仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-729「敵に教えられる」


カテゴリー: 2017年08月25日




メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.729)「敵に教えられる」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.729)「敵に教えられる」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「敵に教えられる」


  己が正しいと思いこめば、それに異を
 唱える人は万事正しくないことになる。

 己が正義で、相手は不正義なのである。
 いわば敵なのである。

 だから憎くなる。倒したくなる。
 絶滅したくなる。

 人間の情として、これもまたやむを得な
 いかもしれないけれど、

 われわれは、わがさまたげとばかり思い
 こんでいるその相手からも、

 実はいろいろの益を得ているのである。

 相手がこうするから、自分はこうしよう、
 こうやってくるなら、こう対抗しようと、

 あれこれ知恵をしぼって考える。
 そしてしだいに進歩する。

 自分が自分で考えているようだけれど、
 実は相手に教えられているのである。

 相手の刺激で、わが知恵をしぼっている
 のである。

 敵に教えられるとでもいうのであろうか。

 倒すだけが能ではない。
 敵がなければ教えもない。

 従って進歩もない。

 だからむしろその対立は対立のままに
 みとめて、

 たがいに教え教えられつつ、
 進歩向上する道を求めたいのである。

 つまり対立しつつ調和する道を求めたい
 のである。

 それが自然の理というものである、
 共存の理というものである。

 そしてそれが繁栄の理なのである。


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


ケンカをするときに、

 「正しさ」を持ち出す人

は、結構、多いようです。

 「私は、間違っていない!」

などと言い出すと、
なかなか収拾がつきません。

また、

 「正義」を持ち出す人

もたくさんいます。

 「正義感の強い人」には、
 「戦い好き」が多いかもしれません。

いずれにしても、

 「自分は絶対間違っていない」という理屈

が成り立つと

 「敵対」してしまうのです。


今日の言葉にある、

 「対立しつつ調和する」

というのは、
幸之助さん特有の言葉でしょう。

 「対立しつつ共存する」

というのが、

 「自然の理」だということです。

幸之助さんは、

 本来、宇宙にあるすべてのものは、
 それぞれに対立してる。

 太陽とか月という大きなものから、
 一匹の虫や一本の草、一粒の砂に至るまで

 それぞれ一つ一つ独自の立場と役割を
 持って存在している。

 つまり、万物すべて独立し、
 相互に一対一の関係を持っている。

 すなわち、
 対立していると言ってもよい。

 しかし、同時に、
 そこに調和を保っている。

 つまり、
 それぞれの立場や役割を失わないで、

 しかも、そこにひとつのバランスというか
 秩序ある姿をつくっている。

と仰っています。

たとえば、
 
 太陽と地球の関係についても、
 対立しつつ調和しているからこそ、

 秩序が保たれ、
 地球上の生物も生きていける。

ということです。


ところが、

 人間が絡んでくると、

 「対立」が「闘争」となって
 お互いが傷つくことになりやすい

のです。

 「自分の立場」だけからものを見、
 自分の損得を中心に考えて対立すると、

 ケンカや、足の引っ張り合いになって、

 「対立が対立のままに終わってしまう」

のです。


この「対立」が、

 「いいライバル」ということになると

少し雰囲気が変わってきます。

「ライバル」同士であれば、

 お互いが真剣に考え、
 それぞれが工夫を加えて、努力を重ねます。

これは、スポーツはもちろん、
商売、その他の世界でも同じです。

すなわち、

 「競争の原理」がうまく働いて、

 お互いに切磋琢磨し、
 そこから、新しいものも生まれてきます。

これが、

 「進歩や発展」のエネルギーになり、
 「繁栄」に繋がるのです。


「対立」したときに、

 潰すべき「敵」に見えるか、
 競い合うべき「ライバル」に見えるか?!

これは、大きな違いです。

「正々堂々と戦うか?!」といった

 「競争の仕方」も違ってくる

でしょう。

 「共倒れ」になるか、
 「相互啓発」になるか?!

それは、

 「競争の考え方」に依るでしょう。


「敵」という言葉は、

 やや「悪い」イメージがありますが、

これを「縁者」というとらえ方をすると、

 「相手」が、少し違って見えてきます。

すなわち、

 「敵」か「味方」かに分かれる

のではなく、

 「敵の姿をした味方」と
 「味方の姿をした味方」がいる

ととらえるのです。

要するに、

 どちらも「協力者」である

という考え方です。

「味方」は、

 素直に応援してくれ、

「敵の姿をした味方」は、

 こちらの「弱点」を
 見事に指摘してくれる存在

として、

 間接的に応援してくれている

というとらえ方です。


「自分の都合」を持ち出すと、

 この「縁」が見えません。

 「縁に出逢っても、縁に気づかない」

のです。


 「なんだ、味方だったんだ!」

と簡単にバレるようでは、
役割を果たし切れていません。

最後まで、

 味方だとは気づかないほどの
 「演技」で迫ってくれる人こそ、

 「ほんとうの味方」「ほんとうの仲間」

かもしれません。


 「ライバルという仲間」として意識する

という関係こそ、

 「対立しつつ調和する」関係

です。

「勝ち負け」や「優劣」ではなく、

 「相互啓発」「相互協力」という
 「いい競争」をしたいものです。

 
♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

下記の通り
「ちとえ藤堂塾」を開催いたします。


(大阪)9月 3日(日)13時~15時

(東京)9月 9日(日)13時~16時


  テーマ : 新しい時代の
           「生き方」と「働き方」

  「働き方改革」や「AIの進展」は、
  あなたの「生き方」と「働き方」を
  大きく変えてしまう可能性があります。

  今回は、現在の様々な予測
  (すでに起こった未来)をヒントに、

  新しい「生き方」を創造するための、
  「新人生戦略」を考えてみます。

 
  お申し込みは
  ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html  



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)


第1108号 炙り出される自分

  「忍耐力のない愛」
   「寛容さに欠ける愛」は、
   「本物ではない」のかもしれない。

第1109号 理解、納得を超えて

   人生には、
   「理解を超える」ことが起きる。
 
 
本日、「第1110号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/08
部数 4,177部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/08
部数 4,177部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング