、そのこだわりをちゃんと理解してくれる
お客さんがやってきてくれるのです。


たとえば、

・「無添加にこだわっています」ではなくて
「科学調味料は一切使用していません。」


・「1つ1つ手作りにこだわっています」ではなくて
「大量生産していません。」


・「マンツーマンにの指導にこだわっています。」ではなくて
「セミナーはしません。」

・「当店はお客様お1人、お1人にあったサービス提供にこだわっています。」
ではなくて、「当店ではお客様にサービスを押し付けることはありません。」


など、○○はしません。と約束するのです。


そういったものを打ち出すと
お客さんは「なぜ○○しないの?」と感じます。

その上で「うちは、○○にこだわっているからです。」
と理由をお伝えするのです。


これが、こだわりを伝えるということです。


「○○にこだわっています。」ではなく
「○○はしません。」「○○はやりません。」です。

こだわってます、と伝えるときには、
○○しない理由として伝えることです。


貴店では、どのようなこだわりがありますか?

そして、それをお客さんに伝えるとき、
○○はしません、その理由は○○だからです、
と、言い換えることができますか?


■今日のまとめ

『「○○にこだわってます。」ではこだわりは伝わらない。』


・自店の持つこだわりを列挙してみる。
・書き出したこだわりを守るためにしてはいけないことを書き出す。
・上記2点からお客さんへ「○○しない」宣言をする。


・書籍「ビジネス真実践」はこちら
⇒  http://goo.gl/tmmRe

・「ビジネス真実践」まぐまぐニュース人気記事
⇒ https://goo.gl/RMhmaF


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


営業戦略・マーケティング戦略
プランニングサポート
 コンサルティング

ner-rap(ネアラップ)
http://ner-rap.com/ 



■今回の「ビジネス真実践」はいかがでしたでしょうか?
ご意見・ご感想など、ぜひお送り下さい。
ご遠慮なくどうぞ→ info@ner-rap.com 


※このメルマガは著作権により保護されています。
 従って、許可無く内容をWEBサイトやメールマガジンへ転載
することを原則として禁じています。
 但し、発行した内容が、同僚・部下、上司、取引先様等へ伝えることが
役に立つというのであれば出典先を「ビジネス真実践」と明らかにして転載して
下さい。その際ご一報下さると幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■まぐまぐニュースで「ビジネス真実践」を
取り上げていただいてます。

ご確認頂いたうえで、よろしけばお友達や同僚、
取り引き先様などへも教えてあげて下されば幸いです。

過去の人気記事
⇒ https://goo.gl/RMhmaF



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【あとがき】


僕の「ビジネス真実践」へのこだわりは・・・?
って本文を書きながら考えていました。

出てきたものといえば、

やっぱり、

小手先論をかざして、商売・ビジネスが上手く行きますよ、
的なことは絶対に言わないし、そうした情報も遮断する、
ということでした。


それだけでビジネス真実践も長年書き続けてきてはいますが、
おかげで一般ウケはやっぱり悪いようです。(汗)


▼音声ドラマ!


ダメリーマンが世界を?いや、会社を救う!?

世界は救いませんが、とある会社を救います(笑)


営業成績ビリケツのサラリーマンが、
ちょっとづつ「気づき」ながら、
しかし、確実に成長していくという、
ちょっとためになるショートストーリーです。

そんなストーリーを『全話完全音声』収録しましました。


ラジオドラマを聴いている感覚で、是非お楽しみください!

僕もちょい役で出演させてもらいました(笑)

http://book.dmm.com/detail/b671agobs00171/



▼こちらは原作本です。

「お荷物ダメリーマンときどきエリート
    ~ところてん男子90日の戦い」 
http://goo.gl/USmXVe



▼「ダメリーマン、読みたいけどスマホで読めない!」
という方へ・・・
スマホやタブレット端末で電子書籍を読むには?
をブログにアップしましたので、ご参考ください。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11770090856.html


▼こちらは、ipadやiPhoneで最も手間がかからず 「ダメリーマン」
を読むには?という記事をアップしました。
http://ameblo.jp/nertrap/entry-11785622506.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(c)2008-2017 kohei nakakubo All Rights Reserved.

※まぐまぐさん、いつも配信システムを使用させて頂き
ありがとうございます。

ついでに読みたい

ビジネス真実践

RSSを登録する
発行周期 毎週:火・木午前8:00発行※祝日の場合は翌日
最新号 2017/02/23
部数 4,435部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング