人事のブレーン社会保険労務士レポート

人事のブレーン社会保険労務士レポート第145号 健康保険及び厚生年金保険の短時間労働者への適用拡大について


カテゴリー: 2015年10月15日
平成28年10月15日 第145号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

健康保険及び厚生年金保険の短時間労働者への適用拡大について

***********************************

1.はじめに

今までは、厚生労働省が地方自治体に出した内簡において、同じ事業場で働く
フルタイムの労働者と比較して概ね4分の3以上の労働者については社会保険
に加入しなければならないとされていました。
今回の改正により、週20時間以上の労働者について社会保険の加入が義務づ
けられました。
500人未満の企業には除外規定がありますが、法律によって内簡で決められ
ていた基準が定められたということが大きいことです。

理由としては内簡という行政機関内の内々の文書が根拠となって所謂4分の3
ルールが定められました。
ですから今まで年金事務所は短時間労働者について、加入をさせなければなら
ないというお願いはできましたが、根拠条文を示しての行政指導はできません
でした。
今後は行政指導ができますので、4分の3に該当するかどうかについては行政
不服審査法で争うというケースが増えてくると思います。

そもそもなぜこの様な改正が行われたのでしょうか。
 年金財政を支えるために保険料を払う対象者を増やさなければならないから
です。
増税ですから厚生年金の適用が拡大という大義名分で、「短時間労働者の地位
向上」「弱者保護」という耳あたりのいいスローガンによって進めなければな
りません。
 しかし本質は国民年金の第三号被保険者なのです。
厚生年金に加入している配偶者の扶養になっている方が第三号被保険者です。
国民年金の保険料を支払ってたこととして将来の年金をもらうことができます
が、保険料は支払っていません。
 厚生年金に加入している配偶者の保険料で、その被扶養配偶者の国民年金保
険料を賄っています。
 そして、厚生年金保険料は、この第三号被保険者がいるのか居ないのかで保
険料は変わりません。
 保険料を支払わないで国民年金がもらえる非常にお得な制度であり、同時に
この制度から抜け出したくないがために「扶養の範囲」で働きたいという動機
付けの制度でもあります。
本質的な対策はこの第三号被保険者から保険料を徴収することでありますが、
世論の大きな反発が予想されます。
 ですから、耳あたりのいいスローガンを掲げて進めやすい「厚生年金の適用
拡大」になってしまうのです。
 この厚生年金の適用拡大は企業の負担増につながります。
厚生年金保険料と健康保険料は労使折半です。
 労働者と同じ額会社が負担しているのです。
加入することにより総人件費は12%から15%程度増えます。
 企業にとって非常に大きな額です。
今後の企業行動として、週20時間未満の労働者を増やしていくこととなるで
しょう。既にその準備を進めている企業がたくさんあります。
 属人的なノウハウを持っていない労働者については、まず週20時間の職を
探し、そこで評価を受けて労働時間を増やしてもらい社会保険に加入をしてい
くというキャリアプランになってくるでしょう。
 この改正法により、フルタイム労働者を減らしていきますから、正社員への
道が険しくなっていくのです。
 結果として貴重な時間を週20時間未満の比較的単純な労働に費やしてしま
い、収入の格差は開いていくでしょう。
 我が国においての格差とは、この「属人的なノウハウの格差」が収入に反映
されてしまうことが原因であると思います。
 格差を助長する年金改革であるということは、実務的な視点から断言できま
す。
 第三号被保険者から保険料を取ることこそ本質的な問題の解決につながって
行くのです。
 法改正の影響については以上でありますが、制度の説明を以下でしたいと思
います。

2.平成28年10月改正法の概要
(1)施行日
 施行日は平成28年10月1日です。

(2)500人以下の企業について
 500人以下の企業については改正前と同様のルールです。
この500人の計算方法についてお話をしたいと思います。
 今まで厚生年金に加入しなければならないとされていたフルタイムの労働者
と比較し、概ね4分の3以上である労働者が501人以上であれば改正法のル
ールが適用となります。
 ですから労働者数が1000人以上の企業であっても、4分の3ルールに該
当して厚生年金に加入させなければならない労働者が500人以下であれば改
正前のルールになるのです。
 ただし、今までは内簡という文書で4分の3ルールを決めていましたが今後
は条文で決められています。
この特例は所謂「年金機能強化法附則第17条厚生年金保険の短時間労働者へ
の適用に関する経過措置」で定められています。

 特定適用事業所として、「一週間の所定労働時間が同一の事業所に使用され
る通常の労働者の一週間の所定労働時間の4分の3以上であり、かつ、その1
ヶ月間の所定労働日数が同一の事業所に使用される通常の労働者の所定労働日
数の4分の3以上である短時間労働者」が500人以下であれば従前のルール
である4分の3ルールが適用されるのです。

この4分の3ルールについては「その一週間の所定労働時間が同一の事業所に
使用される通常の労働者の4分の3未満である短時間労働者」又は「その一月
間の所定労働日数が同一の事業所に適用される通常の労働者の4分の3未満で
ある短時間労働者」となっています。
 「所定労働時間の比較」と「所定労働日数の比較」について、500人の要
件は「かつ」でありますが、加入要件は「又は」となっています。厚生労働省
の資料を基にこの原稿を書いていますから間違いではないでしょう。
理由はわかりませんが整合性がとれていないように思えます。

(3)501人以上の企業に関する厚生年金の加入要件
 まず、条文の書き方ですが、4分の3ルールの検討をして、そのルールでは
加入をできない労働者を短時間労働者と定義しています。4分の3ルールにつ
いては上記でお話しした「又は」の内容と同様の内容で判断されます。
 その短時間労働者の中で以下の要件いずれかの要件に該当する場合には適用
除外と判断されます。
 イ 一週間の所定労働時間が20時間未満であるもの
 ロ 当該事業場に継続して一年以上使用されることが見込まれないもの
 ハ 資格取得時の標準報酬月額が88,000円未満であること
 二 学校教育法50条に規定する高校生、同83条に規定する大学の学生そ
の他厚生省令で定める者であること

 短時間労働者以外の労働者は「2ヶ月以内の期間を定めて使用される者」を
適用除外としています。しかし、短時間労働者については、その労働実態を鑑
みこの規定を緩和し「一年」としたわけです。
 ですから、短時間労働者以外の者、所謂4分の3ルール以上に働く労働者に
ついては従前通り「2ヶ月以内の期間を定めて雇用される者」が適用除外とな
るわけであり、雇用期間という基準が労働時間又は労働日数によって加入基準
が変わるということです。

報酬要件ですが88,000円というのは標準報酬月額です。
この標準報酬に該当する賃金額となります。
例えば現行法の標準報酬月額の下限は98,000円です。
101,000円未満の報酬は全て98,000千円となります。月の賃金が
5万円でも下限となるのです。この点は今後明らかになると思いますが、少な
くとも報道等で「年収106万円の壁ができた」というのは間違いです。
標準報酬月額が88,000円未満ではないことが要件です。
年収が106万円以上でも標準報酬月額が88,000円未満であれば加入要
件は満たしませんし、仮に106万円未満であっても標準報酬月額が88,0
00円以上であれば加入要件を満たすことになります。
 厚生労働省の資料でも106万円という数字が見受けられますが、条文には
年収について一切触れられていません。106万円という数字には惑わされな
いように気をつけましょう。

3.まとめ
 冒頭に書いたように国民年金の第三号被保険者から保険料を取りたいけれど、
それはやりにくいということで今回の改正につながったわけです。
 企業としては短時間労働者の総人件費の12%から15%が増える対策をし
なければなりません。
 該当しないように週の労働時間を抑えるということは企業にとっては「求人」
が大変になり恒常的に人手不足に陥るでしょう。
 労働者にしてみれば「属人的なノウハウ」をあまり持っていない労働者はフ
ルタイムで働く機会が少なくなるでしょう。
労使双方にとって不幸な今回の改正法。
 国民年金の第3号被保険者からの保険料徴収が本質的な問題な解決に繋がる
ということをお話しして今回のメルマガとさせて頂きます。

 

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士5名)
合計21名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================

ついでに読みたい

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/03/15
部数 807部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング