会社にケンカを売った社員たち

★ 『会社にケンカを売った社員たち』 ★ No.460 (2018/04/18発行)


カテゴリー: 2018年04月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    (^^^)
    ~|~
   \|/    『 会社にケンカを売った社員たち 』No.460


  ~ 感性豊かな経営者、管理職の方に特に読んでほしいメールマガジン ~

                          (2018/04/18発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Legal Literacy Inc.━━
※「等幅フォント」に設定していただきますと最適な表示となります。




「会社にケンカを売った社員たち」の公式ツイッターを開設しています!
https://twitter.com/legal_literacy 
メルマガの情報のほか、労働や雇用等に関するニュースも
ピックアップしてお伝えしてまいります。




C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛



■ 今週の事件【新宿労働基準監督署長事件】
▽ <主な争点>
うつ病と業務起因性など

1.事件の概要は?
2.前提事実および事件の経過は?
3.元アルバイトXの主な言い分は?
4.判決の要旨は?

■ 編集後記



==========================================================================

■ 今週の事件

【新宿労働基準監督署長(以下、S労基署長)事件・東京地裁判決】
(平成27年9月10日)

━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.  事件の概要は?
━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

本件は、Xが平成13年のゴールデンウィーク頃、長時間労働により精神障害(うつ
病)を発病したとして、労働者災害補償保険法(労災保険法)に基づく療養補償給
付および休業補償給付の請求をしたところ、S労基署長がこれを支給しない旨の処
分をしたことから、その取消しを求めたもの。



━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.  前提事実および事件の経過は?
━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

<Xについて>

★ Xは、平成7年5月からは派遣社員として、9年7月から17年6月に退職する
まではアルバイトとして、A研究所(A社)で勤務していた者である。


--------------------------------------------------------------------------

<本件各処分、本件訴訟の提起に至った経緯等について>

★ XはA社に在職していた当時、構造設計部図面室に所属し、CADオペレーターと
してパソコンを使って建築物の構造設計の図面を作成する業務に従事していたとこ
ろ、建築の知識を備えていたことから、他のCADオペレーターと比較して、図面作成
の中でも難易度が高いものが割り振られることが多かった。


▼ Xは仕事が原因で過労によりうつ病になった旨主張して、S労基署長に対し、
24年8月、休業補償給付、同年10月には療養補償給付の請求をそれぞれしたところ、
25年3月、同労基署長はXに対し、「17年6月頃の発症前概ね6ヵ月間に客観的に
当該精神障害を発症させるおそれのある業務に強い心理的負荷があったとは判断で
きない」として、療養補償給付および休業補償給付を支給しない旨の処分(以下
「本件各処分」という)をした。

▼ Xは25年5月、東京労働者災害補償審査官に対し、本件各処分を不服として、
審査請求をしたところ、同審査官は同年11月、Xの審査請求を棄却する旨の決定を
した。

▼ Xは25年12月、労働保険審査会に対し、上記棄却決定を不服として、再審査請求
をしたところ、同審査会は26年6月、Xの再審査請求を棄却する旨の裁決をした。

▼ Xは26年12月、本件各処分の取消しを求め、本件訴訟を提起した。



━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3.  元アルバイトXの主な言い分は?
━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

[Xの精神障害については業務起因性が認められる!]

▼ Xは仕事量が増加したことによる長時間労働が原因となって、平成13年のゴー
ルデンウィーク頃、精神障害を発病した。また、Xの診療を重ねて行った医師は主
たる精神障害をうつ病と診断し、その推定発病時期を13年5月頃と診断している。


▼ XはA社において、CADオペレーターの業務に従事していたところ、同社がジャ
スダックに上場した12年7月頃から恒常的に難易度が高く困難な作業に当たり、残
業や休日出勤が続いたため、13年のゴールデンウィーク頃にうつ病を発症したもの
であり、Xの精神障害については業務起因性が認められる。

▼ 具体的にはXの当時の給与振込金額から逆算した時間外労働時間を計算すると、
13年5月31日前後の労働時間は23年12月26日付厚生労働省労働基準局長通達「心理
的負荷による精神障害の認定基準について」(基発1226第1号)を満たすに足りる
時間外労働となっている。



━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4.  判決の要旨は?
━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

▼ 本件について、Xがうつ病を発病したことおよびその発病時期は17年6月頃と
認めるのが相当である。Xの請求が認められるためには当該うつ病が労基法施行規
則別表第1の2第9号所定の「人の生命にかかわる事故への遭遇その他心理的に過
度の負担を与える事象を伴う業務による精神及び行動の障害又はこれに付随する疾
病」に該当する疾病であると認められる必要がある。

▼ 心理的負荷による精神障害の認定については厚生労働省労働基準局長が各都道
府県労働局長宛に発出した認定基準が策定されており、その内容には合理性がある
と考えられるところ、本件において17年6月頃Xに生じたうつ病の業務起因性を判
断するにあたっては、認定基準を踏まえて判断するのが相当である。

▼ Xがうつ病を発症したのは17年6月頃であるところ、認定基準によれば、対象
疾病の発症前概ね6ヵ月の間に業務による強い心理的負荷が認められることが業務
起因性を認めるための要件となり、具体的には認定基準別表1に記載された「特別
な出来事」や「具体的出来事」があったか否か等について検討する必要がある。X
には認定基準別表1の項目16「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」に該当
する事実の存在は認められず、同別表1に記載された「特別な出来事」があったこ
とを認めるに足りる主張立証はなく、また同別表1に記載された他の「具体的出来
事」があったことを認めるに足りる的確な証拠もない。

▼ Xについては発病前6ヵ月の間に月5時間の時間外労働を行った月が1回あっ
たことが認められるものの、その心理的負荷の総合評価は弱にとどまるものであっ
て、Xの精神障害について業務起因性を認めることはできない。

▼ 認定基準に照らし、Xのうつ病についてはA社において勤務していた当時、平均
的な労働者にとって客観的に精神障害を発病させる程度の負荷があったと判断する
ことはできず、認定基準とは離れて記録によって認められるすべての事実を総合的
に考慮しても、業務起因性を認めるに足りる事情は見当たらないというべきであり、
結局、Xについて生じたうつ病については業務起因性を認めることはできない。

1)Xの請求を棄却する。
2)訴訟費用はXの負担とする。

※ 本件は、『労働経済判例速報』平成28年2月20日号(日本経済団体連合会
労政第二本部 編)を参考に編集しています。


☆★☆ ご意見・ご感想をお寄せ下さい ☆★☆

今回の事件をお読みになって、ご意見・ご感想等がありましたら、
当マガジン公式ブログまで是非お寄せ下さい(ハンドルネームでもOKです)。
⇒⇒⇒ http://blog.goo.ne.jp/ll-inc 

なお、ご質問・ご相談につきましては、メールにて info@ll-inc.co.jp まで
お送りいただけたら幸いです。

<ブログでのコメントのつけ方>
1.コメントをつけたい記事のタイトル、または記事の一番右下にある
 「コメント」をクリックして下さい。
2.コメントを投稿するページが開いたら、「名前」、「コメント」、
「数字4桁」(ページに表示されている数字をそのまま入力)等
それぞれの欄に入力し、最後に「投稿する」ボタンをクリックして下さい。



┏━━━━ ▽ 東京都渋谷区の社会保険労務士をお探しなら ▽ ━━━━┓

 社会保険労務士法人大野事務所(代表社員大野 実)は、渋谷オフィスの
ほか、幕張オフィスを配し、首都圏を中心に約200社のお客様に対して、
総勢約50名体制で、組織的に業務展開をおこなっています。

 私たちは「魅力ある会社」をめざす企業の「人事・労働」に関する課題や
 制度の構築・運用に関し、実践的なアウトソーサーとして情熱をもって
 提案・サポートさせていただきます。

 人事・労務相談から、経営労務監査、労働社会保険手続、給与計算まで
 トータルサポートをしております。
   【詳しくは、ホームページへ】>>> http://www.ohno-jimusho.co.jp/ 
   【事務所概要】 http://www.ohno-jimusho.co.jp/office/index.html 
  ※ お問い合わせの際は、「このメルマガを見た」旨をお伝えください。

┗━━━━ 社会保険労務士法人 大野事務所(渋谷区南平台町)━━━━┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 編集後記

新しい朝ドラがスタートして、約3週間。まだ何とも評価できない段階ですが、ヒ
ロインが自分とほぼ同世代という設定なので、時代の空気を懐かしく思い出すよう
なシーンが見られることを期待したいところです。ただ、ネットで話題になってい
る「マグマ大使」は見た記憶がありません。

次号では、育児短時間勤務制度の利用を理由とする昇給抑制について争われた事例
を取り上げる予定です。なお、次回配信日は5月9日(水)となります。(Y)


─────────────────────────────────────

※ 当マガジンでは、会社側の主張、争点に対する裁判所の判断の詳細はあえて割愛
しています。これは裁判の結果(勝訴・敗訴)ではなく、争点が生じた原因を探る
ことに重きを置いているためです。もちろん従業員側の主張の全てが真実というわ
けではありませんが、訴えられる余地を最小限に抑えることによって、無用な争い
を事前に回避することが可能になると考えます。株式会社リーガル・リテラシーは、
裁判で勝てる・負けない会社作りよりも社員にケンカを売られない社内環境作りを
サポートするための各種サービスを提供しております。詳しくは当社ホームページ
( http://www.ll-inc.co.jp/ )をご参照下さい。

なお、当マガジンで扱っている判例はほとんどが地裁レベルのものであり、第二審
以降の経過をフォローすることは本来の目的ではありませんので、興味をお持ちの
方はご自身でお調べいただけたら幸いです。

※ バックナンバーで取り扱った事件につきましては、公式ブログをご参照下さい。
◆ http://blog.goo.ne.jp/ll-inc 


--------------------------------------------------------------------------

※ ご意見、配信に関する手続などは以下からお願いします。

<ご意見・ご感想・ご質問・ご相談など>
◆ e-mail:info@ll-inc.co.jp 
広告(ヘッダー)掲載、相互紹介等ご希望の場合もこちらまでお問い合わせ下さい。
なお、サイドビジネス等の広告は取り扱っておりませんので、ご了承下さい。

当マガジンのコンテンツの著作権は、リーガル・リテラシー社に帰属しています。
無断転載(ブログ含む)および無断コピー等は一切禁止させていただいております。


<配信中止・配信先変更>
大変お手数をおかけしますが、手続きはご自身で行って下さい。
当社では一切の代理手続をいたしかねます。
◆ http://www.mag2.com/m/0000116175.html  (まぐまぐ!)
◆ http://www.melma.com/backnumber_97380/(メルマ!)
このメルマガは、まぐまぐ!・メルマ!を利用して配信しています。

--------------------------------------------------------------------------

□ 発行元 株式会社 リーガル・リテラシー 広報部 http://www.ll-inc.co.jp/ 
 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町42-10 高橋ビル
       TEL:03-3463-5858 FAX:03-3463-5885
 ※「会社にケンカを売った社員たち」公式ブログ http://blog.goo.ne.jp/ll-inc 
 ※ 公式ツイッター https://twitter.com/legal_literacy 
□ 発行責任者 黒部 得善(社会保険労務士)
□ 編集担当者 荻野 泰男(社会保険労務士)

─────────────────────────────────────
Copyright (C). 2003-2018 Legal Literacy Inc., All Rights Reserved 

会社にケンカを売った社員たち

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/04/18
部数 3,212部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

会社にケンカを売った社員たち

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/04/18
部数 3,212部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策
ダム、トンネル等大型建設工事の参画経験を有し、テレビ、ラジオ、新聞に出演中の著者が、「儲かる」「身につく」建設(土木、建築、設備、電気、プラント)関連情報を厳選。建設業の業績アップ、技術者育成、技術提案、原価低減ネタを紹介します。ベストセラー「今すぐできる建設業の原価低減」等著書多数。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング