30代女性が年金・保険とうまくつきあう方法。

マネースクールの開催は、この3月を最後に、しばらくお休みします。


カテゴリー: 2010年03月11日
 (↑配信をお願いしているまぐまぐさんからのお知らせです)  
 ●・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・○
 ∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴




 こんにちは。神戸マネースクールの森本です。


 ご無沙汰しております。


 今日、神戸では、六甲山の頂上付近に積もっている白い雪が、
 太陽の光に反射して、海岸線からもとてもきれいに見えました。
 ここにきて、まさに「三寒四温」の日々、穏やかな春が待ち遠しいですね。
 

 さて、しばらくご無沙汰していたのは、訳があります。
 今回のメルマガでは、森本の近況報告からお話させてください。


 結論からお話しすると、まず、「神戸マネースクール」の開催ですが、
 この3月の開催を最後に、3か月から半年ほどお休みさせていただくことに
 なりそうです。


 その理由を、これから詳しくお話していきます。


 ●・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・○
 ∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

 
 ┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━┓
   30代女性が年金・保険とうまくつきあう方法。 
 ┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━┛
              
                           
 2010.3.11 第88号 基本隔週発行
 発行者:神戸マネースクール事務局
 株式会社プラウドカンパニー
 森本 泰
 関連サイト http://proud-co.net/
 マガジンID:0000125906


 ∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴
 ●・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・○


 個別相談に来ていただいた方は、すでにご存知の方も多いと思うのですが、
 プラウドカンパニーでは、2006年末から「Chelsea Enrichment School」という
 タイトルで、シンガポールのインターナショナルスクールの現役の先生方と
 一緒に、↓小さな子どもたちの大きな可能性を「英語力」で応援してきました。

http://kobe-ches.jp/


 これまで、春・夏・冬の「ホリデークラス」の開催と、毎週2回の
 「ウィークリークラス」の開催や、シンガポールへの親子留学のお手伝いを
 中心に活動していたのです。


 ところが、去年の秋ごろ、長くお世話になっていたある経営者の方から、
 この「CHES」の活動を支援したいというありがたい申し出をいただいたのです。


 もともと、ビジネスというよりは、いわば思いつきから始まった企画。


 ウチの2人の息子たちが幼い頃、いま一緒に活動している先生方に
 シンガポールでお世話になって、まさに、これが「教育」なんだと、
 素直に感じた「感動」のようなものを、日本の小さな子ども達にも、
 同じように体験できる機会を提供できればいいなぁという感覚から
 スタートした企画です。


 赤字にならなければ、問題ないぐらいに考えてきただけに、
 果たしてビジネス展開になじむのかなぁと、ここ数ヶ月間、
 あれこれ真剣に考えてきました。


 実際にビジネス展開するとなると、、、


 当然、いくつかの課題がでてきます。


 たとえば、「場所」の問題です。今回、申し出をいただいた場所は西脇市の
 手前あたりです。近くに兵庫教育大学があるので、海外からの留学生たちも
 100人ほどいる環境なのですが、決して都会ではありません。


 都市近郊でも「少子化」、果たして需要はあるのか。しかも、この「不況」。
 かつては「聖域」とも表現されていた教育費も、
 最近では右肩下がりの傾向だとか。


 そして、さらに、最大の難関とも言える課題は、「先生」です。


 ∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴


 一般的な感覚としては、日本で「英語」を学ぶとなると、
 環境は決して好ましいものではありません。


 実際、僕も含めて多くの方々が中学から大学まで、とりあえず10年間も
 「英語」教育を受けてきたにもかかわらず、英語でコミニュケーションを
 とるとなると、かなり難しいものがあります。


 専門家ではないので、ここで教育を論じるつもりはないのですが
 ひと言で表せば、僕は個人的に「先生」の問題だと感じています。


 おそらく、これは「算数」でも同じことが言えると思うのです。
 すでによく言われていることなのですが、日本では小学校以来、
 算数の問題といえば、、、


 2+7=?


 ↑こんな感じじゃないですか。


 でも、たとえば、イギリスでは


 △+□=9
 △と□は、それぞれ?



 日本の教育って、正誤にこだわるあまり、問題を柔軟に捉えるプロセスが
 欠如しがちで、1つの「正解」を探す授業ばかりだったように感じるのです。


 このような「しくみ」は、「英語」の授業も同じだと思います。
 たとえば、↑上の問題では「9」にあたる部分を相手に伝えるためには、
 どのような「表現」があるのか、さらに、どのような「言葉」が適切なのか、、、
 

 たとえば、「7」「2」という「言葉」で、「7+2」という順番で
 「表現」する方法もある。または、「4」「5」という言葉で、
 「5+4」という順番の表現もある。


 これらのなかで、どちらが適切なの? とか、
 自分にとってどの組み合わせが使い易いの? とかを
 学びたいわけで、「時制」や「助動詞」の正確な用法だけではないような
 気がするのです。


 ∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴


 「先生」としての権威を保つ最も簡単な方法は、わずか1つの「正解」しか
 認めないことです。


 ほら、思い出してください。学生時代、人気(人徳?)のない先生ほど
 融通が利かなかったことないですか?


 あるいは、「上司」も? かも、しれないですね。 あッ、「親」もか。。。


 「英語」に関しての傾向は、いわゆる「ネイティブ」という欧米系の英語の先生に
 「正解」しか認めたくない方が多いような気がします。
 それにもかかわらず、多くの日本人の感覚として、いまだに「ネイティブ」に習わないと、
 英語は上達しないという大きな神話のような誤解が存在しているようです。


 ただ、これは、あくまで僕の個人的な感想です。


 日本人として生まれ、日本で育っているのに、いわゆる「ネイティブ」のような
 「英語」を使えるようになるとこはあり得ないはずです。
 僕が学びたいのは、あくまで、日常的に使える「第2言語」としての英語です。


 だから、本来、「先生」の優先順位として重要なことは、
 「ネイティブ」ではなく、「教育者」かどうかです。


 何年も日本で「英語」の先生をしている外国人の方で、
 日本語を話せない方は、たくさんいます。


 なぜ…? 「語学」の専門家なのに。


 まず、日常的に使える「第2言語」と言えども「言葉」の習得は、
 意識しない限り、きっとそれほど難しいことなのです。


 そのうえ、残念なことに、日本では、とりあえず4年生大学を
 卒業している外国人には、希望すれば「人文知識・国際業務」という
 英語講師としての就労資格が与えられます。
 特に「教育」や「語学」、あるいは「心理学」を専攻している必要はないのです。


 僕は、一応、4年生の大学を卒業していますが、
 正直なところ、日本の子ども達に「日本語」を教える勇気も能力もありません。


 だから、かつてNOVAみたいな、問題も起こったわけだし、
 実際、いまでも、多くの英語教室では、教育専門外の多くの外国人講師が
 存在しています。


 さらに「大人」になればなるほど、なんらかの「権威」を身にまとってしまうので
 余計に難しく感じるのかもしれません。


 これは、外国人の英語の先生も例外ではありません。


 「権威」を保とうとする先生に、「正解」だけを習うのは、僕は嫌です。
 特に、「正解」など存在しないような「言葉」に関しては、なおさら強く思います。


 そこで、日本で適当に英語を教えてきた外国人の先生ではなく、日本の子ども達に
 本気で第2言語としての「英語」を教えたいと考えている「教育者」の先生を
 探すことにしました。


 シンガポールの先生方に、日本に来たい先生いる? と、相談していたのです。
 

 シンガポールという国は、とても不思議な国です。公用語が「英語」なのですが、
 ひとたび家に帰ると、中国系の方は、中国語。マレー系はマレーなど、
 いまだに出身の母国語で家族団らんしていたりします。
 つまり、ごく普通に、母国語と英語の「バイリンガル」なのです。

 
 ただ、小学校にはいると、突然、「母国語」から、すべて「英語」に変わります。
 もちろん、だからといって、学校で、母国語を否定するわけでもありません。
 子ども達は、それぞれの家庭環境と学校環境をうまく平行して学んでいます。
 

 そして、この展開をサポートしているのが、幼稚園までの先生方です。


 何度も「ホリーデー」クラスをサポートして、どちらといえば、
 英語の教育環境が乏しい日本の現状をよく知っている先生方も、
 結構、積極的にリクルート活動をサポートしていただきました。


 その結果、ありがたいことにある先生が、今回のNew Schoolの立ち上げに
 非常に興味を示し、手をあげて頂いたのです。


 先週からは、条件面などメールで打ち合わせをしてきました。


 そして、9日の夜、その先生からメールが届いたのです!


 ∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴
 

 Thank you so much for your consideration. 

 I do understand that you have your own difficulties 
 and the many costs involved in the setting up of the new pre school. 

 I am happy in your sincerity in offering me the salary package 
 and your willingness to increase my salary when enrolment in the new school is good. 

 Thank you so much! 
 
 I am definitely tendering my resignation this week 
 and coming to Japan in July/August. 


 ∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴


 ↑このメールで日本に来ることを決心してくれた先生は、
 シンガポールで最大のインターナショナル・プレスクールで15年も
 教育を経験している方です。


 しかも、海外で教えるのは初めて経験。所得面でも、今回は、現状と比べても
 決して、十分なオファーを提示することはできませんでした。


 それでも、一緒に立ち上げに参加することに理解いただきました。


 正直なところ、このメールを読んだ後は、体が震えました。
 今回の企画は、まったくの更地からの立ち上げです。


 「怖い」というのも、正直な気持ちです。
 「武者震い」という感覚も、正直あります。
 ウチのような事務所ですから、経営基盤が磐石というわけではありません。


 いずれにしても、僕も真剣に取り組みたいと考えています。
 いくつかの制約条件があることも十分理解しているつもりなのですが、
 だからこそ、なおさら成功させたいと感じます。


 これから、7月のサマースクール開催、
 9月のプレ・オープンをめどに、本気で立ち上げに集中していきます。


 「The new pre school」 乞うご期待! です。




 「閉塞感のある日本」という表現を最近よくみかけるようになりましたが、
 「閉塞」させているのは、わずかに「日本語オンリー」という
 「言葉」の壁ということだけなのかもしれません。


 たとえば、日本では、「就職氷河期」という表現もよく報道されています。
 でも、日本から少し離れて、インターネットで求人情報を検索してみると
 アジア諸国からの「求人」情報は、結構、数多くあります。


 これから、数ヵ月


 「The new pre school」で学んだ子ども達が、
 将来、世界中で活躍していることを夢みながら
 がんばってみます!


 ∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴


 このような理由から、4月以降、しばらく「神戸マネースクール」の開催は
 難しくなりそうです。


 落ち着いたら、また、すぐに再開しますね。
 まだ、無料モニターに参加されていない方は、
 できれば、この3月の↓無料モニターにぜひ、ご参加くださいね。

http://proud-co.net/m_monitor/mnt_nittei.html


 ステップ・アップセミナーも同様です。
 無料モニターには参加した後、まだステップアップセミナーを
 受講されていない方は、できれば、4月開催にご参加ください。

http://proud-co.net/m_school/scl_nittei.html


 ただ


 さらに不規則になってしまうかもしれないのですが、
 このメルマガは、年金・保険・金融商品、経済の話題を中心にこれからも
 発信していきますので、いままで以上にご愛顧くださいませ。




 あッ。




 「公的年金の運用」について、最近、微妙な発表がありましたが・・・


 【宙に浮く公的年金…そして、僕らは途方にくれる】というタイトルで
 Blogにまとめておきましたので、こちらも↓ご参照ください。 

http://d.hatena.ne.jp/money-school/20100301#1267426260



 
 また、
 メールしますね。


 ∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥

 
 今回のメルマガはいかがでした?


 書いているうちにとても長くなってしまいました。
 ここまで、お読みいただき、ありがとうございます。


 最後に・・・


 今年にはいって、運用に関して、いくつか同じようなお問い合わせを
 いただきましたので、ここで、改めて、僕の個人的な感想を書いておきます。


 あくまで個人的な感想ですと、お断りしたうえで、、、


 今年は、まさに「準備期間」だと考えています。
 日本株式に関しては、すでにスタートし始めているかもしれないのですが、
 来年以降は、早ければ夏以降にも、世界的にマーケットも落ち着き、
 緩やかに回復していくと考えています。


 為替に関しては、まだしばらくは「円高」傾向が続くと思いますが、
 ここ数年、あるいは今年一杯ぐらいが、ピークになるのではないでしょうか。
 最終的には、再び$に回帰すると考えています。
 同じ理由で、新興国に関しては、僕は、あまりお勧めしません。
 特に、新興国の通貨や債券に関しては、悲観的です。
 

 相変わらず、マーケットはイジイジした動きですが
 10年以降の時間軸で「準備期間」だと考えることが出来る方にとっては、
 絶好のチャンスだと考えています。


 以上は、あくまで個人的な感想なのですが、
 僕の考える基本的なスタイルは変わっていません。
 そして、このイジイジした環境をきっちり対応している時間は
 決して無駄にならないことも確信しています。


 個別相談を希望される方は、いままでどおり、2つぐらいのご希望日程を
 メールしてください。日程調整したうえで、返信させていただきます。
 ここの事務所を中心に活動していくことに変わりはありませんので
 ご安心ください。


 また、読後の感想も、教えていただけると嬉しいです。


 それと、こんなテーマのセミナーが希望! がありましたら、どんどん取り
 入れていきたいと思いますので、ぜひ教えてください!


 ↓こちらからメールマガジンの感想を送って下さいね。
mailto:info@proud-co.net
 楽しみにしています。


 年間200回以上の個別相談の結果、まず感じたことは、年金・保険に疑問や
 不安を感じている女性がいかに多いかということ。


 ただ、お伺いする内容がいくつかの点に集中していることにも気づきまし
 た。


 この内容を多くの方と分かち合う為に、このメルマガを発行しています。
 僕の気づいた点を少しずつ公開して行きます。楽しんで読んで下さいね。


 また、このメルマガを親しい人に紹介してもらえると、嬉しいです(^^)
 =====================================================================

 
 【当メルマガを会社の方やご友人やご家族の方にご紹介ください】


 このメルマガ面白いよ、と下記のURLを添付するだけです。


 きっと、個人年金・生命保険、投資信託など“お金”の貯め方のぼんやり
 とした不安・疑問の解決策を共有することができ、より共感するコミュニ
 ケーションも生まれると思います。


 以下をそのまま転送するだけです。


 下記、お勧めメルマガ「 30代女性が年金・保険とうまくつきあう方法。」
http://www.mag2.com/m/0000125906.html

 
 今年は、Happy☆Richな年になりますように!


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


 ◆発行人
 神戸マネースクール事務局 
 株式会社プラウドカンパニー
 代表 森本 泰


 ◆E-Mail 
mailto:info@proud-co.net


 ◆「神戸マネースクール」セミナー詳細は…
http://proud-co.net/


 ◆メルマガの購読・解除はご自身でお願いします。
 こちらからできます。
http://www.mag2.com/m/0000125906.htm


 ◆著作権により保護されていますが、あなたのお役に立てるのであれば、
 商用の場合を除き、内容の転送は、ご自由です。どんどん転送していただ
 いて構いません。ただし、掲載される場合は、ご一報下さい。


 ◆森本のブログは↓ 引越ししました。こちらもぜひお楽しみください!
http://d.hatena.ne.jp/money-school/


 ◆森本の約20年間の金融業界での経験と、約3年間実際の個別相談でお聞
 きした受講生の方々からのご質問の集大成!→スペシャルDVDセミナーは
 (2刷の数も少なくなってきましたのでご希望方はお急ぎくださいね)
http://proud-co.net/dvd/


 ◆2003年以来開催してきた「神戸マネースクール」のセミナー内容が出版
 されました。森本が初めて書き上げたた「本」。ぜひ、お買い上げくださ
 い。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4286061345/prouco-22


 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






















(以下は、配信をお願いしているまぐまぐさんからのお知らせです。)

このメルマガは現在休刊中です

30代女性が年金・保険とうまくつきあう方法。

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2012/05/29
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

30代女性が年金・保険とうまくつきあう方法。

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2012/05/29
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング