コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

部下を伸ばして活躍してもらうことです!


-------------------------------------

コンピテンシーは「仕事のできる人の行動特性」です。仕事のできる人は、できるなりの行動を
しているということです。

-------------------------------------

       ●この記事の知人、同僚、友人への転送は大いに歓迎です。●

        ◆◆コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる◆◆

             (第401回)業務遂行力!<その5>

         =■「部下を伸ばして活躍してもらうことです!」■=

===================================

人は誰でも能力を保有しています。しかし、せっかくの保有能力が宝の持ち腐れとなり、成果に
結び付けられない人が実に多いのです。
コンピテンシーの重要項目である「業務遂行力」ついて分かりやすく解説していきます。
コンピテンシーを磨けば誰でも仕事のできる人に自己変革できます。経営トップ・管理者・社員
の皆様、そして求職中の離職者の方や就職を目指す学生さんにも是非ともお読みいただきたいと
思います。

===================================

■忙しい人はとりあえず流し読みして下さい。後でゆっくり読み直していただくと理解が一層深
 まります。(コンピテンシー宣教師より)■

<今回のメニュー>
=================================

【1】追い風による成功を実力と錯覚してはならない!
【2】誠実な営業に徹することです! 
【3】管理職の処遇アップで業務遂行力もアップします!
【4】部下を伸ばして活躍してもらうことです!
【5】編集後記

=================================



ビジネスマンやビジネスウーマンが知的武装を図ることは重要なことです。しかし、これはIQ
(Intelligence Quotient)と言われる分野の能力です。せっかくの知的武装を生かして仕事のでき
るビジネスマンやビジネスウーマンにならなければ話になりません。何回かに分けて業務遂行力
について解説したいと思います。



【1】追い風による成功を実力と錯覚してはならない!

【はじめに】

成功体験を積むことは大切だ。だが、その成功体験を妄信しまい、いつも同じパターンで成功を
狙う人がいるが、再度成功することは難しいのではないか。

前提条件が違えばゼロベースで考えるべきなのだ。柳の下に二匹目のドジョウはいない。

【本文】

アメリカ遠征での100m走で日本人として初めて9秒台を出したのが桐生選手だった。だが追い風
参考記録と言うことで、公式記録とは認められなかった。帰国後臨んだ競技では、10秒を切るど
ころか一着にもなれずじまいだった。

ビジネスでも追い風にうまく乗って成功することがある。この成功は、誰が何と言っても成功だ
から誇りに思っていい。大事なのは成功の要因を自分なりにしっかり把握することだ。追い風の
助けがあったのに、つい実力と錯覚するのが人間としての弱さだ。

次の新しい仕事は、内容も前提条件も成功事例とはまったく違うだろう。同じパターンで成功す
ると考えてはならない。

過去の成功体験は30%ほどしか参考にならないと思って、ゼロベースで計画し、実行してほしい。



【2】誠実な営業に徹することです!

【はじめに】

営業マンが取引先に頼み込んで無理やりでも押し込んでノルマを達成する。営業会議で自分の番
が回ってくると「何とか目標をクリアできました」と発表し、その場を取り繕う。翌月には赤伝
で返却されるからまたばれないように細工する。

これを営業の仕事だと思っている会社は必ずや破綻する恐れがある。

【本文】

我が家の近所にかつてカネボウの営業所のビルがあった。その土地を売って別な場所に新しいビ
ルを建て、引っ越した。あの頃はかなり羽振りが良かったのだろう。

ところがその新ビルは空き家になって1年ほどが経過した後、ある会社が入居した。

カネボウは、例の「白い斑点事件」でかなりの痛手を受けたのだろう。多くのお客様から損害賠
償の訴訟を起こされていた。示談が成立して例もあるが、お客様が離反し、売上はさっぱりだっ
たと聞く。

いいことを言ったり、泣きを入れて無理やり売りつけてノルマを達成しても天に向かってつばを
吐くようなものだ。

商品の実力をよく知り、誠実な営業で、まじめにコツコツ販売する営業に徹するべきではないだ
ろうか。



【3】管理職の処遇次第で業務遂行力がアップします!

【はじめに】

管理職は偉い人ではなく、辛い人ではないかと思う。それが証拠に今、管理職になりたくないと
いう中堅・若手社員が多くなっている。下から突き上げられ、上からはプレッシャーばかり。

管理職に対する待遇を改善しないと管理職辞退者が増えるばかりだ。

【本文】

私の上司だった人にこんなエピソードを聞かされたことがあった。

主任から課長に昇進したとき一旦は奥さんも喜んでくれた。ところが残業手当が付かなくなり、
住宅ローンを抱えていたこともあり、わずかばかりの管理職手当てでは奥さんとの間で一悶着起
きると危惧していた。

案の定、昇進して一ケ月後、ご主人の給料明細を見た奥さんが「あなた、課長になって偉くなっ
たはずでしょ。でもこの手当てではとてもローンを払えませんよ。主任に戻してもらってくださ
い」と散々いやみを言われたと言うのだ。

課長になったら当然責任が重くなる。そのうえ主任時代よりも残業時間が多くなるのに、課長手
当てが安すぎる。

私もなんとなく課長の声が掛かりそうな予感がしたので、あるとき担当常務に実情を話し、改善
を申し入れた。常務は「とりあえず賞与で納得のいく額を出すから業務に励め」と言ってくれた。

管理職手当てや管理職の給与が改定され、管理職の業務遂行力は相当アップしたのだった。率直
に意見を申し上げたことが功を奏したのだった。



【4】部下を伸ばして活躍してもらうことです!

【はじめに】

人の能力を引き出すことの得意な管理職の元では、その「課」や「部」のパフォーマンスは間違
いなく上がる。つまり部下の能力を伸ばして活躍してもらえばいいわけだ。

管理職の重要なミッション(任務)は部下を育てることなのである。

【本文】

プロ野球を例に取れば、名選手の監督・コーチよりも二流選手だった監督・コーチのほうがマネ
ジメント面で優れている場合が多い。昔から「名選手、名監督にあらず」とよく言われてきた由
縁でもある。

名選手は監督・コーチにちやほやされながら現役時代を送った。だが一軍と二軍を行ったり来た
りしていた選手は人一倍苦労をしてきている。あまりちやほやされることもなく、不遇な選手時
代を送った。

監督・コーチになってみれば、痛みが分かっているから選手の育て方がうまく、その選手が一軍
で活躍すると嬉しさはひとしおだ。

会社においても同じことが言える。人の能力を引き出すには褒めてその気にさせ、思い切って仕
事を任せることに尽きる。

部下たちは仕事のフルコースを経験することで自己成長し、職場全体のパフォーマンスは間違い
なく上がり、業績に現れるようになる。

部下を伸ばすと自分の居場所がなくなるなどは決して考えないことだ。



【5】編集後記

巨人はFAで3人も獲得した。これまでもFA選手を何人も獲得してきたが常勝巨人と言うわけには
行かない。育てたのは何を隠そう前に所属していた球団だ。巨人は金に物を言わせて獲得しただ
けだ。

会社でもヘッドハンティングと言う手はあるが、あくまでも「よそ者」だ。

管理職の重要なミッション(任務)は部下を仕事のできる人に育てることである。部下が育てば職
場のパフォーマンスは間違いなく上がる。「カープ方式」でいいのだ。


次回に続く
次回は、「業務遂行力その6」を解説します。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本メールマガジンは「まぐまぐ」と「melma」を通して発行しております。
「まぐまぐ」での登録・退会及びバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://archives.mag2.com/0000124747/  
「melma」での登録・退会及びバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_107948/ 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発行責任者:さいたま市中央区上落合5丁目19-29
        彩愛コンサルピア代表 下山明央

*************************************************************************

コンピテンシー導入の威力についての解説と著書「中堅・中小企業のためのコン
ピテンシー入門」の紹介はこちら
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html 

*************************************************************************

メールマガジン「企業のパワーアップ倍増作戦」好評配信中!
「melma」での登録・退会及びバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_59181/ 

ブログにも味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/saiaiconsul/ 
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

*************************************************************************

コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

RSSを登録する
発行周期 隔週
最新号 2018/07/09
部数 1,112部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

RSSを登録する
発行周期 隔週
最新号 2018/07/09
部数 1,112部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング