人事のブレーン社会保険労務士レポート

人事のブレーン社会保険労務士レポート第159号 「企業努力で解決しろ」の限界


カテゴリー: 2016年11月15日
平成28年11月15日 第158号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

「企業努力で解決しろ」の限界

***********************************

1.はじめに
 政府の進める「働き方改革」について、その実効性や実現性について疑問の
声が上がり、結果的に中小企業いじめにつながるのではないかというご意見を
いただいています。
 私も同意見ですが、なぜこの様なことになったのかを今回は考えてみまいと
思います。

2.プレミアムフライデーを事例に考える
 月末の金曜日は15時に仕事を終え、余暇を活用することにより個人消費を
上げましょう。
 こんな施策を政府は考えました。
この発想が問題なのは一点だけです。
「レジャー産業、流通、小売り、外食、理美容など余暇活動に必要な業界は15
時に帰ることが出来ない」

「みんなで15時に帰ろうぜ!」というのであれば、15時以降は元旦のよう
に社会の機能を一部停止させなければなりません。
 金融機関も休み、初売りは2日からなどなど。
この発想がないので、非常に違和感のある施策ですし、レジャー産業や流通、
小売り、外食、理美容など第三次産業の労働環境は改善しないのです。
 
 15時に帰りましょう!の仲間にサービス業は入っていない事が問題なので
す。

2.年次有給休暇取得率の向上
 これは何度も取り上げましたが、祝祭日が年間15日あり、週40時間労働
制の我が国では、年間休日数が120日前後あります。
 一年間の3分の1が休日です。
我が国の休暇政策は「年次有給休暇をマイペースに取りましょう」ではなく、
「みんなでいっぺんに休みましょう!」という政策なのです。ゴールデンウィ
ークや年末年始、お盆休みなどに大渋滞が発生するのもこれが原因です。
 年間休日数では、国際比較をした場合日本は決して少なくはありません。
年間休日数で考えなければ本質的な問題は解決しません。
 年次有給休暇取得率だけを上げるためには祝祭日を出勤日とすればいいわけ
です。
年間休日数が少ない小売り、外食、理美容、物流など、業種を絞った改善策を
考えることがベストなのです。

3.社会保険の適用拡大
 健康保険と厚生年金については平成28年10月1日より501人以上の企
業は週20時間以上の労働者に対して加入させなくてならなくなりました。
 これは本当に頭が痛く、現状で利益率の少ない小売業などは20時間未満に
労働契約を切り替えて対策を進めています。
 人件費の15%になる社会保険料の企業負担分を出せないからです。
企業負担分を出せないというのは、その金額を商品に価格転嫁出来ないという
ことです。
 人手不足の流通業が更に人員不足になり、正社員の長時間労働につながって
いくのです。
職務経験が少ない労働者のフルタイム社員での就労の機会を奪ってしまう結果
となるのです。
 国民年金の第三号被保険者から保険料を徴収しなければ不公平感はますます
増大していくでしょう。

4.まとめ
 「中小企業を元気にしよう」という政策を進める反面「中小企業の収益を圧
迫させる政策」を同時に行っています。
 最低賃金の上昇や育児休業に関する政策も然りです。
第一に中小企業は「少数精鋭での運営であること」故に「産業代替の発想は出
来ないこと」や「解雇のハードルが高いので、人員増加には大きな決断が必要
で恒常的な時間外労働につながっていること」につながっている点。
第二に中小企業には価格決定権がないので、価格転嫁が出来ず「社会保険料の
適用拡大」「最低賃金の上昇」に対応できないこと。
第三に拘束時間の長い小売り、外食、理美容、運送業では最低賃金額の上昇が
既に限界にきているということ。この問題は価格転嫁を強引にするために小売
価格を政府が誘導するぐらいの政策を打ち出さなければ賃上げは困難になって
きます。

すべての原因は「企業努力で解決しろ」という姿勢です。

この点は中小企業にとって非常に困難な問題であります。

自助努力は大事ですが、限界はあります。
この様な事から私は「中小企業の経営者は社会的弱者である」と考えるに至っ
たのです。
日本の中小企業を守るために知恵を出して頑張っていきたいと思います。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士5名)
合計23名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/15
部数 803部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/15
部数 803部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング