赤十字国際ニュース

赤十字国際ニュース第8号What's new of the Movement


カテゴリー: 2017年03月08日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                赤十字国際ニュース 第8号
□□■□□  +++ Our World. Your Move. +++ 
□■■■□    ~人間を救うのは、人間だ~ 
□□■□□	 	        
                    発行日:平成29年3月8日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界では今も、紛争や自然災害、感染症などで多くの人々が苦しんで
います。今回は、そんな世界の人道危機の一つひとつに向き合う国際
赤十字の最近の活動について、国際赤十字・赤新月社連盟や赤十字国
際委員会のニュース記事からいくつかご紹介します。

(国際ニュース第8号編集担当H)

================================
目次
□ニュース本編
□お知らせ(イベント情報等)
□募集
□プレゼント

================================

<ニュース本編>------------------------------------------------

■What’s new of the Movement

北アフリカ・リビア:輸送コンテナから移民を救出
リビア沿岸のフムスで輸送用コンテナが見つかり、リビア赤新月社の
ボランティアは、56人の移民を救出、13人の遺体を収容しました。ヨ
ーロッパに向かおうとした移民の遺体をリビア赤新月社のチームが収
容したのは、今週に入って2度目です。

本文はこちら:
http://www.jrc.or.jp/activity/international/news/170308_004701.html

<お知らせ>--------------------------------------------------

■フィリピン中部台風復興支援セミナー
コミュニティを支える~母と息子が語る地域の底ぢから~

日  時:3月28日(火)18:00~20:00(開場17:45)
会  場:日本赤十字社本社1階クロスラウンジ(港区芝大門1-1-3)
登壇者:
吉田 拓(日本赤十字社フィリピン・セブ北部復興支援事業調整員)
吉田 千文(聖路加国際大学看護学部教授)
内 容:2013年11月、超大型の台風「ハイヤン」により、フィリピン
セブ島北部も大きな被害を受けました。日本赤十字社は医療救援活動
に続き、この地域の復興支援に取り組んできました。
吉田調整員は、セブ島北部に2年余り駐在し、被災者住宅の供与、生計
向上支援等、復興支援に取り組みました。
吉田教授は、日本の地域社会、特に過疎とされる地域でのコミュニティ
のちから、また看護のあり方について論考を重ねる看護学研究者です。
地域社会のレジリエンス(回復力、地域の底ぢから)とは、地域再建
の過程での支えとは何かを二人の取組を通じて語ります。
参加費:無料
申込先:日本赤十字社国際部国際救援課までメールまたは電話で申込
下さい。(kokusai-kyuen@jrc.or.jp, 03-3437-7088)


<募集>--------------------------------------------------

■中東人道危機救援金を受け付けています

日本赤十字社にご寄付いただいた救援金は、シリアなど中東地域
および多数の移民・難民を受け入れているヨーロッパ諸国の
救援活動に充てられます。

詳細: 
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/cat751/

【クレジットカード】VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERS
【銀行】ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行 

皆さまの温かいご支援とご協力をお願いいたします。


<プレゼント>---------------------------------------------

■ご意見・ご感想を送って、赤十字グッズをゲットしよう!                     

今回のニュースはいかがでしたか?

良かった・もっと知りたいテーマや記事、改善してほしい点など
下記アドレスにお寄せください。

ご意見・ご感想をいただいた方の中から抽選で毎月1名様に
『赤十字グッズ』を差し上げます。

【宛先】日本赤十字社国際部 kokusai@jrc.or.jp    

※いただいたご意見・ご感想は本ニュース内でご紹介させて
いただく場合があります。
匿名希望など、ご希望もお聞かせください。

                  
=============================
発行者:日本赤十字社事業局国際部                           		
電話:03-3437-7087						      
FAX:03-3435-8509                                                
E-mail:kokusai@jrc.or.jp					      
URL:http://www.jrc.or.jp/		
-----------------------------------------------------------


■メールマガジンの登録・解除をご希望の方■

本メーリングリストの登録・解除をご希望の際はこちら
http://www.mag2.com/m/0000117537.htm

「ウィークリーまぐまぐ」の解除を希望される方はこちら
http://www.mag2.com/wmag/



赤十字国際ニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/10
部数 2,345部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

赤十字国際ニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/10
部数 2,345部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

坂本よしたか「せどりエイト」成功術
せどり転売とアフィリエイトを組み合わせた「せどりエイト」を実践している坂本よしたかが、せどりとアフィリエイトのノウハウ、考え方、成功談、失敗談、せどりとアフィリエイトの融合方法などを配信しています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング