仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-720「窮屈はいけない」


カテゴリー: 2017年06月23日




メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.720)「窮屈はいけない」

〔2〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.720)「窮屈はいけない」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「窮屈はいけない」

 窮屈な場所に窮屈にすわっていると、
 血のめぐりも悪くなって脚もしびれる。

 身体が固くなって
 自由な動作がとれないのである。

 無作法は困るけれど、
 窮屈はなおいけない。

 やっぱり伸び伸びとした自由自在な姿が
 欲しいものである。

 どんな場合でも、窮屈はいけない。

 身体を窮屈にするのもいけないが、
 心が窮屈になるのはなおいけない。

 心の働きが鈍くなって、
 よい知恵が出てこないのである。

 ものには見方がいろいろあって、

 一つの見方がいつも必ずしも
 いちばん正しいとはかぎらない。

 時と場合に応じて自在に変えねばならぬ。

 心が窮屈ではこの自由を失う。

 だからいつまでも一つに執して、
 われとわが身をしばってしまう。

 身動きならない。

 そんなところに
 発展が生まれようはずはない。

 万物は日に新たである。
 刻々と変わってゆく。

 きょうは、
 もはやきのうの姿ではない。

 だからわれわれも、きょうの新しいものの
 見方を生み出してゆかねばならない。

 おたがいに窮屈を避け、
 伸び伸びとした心で、

 ものを見、考えてゆきたいものである。


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


「窮屈さ」を感じる理由のひとつに
 
 「枠をはめられる」

ということがあります。

そして、その「枠」は、

 「人からはめられる」

ことがよくあります。

 「あれはしてはいけない」
 「それも禁止である」

という「枠」です。

このような世界にいると、

 何かをしたくても、
 だんだん諦めるようになります。

そのうち、

 「やる気」さえ起きなくなってしまう

のです。

具体的なケースとしては、

 「親の反対」にあったり、
 「法律」に阻まれたり

ということもあります。

「親の反対」で、

 夢を諦めた人もあるでしょう。

「法律」がクリアできなくて、

 商品開発を諦めるということも
 あるようです。

確かに、

 何十年も前の法律が、 
 未だに幅を利かせて邪魔をしている

ということもあります。

「何かを護っている」はずのものが、

 発展の「邪魔になっている」

というのは、考えものです。


また、この「枠」を

「人からはめられる」のではなく、

 「自分で勝手にはめている」

ケースもあります。

何度も痛い目にあっている間に、

 「それが常識である」
 「そんなこと当たり前だ」

と受け入れてしまい、いつの間にか、

 「それは、そういうものだ」

と決めつけて、

 「努力」を諦めてしまうのです。

そして、気がつくと、

 誰も邪魔しないのに、
 自分でブレーキをかけてしまう

ようになるのです。

幸之助さんは、よく、

 「誰も君の邪魔はせんよ」

と仰っていましたが、

いつの間にか、

 「本当はやりたかったけれども、
 理由があってできなかったのだ」

と言い訳するようになってしまうのです。


この

 「自分でブレーキをかける」こと

の「例え話」に

 『蚤のジャンプ』があります。

自由にジャンプしている蚤の箱に、
カラスの蓋をすると、

 最初はぶつかっていた蚤が、
 だんだんぶつからない高さで飛ぶ
 ようになる。

そして、しばらくすると、

 ガラスの蓋を外しても、
 もう以前のように、高くは飛ばない

という話です。


痛い目にあっている間に、

 だんだん無難な生き方を覚え、
 それで良しとするようになる

のでしょう。

確かに、一時は、

 「ガラスの蓋」がありました。

 それで痛い目にも遭いました。

しかし、

 もう今は、その蓋はありません。

でも、トラウマのようになって、

 昔のように思い切り飛ぶと、
 またぶつかってしまうかもしれない

と恐怖に襲われるのです。


このように、

 「自分で自分を縛っている」

のであれば、

ここは、思い切って、

 根本から見直す必要がある

かもしれません。

まずは、

 自分で自分を縛っておいて、
 「窮屈だ!」と言っていないか?!

ということを確認する必要があります。

そして、さらには、

 その「枠」に慣れてしまい、
 窮屈さを感じなくなっていないか?!

その辺りも、
確認してみる必要があるでしょう。


幸之助さんは、

この「枠」にとらわれない自由な発想を、

 孫悟空の「如意棒」

に例えておられます。

 「心」というものは、

本来、

 もっともっと自由であり、
 もっともっとのびやかである

ということです。

まずは、

 その「イメージ」を
 きちんと持っておく必要がある

でしょう。


最初から、

 「枠」にとらわれて、
 小さく考えていては

 いくら考えても
 「答え」が見えています。

そういう

 「ものの見方、考え方」の根本が
 変わらないことには、

 何度考えても同じです。
 

 「日に新た」

というのは、幸之助さんの好きな言葉です。

「同じ枠のなか」で、

 「日々、新しいことを考える」

ということも、もちろん大事ですが、

その「枠自体を外して」

 「日々、ものの見方を新しくする」
 「日々、ものの考え方を新しくする」

という発想も重要です。

「発明、発見」のなかに、

 「ものの見方」の発明、
 「ものの考え方」の発見

というものも取り入れてみたいものです。



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を
毎朝お届けしています。

         
ぜひ、こちらも登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


第1045号 話す人と黙る人

  「話す人」と「黙る人」という関係は、
  気を付けないといけない。

第1046号 問う人と黙る人

  「応えずに黙ってしまう」というのは
   「ちゃんと向き合っていない」という
  ことになる。

第1047号 話したいことと聞きたいこと

  大事なのは、「相手が話したいことか
  どうか?!」であり、 
    「自分が聞きたいかどうか」ではない。

第1048号 怒りと諦め

  人は、何かに「集中」してしまうと、
   それ以外のことが見えず聞こえない。

 
本日、「第1049号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/13
部数 4,078部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/13
部数 4,078部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング