仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-726「力をつくして」


カテゴリー: 2017年08月04日




メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.726)「力をつくして」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.726)「力をつくして」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「力をつくして」


  どんな仕事でも、一生懸命、
 根かぎりに努力したときには、

 何となく自分で自分をいたわりたいような
 気持ちが起こってくる。

 自分で自分の頭をなでたいような
 気持ちになる。

 きょう一日、本当によく働いた、
 よくつとめた、そう思うときには、

 疲れていながらも食事も美味しく
 いただけるし、気分もやわらぐ。

 ホッとしたような、
 思いかえしても何となく満足したような、

 そして最後には
 「人事をつくして天命を待つ」

 というような、
 心のやすらぎすらおぼえるのである。

 力及ばずという面は多々あるにしても、
 及ばずながらも力をつくしたということは

 おたがいにやはり慰めであり喜びでもあり
 そしていたわりでもあろう。

 この気持ちは何ものにもかえられない。
 金銭にもかえられない。

 金銭にかえられると思う人は、
 ほんとうの仕事の喜びをいうものが
 わからない人である。

 仕事の喜びを味わえない人である。
 喜びを味わえない人は不幸であると
 言えよう。

 事の成否も大事だけれど、
 その成否を越えてなお大事なことは、

 力をつくすという 
 自らの心のうちにあるのである。


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 「力を尽くす」というここと、
 「その結果がうまくいく」ということは

別のことです。

しかし、私たちは、

 「結果」がよければ、
 「がんばったのであろう」

ととらえ、

 「結果」がよくなければ、
 「努力が足りなかったのではないか」

と考えがちです。

これは、完全な

 「結果主義」の落とし穴

かもしれません。


問題は、「結果主義」になると、

 「結果」に合わせた「努力」
 をするようになる

ということです。

 求める「結果」が出る程度の「努力」
  で済ませてしまう

のです。

それは、つまり、

 「力の出し方」をコントロールする

ということでもあります。

「効率」から言えば、

 いつも「全力」でやっていると
 疲れてしまいますから、

 「手を抜けるところ」はうまく抜いて、
 大事なところに「集中する」

というのは、
一般的な考え方かもしれません。

しかし、

「全力」を出すためには、

 普段から「全力」を出している

必要があります。

普段「全力」で走っていない人が、

 大事なときだけ「全力で走ろう」と
 思っても、そうはいかないものです。

「いざ!」というときにがんばれるのは、

 いつも全力で戦っている人であり、

 普段、サボっている人は、
 「いざ!」となったら役に立ちません。


 「尽くす」とか「やり切る」

というのは、

 「力の出し方」の問題です。

「力があるかないか」ではありません。

 「手を抜かない」かどうか?!

ということです。

これは、

 「克己の工夫」の問題でもあります。


「怠け癖」のある人は、

 何をやっても
 すぐ「怠けよう」とします。

 ちょっとした隙を狙って、
 「サボろう」とするのです。

しかし、

 「いつも全力」の人には、
 そういう隙はありません。

これは、たとえば、

 電車に乗ったとき、

 「絶対に坐らない人」と
 「できるだけ坐ろうとする人」の差

のようなものかもしれません。

 足腰を鍛えるために、
 電車では座らないようにしている人は、
 
 多少疲れていても、
 こういうときこそ鍛える機会だとして、

 席が空いていても座りません。

しかし、

 いつも坐っている人は、

 席が空いていないと、
 余計に疲れてしまいます。

 普段から鍛えていないので、
 たまに立つだけでも辛いのです。
 
この背景には、

 「生き方の違い」があります。


 「尽くす」とか「やり切る」

というのは、

 「常に、最高の自己を発揮する」

という「生き方」です。

それは、「誰かのため」でもありますが、

本当の目的は、

 「自己を最高度に生かすこと」です。

そのためには、

 常に「全力」であること

が必要です、

 相手によって「力の出し方」を変えない

という姿勢が必要なのです。

この

 「相手によって自分の態度を変えない」

という姿勢が、

 「絶対的人生観」と言われるものです。


「余裕」というのも、

 「相対感」から生まれます。

 「スケジュールに余裕がある」
 「時間的に余裕がある」

というのはいいですが、

 「余裕でする仕事」はどうでしょうか?!

そこには、

 「慢心」が見え隠れします。

また、

 人は「自分の長所で躓く」

とも言います。

 これくらい「朝飯前」だと思う
 その姿勢に「落とし穴」がある

のではないでしょうか。


「全力のレベル」には、

 「一生懸命・一所懸命」

という表現もありますが、

昔の日本人は、

 「精いっぱい」とか
 「精魂を込めて」「精魂を傾けて」

などとも言いました。

幸之助さんは、

 「根かぎりに」と表現されています。

それは、
 
 「肉体レベル」の話ではなく、
 「精神レベル、魂レベル」の話だ

ということでしょう。

また、幸之助さんは、

 「力をつくした」ということは、
 「金銭」にはかえられない。

 「金銭にかえられると思う人」は、
 ほんとうの仕事の喜びがわからない

と仰っています。

「仕事」という言葉よりは、

 「働く」という言葉の方が、
 日本人にはピンとくるかもしれません。


「働き方改革」などと言われて、
「労働時間」等の見直しが進んでいますが、

改革すべき「働き方」の本質は、

 もう少し深いところにある

のではないでしょうか。

 
♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

下記の通り
「ちとえ藤堂塾」を開催いたします。


(大阪)9月 3日(日)13時~15時

(東京)9月 9日(日)13時~16時


  テーマ : 新しい時代の
           「生き方」と「働き方」

   「働き方改革」や「AIの進展」は、
  あなたの「生き方」と「働き方」を
  どのように変えるでしょうか?!

  新しい時代を生き抜くには、
  新しい「人生戦略」が必要でしょう!

 
  お申し込みは
  ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html  



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)


第1087号 自分ができる方法で

  「自分の才能を生かすための努力」
   が足りない。

第1088号 時間の枠を外せば

  「時間を気にせずやってもいい」
   のなら、もう少し「努力」を続ける
  ことができる。
  
第1089号 自分い合ったやり方

   「正しいやり方」があると思い込んで
  「自分に合ったやり方を創り出す努力」
  をあまりしてこなかった。

第1090号 手間暇かかっても

   「人生論」で見ると、
   「丁寧さ」には価値がある。

 
本日、「第1091号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/11
部数 4,265部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/11
部数 4,265部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング