仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-717「失敗か成功か」


カテゴリー: 2017年06月02日




メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.717)「失敗か成功か」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.717)「失敗か成功か」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「失敗か成功か」

 百のことを行なって、
 一つだけが成ったとしたら、

 これははたして失敗か成功か。

 多くの場合、
 事の成らない九十九に力を落とし、

 すべてを失敗なりとして、
 悲観し意欲を失い、

 再びその事を試みなくなる。
 こうなれば、まさに失敗である。

 しかし、よく考えれば、
 百が百とも失敗したのではない。

 たとえ一つであっても、
 ことが成っているのである。

 つまり成功しているのである。

 一つでも成功したかぎりは、
 他の九十九にも成功の可能性があるという
 ことではないか。

 そう考えれば勇気がわく。
 希望が生まれる。

 そして、
 事の成った一つをなおざりにしないで、

 それを貴重な足がかりとして、
 自信をもって再び九十九にいどむことが
 できる。

 こうなれば、
 もはやすべてに成功したも同然。

 必ずやその思いは達成されるであろう。

 どちらに目を向けるか。

 一つに希望を持つか、
 九十九に失望するか。

 失敗か成功かのわかれめが、
 こんなところにもある。

 繁栄への一つの道しるべでもあろう。 


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 100のことをして、
 99がうまくいかないと、

 みんな「大失敗」と思うでしょう。

 10試合して、
 「1勝9敗」だと、

 「大敗」と言われるでしょう。

この感覚は、わからないでもありません。

しかし、

 何かをしたとき、

 99人が褒めてくれても、
 「1人に批判される」と、

 それだけで「失敗だ」と悩む人が
 たくさんいます。

こうなると、

 「完璧」でないと
 「成功」したことにならない

ということになってしまいます。


この背景には、

 「オール・オア・ナッシング」

という思想があります。

これは、

 「完璧」でなければ「失敗」であり、
 「全勝」でなければ「負け」である。

という考え方です。

現実を見ると、

 この考え方では、
 「幸せ」になることはできません。

しかし、どういう訳か、
この考え方に染まり、

 すべての「批判」を消したいと
 必死に戦っている人がたくさんいます。

もちろん、人命に関わるようなことでは、

 「少しくらいいいか!?」
 というわけにはいきません。

 「ひとつのミスもないようにする」
 必要があるでしょう。

しかし、

 人生に、この考え方を持ち込む

のは、少し問題があります。

これでは、何をやっても

 「自信」を持てるようにはなりません。


この

 「オール・オア・ナッシング」の対極

にあるのが、

 「ひとつずつ」を丁寧に見る

考え方であり、

 「出来ていること」を個別に評価する

考え方です。

100のうち、

 たとえ1つでもできていれば、
 その「1つ」をちゃんと評価する

ということであり、

100点満点で

 30点であっても、
 「30点という得点」を評価する

という姿勢です。


テストを受けて、

 「不合格」の点数を取るくらいなら
 「白紙で出したい!」

という心境も、わからないではありません。

しかし、この考え方は、

 評価として、「正確」ではありません。

「総合評価」をしてしまうと、

 「何ができて、何ができていないか?」

がわかりません。

それでは、

 「個性」も見えてこないでしょう。

「是々非々」という表現がありますが、

 「いいものはいいい、悪いものは悪い」

ということがわかって初めて、

 「自信」もつき、
 「修正」も可能になります。

そして、それが、

 次のための「貴重な足がかりになる」

のです。


ただ、

 「100のうち1つだけの成功」

という場合は、

 その先の「道のり」が遠い感じがします。

「可能性」は見えても、

 「先はまだまだ果てしなく遠い」
 
という感覚に負けてしまいそうです。

 「一段ずつ」上がれば行ける

ということはわかっても、

 そうする根気は湧いてきません。

 「コツコツと」「地道に」「一歩ずつ」

ということは、理屈ではわかっていても、

 「早く、一気に上りたい!」

という欲求に負けてしまうのです。


ここを乗り越えるための

 「ひとつのヒント」

が、幸之助さんの

 「失敗するのは
  成功するまでに努力を放棄するからだ。

  成功するまで続ければ、
  事は必ず成功する」

という言葉です。

多くの人は、この言葉を、

 「励まし」のようにとらえています。

しかし、

単なる「励まし」ととらえていては、

 いざというときにがんばれません。

これは、

 幸之助さんの「思想」です。

この「思想」を人生に持ち込んで、

 「成功するまで続ける」と覚悟する

ことが必要です。

「成功か、失敗か?!」を
 
 いちいち、大声で判定せずに、

あくまで、

 「一時的な結果」として受け入れ、

気を取り直して、

 もう一度チャレンジしてみる。

そういう「生き方」です。


すべてのことは、

 人生においては「途中経過」でしかない

と受け止め、

 どんな結果でも「失望」はしない!

 何があっても「絶望」だけはしない!

そう決心して、タフに生きたいものです。


♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

下記の通り
「ちとえ藤堂塾」を開催いたします。


  (大 阪) 6月11日(日)13時 ~

 (東 京) 6月17日(土)13時 ~

 (テーマ)「信じる力」の磨き方


 「信じる力」とは、
 「心の力」であり「思いの力」です。

 仕事も人生も、人間関係も、
 この「信じる力」で開かれていきます。

 これを邪魔するのは、
 「不安になる心」や「心配する心」です。

 これが「不信力」として働いてしまうと、
 「自滅」していくことになります。

 大事なのは、
 「結果」ばかりを心配することをやめ、 
 「自分自身を信じる力」を持つことです。

 今回は、そういった「心の力」である
 「信じる力」の磨き方をご紹介します。


 ★ お申し込みは
  ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html  
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を
毎朝お届けしています。

         
ぜひ、こちらも登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


第1024号 理由の説明

  「動機」には、
  うまく説明できないこともある。

第1025号 詮索する

  「何となく」は立派な理由である。

第1026号 わからないまま

  「わからないまま」でもいい。

第1027号 まぁ、いいか!?

  「認めて」いるわけではないが、
  「受け入れて」みる。
  そんな世界もあっていい。

 
本日、「第1028号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/13
部数 4,078部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/13
部数 4,078部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング