仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-732「自得する」


カテゴリー: 2017年09月15日




メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.732)「自得する」

〔2〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.732)「自得する」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「自得する」


 獅子はわが子を
 わざと谷底につきおとす。
 
 はげしい気迫である。
 きびしい仕打ちである。
 
 だがそのきびしさのなかで、
 幼い獅子は決してへこたれない。

 必死である。真剣である。

 そして、いくたびかころび落ちながらも
 一歩一歩谷底からはい上がる。

 はい上がるなかで、
 はじめて自立を会得する。

 他に依存せず、みずからの力で歩むこと
 の大事さを、みずからの身体でさとる。

 つまり自得するのである。

 そこから獅子本来のたくましさが
 芽生えてくる。

 自得するには、きびしさがいる。
 勇気がいる。

 ときには泣き出したいような、
 途方に暮れるようなこともあろう。

 泣くもよし。嘆くもよし。

 しかしその次の瞬間には、
 新たな勇気を生み出さねばならない。

 きびしさこそ、
 自得への第一歩ではないか。

 たくましい自立への道を、
 みずからさとる貴重な道しるべではないか。

 勇気を出そう。元気を出そう。

 激動する世界のなかで、
 日本の国も容易ではない。

 だから、おたがい一人ひとりも、
 決して容易ではない。

 自得へのきびしい日々を
 覚悟したいものである。


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


私たちが「ものを学ぶ」ときは、
二つの段階があります。

ひとつは、

 「教えてもらう」という段階

です。

先生や、できる先輩がいて、

 その人から「教えて」もらい、
 「基本」を身につけていくのです。

「学校」はこのスタイルですし、
「新入社員時代の会社」もそうでしょう。


もうひとつは、

 「習得する」「会得する」
 「体得する」という段階

です。

 「実践を通して、身につける」
 「経験を通して、マスターする」

ということです。

 「コツをつかむ」

というのも、この段階です。


一般的には、

 教えてもらったことを、
 実践を通して、体得していく

というケースが多いでしょう。

たとえば、

 「自動車教習所」で運転の基本を学び、

 日常生活のなかで運転することで、
 そのレベルを上げていきます。

実際に、

 雨の中を走ったり、
 渋滞に巻き込まれたり、

あるいは、

 時おり難しい駐車場に入れたり、
 ナビで初めての街を走ったり

という、いろいろな経験を通して、
その腕を磨いていきます。

これが、
「ペーパードライバー」であれば、

免許は持っていても、、
横に乗せてもらうのは怖いでしょう。


実際の学びにおいては、この

 「ぺーパードライバー」のようなケース

が結構あります。

たとえば、

 学生時代に「英語」の勉強はしましたが、
 実際にはなかなか使えません。

道を聞かれるだけでもドキドキします。

結局、この程度では、

 「話しにならない」

ということです。

本当に英語を話せるようになりたいのなら、

 「一人で海外に行く」とか、

その他にも、たとえば、

 外人の観光客を次々つかまえて、
 「どれだけ自分の英語が通じるか」を試す

という方法もあるでしょう。

しかし、実際、そうするには、

 「勇気」もいりますし、
 「度胸」もいるでしょう。

「英会話学校の中」のような訳には
いきません。

 「修羅場をくぐる」

という表現がありますが、

 そのような「厳しい経験」も必要です。

 「逃げ出したくなる」状況で踏ん張る

という経験くらいしておかないと、やはり、

 「つかいもの」にはなりません。


今日のテーマである
 
 「自得する」

というのは、そう簡単なことではありません。

「自得する」ためには、

 「修羅場をくぐった経験」

というものが必要でしょう。

そうであってこそ、

 本当の「たくましさ」が出てきます。


仕事においても、

 いまひとつ「迫力に欠ける」のは、

あるいは

 いまひとつ「甘いな」と感じるのは、

 「ここを超えた経験がない」から

ではないでしょうか。

幸之助さんの仰るように、
ときには

 泣き出したくなったり、途方に暮れる

という経験をし、

 それでも、もう一度、
 「新たな勇気を生み出す」

ということができて、初めて、

 「自得への第一歩」が歩める

ということでしょう。


最近の職場では、

 この「たくましさ」があまり見られません。

仕事だけでなく、人生においても、

 「たくましさ」

というものを、

 もう一度、取り戻したいものです。


 
♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)


第1127号 相性

  同じ人でも、相手によって、
  その見せる態度が違う、
   その発揮する能力が違う。

第1128号 引き出される自分
 
  「この人は、私の何を引き出してくれる
  人か?!」という視点で見ると、また
    違った「関係の意味」が見える。

第1129号 周りの人の役割

  周りの人は、「私という人間が
  どういう傾向性を持っているか?!」
    を教えるために、みんなで分担して
   「協力」してくれている?!

第1130号 自分を受け入れる

  「これも自分なんだ」と受け入れて
    みると、「自分にイライラすること」
    はなくなる。 

 
本日、「第1131号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/15
部数 4,084部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/15
部数 4,084部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング