人事のブレーン社会保険労務士レポート

人事のブレーン社会保険労務士レポート第140号 業務上のケガや病気で社長等が健康保険を使える場合とは


カテゴリー: 2015年05月15日
平成27年5月15日 第140号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

業務上のケガや病気で社長等が健康保険を使える場合とは
~請負等の業務に従事する者、法人の役員が業務上の事由により健康保険を使える場合~

***********************************

1.はじめに
(1)労働者災害補償保険法とは
業務中や業務に起因したケガや病気については労災保険の対象となり、それ以
外のプライベートにおけるケガや病気については健康保険で治療を受けるとい
うことは皆さんご存じだと思います。

そもそも労災保険とはどの様な目的でつくられたのでしょうか。
労働基準法で「労働者が業務中に、または業務が原因となる事由でケガをした
り病気になった場合には、最低限このくらい補償しなさい」と決められていま
す。
しかし資力のない中小企業では、法律で定められている補償をする事が出来ま
せん。
補償をしたことによりその企業が倒産してしまっては、被災した労働者は保護
されないということになります。
 労災事故を起こして倒産してしまう事態となれば企業も不幸だし、労働者も
不幸になってしまうのです。
 これでは法律の規定が意味をなさなくなってしまうので、この「最低限の補
償」を保険にして、広く保険料を集めることにより企業経営の安定と労働者の
生活の安定を目指したものが労働者災害補償保険法なのです。
 ですから個人事業主や法人の役員などは労災法の対象者としていないのです。
 
(2)就労形態の多様化と保険給付の問題
一般の労働者であれば、業務中や業務に起因したケガや病気は労災保険。
それ以外は健康保険を使うことにより、全てのケガや病気について公的医療保
険の給付の対象となります。
就労形態が多様化し、労働者の様な就労形態で「雇用契約」ではなく「請負契
約」や「委任契約」といった契約形態の人達が出てきました。
シルバー人材センターで働く方は雇用契約ではなく、請負契約で働いています。
この場合は、労働者ではないために業務に起因するケガや病気でも労災法の適
用がなく、また健康保険においても保険給付が行われないという事態が生じて
いました。
国民皆保険の我が国において、この様な医療保険の空白があるということは問
題です。
これを解消すべく健康保険法が改正され、以下の通りにとり扱われることとな
りました。

2.健康保険法の保険事故の変更
今までは、業務上は労災保険。業務外は健康保険となっていました。
しかし健康保険法第一条が改正され業務外の保険事故に加えて、「労災保険の
給付が受けられない業務上の負傷」が追加されました。
例えば、シルバー人材センターや副業で行う請負業務などの傷病、学生のイン
ターンシップでの傷病については業務上という理由で健康保険からの給付は受
けられませんが、労働者ではないという理由で労災保険からも保険給付がなさ
れません。
しかし、この改正により「労働者ではない」業務従事者については原則として
健康保険から保険給付が受けられることとなりました。
但し対象となるのは平成25年10月1日以降に発生した事故に起因する業務
上による傷病になります。

3.法人役員の場合

健康保険法に第53条の2が新設されました。
これは、第1条で「労災保険の給付が受けられない業務上の傷病」については
原則として健康保険の給付対象となるとされていますが、被保険者又は被扶養
者が法人の役員である場合には、その法人の役員としての業務に起因する傷病
については支給しないとされています。
法人役員としての業務とは、法人のために行う業務全般を指します。
すなわち法人役員の場合には、業務上の傷病については健康保険法の給付はさ
れず、公的保険を利用する場合には、労災法の特別加入が必要であるというこ
とになります。
労災法の特別加入制度がある以上、それを利用しないことは自己責任であると
いう考え方であるでしょう。

4.法人役員の例外

法人役員としての業務のうち「被保険者の数が5人未満である適用事業所に使
用される法人についての役員としての業務で厚生労働省令で定めるもの」につ
いては例外として、法人の役員であっても健康保険法の給付の対象となるとい
うことになりました。
この厚生労働省令で定めるものとは健康保険法施行規則第52条の2により
「当該法人における従業員(3でお話しした、健康保険法第53条の2に規定
する法人役員以外の者)が従事する業務と同一であると認められるもの」とさ
れています。
具体的には、被保険者が5人未満の法人の役員については、その役員の業務が、
他の一般労働者と同一の業務でなければ健康保険法による保険給付はされませ
ん。
この場合においても労災保険の特別加入によらなければ公的保険による救済は
ないのです。

5.まとめ

今回の改正法においても法人役員については一定の要件を満たさなければなり
ません。
そもそも労災法による特別加入により公的保険で救済されるルールが従前より
あったわけですから、法人役員については労災法の特別加入によりいざという
ときの備えをして欲しいと思います。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士5名)
合計19名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================

ついでに読みたい

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/02/15
部数 803部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング