仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-741「もっとも平凡な」


カテゴリー: 2017年11月17日






メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.741)「もっとも平凡な」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.741)「もっとも平凡な」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「もっとも平凡な」

 朝起きたら顔を洗う。
 家の前をはいて水を打つ。

 しごくあたりまえのこと。

 ものをもらえばありがとう。
 お世話になったらすみません。

 とりちらかしたら、あとかたづけ。
 別にむつかしい理屈も何もない。

 犬や猫ならいざ知らず、
 人間としてなすべき、もっとも平凡な、

 もっともあたりまえのことである。

 ところがこれに理屈がつく。

 手前勝手な理屈がつくと、
 いつのまにやらあとかたづけ不要。

 顔も洗わず水も打たず。

 平凡なことが何やらむつかしいことに
 なって、何をなすべきか右往左往。

 そんなんことが、きょうこのごろは
 あまりにも多すぎはしないか。

 それもこれも、つまりは自分なりの都合の
 良い道を求めてのことであろうけれども、

 自他ともの真の繁栄への道は、
 本当はもっとも平凡なところにある。

 みんなが納得するしごくあたりまえの
 ところにある。

 別にむつかしく考える必要はない
 のではないか。

 もう一度考え直してみたい。

 水が低きに流れるように、
 夏がすぎたら秋がくるように、

 自然の理にかえって、
 もう一度素直な心で考え直してみたい。


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


 「理屈と膏薬はどこへでも付く」

という言葉があります。

 どんなことにも理屈をつけようと思えば、
 もっともらしい理屈がつくものだ

というたとえです。

人が「素直か、素直でないか」は、

 この「理屈をいうかどうか」

ということでも判断できるでしょう。

多少、無茶でも無理でも、

 言われたら「はい!」という生き方

があります。

対して、

 「理由」を確認し、「説明」を求め、
 「納得」できたら動くという生き方

もあります。

何となく、後者の方が賢明
というイメージがあって、

 「論理性」に優越感を持つ

という世界もあるようです。


この「理屈」に関しては、

 「屁理屈」と言って、
 筋の通らない、道理の通らない理屈

もありますが、

一般的には、

 「理屈が通っている」

ということは、いいことになっています。

私たちは、いつの間にか、

 この「理屈を言うこと」を覚えました。

時には、それが

 「説得力」になることもあります。

 「ディベート」の武器になることも
 あるでしょう。

しかし、この

 「理屈が通る」

ということには、盲点もあります。

なかでも、注意すべきは、

 「説明のうまさ」です。

池上彰さんのように、

 難しいことを「うまく説明できる」

ということは大切であり、それが

 「わかりやすい」

ということはもっと大事かもしれません。

しかし、

 そこには、落とし穴もあります。

特に、

 「自分のことを説明する」とき

は、よく注意しなければなりません。

中でも、

 「自分がうまくできないこと」を
 「説明する」とき

は要注意です。

時どき、
「この説明がとてもうまい人」がいます。

 「うまくいかない理由」を
 「うまく説明できる」

のですが、一向に

 そんな自分を改善することはできない

のです。

このタイプの人は、

 「うまく説明できたこと」で、
 問題は回避できたように思っている

ところがあります。

こういう人に対しては、

 「ごちゃごちゃ言わずに黙ってやれ!」

と言いたいところですが、

 そこを、うまく説明して、
 悦に入ってしまうのです。

横で、冷静に聞いていると、

 単なる「言い訳」でしかない

のですが、

 「理屈が通ってしまう」と
 話が変わってしまうのです。

一般的には、

 「言い訳」をする人は、

 自分に「軸足」があって、
 「自分以外のもの」のせいにします。

しかし、この説明のうまい人は、

 「自分の非を認めている」

ので、それ以上責められないのです。

 ここに「ズルさ」があります。


また、

 「効率」というものを持ち出す

と、話がややこしくなります。

 「今掃除しても、またすぐ汚れる」
 から、今は掃除しなくていい!?

 これは、どうでしょう?

鍵山秀三郎さんは、

 「ひとつ拾えば
  ひとつだけきれいになる」

と仰っています。

禅にも、似たような言葉がありました。

この意味は、

 「効率論」では分からないでしょう。

また、

 「掃除より仕事の方が重要!」

そう思っている人もたくさんいます。


大事なのは、

 「その理屈は正しいか?!」

ということではありません。

 そもそも「理屈などいらないのだ!」

という世界もあるということです。

 「理屈を言う前にやる」という生き方

です。

「理屈」を聞いてしまうから、

 筋が通っていれば反論できない

のですが、

 そもそも「理屈」など言う場面ではない!

というところを間違ってはいけません。


幸之助さんの言葉を借りるなら、

 「水が低きに流れる」ように、
 「素直にやる」

ということであり、

 「夏が過ぎたら秋が来る」ように
 「自然にやる」

ということです。


「説明」とは、

 形を変えた「言い訳」です。

 「やらないこと」を正当化しているだけ

かもしれません。

その「上手さ」を鍛えたところで、

 本質はわかりません。


 わざわざ「難しくしない」こと、
 わざわざ「ややこしく考えない」こと、

 いちいち「説明しようとしない」こと、
 いちいち「説得しようと考えない」こと

そして

 ただ「黙ってやる」

 それだけのことかもしれません。


 「すべてのことに理由を求めない」

ということの大事さを学びたいと思います。


 
♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「ちとえ藤堂塾」のご案内


 (大阪会場)12月3日(日)13時~

 (東京会場)12月9日(土)13時~


  テーマ : この一年を
       「反省」し「内省」する。

  今年一年の出来事を振り返り、

  「何が原因でどういう結果になったのか」
   今年の「実践とその成果」を「反省」し、

 「いま、自分の身に何が起きているのか」
  を「内省」します。

  この「反省と内省」をきちんと行うと、
  これからの「課題」が明確になります。 

  仕事環境と生活環境の変化とともに、
  「自分の課題の変化」もしっかり押さ
  えておきましょう!


   お申し込みは
  ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html 

  ※終了後は、恒例の「望念パーティ」を
   開催します。(希望者のみ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)


第1190号 成長の実感

 ある人のがんばりは積み重なり、
 ある人の努力は消えていく。

第1191号 投資と経費

 「投資」という支出は、
 「積み重なって価値が出る使い方」
  である。
 
第1192号 きちんと使う

 「投資」というのは、
 「手に入れてから」が勝負である。

第1193号 わかった気にならない

 「わかった」という感覚は、
 「自分はできる」という認識に
  すり替わってしまう。


本日、「第1194号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/13
部数 4,078部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/13
部数 4,078部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング