文具で楽しいひととき

■pen-info「残りの私の人生を共にできる道具箱」


カテゴリー: 2017年01月10日
 
━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        文具ウェブマガジン 
     
    「pen-info_文具で楽しいひととき」
            
               372(2017.01.10)

  「残りの私の人生を共にできる道具箱」

       ぷんぷく堂
   あなたの小道具箱 2,400円+Tax
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━     
 

「あなたの小道具箱」の「あなた」という言葉に、
私は反応してしまった。

「小道具箱」という名前だけだったら、
私のアンテナはそれほど反応しなかったかもしれない。
道具を入れるということで言えば、ペンケースは持っているし、
付せん専用のストックボックスだってある。
おおかたの道具類はそれぞれ適切な場所にしまわれている。

ということもあり、「道具箱」だったら、きっとすんなりと素通りできていたと思う。 

でも「あなたの」となると話しは別だ。
不思議なもので機能から文具を見ると、
同じ類のものはすでに持っているから今はいいやとなるが、
感情面に忍び込まれると、こちらも油断が出来てしまう。

次の瞬間私は、「どの色にしようかな」と考え始めていた。
ぷんぷく堂の櫻井さんの巧妙な作戦にまんまとはめられてしまった。 

■ かわいい名前とは裏腹に大人な作り込み 

サイズは、A6とかB6といったものではない。
中に入れるものから考えて割り出されている。
たとえば、ハガキがすんなり入ったり、ペンも余裕しゃくしゃく入る。

こうした物を入れた時になるほどちゃんと考えられていているなと思うのは、
取り出す時に指先が入るスペースもちゃんと確保されているところだ。

これは「保存箱」ではなく「道具箱」である。
そう銘打っているだけあって、物を入れっぱなしにはせず、
頻繁に出したりしまったりするための機能的な大きさになっているのだ。

言わば、行動から編み出されたサイズ。 

素材は、紙製。箱の表面に指先を優しく添え滑らせてみると、
たしかに紙独特のこまかな繊維が指紋を通じて伝わってくる。
次に、その指先をグイと押し込んでみる。
すると、ほんの数ミリだけ凹むがビクともしない。

紙とは思えない硬さだ。

これは「パスコ」と呼ばれる硬質パルプで作られている。
「パスコ」を調べてみると、
収納ボックスやちょっと変わったところでは
溶接のマスクなんかにも使われているらしい。 

この頑丈な素材で作られている小道具箱、およそ50年は持つという。
私は今49才なので、99才くらいまではいけるという計算だ。

果たしてそこまで私の方が見届けられるかはかなり微妙だ。 

■ 音も楽しめる 

箱のフチには、50年しっかりと持たせるという
意気込みが感じられるメタルでグルリと補強がされている。

これがいい音を奏でてくれる。

開ける時はそれほどでもないが、閉める時にメタルどうしが触れあい、
パカリ、、という音がする。

文具が奏でる音と言えば、
万年筆のキャップを尻軸にさす時の「カプリ、、」という音がある。
私はあの音が好きで、万年筆による微妙な違いを楽しんでいる。
私が一番好きなカプリ音は、ペリカンM800だ。

この小道具箱も独特な音が楽しめる。 

■ 私の使い方 

私はメモ用紙入れとして使っている。
ハガキサイズの綴じられていない単一のメモを色々な種類入れている。

朝、事務所にやってくると、
リュックから書類入れのリーガルエンベロープやスケッチブック、
手帳や万年筆ケースを次々に出して、
それらをデスクの所定の位置にセットして、
私が理想とするコックピットを作っていく。

その仕上げに本棚に置いてあるこの「私の小道具箱」を開け、
今日一日を共に過ごすメモ用紙を一枚だけ選び出す。
それを手帳の前にそっと置く。

このメモには、今日仕事をしていく中で新たに発生するToDoを書いていく。
以前はふせんでやっていたものを、
すこし厚手のハガキサイズの紙に書いてみると、
メモという行為がとっても上質な作業になった。

この小道具箱から取り出すというのが加わって、
メモを心で味わう上質さがより一層増した。 


□編集後記

 あけましておめでとうございます。
 毎年、その年の自分なりの目標を立てています。

 昨年は
 「アウトプットにこだわる」でした。

 今年は
 「感じる>知る」にしました。

 「知る」ということももちろん大切だですが、
 なんでもかんでも知って、
 知った気になって安心してしまっていると
 危惧していました。

 「知る」ことももちろん大事ですが
 「感じる」ということにも少し重きを置いてみようかと。


□「時計式ToDo管理ふせん ブルーダイヤル」とそれに合う文具(道具)を
 ディスプレイしてみました。
 http://www.pen-info.jp/memo/clock/20170109_11659.html
 

□文具の絵本「文房具のやすみじかん」が
 第28回読書感想画中央コンクールの指定図書(小学生低学年部門)に選ばれました。
 http://www.dokusyokansoubun.jp/kansouga/books.html


□新刊本「仕事文具」
 ビジネスシーンごとに235アイテムを紹介。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

 
□「pen-info」のFacebookページ
  http://www.facebook.com/PenInfojp


□ウェブサイトには画像もございますので、併せてご覧ください。     
 http://www.pen-info.jp/

                        
__________________________________

   文具ウェブマガジン 「pen-info_文具で楽しいひととき」

 ■ 発行人:土橋正事務所  http://www.pen-info.jp/
               info@pen-info.jp 
       
 ■ 著書 :

  「仕事文具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

  「文房具のやすみじかん」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4834082377/

  「モノが少ないと快適働ける」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045228/

  「文具上手」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487806801/

  「文具の流儀」
   http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487805228/ 

  「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487804620/
  
  「ステーショナリーハック!」 
   http://www.amazon.co.jp/dp/4838720289/

  「やっぱり欲しい文房具」
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774126098/


 ■ オールアバウトでステーショナリー ガイドもしております。
   http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/
__________________________________

  このメールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
__________________________________

ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2017/01/10
部数 1,751部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

まりりんのFXここだけの話
OLまりりんがFXでちゃっかり稼いでいる、ここだけのマル秘情報をメールでお届けします!誰でも簡単に稼げるトレンド情報や必殺テクニック等、ここでしか公開しないFX有益情報が盛り沢山です。スキマ時間にFXで稼ぎたい方必読です!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

フリーランスでもラクラク年収1000万円
フリーランスの方向けに「年収1000万円を達成するための法則」を公開していきます。 ここだけの話ですが、40万円以上お支払いただいている講座で私がお伝えしている内容ばかりです。 2016年9月の時点で、この法則を学び、実践されている方のほぼ過半数が年収1000万円超えを果たし、受講生全員が年収アップを実現しています。 つまり、1000万円を稼ぐことや目標を達成することはスキルというわけです。 誰にでも可能な、再現性のあるスキルなのです。 ビジネス、マインドセット、マーケティング、健康、お金の事などについて詳しく、わかりやすくお伝えします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、好きなことを仕事にする「お金の心理学」
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング