会社にケンカを売った社員たち

★ 『会社にケンカを売った社員たち』 ★ No.451 (2017/12/13発行)


カテゴリー: 2017年12月13日
━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▲
   ▲▲
  ▲▲▲      『 会社にケンカを売った社員たち 』No.451
    ┻

  ~ 感性豊かな経営者、管理職の方に特に読んでほしいメールマガジン ~

                          (2017/12/13発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Legal Literacy Inc.━━
※「等幅フォント」に設定していただきますと最適な表示となります。




「会社にケンカを売った社員たち」の公式ツイッターを開設しています!
https://twitter.com/legal_literacy 
メルマガの情報のほか、労働や雇用等に関するニュースも
ピックアップしてお伝えしてまいります。




C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛



■ 今週の事件【渋谷労働基準監督署長事件】
▽ <主な争点>
会社代表者の飼育していた金魚の容器を移動する際に起きた骨折と業務遂行性など

1.事件の概要は?
2.前提事実および事件の経過は?
3.Xの妻Yの主な言い分は?
4.判決の要旨は?

■ 編集後記



==========================================================================

■ 今週の事件

【渋谷労働基準監督署長(以下、S労基署長)事件・東京地裁判決】
(平成28年9月8日)

━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.  事件の概要は?
━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

A社の従業員として勤務していたXは同社の事業場の建物内で代表者が飼育してい
た金魚の容器を持ち上げて移動しようとした際、第12胸椎圧迫骨折の傷害(本件傷
害)を負った。Xの死後、その妻であるYが本件傷害は業務上の負傷に該当すると
して、S労基署長に対し、労災保険法に基づく未支給の保険給付(療養補償給付お
よび休業補償給付)の請求をしたが、同労基署長はいずれも不支給処分(本件各処
分)をした。

本件は、Yが国に対し、本件傷害が上記各補償給付の対象としての「業務上の負傷」
(労災保険法7条1項1号)に該当するから、本件各処分が違法であるとして、そ
れらの取消しを求めたもの。



━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.  前提事実および事件の経過は?
━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

<A社、XおよびYについて>

★ A社は、金属加工を主たる業務とし、精密機械の部品製造を請け負うなどしてい
る会社である。

★ X(昭和18年生)は、A社において勤務していた者である。なお、同社の代表者
であるBとは家族ぐるみの付き合いをしており、Bは関係者に対し、Xのことを四十
数年来の友人と紹介するなどしていた。

★ Yは、Xの配偶者(妻)である。


--------------------------------------------------------------------------

<本件事故の経緯および状況等について>

★ Bは個人的な趣味として金魚を飼っており、住居兼工場である事業場(以下「本
件事業場」という)2階の私用スペースに金魚の入った容器(概ね横1600ミリ×縦
1000ミリ×高さ200ミリ)を置いていた。

▼ Xは平成21年10月13日、上記スペースにおいて容器を移動する作業を行った際
に腰を負傷し、傷害を負った(以下「本件事故」という)。当時、A社はいわゆる
リーマン・ショックにより受注業務が激減し、長期間にわたって仕事がない時期が
あり、本件事故当日も仕事がなかった。

▼ Xは本件事故当日の午後2時25分頃、甲整形外科を受診し、「腰部神経根症」
と診断された。さらに、同月16日、乙整形外科を受診し、レントゲン撮影等の結果、
「第12胸椎圧迫骨折」と診断された(以下「本件傷害」という)。


★ Xは24年6月、自宅で縊死した。


--------------------------------------------------------------------------

<労災申請に至った経緯等について>

★ XおよびYはA社が労災保険料の支払を行っていなかったことなどから、本件事
故につき労災申請はできないものと諦めており、同社に対しても労災申請を行いた
い旨働きかけたこともなかったが、Xの死亡後、親族からの勧めによりYは労災申
請を行うこととした。

▼ Yは本件傷害が業務上の負傷に該当するとして、25年6月、S労基署長に対し、
労災保険法に基づき、未支給の保険給付(療養補償給付および休業補償給付)の請
求をした。これに対し、同労基署長は同年9月、本件傷害が業務遂行中の災害とは
認められないとして、いずれも不支給処分(以下「本件各処分」という)をした。

▼ Yは本件各処分を不服として東京労働者災害補償保険審査官に対し審査請求を
行ったが、同審査官は26年3月、同審査請求を棄却する旨の決定をした。

▼ Yは労働保険審査会に対し再審査請求をしたが、同審査会は27年3月、同再審
査請求を棄却する旨の裁決をした。上記決定および裁決においては、いずれも本件
事故につき業務遂行性が否定される結果、本件傷害には業務起因性がないとされて
いる。



━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3.  Xの妻Yの主な言い分は?
━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

[本件事故について業務遂行性が存することは明らかだ!]

▼ 労働者が労働契約に基づき事業主の支配下にある状態であれば業務遂行性が認
められるところ、当該事業主の本来の業務そのものではなくとも、特別の業務命令
に基づく行為であれば、業務遂行性が認められるというべきである。

▼ しかるところ、A社はいわゆる同族会社で親族以外の従業員はXのみであり、勤
務場所もBの家族の自宅と併用されていたこともあって、本来の業務に余裕のある
ときには、XはBの私用の手伝いをその指揮・命令にしたがって行わされることが
頻繁にあった。

▼ 本件事故の当日もA社の受注業務が途絶えていたことから本来の業務がなく、X
はBの指揮・命令にしたがい、朝からその私用の手伝いに従事していた。

▼ 本件事故の態様は勤務時間中である午前10時ないし10時30分頃、Xが本件事業場
の2階のベランダで従前金魚が入っていた水槽を1人で室内に移動させようとして、
この水槽を持ち上げようとした瞬間、背骨にボキッという音がして激痛が走り、そ
のまま倒れ込んだというものである。

▼ 上記のようなXの勤務実態および本件事故の発生時刻等に鑑みれば、本件事故に
ついて業務遂行性が存することは明らかである。



━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4.  判決の要旨は?
━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

▼ 本件事故は、事業主であるA社の支配下にある本件事業場の属する建物内で発生
したものであるが、金魚を飼育するための容器を移動する行為それ自体は同社の業
務そのものではなく、B個人の私用に属するものであることは明らかである。Xが
当該行為を行うに至ったのは、Bに対し、Xが自ら容器を運ぶことの手伝いを申し
出た結果であって、Bから業務上の指示を受けたためではない。

▼ 本件事故はXが自らの意思によりBの私用を手伝った際に発生したものであっ
て、労働者が労働契約に基づき事業主の支配下にあったということはできないから、
これに業務遂行性を認めることはできないというべきである。

▼ XとB両者の関係は労働契約上の指揮監督関係を除くと、職人としての対等性が
認められる関係であって、仮にXが職人として担当する職務の範囲を超えて、Bの
私用を行うことがあったとすれば、それは長年の友人関係に基づくXの好意による
ものと推認するのが自然というべきであり、Bの事業主としての業務指示ないし命
令によるものと認めることはできない。

▼ 本件事故の業務遂行性を否定し、その業務起因性がないとした本件各処分はいず
れも適法である。

1)Yの請求をいずれも棄却する。
2)訴訟費用はYの負担とする。

※ 本件は、『労働経済判例速報』平成29年1月10日号(日本経済団体連合会
労政第二本部 編)を参考に編集しています。


☆★☆ ご意見・ご感想をお寄せ下さい ☆★☆

今回の事件をお読みになって、ご意見・ご感想等がありましたら、
当マガジン公式ブログまで是非お寄せ下さい(ハンドルネームでもOKです)。
⇒⇒⇒ http://blog.goo.ne.jp/ll-inc 

なお、ご質問・ご相談につきましては、メールにて info@ll-inc.co.jp まで
お送りいただけたら幸いです。

<ブログでのコメントのつけ方>
1.コメントをつけたい記事のタイトル、または記事の一番右下にある
 「コメント」をクリックして下さい。
2.コメントを投稿するページが開いたら、「名前」、「コメント」、
「数字4桁」(ページに表示されている数字をそのまま入力)等
それぞれの欄に入力し、最後に「投稿する」ボタンをクリックして下さい。



┏━━━━ ▽ 東京都渋谷区の社会保険労務士をお探しなら ▽ ━━━━┓

 社会保険労務士法人大野事務所(代表社員大野 実)は、渋谷オフィスの
ほか、幕張オフィスを配し、首都圏を中心に約200社のお客様に対して、
総勢約50名体制で、組織的に業務展開をおこなっています。

 私たちは「魅力ある会社」をめざす企業の「人事・労働」に関する課題や
 制度の構築・運用に関し、実践的なアウトソーサーとして情熱をもって
 提案・サポートさせていただきます。

 人事・労務相談から、経営労務監査、労働社会保険手続、給与計算まで
 トータルサポートをしております。
   【詳しくは、ホームページへ】>>> http://www.ohno-jimusho.co.jp/ 
   【事務所概要】 http://www.ohno-jimusho.co.jp/office/index.html 
  ※ お問い合わせの際は、「このメルマガを見た」旨をお伝えください。

┗━━━━ 社会保険労務士法人 大野事務所(渋谷区南平台町)━━━━┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 編集後記

「まぐまぐ大賞2017」において推薦していただいた読者の皆様には心より感謝申し
上げます。発表は15日とのことですので、ほんの少しだけ期待しつつ、結果を待ち
たいと思います。楽しいクリスマスをお過ごしください。

次号では、転職に関する競業避止義務違反について争われた事例を取り上げる予定
です。なお、次回配信日は12月27日(水)となります。(Y)

─────────────────────────────────────

※ 当マガジンでは、会社側の主張、争点に対する裁判所の判断の詳細はあえて割愛
しています。これは裁判の結果(勝訴・敗訴)ではなく、争点が生じた原因を探る
ことに重きを置いているためです。もちろん従業員側の主張の全てが真実というわ
けではありませんが、訴えられる余地を最小限に抑えることによって、無用な争い
を事前に回避することが可能になると考えます。株式会社リーガル・リテラシーは、
裁判で勝てる・負けない会社作りよりも社員にケンカを売られない社内環境作りを
サポートするための各種サービスを提供しております。詳しくは当社ホームページ
( http://www.ll-inc.co.jp/ )をご参照下さい。

なお、当マガジンで扱っている判例はほとんどが地裁レベルのものであり、第二審
以降の経過をフォローすることは本来の目的ではありませんので、興味をお持ちの
方はご自身でお調べいただけたら幸いです。

※ バックナンバーで取り扱った事件につきましては、公式ブログをご参照下さい。
◆ http://blog.goo.ne.jp/ll-inc 


--------------------------------------------------------------------------

※ ご意見、配信に関する手続などは以下からお願いします。

<ご意見・ご感想・ご質問・ご相談など>
◆ e-mail:info@ll-inc.co.jp 
広告(ヘッダー)掲載、相互紹介等ご希望の場合もこちらまでお問い合わせ下さい。
なお、サイドビジネス等の広告は取り扱っておりませんので、ご了承下さい。

当マガジンのコンテンツの著作権は、リーガル・リテラシー社に帰属しています。
無断転載(ブログ含む)および無断コピー等は一切禁止させていただいております。


<配信中止・配信先変更>
大変お手数をおかけしますが、手続きはご自身で行って下さい。
当社では一切の代理手続をいたしかねます。
◆ http://www.mag2.com/m/0000116175.html  (まぐまぐ!)
◆ http://www.melma.com/backnumber_97380/(メルマ!)
このメルマガは、まぐまぐ!・メルマ!を利用して配信しています。

--------------------------------------------------------------------------

□ 発行元 株式会社 リーガル・リテラシー 広報部 http://www.ll-inc.co.jp/ 
 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町42-10 高橋ビル
       TEL:03-3463-5858 FAX:03-3463-5885
 ※「会社にケンカを売った社員たち」公式ブログ http://blog.goo.ne.jp/ll-inc 
 ※ 公式ツイッター https://twitter.com/legal_literacy 
□ 発行責任者 黒部 得善(社会保険労務士)
□ 編集担当者 荻野 泰男(社会保険労務士)

─────────────────────────────────────
Copyright (C). 2003-2017 Legal Literacy Inc., All Rights Reserved 

会社にケンカを売った社員たち

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/12/13
部数 3,264部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

会社にケンカを売った社員たち

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/12/13
部数 3,264部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング