人事のブレーン社会保険労務士レポート

人事のブレーン社会保険労務士レポート第136号 育児休業と女性の社会進出について実務家としての一考察


カテゴリー: 2015年01月15日
平成27年1月15日 第136号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

育児休業と女性の社会進出について実務家としての一考察

***********************************

1.はじめに

育児介護休業法が施行され、女性の育児休業について、一昔前と比較するとそ
の取得率は大きく向上しています。

しかしながら出産を機に退職をする女性労働者も少なくありません。
女性労働者が出産を機に退職することがないように、また子育てをしながら働
き易い環境が整備されるように政府は様々な政策を行っています。

経営者側の立場で活動する実務家である社会保険労務士として、子育て関連の
政策は誤っているものが多いと思います。

是非皆様にも実務家として中小企業の経営に携わる法律家の意見として、一緒
に考えて頂きたく今回のテーマにしました。

2.厚生労働省の「正社員至上主義」政策

(1)正社員至上主義とは

 厚生労働省の労働政策の根本は「働いている人全員が正社員になりたいはず
だ」というものがあります。
 派遣社員から正社員への転換を経営者側から勧められても断る労働者はたく
さんいます。
労働者の価値観の問題ですが、この価値観をも環境が悪いからその様な選択を
行ったという前提で政策が立案されています。

 この結果、多様な価値観を受け入れる土壌がなくなり、多様な就労形態を求
める労働者層のニーズと乖離しているのです。

 これは育児休業から復帰してくる労働者のニーズにもいえることです。

(2)ある看護師の職場復帰の事例

 私のお客様のクリニックで育児休業を取得した女性労働者が職場復帰に当た
り、フルタイムでの復帰を望まず、短時間でのパートを希望しました。
 朝の8時30分から夕方まで勤務ではなく、のんびりと働きたいという事で
した。
正午から午後2時ぐらいまでは毎日オペがあり、このオペを手伝う看護師とし
て、一日2時間労働で勤務したのです。

この様に労働者側の働きたい職種や時間帯と使用者が提供できる就労形態のメ
ニューが合致すれば幸せです。
 しかし、一企業ではなかなか合致させることが難しいと思います。

(3)事務員1人の町工場の事例

製造に携わる労働者が社長を含めて5人、経理などを担当する女性労働者が1
名という小さな製造業で、経理を担当する女性労働者が出産をしました。

産前休暇前に新しい事務員さんを採用し、引き継ぎを行いました。
育児休業も終わり、復職するに際して、事務員さんを2人雇用することは難し
く、復帰する女性労働者に再度引き継ぎをして、この事務員さんにはやめても
らう必要があります。
 そもそも、産休代替で良い人材は集まりませんし、よい人材どころか応募す
ら来ない事例も多いです。
 そして復職してきた女性労働者が短時間勤務でしたら、仕事は回りません。
やむなく、育児休業から復帰しようとしている女性労働者に「やはり今の環境
では復職できない」と伝えてしまう経営者も多いのが現状です。

 これは経営者だけが悪いのでしょうか?

私はそう思いません。

(4)スケールメリットで考える

 トヨタ自動車のような何兆円という利益を出す企業と、町工場の経営を同列
に語る人は見かけません。
 当然共通することはたくさんありますが、スケールメリットの問題は絶対に
同列に語ることは出来ません。
 出産して子どもが出来る。
母親である労働者や父親である労働者、そしてその親族の価値観、子どもの健
康状態など「出産」といってもそれぞれです。
産休、育休、復職の流れの中で、元の職場、元の職種に戻せ。そして短時間勤
務を経てフルタイムに戻せという枠組みに中小企業が対応できないのです。

 男性の意識や社会の意識の問題ではありません。

中小企業の箱の問題、キャパシティーの問題なのです。

トヨタ自動車と中小企業の違いは何か。
一番の違いはスケールメリットです。

看護師の事例でお話ししたように、一社で労働者のニーズを満たせるような自
己完結できる企業は中小企業においては少数です。
しかしトヨタ自動車などは、組織が多く、その職種も多様なために組織内で自
己完結することが可能なわけです。

中小企業で多様な就労形態を提供できるはずがありません。

事務員さんが1人の事例では、復職自体が困難なのです。
私の事務所でも産休は2人取得しましたが、代替要員の発想はなく、産休明け
の労働者の職場を確保するために、1名増員するぐらいの売上げを上げること
で職場を確保しました。
売上げを上げて、人員を増員させるような環境を作る以外に中小企業では復職
させることは相当困難なことなのです。

代替要員の発想では組織がまわりません。戦力なのです。

出産後3ヶ月で復職した幼稚園教諭の事例もありますが、3ヶ月という宣言を
して、本当に三ヶ月で職場復帰すると、何とか増員せずに乗り切れますが、そ
の期間は1名減員ですから残業時間や休日労働は増えます。

この様な場合には、36協定の上限時間の緩和などの措置が必要になってくる
と思います。

産休代替とは、誰がやっても同じ仕事を前提とした考え方であり、少数精鋭の
組織では、その考え方がなじみません。

3.スケールメリットを中小企業でも活用できるように

今の育児介護休業法は、育児休業開けの労働者について、「同じ企業」「同じ
職場」「同じ職種」「同じ賃金」を前提としております。

前述のように、中小企業にはこれを用意する箱がありません。

ではどうしたらいいのか。

発想の転換です。

育児休業取得した社員の復帰については、転職も選択肢に含めて、他社で育児
休業を取得した社員を採用すると助成金がもらえるような仕組みをつくること
です。

看護師の事例では、たまたま同じクリニックで選択肢が用意できましたが、A
クリニックではオペがない。Bクリニックではオペがあり、その看護師を募集
中である。
この様な求人と求職をマッチさせる仕組みをつくれば、その組織内でしか用意
できないメニューよりももっと多様な選択肢が増え、無理せずに就労できる環
境が手に入ると思います。

町工場の事例も同様です。

特定の経済圏の中で、育児休業から復帰してくる労働者をマッチングさせる機
能により、中小企業の育児休業取得率は向上すると思います。

また厚生労働省の正社員至上主義を改めて、正社員だった労働者が正社員に拘
らず、多様な勤務形態を選択できるような政策転換が重要になってくると思い
ます。

4.まとめ

育児休業をはじめとする女性の社会進出の問題は、理想論が先行し、実務的に
困難な政策を立てて、その実現が出来ないのは「男性の価値観」や「社会環境」
が原因であるかの議論が進んでいます。

それも一因でしょうが、中小企業という小さい「箱」では対応できない政策で
あるとこを理解しなければなりません。

多様な就労形態を認め、一社で自己完結させるような仕組みではなく、地域や
職域といった範囲で解決する政策により、女性の社会進出は進んでいくと思い
ます。
実務家としての問題提起であり、実務家として「この様にすれば解決出来るの
に」というものをまとめました。

最後までお読み下さり有り難うございました。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士4名)
合計18名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================

ついでに読みたい

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/02/15
部数 803部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング