「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を

「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を【Vol.55】


カテゴリー: 2016年11月01日
「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を
Vol.55 11月1日発行 【配信部数】5,814部

毎月1日AM8:00配信 
───────────────────────────────────
★当メルマガについて★
2004年より「運の達人」を発行開始。強運者の「強運の秘訣」を研究し、自ら
も実践。10年経過して今は個人投資家として独立。「豊かで楽しい生活」を
体験しているあおぞらきりんの日々を綴っていく開運メルマガです。
───────────────────────────────────
【今週の目次】
1.開運コラム
2.今週の1冊
3.日々雑感
4.編集後記

■あおぞらきりん公式サイト
→ http://unntatu.com/

■『文庫版 3分でわかる運のちから』(大和書房)580円(税込)
単行本で8刷、文庫版で6刷とおかげさまでロングセラーになりました。
「運の達人」で学んだエッセンスを凝縮し、基本となる考え方が詰まっています。
→ http://tinyurl.com/mko7fqq

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1.開運コラム

10年間に渡り強運者の秘訣を研究、実践して来た中から学んだ「開運の秘訣」を独自の体験と視点からお伝えしていきます。

【タイトル】潜在意識のクリーニング

前回、潜在意識を活用した「夢を叶える方法」について書きました。

『夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?』に書かれている秘伝のテクニックは現在も実践中で、50日を超えたところ。100日間行う方法なので、後半もしっかりとチャレンジしていきます。

さて、今月は潜在意識について別の角度からお話しいたします。

「夢をかなえる方法」にも関連しますが、人生をスムーズに進めるには、目の前のトラブルや停滞を取り除く必要があります。

潜在意識の観点からそのような、「人生の行き詰まり」をなくすための方法をお伝えいたします。

今から5年以上も前になりますが、ハワイの伝統的な問題解決法である「ホ・オポノポノ」がちょっとしたブームになりました。

私もこの時、『心が楽になるホ・オポノポノの教え』という本を購入し、「運の達人」でも紹介、現在も手元に保管しています。

この本の帯には、「人生を切り開くための解決法はただ一つ。クリーニングをしてあなた自身の記憶を消去していくことです」と書かれており、潜在意識にある前世の記憶をクリーニングする方法について丁寧に書かれています。

著者であり、「ホ・オポノポノ」の教えの第一人者であるイハレアカラ・ヒューレンさんは、「人が思うように生きることができないのは、潜在意識の中にある記憶が原因である」と伝えています。

幾多の前世の経験の中で、「辛い記憶はトラウマに、良い記憶は執着となり、私たちが正しい判断をすることの妨げになっている」とのこと。

「何だか人生うまく行かないな」と感じている方は、そんな過去の潜在意識の記憶が邪魔をしている可能性があるというわけです。

そこで必要なのが、「クリーニング」。

クリーニングをしないでいるのは、ひどい便秘状態にあるのと同じで、クリーニングをすることで、魂の負債を減らすことが出来るのです。

そして、クリーニングを繰り返せば、あなたのオーラは輝きを取り戻し、バランスを保ちながら、本来の能力を発揮することが可能になります。

さて、そのクリーニングの方法ですが、いたって簡単。次の4つの言葉を繰り返し使うのです。

「ありがとう」「ごめんなさい」「私を許してください」「愛しています」

口に出さず、心の中で唱える方法でも効果的です。

順番や回数は関係なく、「続けること」が大事。

記憶は常に蓄積されているので、クリーニングが完了するという状態はありません。

クリーニングは人生をスムーズに進行させる力があり、潜在意識活用にあたり欠かせない要素になっています。

私もこのテクニックを継続して活用するようにしています。

皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

★今回ご紹介した本はこちらからご購入出来ます★
⇒ http://tinyurl.com/z79jqeu

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2.今月の1冊

読書が好きでいつも週3~4冊位のペースで本を読んでいます。その中からおススメしたい1冊を紹介していくコーナーです。

■『佐藤可士和のクリエイティブシンキング』佐藤 可士和著 日経ビジネス人文庫刊

佐藤可士和さんは日本を代表するクリエイティブディレクター。
 
元々は博報堂に勤務し、広告キャンペーンの仕事を手掛けていましたが、独立後は企業ブランディングや商品開発の分野でもご活躍されています。
 
ユニクロや楽天のロゴ、セブンイレブンの統一された商品パッケージなどが手掛けた仕事として有名ですね。
 
本書は佐藤可士和さんが手掛けた数々の仕事の事例を紹介しながら、ご自身の仕事術を紹介していく内容。
 
さすが、一流のクリエイターだけあり、心に響く文章が詰まっています。どの業界にも役立つと感じました。
 
・クリエイティブシンキングの原点は、さまざまな角度の視点から観察、検証すること。「その前提は正しいか?」と常識を疑うことから始めてみましょう。
 
・人間同士はたやすく分かり合えない。なので、大胆かつ丁寧にキャッチボールを繰り返し、誠意を込めて相手のことを理解しようとする姿勢が大切。
 
・悩んだら気持ちを書いてみて、自分の気持ちを整理していく。
 
・抽象的概念を相手が瞬間的にイメージできるように伝えたい場合、ビジュアル化してみることはとても効果的。
 
・一生懸命やっても現実は「見てもらえなくて当然」なのです。だからこそ僕は、広告の受け手側である生活者の「お茶の間目線」を忘れないということを、常に思考のベースに置いてきました。
 
・1980年代から90年代にかけて、広告コミュニケーション的には「説得」の時代。1990年代半ばからは、人々が企業側の一方的な説得を鵜呑みにしなくなり、よりソフトな提案型にシフト。さらに2000年以降になると、「説得」から「提案」を経て、「共感」の時代になっている。
 
・まずは「自分事」にさせ、最終的には責任を持って判断させる。当たり前ことかもしれませんが、こうやってポテンシャルを引き出しつつ最後まで見守ることが、仕事の現場を管理する立場の人には、非常に大切なことでしょう。
 
・ハマれるものを見つけ、「何か」を追求し続けて極めると、どこかである一線を突き抜けることができ、今まで見えなかった本質の世界が見えてくる。
 
佐藤可士和さんは何度も何度もクライアントとコミュニケーションを重ね、本質を聞き出し、形にしていくのだそうです。
 
「提案型」が一般的だとは思いますが、可士和さんのような「引き出し型」こそ、実は王道なのかもしれません。そして、だからこそ素晴らしい仕事を継続してこなせていけるのでしょう。
 
メーカーは消費者が望む製品を作り提供する。サービス業は消費者が満足するサービスを提供する。
 
どんな仕事であれ、コミュニケーションが重要で、望んでいる事の本質を見極めなければいけない。
 
こんな当たり前のことがとても重要なのだなと改めて感じた次第です。

★今回ご紹介した本はこちらからご購入出来ます★
⇒ http://tinyurl.com/zokeptp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
3.日々雑感

今月体験した様々な出来事からいくつかピックアップして紹介する日記的なコーナーです。

■リオ五輪メダリストパレード@銀座(10月7日)
感動をもらったリオオリンピック。「パレードが開催される」という告知があった時から、「行かねば!」と思っていました。

実際にメダリスト達を見られたのは短い時間でしたが、選手も沿道の人たちも、笑顔笑顔で良いひと時でした。

その時の動画⇒ https://youtu.be/Jnko6Ju1FNs

■東洋文庫ミュージアム@駒込(10月15日)
東洋文庫は、広くアジア全域の歴史と文化に関する東洋学の専門図書館ならびに研究所。

約90年に及ぶ歴史を有するアジア最大の東洋学センターであり、国際的にも世界5指の1つに数えられています。

その東洋文庫には、ミュージアムも併設されており、圧巻の本棚。「本の国の世界」に迷いこんでしまったよう。

様々な言語に翻訳された、日本の古典や名著も展示されてあります。

その時の動画⇒ https://youtu.be/VyvgVCGpW0Q

■六本木アートナイト(10月22日)
毎年開催されており、今年は10月21~23日に実施。

期間中は六本木エリアのあらゆる所にモニュメントが設置されています。

名前の通り、深夜も開催されており、「クラシックなラジオ体操」が朝6時まで行われていたり…。

その時の動画⇒ https://youtu.be/8-717dNjEnk

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<<編集後記>>
今年のプロ野球は日本ハムファイターズの優勝で幕を閉じました。

日本シリーズはとても見ごたえがありましたね。大谷と黒田という、今の日本プロ野球界を象徴する2人が、大舞台で活躍する瞬間を見ることが出来たのは幸せでした。

第7戦までもつれこめば、先発は大谷と黒田ということになっていたと思うのでちょっぴり残念ですが。

来年もまた楽しみです。

「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を
【発行人】あおぞら きりん
【ご意見ご感想】info@unntatu.com
----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000125481.html
----------------------------------------------------------------------

「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を

RSSを登録する
発行周期 隔月
最新号 2017/06/01
部数 5,595部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「運の達人2」あおぞらきりんの豊かな日々を

RSSを登録する
発行周期 隔月
最新号 2017/06/01
部数 5,595部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング