いま、選ばれるビジネス-中島セイジのビジネスの達人

【ビジ達】『ハーバード日本史教室』 佐藤智恵・著


カテゴリー: 2018年01月15日
┌────────────────────165|No.712|2018.01.15
│┌┐   いま、選ばれるビジネス
││├┐  ……………………………
│││├┐ 中島セイジのビジネスの達人
└─────────────────────── http://www.q-b.co.jp/

  ┃モバイルショット ア・ラ・カルト
 1┃…………………………………………………………
  ┃“温故知新”ならぬ“温新知古”
 ━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「あれから20年。
コンピュータは僕にとって
自然に接続された第二の身体であり、
頭脳であり、そして表現のカンバスであり、
また、重要な研究対象になっています」

と…注目の“現代の魔法使い”と呼ばれる
落合陽一氏が語っている。

そして、コンピュータのことを
“たんぱく質の遺伝子を持たない集合型の隣人”とも。
げっ、この感覚は、私や多くの私に近い世代とは大きく違う。
落合氏はコンピュータと20年もつき合いがあっても、
まだ30歳なのだ。

落合陽一氏と言えばノンフィクション作家(?)で
スーパードライのCMに登場した
あの落合信彦氏のご子息ということ。
その落合信彦氏には、私がプロデュースしたイベントに
講師として出てもらったことが…。
そのときはお世話になりました(^ω^)

とにかくこのとらえ方は私たちとは大きく違う。
“天が動いている”と思われていた時代に、
“地が動いている”と言われているような…
それほどの違いがあるように思えてならないのは、
私だけだろうか。

この落合氏のような人たちの発想が
さまざまなところで活かされれば、
ここ20年で、いやここ15年で社会もビジネスも
大きく変わっていくことだろう。
そんなことを考えていた矢先、
ラジオからこんなニュースが…

「家電メーカーのダイソンがEV車開発に参入」
え~っスゴ!

家電というよりてっきり掃除機の“ダイソン”と思っていたのだが、
扇風機、そして照明となり、ついには自動車開発へ。
いや~世の中、すごいスピードで動いている。
まさに“パラダイムシフト”のときなのだ。

落合陽一氏のような若いイノベーターの出現を
目の当たりにし、ダイソンのEV車開発を耳にして
私の中に、ある四字熟語が閃いた。
「温故知新」ならぬ「温新知古」。
“新しきを温(たず)ねて、古きを知る”。
すなわち、これらの新しい動きを知って、
自分の“古さ”を知ったということ。

これからはこの勢いで
さまざまなものが変化していくことだろう。
その中にあって、自分のこれまでの古いインフラであり
価値観で“測って”いては、間違いなく
取り残されてしまうだろう。

残念ながらこれからのビジネスは、
私たちの都合に合わせてはくれないということだ。
これを読んでいる貴方も、自分の古きを認めないと
次のステージには行けない。

「温新知古」。
これが2018年の流行語大賞に選ばれるかも!



 ◇画像を見る↓
 http://www.q-b.co.jp/blog/
                ●

                ●
  


    ◆◆◆◆コンサルタントを目指す◆◆◆◆ 
   ◆◆◆◆ 中小企業プロデューサー募集 ◆◆◆◆

     ≪ 次代のビジネスを学びたい方募集! ≫

   これからのビジネスに求められるものとは?
   企業が目指すべきビジネスのあり方とは?

   これから大切にしたい企業を一緒に
   “プロデュース”しませんか!!

   【こんな方におすすめ】
   ・企業の経営に興味がある方
   ・人材採用や事業戦略について学んでみたい方
   ・コンサルティング業界に興味がある方
 
   QB総合研究所WEBページ
   http://q-b.co.jp/labo/

  ※ 詳細・ご質問等はお電話・メールにてご連絡ください!

    TEL: 03-5225-6601(担当:並木)
    MAIL: namiki@q-b.co.jp

  ◇◇◇◇◇ SATOYAMA STYLE WEB ◇◇◇◇◇
    『里山で美しく生きる』をテーマに、
    ワインヴァレー構想の進捗状況や
    里山での生活を四季の移り変わりとともに
    お知らせしていきます♪♪

    http://www.satoyama.love/(PC専用)

                ●

                ●


  こんにちは!ビジ達隊のタツミです!

  今週もビジネスの達人をお楽しみください!

 ┌───────────────────────────────┐
 │                               │
 ├○   目 次                        │
 │                               │
 ├○   1┃モバイルショット ア・ラ・カルト         │
 │    …“温故知新”ならぬ“温新知古”                     │             
 ├○                                 │
 │    2┃目からウロコのおすすめ本                          │     
 ├○   …『ハーバード日本史教室』 佐藤智恵・著             │     
 │                                              │
 ├○   3┃先取りビジネストレンド                           │
 │      …流れに乗るなら有機3倍!                           │
 ├○                                                │
 │                                 │
 └───────────────────────────────┘

  ┃目からウロコのおすすめ本
 2┃…………………………………………………………
  ┃『ハーバード日本史教室』 佐藤智恵・著
  ━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
世界最高の学び舎と呼ばれるハーバード大学。
そんなハーバードで、日本史を一般教養として
学んでいることをご存知だろうか。

先日、あるFMのラジオ番組に
『ハーバード日本史教室』の著者
佐藤智恵氏が出演し、
「なぜ世界最高の知性が日本を学ぶのか?」
という話題が展開されていた。

たとえば、ハーバードのテストでは、
「日本の歴史の転換点ともいえる
 1600年(関ヶ原の戦の年)
 1868年(明治維新が始まった年)
 1945年(日本の敗戦の年)
 のなかで、貴方が思う日本の政治・社会・文化の変革に
 影響を与えたもっとも重要な年を選び、その理由を述べよ」
という問題が出題されている。

それだけでなく、選ばなかった2つに関しても
その意味合いを含め50分間字数制限なしで
論述をしなければならないのだ
(私たちにとってもかなり難しい問題である…)。

佐藤氏の著書によると、ハーバードは
これほどまでに日本史を重視しており、
ほかにも“武士道”、“忠臣蔵”、
“メイド・イン・ジャパン”など歴史上における
さまざまな文化や価値観を学んでいるという。

このように、日本は地球規模で見ても注目に値する
思想や価値観を持っているからこそ、
学ぶ対象となっているのだ。
つまり日本を知らずして、新しい未来や世界のその先は
見えてこないだろう! というのが、
時代の先を考える人の発想なのではないか。

私がビジ達で度々語っている
“パラダイムシフト75”のように
今、世の中は過渡期に差しかかっている。
ビジネスにおいても、これまでと違う価値観で
動いていくことは間違いないだろう。

これからくる新しい時代に適応するためには
日本的な経営の在り方を再構築する必要がある。
中島流では、この新日本的経営を
“日本的経営道”と呼んでいる。
ここは自信を持って日本的経営のいいところを
研究し、活かそうではないか。

みなさんもこの本を手に取って、なぜハーバードが
日本に興味を持っているのか紐解いてみると、
次の時代に引き継がなければいけないものが
見えてくるかもしれない。


▼鍵山相談役のインタビュー動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=QvcsR5T3nYE&feature=youtu.be




 ◇画像を見る↓
 http://www.q-b.co.jp/blog/


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨  
  ┃先取りビジネストレンド
 3┃…………………………………………………………
  ┃流れに乗るなら有機3倍!
  ━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
このところのビジ達では「機械的組織」「有機的組織」という話をよくしている。

簡単におさらいすると、機械的組織とは、
ルールや伝統を重視する、ヒエラルキー型の組織。
有機的組織とは、年齢や社歴に関わらず、
プロジェクトごとにリーダーを立てる、フレキシブル型の組織のことである。

しかしどんな企業にも、管理しながら進める機械的部分と、柔軟に対応する有機的部分があるといえる。
ここで重要なのは、そのバランスだろう。
これまでの企業のあり方は、8:2で機械的部分がほとんどだ。

だが、これからの時代を生き抜く
フレキシブル型の組織を考えるならば、
そのバランスを変えていく必要があるのだと私は思う。
8:2から4:6へと、機械的部分を4割に抑え、
有機的部分をこれまでの3倍にあたる6割にしていくことが、選ばれる企業への道なのだ!
(だから、有機3倍ってこと)

では、なぜ今それが必要なのか。
これまで何度か紹介した、中島流“パラダイムシフト75”では、
「時代の価値観は75年周期で大きく変わる」と考える。
つまり変化の過渡期は75年ごとに訪れるってこと。
そしてまさに
今年2018年はその過渡期だといえるのだ。

そんな中で、
変化のスピードが早くなったなと感じる出来事があった。
それは、落合陽一氏という研究者でありメディアアーティストの存在である。
弱冠30歳という若さでありながら、
筑波大学で教鞭をとり実業家としての顔も持ち、
アートとテクノロジーと科学を掛け合わせた価値観で活躍している。

奇才とも呼ばれる落合氏だが、彼は決して特別な存在ではない。
確かにその実力は稀ではあるが、彼のように若くして時代をつくる人が出ること自体は、珍しくないのだ。
これからの時代を築くのは、20代半ばから30代前半のリーダーシップにあると言っても良いのではないか。

彼らは生まれた頃からインターネットがあり、様々ないまどきの機器と共に育った世代だ。
そんな次世代のリーダーたちだからこそ、ビジネスの観点からも目を見張るものがある。
そこで今、私たちに求められることは何か。
それは変化の流れに合わせ、
有機的組織に向け舵をとり、若いリーダー達を知識と経験を持って重厚に支えていくことだろう。

目指すは“キカイ4:ユウキ6”のバランス。

“ユウキ”といえば、
その昔「少年ジェット」の主題歌にこんな歌が。
ユウキだ力だ誰にも負けないこの意気だ、ヤア♪
白いマフラーは正義のしるし…。

時代は変わっても“ユウキ”は大切ってこと。
ということで、改めて皆さんと一緒に唱えたい。
「流れに乗るなら有機3倍!」



◇画像を見る↓
 http://www.q-b.co.jp/blog/




¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
────  ▼ 紹介できる事例やご意見ご感想を教えてください ▼ ──── 
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 □■あなたが持っている事例が「ビジネスの達人」で取り上げられる!■□

 中島セイジが変わりゆくビジネスの流れをもとに、
   あなたの企業を斬らせていただきます! 
     また、このメルマガのご意見、
    ご感想もお待ちしておりますので、
      どんどんお寄せ下さい。

  ☆注目ビジネスの事例やご感想を募集中!

   受付→info@q-b.co.jp

━‥━ AD ‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━

     ╋━━━━      書籍      ━━━━╋
☆★☆★   『儲けないがいい』(アチーブメント出版)   ★☆★☆

 小山政彦氏 推薦!!
 (元・株式会社船井総合研究所 代表取締役会長)
 中島流の考え方、造語にはいつも感動している。
 「先義後利」「情動力」「見・投資」など数字では語れない
 心の方程式が詰まっている。
 “儲けない”はこれからの経営の奥義かもしれない。

 大沢悠里氏 絶賛!!
 (TBSラジオゆうゆうワイド パーソナリティー)
 仕事は「愛情・ロマン・夢・努力」で成り立っている。
 そのことを再確認させてくれる名著だ!

 <<アマゾンでも絶賛発売中!>>
 http://www.amazon.co.jp/


╋━━━━  月刊CD「ビジネスの達人」 好評発売中!  ━━━━╋
☆☆☆ これからのビジネスを担うオピニオンリーダーになれる ☆☆☆


 経営コンサルタント・中島セイジが厳選した
 最新の時流コンテンツを、毎月CDでお届け! 

 メルマガよりもさらに掘り下げた内容をお送りしています。
 これを毎月聴くだけで、これからのビジネス、
 選ばれるビジネスが見えてくる!

 今なら、な・なんと 体験版無料進呈!!
 ☆詳しくは&年間購読のお申し込みはこちら↓
  
  http://www.q-b.co.jp/inquiry_cd/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★発行元:株式会社 クオーターバック 担当:辰巳
------------------------------------------------------------------
 ★登録/解除 http://www.q-b.co.jp/v_portal/mailmag.html
 ★マガジンID 0000116990 
------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは株式会社 クオーターバックからの配信です。
 記事の複製・転載を禁じます。著作権は株式会社 クオーターバックに帰属
 します。
 http://q-b.co.jp/company/index.html  info@q-b.co.jp
 Copyright 2003-2017
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いま、選ばれるビジネス-中島セイジのビジネスの達人

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/15
部数 2,007部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

いま、選ばれるビジネス-中島セイジのビジネスの達人

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/15
部数 2,007部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング