文具で楽しいひととき

■pen-info「ライトな本格シャープペン」


カテゴリー: 2018年05月29日
 
━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        文具ウェブマガジン 
     
    「pen-info_文具で楽しいひととき」
            
               407 (2018.05.29) 

    「ライトな本格シャープペン」
   ぺんてる シャープペン P207 P209
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━     

今、シャープペンがちょっとしたブームだ。

学生だけではなく、
私のまわりのビジネスパーソンの間でも愛用している人が増えている。

高価格のものも次々に出て来て、
よく売れているようだ。
私も1万円以上もするラミー2000や
カランダッシュ エクリドールのペンシルを愛用している。

こだわりのシャープペンは何も値段が高いものばかりではない。
求めやすい価格の中にもキラリと光るものがある。

今、私が信頼を寄せ、
よく手にしているシャープペンが
このぺんてる「P207」と「P209」。
基本、日本では販売されていないものだ。 


■ 海外で手に入れたP207 

まず、私が先に手に入れたのが「P207」。

最後の数字が芯の太さを表し、
つまり0.7mm芯タイプということになる。

もう何年も前のことになるが、
マレーシア クアラルンプールの街中の文具店で買ったものだ。
海外に行くとついつい日本未発売の日本文具に目が行ってしまう。
この「P207」も見たことがないシャープペンだなと、
後々後悔しないためにと買ってきた。

その当時は、今ほど惚れ込んでいた訳ではなかった。
だから、帰国してからもほとんど出番がなく、
もっぱらグラフ1000をよく使っていた。

ある時、そう言えばと思いだし
ストック用のペンケースから取り出して
日々の仕事で使ってみた。
すると、すごくいいのである。 


■ 自然な使い心地 

高級路線をハナから考えていないという潔いまでのプラスチックボディ。
グラフ1000のような凝ったラバーリブグリップもない。
それなのに妙に手にしっくりとくる。

それはとても軽い使い心地であるということと、
ボディに施された角張りすぎてない多面体によるものなのだろう。
この多面体、いったい何面あるのだろうかと、
目を細めて慎重にひとつふたつと数えてみたら12面体もあった。
鉛筆のちょうど倍ということも手馴染みの良さを生んでいるのかもしれない。 

書く時は「人力クルトガ」のごとく、
芯先の偏減りを察知して指先でボディをコロコロと回転させていく。
この12面体がそのコロコロにちょうどよい。

「低重心」はペン先が自然に下を向いて書きやすいと、
私はこれまで何度となく触れてきた。
しかし、「低重心」というものは
ペン全体に重さがある時は効果を発揮するが、
こうした軽いボディでは全く必要ないということを、
この「P207」は私に教えてくれた。 


■ 日本で買った「P209」 

「P207」をすっかり気に入って仕事で愛用していたところ、
NETFLIXで「P207」そっくりの別な色のものを見かけた。

とある海外の有名な建築家のドキュメント番組で、
その方が黄土色したタイプを常に手にしてスケッチを描いていた。
ネットで調べてみると、
それは「P209」というもので、
つまり芯が0.9mmタイプというものだった。

グラフ1000を0.7mmと0.9mmの両方を使い分けている私としては、
これはなんとしても手に入れてみたくなった。
ただ、いかんせん日本では売っていない。

いずれまた海外にでも行ったら「P209」を買おうと半ば諦めていたところ、
偶然の日本のショップで見かけた。
私の行きつけ文具店「アンジェビュローKITTE丸の内」である。
「P207」「P209」そして「P205」まで売っていた。

すぐさま「P209」を手に入れた。
黄土色ボディは手にすると、
肌の色と同化してすっかりと馴染んで書くことに集中させてくれる。 

* 

この芯の太さごとにボディの全身カラーが違うというのは、
シャープペン使い分け派の私にはとても便利だった。
ペンケースに入れていて、
さぁ「P207」で企画を考えようとする時、
すぐに区別が付くのだ。
グラフ1000の時より断然わかりやすい。

ところで、この「P207」のブルー、
「P209」の黄土色はどこからきているのだろうかと考えていたら、
グラフ1000のノックボタンにあるカラーインデックスと同じ色だった。

どこかで見たことがあると思っていたら、
いつも見慣れているカラーインデックスだったのだ。 


□編集後記

 先日、メルマガでも紹介した
 BLACKWING鉛筆。
 今、本当によく使っています。
 そろそろ1本を使い切りそうなのですが、
 消しゴムを見ると、まだ十分に残っています。
 さすがにカドは丸くなっていますが、
 一度も繰り出さずに済みました。
 コラムでは、
 早くなくなってしまうのではと
 予備消しゴムまで準備したと書きましたが、
 意外と大丈夫でした。

 こうしたこと、
 つまり、あまり心配に及ばないってことってが
 私の場合、多い気がします。

 「すぐログ」の全身「ジェットエース」を使い始める時も
 鉛筆が果たして手帳を使い切るまで
 ちゃんと残っているかとヤキモキしていましたが、
 結果は、全然問題ありませんでした。
 これまで35冊使っていますが、
 鉛筆が途中でなくなったなんてこと
 一度もありません。

 あまり心配せずに
 まずは、使い切ってから
 そこから対策を考えても遅くないのかもと
 思いました。 



□書き味が色々選べる「伝書紙」
 https://amzn.to/2jjGhvn

□新刊本「暮らしの文房具」
 私の文具との向きあい方をまとめたエッセイです。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

□鉛筆付きミニ手帳「すぐログ」(ダイゴー)に3サイズ
 https://shop.daigo.co.jp/product-sugulog/

□「フレームマンスリー手帳」4月はじまり
 https://shop.daigo.co.jp/frame-monthly-4/
 
□「pen-info」のFacebookページ
 http://www.facebook.com/PenInfojp

□ Instagram
   https://www.instagram.com/pen_info.jp/


□ウェブサイトには画像もございますので、併せてご覧ください。     
 http://www.pen-info.jp/

                        
__________________________________

   文具ウェブマガジン 「pen-info_文具で楽しいひととき」

 ■ 発行:土橋正事務所  http://www.pen-info.jp/
               info@pen-info.jp 
       
 ■ 著書 :

  「暮らしの文房具」
   https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

  「仕事文具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

  「文房具のやすみじかん」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4834082377/

  「モノが少ないと快適に働ける」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045228/

  「文具上手」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487806801/

  「文具の流儀」
   http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487805228/ 

  「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487804620/
  
  「ステーショナリーハック!」 
   http://www.amazon.co.jp/dp/4838720289/

  「やっぱり欲しい文房具」
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774126098/


 ■ オールアバウトでステーショナリー ガイドもしております。
   http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/
__________________________________

  このメールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
__________________________________

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/06/12
部数 1,732部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/06/12
部数 1,732部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング