仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-771「素人と玄人」


カテゴリー: 2018年06月15日






メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.771)「素人と玄人」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.771)「素人と玄人」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「素人と玄人」

 
 モチはモチヤというけれど、
 どんな小さな仕事でも、

 素人はしょせん素人で、
 いかにそのわざが巧みでも、

 いわゆる玄人にはとてもかなわない。

 素人の仕事は、いわゆる
 器用さである場合が多いけれど、

 玄人のそれは
 一つの立派な職業である。

 その仕事によって、
 日々の糧を得ているのである。

 それで暮らしが立っているのである。
 
 ごまかしは一切きかない。
 そこに器用を越えたきびしさがある。

 のっぴきならない真剣さがある。

 グズグズしてはいられない。
 ぐずぐずしていれば一日の糧を失う。

 だから決定が早い。仕事が早い。
 能率がよくて正確である。

 早くて正確で能率がよいというのは、
 もちろん永年の修練の賜物ではあろうが、

 職業としての思いが
 やっぱりちがうのである。

 そこに尊さがある。

 もっともお互いに、職業として 
 それぞれの仕事を選びながら、

 思いもわざも、まだ玄人といところまで
 いっていない点があるのではないか。

 まだ素人の器用さにも及ばない
 仕事ぶりしかしていないのではないか。

 今一度、反省してみたいものである。


    (『続・道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


どの世界を見ても、

 「プロとアマの差」は歴然としています。

プロは、

 「技術」はもちろんのこと、
 「精神性」も高く、
 
 それなりの「風格」があり、
 永年の「修業の跡」が伺える

という感じがします。

しかし、

 どの道も、最初は新人であり、
 「初心者」としての修行があります。

ただ、新人の頃は、

 やはり「器用な人」が目立ちます。

 手先が器用であったり、
 勘が良い人が目立って、

そうでない人は、

 自分の「不器用さ」に唖然とします。

簡単に課題をクリアーしていく人を
見ていると、

 「自分はこの仕事に向いていない」

ということを、痛感したりします。

そして、

 「志半ばで挫折していく」のです。


しかし、
10年20年と持ちこたえてみると、

 その様子が変わってきます。

最初から器用だった人が、
 
 その後も先頭を走っているか?!

というと、そうとも言えません。

油断しているウサギを、
休まないカメが追い抜くように、

 器用だった人が、
 途中から伸び悩んで、

 そうでなかった人が、
 いつの間にか頭角を現す

というようなことが起きるのです。

これは、

 どの仕事においても言えるようです。

実際に、

 「人間国宝」になるような方は、
 そのほとんどが、

 新人の時には、不器用で、
 「お前は向いてない!」と言われた

経験があると聞きます。

しかし、それでも、

 坦々と、黙々と、地道に、休まず
 鍛錬を積み重ねていった結果、

 「器用さ」を越えた力を習得します。

そして、

 その熱心な姿勢によって、他の人の
 追いつけないレベルにまで達する

のです。


また、超一流のプロフェッショナルは、

 その「質が高い」だけでなく、
 みんな「手が早い」ものです。

 「手が遅い一流」はいません。

そして、

 「美しい」だけでなく、
 「品格」があります。

この「品格」に、本物の証が出てきます。

それは、

 新人の頃のその人からは
 とても想像できないほどの変化

でしょう。

「積み重ね」による変化は、

 その人の器用さをはるかに超える

のです。

というか、

 「器用さ」だけでは絶対に届かない

のです。


一般的には、

 「丁寧にする」とスピードが落ち、
 急ぐと「雑になる」ものです。

しかし、実際は、

 「あるレベル」を超えると、
 これが「矛盾」でなくなります。

 「早くてきれいに仕上がる」のです。

そして、「完成度も高くなる」のです。

この

 「あるレベルを越えられるかどうか?!」

というところが、ひとつのポイントです。

 これは、どの分野でも言えることです。

その要諦は、

 まず、
 圧倒的な「数をこなすこと」

でしょう。

 「量は質に転化する」という法則

がありますが、

 「千」とか「万」という
 「一定の数、量」を越えると、

 「一気に質が上がる」
 というポイントがあるのです。

そして、そのポイントを越えると、

 その質は、落ちなくなります。

この段階に来ると、

 さらに「数、量を増すこと」ができます。

そうして、

 ほんとうの「プロの領域」に入る

のです。


この背景には、

 「飽きずに続けられる姿勢」が必要

です。

それは、

 「好き」であり、
 限りない「興味・関心」がある

からでしょう。

そこには、

 どこまでいっても、飽きることなく、
 「更なる高み」を目指す姿勢があります。

単に「器用」なだけでは、

 この「続ける」ということができません。

器用なだけの人は、

 ある程度できれば、満足してしまう

ようです。


 「まだ足りぬ、踊りおどりてあの世まで
  あの世にても、練習、練習」

と辞世の句を詠まれた歌舞伎役者が
おられました。

 50年間、一筋に天ぷらを揚げ続け、
 生まれ変わったら、まだ続きをやりたい
 
という天ぷら職人もおられます。

そういう

 「生き様」というか「働き様」を見ると、

自分の姿勢の何と生ぬるいことでしょう。


この違いは、

 「技術力」ではなく、
 「人間力」にあるようです。

すなわち、

 人間としての「総合力」が高まらないと、
 「この域には達しない」ようです。

最初は、

 「人が、仕事をする」のですが、

途中から、

 「仕事に、人が鍛えられる」

ようになります。


実際には、

 倦まず弛まず努力する過程で、

 「忍耐力」というか「辛抱する力」

というものが養われていきます。

本物のプロフェッショナルは、

 この「忍耐力」に支えられて、

 いくつになっても
 「より良い仕事」を仕上げていきます。

幸之助さんの仰る「思い」とは、

 この「持続する力」のことです。

できれば、

 こういう仕事がしたいものです。


幸之助さんが指摘されるように、
 
 その思いも技も、まだ玄人の域まで
 いっていないのではないか?!

 まだ、素人の器用さにも及ばない
 のではないか?!

その辺りは、一度、
反省しておく必要があるかもしれません。
 


♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき、
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


次回の「ちとえ藤堂塾」は、

 
 (東京)6月24日(日)13時~

 (大阪)7月 8日(日)13時~

  テーマ:「仕事の優先順位」と
        「人生の優先順位」

 「優先順位」というのは、
 理屈ではわかっていても、実際には、
 なかなか決められず、守れません。

 その結果、
 相変わらず「仕事に追われる日々」が
 続くことになってしまっています。

 また、このまま「仕事に追われ」ている
 ばかりでは「自分の人生」が後手になる
 可能性もあります。

 そこで、今回は、もう一度原点に返り、
 「仕事と人生において、
  何を優先すべきか?!」
 を考えてみたいと思います。

 ※ お申し込みは
   ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)

第1400号 ストレスの原因

 「ストレス」の背景には、
 「自分の都合」というものがある。
  
第1401号 思い通りという世界 

 人には、それぞれ
 「自分の都合」というものがある。  

第1402号 心の準備 

 「予定しておく」というのは、
 「心の準備をしておく」ということ
 でもある。 

第1403号 分かっていても 

 「条件つきで受け入れている」ようでは
 まだまだ「余裕がある」とは言えない。


本日、「第1404号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/15
部数 4,087部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/15
部数 4,087部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング