速効!!よい子

速効!!よい子 vol.717 褒める方法


カテゴリー: 2018年04月20日
   ===========================================================
               ◇◆◇◆ 速効!!よい子 ◆◇◆◇
      
           真剣に子育てを考えている人だけに教えたい、
      
                 子どもをよい子にする方法。
      
        vol.717     2018/4/20          発行部数 1043   
   ===========================================================
       『季節の小箱~第1集 家族の時代』発売中
        全国どこの書店からでもお求めになれます。
        ぜひ一度、読んでみてください。(^o^)こうじ
      
           最新の日記はこちらから
              http://blog.livedoor.jp/sinji3218/
   ===========================================================
     
    こんにちは。
   
    今日は、いただいたお便りを読んでいて思ったことがあったので、
   それを書きたいと思います。
   
    書くのをやめると言っておきながら、イレギュラーの方が多くて
   済みません(^o^)。
      
   みなさんの声***********************************************
   ほめること、が苦手です。私自身父に叱咤されて育ちました。けれ
   どもほめられた思い出ほど強く残っているものですね。他愛ない事
   なのに、今でも思い出します。父は私の味方なんだと強く思わせて
   くれます。
   出来たらほめる、出来なければ叱る、これを押し通してしまえば、
   娘はつぶれてしまいそうで心配です。けれど叱らない子育て、は私
   には理解ができないのです。
   このままで良いのか、手探りではありますが、今回のお話のように
   子供の変身につながるよう、考えることを止めずに、頑張りたいと
   思います。これからも参考にさせていただきます。
   ありがとうございます(^-^)
   ***********************************************みなさんの声
   
          (^o^) 褒める方法
   
    褒めるだけで叱らない子育て(学級経営)がしたい。
   
    お父さん、お母さん(先生)方は、みんな同様に思っているでしょ
   う。
   
    私は子どもが誰も近寄ってこないくらいの「怖い先生」でしたが、
   こんな私でも、叱るのは、とても嫌でエネルギーが必要な、やりた
   くない行為でした。
   
    ですから、いつも、どうすれば叱らなくてすむかを考えていまし
   た。
   
    最後まで怖い先生でしたので全く参考にならないかもしれません
   が(^o^)、御興味があったら、お読みください。
   
    子どもを叱りたくなる時というのは、大人が「こうしてほしいと
   思っていること(大人が正しいと信じていること)」を子どもがしな
   い時、もしくは逆に、してほしくないことを子どもがしている時で
   す。
   
    これは、
   ・子どももそれがわかっていて、それでも駄目なことをしてしまう
   ・(子どもはわかっているはずだと大人が思っているが)実は、子ど
   もはそのことをよく知らない
   という2つの場合があります。
   
    例えば、学校の例で言うと、前者は「廊下歩行」。
   
    廊下を走るといかに危険か、ということを、教室では、低学年の
   時から手を変え品を変え、何度も繰り返して教えていきます。
   
    それでも、エネルギーを持て余している子どもは廊下を走ります。
   
    この場合は、叱ります。
   
    叱られるのは嫌でしょうが、子供は、なぜ叱られたのかがわかり
   ます。
   
    理解したからといって、素直に聞くとは限りませんが(^o^)、それ
   でも叱られた子供の方は、理不尽な扱いを受けたとは思いません。
   
    後者は、学校の礼でいうと「あいさつ」が、それに当たる場合が
   多いと思います。
   
    挨拶は「常識」です。
   
    だから、挨拶のできない子を、大人は叱ります。
   
    でも、叱る「ずっと以前」から、挨拶の大切さ、挨拶をするとど
   んなに沢山良いことが起こるか、などを大人は繰り返し子どもに伝
   えているでしょうか。
   
    これができていない理由は、挨拶が余りにも「常識」であるため
   で、子どもも自然にわかっていると思い込みやすいからです。
   
    しかし、子どもは真っ白な状態で生まれてきたのですから、常識
   は一つも知らないと考えるべきです。
   
    また、正しい廊下歩行は、きちんと守らないと危険を伴いますが、
   挨拶はできなくても危険を伴わないので、教えるのが後回しになっ
   てしまうことも、子どもにきちんと説明せずに終わってしまう理由
   の一つです。
   
    このように、子どもにきちんと説明していないのに、いきなり叱
   っていることは、意外に多いのではないでしょうか。
   
    今から叱ろうとしていることは、「理由」や「良さ」を予め子ど
   もにきちんと伝えてあるだろうか、と一度考えてから叱ってみませ
   んか。
   
   ・常識だから、と思っていないか、また、その常識が何故存在する
   のか自分で説明できるか
   ・これは「危険」と関わっていないから説明が後回しや簡単になっ
   ているのではないか
   
    この2つの物差しに当てはめてみると、判断しやすいと思います。
   
    さらに、これを進め、大事なことは先に確実に伝えておくと、叱る
   場面は、もっと少なくなります。
   
    これだけは、させたい(やめさせたい)ことを、お父さん、お母さ
   んで話し合って、紙に書き出します。
   
    次に、重要な順にランク付けします。(以前紹介したトップ50の
   紙をお使いください)
   
    まず、第1位の事を、お子さんに、どう伝えればいいか、お父さ
   んとお母さんで作戦会議をしてください。
   
    例え話、お父さん、お母さんの思い出話、絵本を買ってきて…、
   何でもよいので、楽しいお話ができるよう工夫してください。
   
    叱られている時、子どもは話を(聞いているふりはしても)聞いて
   いません。
   
    でも、叱られる前なら話を聞きます。
   
    廊下歩行の例のように、きちんと予め話したからといって、
   100パーセントできるとは限りません。
   
    また、躾けたいことは沢山あるので、きちんと説明できていない
   ことについて叱るのを我慢するのは大変です。
   
    しかし、そこを少し我慢すれば、良い波が起こります。
   
    1日8時間しか子どもと一緒にいない教師と、24時間一緒にい
   る親とでは、少し違うのかもしれませんが、叱らずにすむ方法を他
   に思いつかなかったら、一度試してみてください。
      
    読み終わったしるしに、下のURLを1回クリックしてください。
      
    それだけで、次号を書く、やる気が出てきます(^o^)。
      
     http://clap.mag2.com/friatitrae 
      
    コメントを書くページが開きますので、今週号の記事がよかった
   
   ら、「よかった」と書いていただけるとうれしいです。無記名でか
   
   まいません。
      
    よくなかったら、何も書かなくてけっこうです。(^o^)
      
   ★☆うまく答えられないかもしれないけど、ご相談がありましたら、
   
   どうぞ、お寄せください。あなたのご相談の内容が、他の方の悩み
   
   を解決する鍵になるかもしれません。全く知らない人だからこそ、
   
   言える話もありますよね。                ☆★
   
      
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
      
    ★ 発行人: こうじ@季節の小箱
    ★ http://www2.tokai.or.jp/kisetu/
    ★ E-MAIL:mailto:kojimasuda@tokai.or.jp
    
    ■ まぐまぐID 0000129502
    ■ 知人・友人への転送、回覧はご自由にどうぞ。
    ■ その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
      (C) Copyright 2004
     ■ このメールマガジンは『まぐまぐ!』
       http://www.mag2.com/ を  利用して発行しています。
    ■ 購読・解除(配信中止)はご自身でお願いします。
         こちらからどうぞ。
      → http://www2.tokai.or.jp/kisetu/mag2.htm
         または、 http://www.mag2.com/m/0000129502.htm
      
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

速効!!よい子

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/04/20
部数 1,051部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

速効!!よい子

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/04/20
部数 1,051部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策
ダム、トンネル等大型建設工事の参画経験を有し、テレビ、ラジオ、新聞に出演中の著者が、「儲かる」「身につく」建設(土木、建築、設備、電気、プラント)関連情報を厳選。建設業の業績アップ、技術者育成、技術提案、原価低減ネタを紹介します。ベストセラー「今すぐできる建設業の原価低減」等著書多数。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング