仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-748「わけ入れば」


カテゴリー: 2018年01月05日





メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.748)「わけ入れば」

〔2〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.748)「わけ入れば」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 おめでとうございます。
 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「わけ入れば」

 わけ入れば思わぬ道があるというのは、
 何も野や山の道のことだけではない。

 いままで、これが一番よいと
 思っていたものが、

 やがてもっとよいものができて、
 だから前のものは古くなって、

 おたがいにさらにゆたかな生活を
 楽しむことができるようになる。

 こうしたことは、おたがいの日常の暮らし
 の上に刻々に見られることであるけれど、

 それはたとえ自分が考え出さなくとも、
 多くの人びとのなかの誰かが、
 
 もうこれでいいのだ、もうこれでおしまい
 だなどとあきらめないで、

 もっとよい方法があるはずだ、
 もっとよい考えがあるはずだ、

 という真剣な思いで真剣な努力を
 重ねてきているからである。

 長い人類の歴史は、
 時に曲折はあったとしても、

 こうしておおむね進歩発展の一路を
 辿ってきた。

 今後もまたかぎりなく発展してゆくに
 ちがいない。

 人間は本当は偉大なものなのである。

 われわれもまた、この人間の歴史の
 一コマをになっている。

 だからこそ、どんなことにも、
 
 もうこれでいいのだ、もうこれでおしまい
 だ、などと安易に考えないで、

 わけ入れば思わぬ道もあるという思いで、
 日々ひたすら歩みをすすめてゆきたいと
 思うのである。


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


 「もうこれ以上、新しい発想はない」

と思うようなことでも、何年かすると、

 「新しいもの」が出てきます。

「出てきてみる」と、

 「なるほどなー」と思うのですが、

その時は、そこまで思いが及びません。

しかし、

 世界中の誰かが、どこかで
 「考え続けてくれている」のでしょう。

そういう意味では、人類は、

 それぞれが、それぞれの「持ち味」を
 発揮しながら発展してきた

と言えるでしょう。

微力でも、

 人類の歴史の「一コマ」を担いたい

ものです。


そのためには、

 いまの仕事の分野で、
 「もう一歩を進める」という努力

が必要でしょう。

 世界中の人が、
 いろんな分野を分担している

のですから、

 自分の関わる分野の「責任」は
 果たさないといけません。


私たちは、

 「目標を達成すること」に必死で、
 目標さえ達成できればそれでいい

という感じで仕事をしています。

しかし、今日のポイントは、

 その「目標」自体を見直す

ということでもあるでしょう。

「達成すれば終わり」ではなく、

 「達成すれば、また次の目標を持つ」

ということです。

そのレベルで安心せず、

 「次を目指す、その上を目指す」

ということです。

職人さんは、どの世界でも、

 このような姿勢で取り組んでおられます。

そこには、

 最初から「ゴール」はありません。

 「永遠の道」を
 ひたすら歩き続けているようです。

しかし、会社仕事となると、

 「短期間で成果を求められる」ので、

なかなか

 「こだわり続ける、探求し続ける」

ということができません。

この辺りは、

 「仕事の仕組み」として見直す必要がある

でしょう。


一方で、私たち自身にも課題があります。

それは、今日のテーマである

 「わけ入る」ということです。

これは、

 「もう一歩、深入りする」

ということであり、

 「もっと、深く関わる」

ということでもあるでしょう。

人は、

 これ以上入り込むと、
 厄介なことに巻き込まれる

ということを察知すると、

 それ以上は、わけ入ろうとしません。

いろいろアイデアはあっても、
うっかり言ってしまうと、

 言い出しっぺである自分が
 「担当責任者」にさせられてしまう

ので、なかなか言い出せなかったりします。

 意見は言いたいが、
 当事者にはなりたくないのでしょう。


 この「距離感」が問題です。

すなわち、

 「厄介」でない程度に関わるという姿勢

が問題なのです。

 この関わり方では、いいものはできません。

商品開発のドラマなどを見ると、

 その過程は凄まじいものです。

「結果が出せた」からよかったものの、

 一歩間違えば、
 悲惨な人生で終わってしまう

という可能性もあります。

普通は、

 「そこまでは賭けられない」

ものです。

家族など、他にも守るべきものがあって、

 なかなかそうもいかないかもしれません。

しかしながら、

 この「距離感のとり方」自体は
 見直す必要があるでしょう。

それは、

 「生き方」でもあるからです。

「仕事に対する距離感」だけでなく、

 「人間関係」においても
 この「距離感」が重要です。

 「巻き込まれない程度の距離感」

は、確かに「安全」かもしれませんが、

 「影響力」がありません。

それでは、

 「面白味に欠ける」でしょう。

 安易に関わって失敗するのは避けたい

ものですが、

 「もう一歩踏み込んだことがない」から
 その面白味を知らないだけ

なのかもしれません。

「安全」あるいは「成果」「成功」という

 「結果主義」ではなく、

 「もう一歩踏み込んで深く関わってみる」

という世界を、もっと主体的に体験する
必要があるでしょう。


今年は、一度、

 この勇気を出してみてはいかがでしょうか。


 
♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)

第1239号 願いの叶い方

 「願いの叶い方」のなかにも
 メッセージがある。

第1240号 天との対話

 「天との対話」は
 「ほんとうの自分」との対話でもある。

第1241号 本当に必要なもの

 その「目標」自体が
 間違っている可能性がある。

第1242号 一位的な満足

 「欲しいもの」と「必要なもの」が
 ズレていると、「欲しいもの」を
 手に入れても「人生はが変わらない。


本日、「第1243号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/20
部数 4,075部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/20
部数 4,075部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング