人事のブレーン社会保険労務士レポート

人事のブレーン社会保険労務士レポート 第164号 建設業における法定福利費算出の方法について


カテゴリー: 2017年05月15日
平成29年5月15日 第164号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

建設業における法定福利費算出の方法について

***********************************

1.はじめに

平成29年度から建設業許可を受けるためには社会保険の加入が必須となりま
した。
色々な企業でこの対策をさせて頂きましたが、社会保険料の価格転嫁をどの様
にしていくのかが課題であります。
「元請けから社会保険の内訳を記載するようにいわれたんだけど、どうしたら
いいの?」というご相談を受けます。
今回はこの方法をテーマにしました。以下で掘り下げていきたいと思います。

2.なぜ社会保険加入が許可要件になったのか

建設業以外で同様のことが行われているのが運送業です。社会保険に加入をし
ているのかを年金事務所より詳しく陸運局が調べます。その結果、加入漏れが
ある場合には最悪行政処分が下されます。

ではなぜこの様な事が行われるようになったのでしょうか。

社会保険に加入すると賃金額の約15%が会社負担として法定福利費に加算さ
れます。
即ち総人件費が社会保険の加入により15%増えるということです。
これは大きな金額です。
社会保険の加入の有無で、人件費がこれだけ違うのですから当然見積に影響し
てきます。
社会保険に加入をしているA社と加入をしていないB社。
見積もりを出す際には当然加入をしていないB社の方が安い金額で見積額が出
せます。
「ルールを守って社会保険に入っている企業の人件費が高く、見積額が高くな
り仕事が受注できない」。
これでは正直者が馬鹿をみてしまう。真面目に社会保険に加入をしている企業
がこの様な事にならないようにと「社会保険の加入」が義務づけられたのです。
今まで社会保険に加入していた企業は「こんなの当たり前だ」と仰いますし、
社会保険に加入をしていない企業は「中小企業をつぶす気か」と怒ってらっし
ゃる社長もいらっしゃいます。
どちらの立場でもお手伝いをさせて頂いているので、どちらの気持ちもわかり
ます。
しかし業界全体で加入することがルールとなったわけであり、その費用をどの
様に価格転嫁していくのかが今後の対策になります。
オリンピックが開催されるといっても厳しい建設業界。どの様に社会保険料を
算出すればいいのでしょうか。

3.人件費の算出方法

(1)人件費算出の際の注意点

まず人件費を算出して、その後に保険料率を掛けて保険料率を算出するという
方法をとります。
ここで注意すべきは下請け企業の社会保険料の算定です。
自社の社会保険料は社員の賃金から控除される保険料の合計で計算できます。
しかし下請け企業も社会保険料を払っており、そこで働く社員の保険料まで把
握できません。

次に工期の問題。
賃金計算期間に合わせて社員が現場を動くのであれば、その工事に係った人件
費の額が算出可能です。
しかし複数の現場を掛け持ちしていたりと短期で職人さんの出入りが激しい現
場ではその工事に係った人件費の額を算出することは難しいでしょう。

(2)算出方法
この様な点から人件費の算出方法については以下のような方法をおすすめします。
自社については見積の際に計算した人件費を基準として、その工事に係る人件
費とします。
下請け企業については以下の通り計算します。
外注費×その工事にかかる自社の人件費比率で人件費を求めます。
「その工事に係る自社の人件費比率」とは自社が工事を行う際に積算する「人
件費の割合」です。
これを外注費に掛けて人件費とするのです。
正確な人件費を算出することは困難ですからこの方法により算出するしかない
のです。

(3)一人親方の取扱
 法人ではない一人親方は社会保険に加入できませんので、個人事業主である
一人親方に支払った外注費はここでいう人件費には含めません。

4.社会保険料の算出方法
(1)算出する社会保険
この計算で考慮しなければならない社会保険の種類は「健康保険」「介護保険
料」「厚生年金保険」「雇用保険」です。「労災保険」は元請けが掛けますか
ら、下請けが当該工事によって発生する労災保険料はありません。

ですから上記4種類になります。

しかし健康保険だけは注意が必要です。
建設業では東京土建に代表されるような「国民健康保険組合」に加入している
企業が多いです。
国民健康保険組合とは、市役所で手続きする国民健康保険を職域で運営してい
る団体です。
ですから国民健康保険と同様、会社負担はありません。
国民健康保険組合に加入している企業については「厚生年金」と「雇用保険」
のみが社会保険料の計算対象になります。ここだけご注意ください。

(2)計算方法
5.77(健康保険料及び介護保険料)+9.091(厚生年金保険料)
+雇用保険料0.8
=15.661%を乗じた金額が法定福利費となります。
40歳未満は介護保険料がかかりませんので、その場合には「5.77」が
「4.98」になりますので14.871%になります。

40歳未満の社員と40歳以上の社員で計算を分けるという方法もありますが、
そもそも前述したように社員や職人さんの出入りが激しい場合に正確に算出す
ることは困難です。
ですから介護保険料を含めた保険料率で算出することがいいと思います。
健康保険料及び介護保険料は都道府県や年度により乗率が違います。
この計算式は「東京都」「協会けんぽ」「平成29年4月1日現在」の場合で
す。
厚生年金保険も毎年10月に変更になりますので、最新の保険料を確認するよ
うにしてください。
都道府県が違う場合、協会けんぽではなく、健康保険組合などの場合は料率が
違います。

5.まとめ
今回は建設業の見積における社会保険料の算出方法をまとめました。
価格転嫁を認めてくれる企業もあれば、そもそも社会保険料を支払っている前
提で仕事を出していたという見解で認めてくれない企業もあります。
上記の方法で算出して見積に活かして頂きたいと思います。


===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士5名)
合計23名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/05/15
部数 768部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/05/15
部数 768部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング