マネジメントのマメ知識~ISOを活用しよう

【ISOメルマガ】ISO 14001の目的とメリット


カテゴリー: 2017年09月29日


■===========================================================■
    <<< マネジメントのマメ知識~ISOを活用しよう >>>
              2017.9.30 発行
■===========================================================■

~~~~~~~~~~~  今回のテーマ  ~~~~~~~~~~~
●ISO 14001の目的とメリット
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは。発行人の三村です。
ISO 14001の日本における現在の取得件数は、日本適合性認定協会のデータによると
19,000件程度とのことです。

同データのISO 9001は35,000件を超えていますので、約半分ほどになります。
このうち、2015版への移行が終了した企業は、正確な数字はわかりませんが、
取得済み企業の3割程度だと言われています。

これから移行する、あるいは今後ISO 14001の取得を考える、またはISO 14001取得の
予定はないという場合でも、将来的に地球で業務を行っていくうえで欠かせない、
環境対策についてお伝えしていきます。

---------------------------------------------------------------

■ISO 14001の目的とメリット

●ISO 14001の手順

ISO 14001:2015では、ISO 9001:2015と同様に『リスクおよび機会』という項目が
追加されました。
ただ、ISO 14001ではそもそも『環境に悪影響を与えるもの(環境影響)』そのものが
リスクであり、それとは別にリスクを考える、という点で混乱する方も多いようです。

まずは、ISO 14001では環境への影響を最小限に抑えるためにどのような『計画』を
立てるのかについて、おさらいしてみましょう。

・環境に影響を与えるもの(環境側面)にはどのようなものがあるか特定する(6.1.2)
↓
・自社の業務に関わる環境関連の法律にはどのようなものがあるかピックアップする
 (6.1.3)
↓
・特に著しい環境側面は何があるか、組織のリスクや機会を与えるものには
 どんなものがあるかを決定する(6.1.4)

このような手順で計画を立てます。

「自社の業務において環境に影響を与えるものは何ですか?」
と聞かれ、何も思いつかない方はいらっしゃらないのではないでしょうか。
または、会社で何らかの「環境活動」をしているところも多いと思います。

例えば、排ガスの抑制、廃棄物の削減、環境負荷の少ない原料の使用、節電、節水、
オフィス用品等のグリーン購入、営業車両のエコドライブなどが挙げられると思います。

それらを洗い出し、どのように悪影響を与えるかを評価したうえで、
適切な管理を行っていく、というのがISO 14001の流れです。


●ISO 14001のリスクと機会

では、万が一、自社で定めた『環境計画』どおりに行われない事態が生じたら―
ということを想定して備えておくのが『リスク及び機会』です。

ISO 9001:2015では、例えば
・インフルエンザで社員のほとんどが欠勤
・震災等により設備が壊れた
といったことを想定します。

ISO 14001:2015でも、上記のような想定をしても間違いではありません。
ただ、「そのことによって環境に何らかの影響を与える場合」のみを考えます。

リスクとしては
・震災等によって設備が壊れることにより
 (ISO 9001)→製品が作れない→供給停止になる
 (ISO 14001)→工場排水が濾過できず川に垂れ流しになる

機会としては
・ある製品がブームになり、製造が増加することにより
 (ISO 9001)→売り上げが上がる
 (ISO 14001)→
  ・低下生産量が増えることで、設備を長く使うことができ使用するエネルギー効率が高まる
   (立上げ時にエネルギーを消費するので、稼働時間が長い方がよい)
  ・材料を使い切ることができるので、ロスが少なくなる
  ※売上金の一部で緑化を行う、といったCSR的な活動も考えられます

このように、視点はあくまでも「環境への影響」です。


●ISO 14001の目的

そもそも、ISO 9001とISO 14001の違いは、導入する『目的』のみです。

ISO 9001を導入する目的は、組織によって様々です。
「社内のルールを整えたい」
「手順書がぐちゃぐちゃなので整理したい」
「社員教育をしっかり行いたい」

それに対して、ISO 14001を導入する目的はシンプルです。
「環境のために何かしたいから」のみ。

「自分たちの行っている業務は何のため?」
「このような手順で業務を行うのは何のため?」
→「それは環境のためさ」
という、単純な仕組みです。
「組織のさまざまな経営活動は、すべて環境につながっている」と意識することが
求められます。


●メリットとしてのISO 14001

とはいえ、環境活動はともすれば「組織の業務の邪魔になる」と受け止められる
こともあります。
よいことだとはわかっているけれど、現実的には会社を存続させ、利益を上げる
ことの方が優先されます。

しかし、環境とは自社内の問題ではなく、自社外に影響を与えるもの。
社内で出した廃棄物が、社内だけですべて処理できるならそもそも環境活動を
あえて行う必要はないでしょう。

環境は社外と付き合っていくために欠かせないものです。

環境対策を行うことで、組織は目に見えるメリットを感じないかもしれませんが、
「環境対策を行わないこと」によるデメリットは、近年どんどん高まってきています。

特に、環境関連の法律は次々と生まれてきており、「知らなかった」ことで
法律違反をすれば、組織に与えるリスクは計り知れません。

法律順守や、何かが生じた場合の緊急事態への対応、そしてリスクを想定する
といったISO 14001における「環境活動」は、組織自身を守るためにも必要です。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

マネジメントシステムの専門誌『アイソス』(システム規格社)にて、
三村聡が連載中!(2017年10月号~3月号)

『2015年版が組織にもたらす成果 ~各社の事例から~』

詳細は以下をクリック↓
アイソスオフィシャルサイト
http://www.isosms.info/

アマゾン取り扱いページ
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B075DSL4CV/mmhappy-22

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■セミナーのご案内

◎10月開催

 『ISO 9001 / ISO 14001:2015基礎セミナー in 福岡』

◆開催日 2017年10月20日(金)
 ・午前の部 『ISO 9001:2015基礎セミナー』
 ・午後の部 『ISO 14001:2015基礎セミナー』

http://www.aims.co.jp/consult/seminar_9001_14001-2015.htm


◎12月開催

『内部監査技法セミナー in 福岡』

◆開催日 2017年12月8日(金) 9:30~16:30

http://www.aims.co.jp/consult/seminar_naibukansa.htm


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎ひとこと

本文とまったく関係のない話ですが…
広島東洋カープ、見事リーグ2連覇を達成しました!
またカープネタか、とあきれている方もいらっしゃると思いますが、
カープを応援することも、コンサルティングを行う上での
スキルや知識につながっています(多分)。
少なくとも、生きる糧の一つにはなっていると断言します!
どんなことであれ、熱中できるものに出会えるという人生は最高ですね。
次回メルマガの「ひとこと」では恐らく「カープ日本一」の
喜びをお伝えしていることでしょう。
きっと…絶対!

--------------------------------------------------------------
このメルマガへのご意見、ご感想、取り上げて欲しいテーマ、
ISO、マネジメントシステムについての疑問、質問等はこちらへ
>> http://aims.co.jp/consult/form_toiawase.htm
※このメルマガに直接『返信』していただいてもOKです。
 いただいたご意見等は、了解の上で、このメルマガで紹介
 させていただくこともあります。

==============================================================
◆マネジメントのマメ知識~ISOを活用しよう~
◆マガジンID: 0000116850
◆このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
 利用して 発行しています。( http://www.mag2.com/ )
◆本誌の登録・解除・バックナンバーはこちらへ。
 http://aims.co.jp/melmaga/index.html
 メールによる購読解除依頼は受け付けません。

発行者 三村 聡(有限会社アイムス 代表コンサルタント)
編 集 三和 夏生【有限会社アイムス http://aims.co.jp】
※このメルマガの内容の無断転載を禁止します。
==============================================================


マネジメントのマメ知識~ISOを活用しよう

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/09/29
部数 685部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

マネジメントのマメ知識~ISOを活用しよう

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/09/29
部数 685部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング