仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-743「自分の非」


カテゴリー: 2017年12月01日






メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.743)「自分の非」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.743)「自分の非」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「自分の非」

 人間は神さまではないのだから、
 一点非のうちどころのない振舞など

 とうてい望めないことで、
 ときにあやまち、ときに失敗する。

 それはそれでいいのだが、
 大切なことは、いついかなるときでも、

 その自分の非を素直に自覚し、
 これにいつでも殉ずるだけの、

 強い覚悟を持っているということである。

 昔の武士がいさぎよかったというのも、
 自分の非をいたずらに抗弁することなく、

 非を非として認め、素直にわが身の
 出処進退をはかったからで、

 ここに、修業のできた一人前の人間として
 の立派さが、うかがえるのである。

 むつかしいといえばむつかしいことかも
 しれないが、

 それにしても、
 近ごろの人間はあまりにも脆すぎる。

 修練が足りないというのか、
 躾ができていないというのか、

 素直に自分の非を認めないどころか、
 逆に何かと抗弁をしたがる。

 そして出処進退を誤り、
 身のおきどころを失う。

 とどのつまりが自暴自棄になって、
 自分も傷つき他人も傷つけることになる。

 これでは繁栄も平和も幸福も
 望めるはずがない。

 自分の非を素直に認め、
 いつでもこれに殉ずる――

 この心がまえを、つねひごろからおたがい
 に充分養っておきたいものである。

 

      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


  自分の非を素直に自覚し、
 これにいつでも殉ずるだけの、
 強い覚悟を持っている

という言葉から浮かんだのは、

 「相撲の行司」の姿です。

相撲の行司の最高位には、

 木村庄之助と式守伊之助という立行司

がおられます。

この二人は、

 腰に短刀(脇差)を指して行司をします。

それは、

 もし差し違えたら「切腹する」覚悟

で臨んでいるということです。

実際に、差し違えたら、協会に

 「進退伺い」を出すことになっている

そうです。


 「いつでも殉ずる」覚悟

というのは、並大抵のことではありません。

まさに、

 「命を懸けて」仕事をしています。

そう思うと、

 私たちの仕事は、まだまだ甘い

と言えるかもしれません。


とはいえ、

 私たちの日々の仕事もたいへんです。

いい加減な気持ちでは続けることは
できないものです。

しかし、そういう日々の中でも、

 「あやまち」や「失敗」はあり、

その度に、

 いろいろ悩むこともあるものです。


一般的に、「失敗」に関することで

 注意すべきことは、二つあります。

ひとつは、

 「失敗しない」工夫と努力です。

特に、

 「同じ失敗」は避けなければなりません。

そのためには、

 きちんと「反省」することです。

自分の

 「過ちと間違い、そして愚かさ」を知り、

 それを正すための「手を打つこと」

が必要でしょう。

更には、

 「自分の失敗のパターン」を認識すること

も重要です。

人は、「同じ失敗」を繰り返します。

 だいたい同じところで躓くのです。

 同じタイミングでミスを犯すようです。

その辺りの「自己分析」はとても重要です。


二つ目は、

 「失敗した後の態度」です。

今日のテーマは、こちらでしょう。

「失敗したとき」に、

 どのようなことを言い、
 どのような態度をとるか?!

ここをしっかり見られています。

「失敗した人」は、

 周りの評価を気にし、
 「どう挽回するか」ばかりを考える

ものです。

その視点は、

 たいてい「出来るだけ早く」であり、

 その視野は「短期」です。

しかし、周りの人たちは、

 意外と「長期の視野」で、
 じっと、その様子を伺っています。


多くの人が「焦る」のは、

 「失敗」によって、
 「自分の評価が下がること」が気になる

からでしょう。

 これまで積み上げてきたものが、
 崩れてしまうことを恐れます。


しかし、実際は、

 少々の失敗くらいで、
 「人の評価」は下がりません。

 人の評価とは、そんなことも含めての
 「その人の総合評価」

です。

 失敗で評価が下がったとすれば、

 それは、
 「元々の評価が低かった」ということ

でしょう。

 自分だけが、
 「そこそこの評価をしてもらっていた」

と思い込んでいたのかもしれません。

したがって、

 「失敗による評価の変化」

はあまり気にする必要はないでしょう。

それよりも、

「失敗したときに大事」なのは、

 「自分との闘い」です。


 「言い訳」をどこまでせずにいられるか?!

 「ふてくされない」でいられるか?!

ここが試されます。

日頃、偉そうなことを言っている人でも、

 「打たれ弱い人」は多いようです。

「人を責めること」には強いのですが、

 「自分が責められる立場になる」と

取り乱してしまう人は結構います。


ものごとは、

 「自分だけの責任」ということは
 ほとんどありません。

たいていは、

 いろんな人が絡んでいます。

そんななかで、

 責任を「一身に背負う」

ということは、なかなかできません。

しかし、

 そこを「見られている」のです。


まさに、

 その人の「生き方」が、
 「その時の態度」に現れてくる

のです。


 
♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「ちとえ藤堂塾」のご案内


 (大阪会場)12月3日(日)13時~

 (東京会場)12月9日(土)13時~


  テーマ : この一年を
       「反省」し「内省」する。

  「反省」のポイントは、
  「どこで、何を間違ったのか?!」
   に気づくことです。

  そして、「内省」のポイントは、
 「どう解決するか?!」を考える前に、
 「出来事の意味」を解釈することです。

 これができると、自分の
 「過ち」「間違い」そして「愚かさ」が
 見えてきます。

 年に一度くらいは、
 しっかり「自分と正対する時間」を持つ
 ことが必要です。


   お申し込みは
  ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html 

  ※終了後は、恒例の「望念パーティ」を
   開催します。(希望者のみ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)

第1204号 決め手
 
 「迷わない人」は、
  「決め手」を持っている。

第1205号 必要なものの選択

  「必要なもの」を選ぶためには、
  「避けたいもの」を引き受ける
  という覚悟が必要になる。

第1206号 選択する勇気

 「選択」とは、
 「リスクのあるもの」であり、
 「無傷では済まないもの」でもある。

第1207号 大事なことを優先する

 避けたいこと」を避けるよりも、
 「自分にとって大事なこと」を優先する。


本日、「第1208号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/15
部数 4,087部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/15
部数 4,087部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング