人事のブレーン社会保険労務士レポート

人事のブレーン社会保険労務士レポート第166号 SNSに関する社内教育


カテゴリー: 2017年07月15日
平成29年7月15日 第166号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

SNSに関する社内教育

***********************************

1.はじめに

先日私がPTA会長を務める小学校で保護者向けのLINEを使用する際の注
意点についての講習がありました。
子供がSNSを利用する際に保護者としてどの様なことに気をつければいいの
かについての講習でしたが、我々保護者も考えさせられましたし、社員研修で
も使えるものであると思いご紹介したいと思います。

2.立場により違った思いがあることを認識すべし

コンペなどで平日ゴルフをする事があります。
平日ゴルフをするということは、他の何かを断って参加している事になります。
ゴルフコンペの様子をSNSに限らずその団体の広報誌でも紹介されたくない
という方は多いです。
しかしコンペを主催した団体は「これだけの方々にお集まり頂きました」と宣
伝したいものです。
ゴルフコンペに出たことを内緒にしたい方もいれば、どんどん宣伝したい主催
者もいる。
この様に立場により異なるということです。
また同じ参加者でも、内緒にしたい方もいれば、積極的にSNSにゴルフの様
子をアップしている方もいます。
SNSを考える前に、人それぞれ違った価値観をもっているということを認識
しなければなりません。
ある友人はゴルフ場にスーツを必ず着てきて、終われば風呂に入りまた同じス
ーツを着て帰ります。
理由を尋ねると「社員にゴルフをしたことがばれたくない」という事でした。
皆さん「平日ゴルフ」というものに苦労されている訳です。
ですから一緒に写った写真をアップすることやタグ付けすることは論外ですが、
他人の後ろ姿や、本人が写っていなくても「誰かが見ればその人の持ち物であ
る」とわかる物が写っていたら他人に迷惑を掛ける事になるのです。
この様に直接的ではなくても、それを推測させる物が写っていたら駄目なので
す。

3.状況により変わる人の気持ち

講習ではカードを使い人により価値観が違うということを学びました。
「すぐに返事がない」「会話がなかなか終わらない」「知らないところで自分
の話題が出ている」「話をしているときに携帯電話・スマホを触っている」
「自分が一緒に写っている写真を公開される」という5つのカードを使い、
自分がされて嫌な順番に並べるという事をしました。

一番嫌なことが「自分が一緒に写っている写真を公開される」と言う人もいれ
ば、それが五番目だった人もいます。

「私はこの人とつながっているぜ!」と思われたく、積極的に他人と一緒に写
っている写真を公開する人もいれば、平日ゴルフの事例でお話をしたように嫌
なこともあります。

私もお客様の周年記念パーティーや新社屋落成披露パーティーなどは写真の公
開をされてもいいですし、お祝いの意味でむしろ積極的な気持ちでいます。

しかし、前述した平日ゴルフや予定が重なり、一方の予定に参加せずにその場
にいる場合などは絶対に写りたくありません。

このカードの順番は普遍的なものではなく、その時々により変化するのです。

「知らないところで自分の話題が出ている」というのもいい話であればいいの
ですが、悪い話であれば嫌な気分になるでしょう。

自らがSNSに投稿するものである以上、すべての人に不快感を抱かれないよ
うな配慮責任が生じてくるのです。

4.写真から場所や生活習慣を特定されてしまう

自宅の窓から東京タワーが写っていれば、それは東京タワーが見える範囲内に
住んでいることがわかります。
 窓から見える景色で自宅が推測されてしまうのです。
SNSの投稿から一人暮らしであるということがわかれば女性の一人暮らしの
場所をわざわざSNSを通じて全世界に発信している様なものです。

 近所のお店もしかり。そのお店からおおよその自宅の位置が割り出されてし
まうのです。
学校や職場付近での投稿も、だいたい何時にどこに行けばこの人に会えるとい
うことが推測されてしまい偶然を装った悪意ある第三者にとっては格好の情報
になってしまうのです。

「家族全員で旅行に行っています」と楽しそうに投稿した情報は、空き巣に対
するメッセージになってしまいます。

 この様に人間に対する配慮だけではなく、景色を通じて個人情報を発信して
いるのだということを認識しなければなりません。

5.他人に知られても問題の無い情報であるかの検討が必要
この様にSNSは他人を不快にさせるだけではなく、無意識のうちに個人情報
を全世界に発信していることを認識しなければなりません。
 「他人に伝えたいこと」「他人にわかって欲しいこと」という視点ではなく、
「他人に知られても問題の無い情報なのか」。
まずここの検討をしてから情報発信をすべきなのです。

6.企業とSNS
仕事においてもこれは当てはまり「ランチタイムに自分の席で美味しいスイー
ツを食べています」という投稿の中に会社の情報が含まれていないか考えなけ
ればなりません。
ですから、会社内での写真を投稿することは慎むべきなのです。
 取引先での投稿も、競合他社に取引先を教えているようなものですし、取引
先の隠しておきたい情報が含まれている可能性もあります。
 
 私の場合「悩みがあるから私と会う」わけですから、「どこの会社にいる」
「誰と会っている」は少なくともその方が悩んでいる可能性があるという推測
が出来る為広義の意味での守秘義務違反になると考えています。
 この様に「自分が何を伝えたいのか」というより、「他人がどう思うか」を
検討しなければならないのです。
 
お客様に不衛生であると感じられてしまう投稿が飲食店や小売店からあり問題
になったことがあります。
「他人がどう思うのか」という視点がなければ、思わぬところで「損害賠償責
任」が生じてしまうのです。

7.まとめ
今回は他人を不快にさせる投稿だけではなく、写真の怖さ、投稿により生活ス
タイルを教えてしまっている怖さについてお話ししました。
入金時間や店舗にお金が集まる時間など、リスク管理上明らかにしてはいけな
い情報もたくさんあります。
会社や取引先への誹謗中傷など、直接的な投稿についてはそれなりに理解が進
んでいるように思われますが、それ以外の視点ではまだまだ意識が低いのです。
一度全員で本稿を例にSNSについて考えて頂ければ幸いです。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士5名)
合計23名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/11/15
部数 784部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/11/15
部数 784部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング