つれづれ音楽生活のすすめ

つれづれ音楽生活のすすめ 00002


カテゴリー: 2003年12月01日
======================================
「つれづれ音楽生活のすすめ」 VoL..00002
作者:ヴォーカリスト 牧野 俊浩              03/12/01     
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
======================================
■今日のバイブレーション■

音楽は体育の先に立ち、上にたたねばならない。
なぜなら魂が肉体をつくるのであって、その逆であってはならないからだ。
                 (プラトン:ギリシャの哲学者)
                      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●今日のバイブレーションから思い浮かんだ事●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この言葉を知ったのは、プロの歌い手になってからだ。高校時代に柔道部と
いう一見硬派風の部活動に精をだしてはいたものの、男だけの汗臭い取っ組み
合いに、それほど魅了されていたわけではない。高校二年で、運良く黒帯をとっ
たのをきっかけに、無理やり擦り切れさせた黒帯で、胴衣を無造作風に巻き上
げたものと、なるべく少な目の教科書をブックバンドで結わえたものを肩にして
通学するスタイルに切り替えたということから考えて、まあ、一種の自己アピー
ル。当時、ちょいと洒落た仲間がギターを手にし始めた頃だったから、「俺は、そ
んな軟弱なもんは相手にせん」という主張でもあったのかもしれない。両面から
、迫る奴もいた。(あいつ、どうしてるだろう・・。爪先の手入れだけはかかさず、
それでも一応は三年間、道場には、いた)
まあ、ほとんどの部員が長髪で、お坊ちゃん風だった事を思うと、まあ・・その程
度の柔道部ではあった。

 軟弱さは、心にスキができる。それみたことかとでもいわんばかりの顛末である。
腰を痛めた事のをいいことに、大学では、見事な転身で、女の子と歌でもうたって
みっか、となった。潜在的な欲求が、やっと満たされたともいえる。
以来、同期の仲間たちが4年間で、まなじりを結して企業戦士として羽ばたく時
がきても、未練がましくもう一年大学に残りつづけている(つまり・・留年ってことで
すね)うちに、現在の歌い手という仕事の入り口にたつことになった。

 今回のバイブレーションは、少し耳に痛い言葉である。
当時、たいした歌もうたえなかったにもかかわらず、プロのオペラ合唱団に入団を
許された陰には、きっと、「発声は、まるっきりできあがってはいないが、体格的に
は声量がでそうだ」とか「オペラは総合芸術であるから、まあ貧弱な音大出身と一
緒に並べておけば舞台の重しくらいにはなるだろう」という事もあったのではない
か。
 ならば、僕の場合は「その逆であってはならないからだ」からの出発といえる。

いまだに「魂をつくりきれていない!」の叱責が客席から飛んでくるのではとビクつ
きながら、それでも、メゲズに明日も、うたってゆく。

=================================
■	おすすめ■(音風景雑感からタイトル変更)
音風景について考えているうちに、人為的に音風景をつくりあげる、音響機器の
ことに思いがおよび、「そうか、そうか」と納得。回り道は遠かったではないが、この
コラムでは自分の好きな楽曲やレコード、歌手の話をすることに変更。形をもとめる
ことを急ぐあまり、随所で詰めの甘さを露呈する癖はいまだ修正きかず。人生考え
直さねば・・・・
 
 まずは、コーラスから一曲。若い方々には馴染みがないかもしれないが、アメリカ
のジャズコーラスグループの草分けであるフォーフレッシュメンの「It‘a blue world 」
という曲。なにが気持ちいいかといって、It‘aのユニゾンに続いてのハーモニーの拡
がりは何度聴いてもゾクッとくる。
 
学生時代から相当聞き込んできたレコード盤は、ジャケット自体はかなり擦り切れて
しまって、当時あざやかなオレンジ色であった縁取り部分は、セピア色に変色してし
まった。勿論、今となってはレコード盤もスクラッチノイズが多いが、この新鮮な音の
段取りが与える衝撃は相変わらず不滅。

まだ文京公会堂と呼ばれていた、後楽園脇のホールでおこなわれた、彼らの東京公
演にかけつけた若い日が思い出される。今時のコンサートのように照明の力に頼るこ
となく、彼らの声だけで、煤けたホールの壁を虹色に染めあげていた。強烈な至福の
瞬間であった。

年齢的にメンバーチェンジを繰り返しながらも現在は22代目が活躍しているという。
彼らの特色であるオープン・ハーモニーはある意味で、人生そのものの暗示。
詳細は下記サイトで。

http://www.ozsons.com/freshmen.htm

=================================

■今日一番の耳ご馳走■
 「チャリチャラ。チャリチャラ」 何の音だと思います?編集後記でもふれましたが、
旅帰りの通例行事は、近くのコンビニで缶チューハイを2本仕入れての帰館。昼夜
関係なく旅の終わりはこれで締めくくると日本人は安心するものです(ん?)
玄関の入り口をあけた途端に響いてくるこの音色。全速力でかけよってくる、
牧野キック君の首輪についている鈴の音が、なんと軽やかなこと。あるご縁で、4年
ほど前から、我が家をわがもの顔に徘徊しております。家内に関してはほとんど自
分と同類の猫であると認識しているようですが、このご主人様は、命の恩人(この件
はいずれ)、専制君主、時には専属の給食当番。「どこいってたニャ」と問い詰めるた
めに跳んできます。
一本目のpsyu!から始まる旅物語の序章に、この音色は欠かせません。  
今日も・・・オッ!なんだ、・・・もう寝ちゃったのか・・。

==================================

●編集後記● 
 信州の松本での公演から帰ったところです。「Mamma mia!」というカフェ&雑貨の
お店の5周年記念を祝う、音楽セラピーコンサートでした。
とても素敵な雰囲気のお店です。季節柄、クリスマスギフトがふんだんに並んでいる
中での2時間近くのコンサートは、心のこもった手料理での食事をはさんで、大盛況。
信州の古都にある癒しスポット。お近くに寄られたら是非お立ち寄りくださいな。

http://www.mcci.or.jp/www/mammamia/hyoushi.htm

かけつけてくれた松本こども劇場の仲間たちとは10数年ぶりの再会。
子育てを終えて、劇場運動から一歩退いたとはいえ、それぞれの地域で活発に文化活
動を続けておられる様子がうかがえ、まだまだ日本はすてたもんじゃないと実感。

アリガトウ。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■「つれづれ音楽生活のすすめ」     00002号     2003/12/1
■ご意見、ご感想、音楽への日頃の思いなどのメールをお待ちしています。
 E-mail    hotdogs@jp.bigplanet.com
 HPではいろいろなジャンルの音楽や文化の情報を掲載しています。
 URL<総合サイト>         http://homepage2.nifty.com/artbox2
   <音楽家と企画者の出会い> http://homapage2.nifty.com/stanavi
 登録/解除、及びバックナンバー
             http://homepage2.nifty.com/artbox2/mailmaga1.html  
■発行者
〒359−0038
所沢市北秋津876−7 ニチモビル2F
有限会社 文化センターボックス     代表取締役  牧野 俊浩
TEL 042(998)0750   FAX  042(998)0751
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
===============================
■このメールマガジンは『まぐまぐ』( http:www.mag2.com)より発行しています。

このメルマガは現在休刊中です

つれづれ音楽生活のすすめ

RSSを登録する
発行周期 毎週月曜日
最新号 2014/11/12
部数 96部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

つれづれ音楽生活のすすめ

RSSを登録する
発行周期 毎週月曜日
最新号 2014/11/12
部数 96部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング