笑える英語(無料版)

:)笑える英語 無料版 vol.850―離ればなれの兄弟に乾杯


カテゴリー: 2017年03月27日
-- vol.850 -----------------------------------------------------------
 『:)笑える英語(無料版)』―ジョークで笑って英語脳! 2017/3/27号
          【離ればなれの兄弟に乾杯】
----------------------------------------------------- 配信:4,205部 --

ハロー、ヤスヤスです。

そろそろ首都圏でも桜が咲き始めたようですね。毎年、そんな季節が巡って
くるなんて、この世界はなんて美しいんでしょう。

地球で生まれ育ったのだから、当たり前だとも言えますが、それでも
「美しい」と思う感情は、進化だけでは説明できないと思います。

グルテンを摂らないようにして、花粉症が楽になったものだから、素直に
感動できるようになったのでしょう。

では、鼻から息を吸って、はりきって参りましょう。


■ちょっとした準備

ビールの出番も多くなる季節になってきましたね。「ギネス」って飲んだこと
ありますか? あの真っ黒いアイリッシュ・ビールを。

恵比寿のビアホールで飲んだギネスは、後味が七色に変化して、とても
おいしかった記憶があります。

味の記憶って、古い思い出と直接結びつきやすいものです。Marcel Proustを
気取るわけじゃないですが…。


■今週のジョーク「離ればなれの兄弟に乾杯」(Three Pints of Guinness)

An Irishman walks into a bar in Dublin, orders three pints of 
Guinness and sits in the back of the room, drinking a sip out of each 
one in turn. 

When he finished all three, he comes back to the bar and orders three 
more.

The bartender says to him, "You know, a pint goes flat after I draw 
it; it would taste better if you bought one at a time." 

The Irishman replies, "Well, you see, I have two brothers. One is in 
America, the other in Australia, and I'm here in Dublin. When we all 
left home, we promised that we'd drink this way to remember the days 
we all drank together."

The bartender admits that this is a nice custom, and leaves it there. 

The Irishman becomes a regular in the bar and always drinks the same 
way: he orders three pints and drinks the three pints by taking 
drinks from each of them in turn.

One day, he comes in and orders two pints. All the other regulars in 
the bar notice and fall silent. 

When he comes back to the bar for the second round, the bartender 
says, "I don't want to intrude on your grief, but I wanted to offer 
my condolences on your great loss."

The Irishman looks confused for a moment, then a light dawns in his 
eye and he laughs. "Oh, no," he says, "Everyone is fine. I've just 
quit drinking!"

                 (サイト『The-Jokes.com』より出典)


■単語の解説  (*印はその前の母音にアクセント)

・pint「[名](液体の量)パイント」
 発音は「パイント」。
 イギリス式で 568ml(ミリリットル)。アメリカ式で 473ml。ダブリンが
舞台ですから、ここでは 568ml。中ジョッキ(400から500ml)より多いくらい。

・sip「(この場合)[名](飲み物の)ひとすすり、ひと口」

・in turn「順番に」

・flat「[形](この場合)気の抜けた」

・draw「[動](この場合)(液体・気体を)くむ、くみ出す」

・custom「[名]習慣」
 発音は「カ*スタム」。
 複数形customsで「関税」。空港で見かける“the customs”は「税関」。

・regular「(この場合)[名]常連」

・drink「(この場合)[名]ひと口(の飲み)」

・intru*de (on/into)…「[動]立ち入る、邪魔する」
 発音は「イントゥル*ード」。

・grief「[名]深い悲しみ、悲嘆」
 発音は「グリ*ーフ」。

・condo*lence「[名](普通は複数形で)お悔やみ(の言葉)」
 発音は「コンド*ウレンス」。

・confu*sed「[形]混乱した」
 発音は「コンフュ*ーズドゥ」。

・dawn「[動]夜が明ける、(この場合)現れ始める、兆す」
 発音は「ドーン」。

───────────────────────────────────
 このメルマガのバックナンバーを元に、まったく新しい教材ができました。

 本好きを作る「アニマシオン」という手法を使い、自力で英語の海を
 泳げるようになることを目指します。美人のジェリカさんによる音声付き。

 SNSで交流しながら、楽しく英語を「練習」していきましょう。

  ★つながろう「笑える英語」 https://waraerueigo.com/
───────────────────────────────────

■右脳向けの適当な訳

An Irishman walks      一人のアイルランド人が歩く
into a bar          あるバーの中へと
in Dublin,          ダブリンの
orders            注文する
three pints of Guinness   3パイントのギネスを
and sits           そして座る
in the back         後ろ(一番奥)に
of the room,         その店の
drinking a sip        一口すすり飲んで(=分詞構文)
out of each one       一つずつから
in turn.           順番に

When             …のとき
he finished         彼が終えた
all three,          3つ全部を
he comes back        彼は戻ってくる
to the bar          そのバー(止まり木)へ
and orders          そして注文する
three more.         もう3(杯)を

The bartender says      その店の(=the)バーテンダーが言う
to him,           彼へ
"You know,          ご承知でしょうが
a pint goes         1パイント(のビール)は…になって行きます
flat             気が抜けたように
after            …の後
I draw it;          私がそれを汲む
it would taste        それは味がすることでしょう
better            より良く
if              もし…なら
you bought one        あなたが1杯を買った
at a time."         一回につき

The Irishman replies,    そのアイルランド人は答える
"Well,            ええと
you see,           いいですか(説明しましょう)
I have two brothers.     私には2人の兄弟がいます
One is in America,      一人はアメリカにいます
the other in Australia,   もう一人はオーストラリア
and             そして
I'm here           私はここにいます
in Dublin.          ダブリンに
When             …のとき
we all left home,      私たちが皆、家を去った
we promised         私たちは約束した
that             that以下を
we'd drink          私たちは飲むようにしよう
this way           このように
to remember         思い出すよう
the days           あの日々を
we all drank         私たちが皆、飲んだ
together."         共に

The bartender admits     店のバーテンダーは認める
that             that以下を
this is a nice custom,    これはよい習慣である
and leaves it        そしてそれをそのままにしておく
there.            そこに

The Irishman becomes     例のアイルランド人は…になる
a regular          常連
in the bar          そのバーの
and always drinks      そしていつも飲む
the same way:        同じ方法で(その方法とは..)
he orders          彼は注文する
three pints         3パイントを
and drinks          そして飲む
the three pints       その3パイントを
by taking drinks       一口ずつ飲むことによって
from each of them      それらの各々から
in turn.          順番に

One day,           ある日
he comes in         彼は入ってくる
and orders          そして注文する
two pints.          2パイントを
All the other regulars    他のすべての常連たちは
in the bar          そのバーの
notice            気付く(1杯少なくなっていることに)
and fall silent.       そして黙りこくる(兄弟のうちの一人を
              亡くしたのかと可哀想に思って..)

When             …のとき
he comes back        彼が戻ってくる
to the bar          止まり木へ
for the second round,    2巡目のため
the bartender says,     バーテンダーは言う
"I don't want        私は…したくない
to intrude          立ち入ること
on your grief,        あなたの悲嘆に
but             でも
I wanted           私は…したかった
to offer           提示すること
my condolences        私(から)のお悔やみを
on your great loss."    あなたの深い喪失への

The Irishman looks      アイルランド人は…のように見える
confused           混乱して
for a moment,        少しの間
then             それから
a light dawns        ある光が現れ始める
in his eye          彼の目の中に
and he laughs.        そして彼は笑う
"Oh, no,"          いや、違うんだ
he says,           彼は言う
"Everyone is fine.      みんな元気だよ
I've just quit        ただ私が止めた
drinking!"         飲むことを


■解題

自分の分を飲まないんですから、禁酒は成功ですね。

バーテンダーの柔らかい言い回し、特に“wanted”と過去形になっている
ところなどは勉強になります。


■笑える英語通信

バックナンバーから新教材を制作しています。音声ファイル付き。
 ・第1弾「入門編」は24ジョーク、142ページ
 ・第2弾「立志編」は52ジョーク、430ページ

  ★つながろう「笑える英語」 https://waraerueigo.com/


■スパルタ、音読ジゴク

声に出して、読みまくろう! 『笑える英語』が無料だからといって、軽く
流してはいけません。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(音読ジゴク3大ルール)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.「うまく」(狙うはネイティブ)
2.「英語toイメージ」(イメージしながら。ゼスチャーが出るくらい)
3.「最低10回」(おでこに変な汗が浮かぶまで)
 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

I*rishman、Guinness(ギ*ニス)、ba*rtender、
Austra*lia(オーストレ*イリア)に注意。

An Irishman walks into a bar in Dublin, orders three pints of 
Guinness and sits in the back of the room, drinking a sip out of each 
one in turn. 

When he finished all three, he comes back to the bar and orders three 
more.

The bartender says to him, "You know, a pint goes flat after I draw 
it; it would taste better if you bought one at a time." 

The Irishman replies, "Well, you see, I have two brothers. One is in 
America, the other in Australia, and I'm here in Dublin. When we all 
left home, we promised that we'd drink this way to remember the days 
we all drank together."

The bartender admits that this is a nice custom, and leaves it there. 

The Irishman becomes a regular in the bar and always drinks the same 
way: he orders three pints and drinks the three pints by taking 
drinks from each of them in turn.

One day, he comes in and orders two pints. All the other regulars in 
the bar notice and fall silent. 

When he comes back to the bar for the second round, the bartender 
says, "I don't want to intrude on your grief, but I wanted to offer 
my condolences on your great loss."

The Irishman looks confused for a moment, then a light dawns in his 
eye and he laughs. "Oh, no," he says, "Everyone is fine. I've just 
quit drinking!"

 (戻る。10回以上読んだら、下に進む)


 オーケー、最高! いい感じ。今日はこれまで。次号をお楽しみに。


■「笑える英語」のルール

【無料版】:バックナンバーから一部のジョークを紹介。

【目的】: 1)ジョークで笑って、2)勉強より練習に重きを置いて、
      3)日本語を介在させない英語脳を作り、4)ハッピーになる:)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガタイトル:『笑える英語(無料版)』
発行者: ヤスヤス(横浜市出身)
メール: waraerueigo@hotmail.com
ホームページURL: https://waraerueigo.com/
掲示板URL: http://bbs1.fc2.com/cgi-bin/e.cgi/8399/
―――――――――――――――――――――――――――――――────
このメールマガジンは『まぐまぐ!』から発行しています。
解除はこちら: http://waraerueigo.fc2web.com/35kaijo.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

笑える英語(無料版)

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/03/27
部数 4,205部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング