仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-710「自問自答」


カテゴリー: 2017年04月14日



メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◆◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇◆ 
   
         道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.710)「自問自答」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内 

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.710)「自問自答」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


==============================================


「自問自答」

 自分のしたことを、他の人びとが評価する。

 ほめられる場合もあろうし、
 けなされる場合もある。

 冷ややかに無視されることもあろうし、
 過分の評価にびっくりすることもあろう。

 さまざまの見方があって、
 さまざまの評価である。

 だから、うれしくなって心おどる時もあれば、
 理解の乏しさに心暗くする時もある。

 一喜一憂は人の世の習い。賛否いずれも、
 ありがたいわが身の戒めと受け取りたい。

 だがしかし、やっぱり大事なことは、
 他人の評価もさることながら、

 まず自分で自分を評価するということである。

 自分のしたことが、
 本当に正しかったかどうか、

 その考え、そのふるまいに
 ほんとうに誤りがなかったかどうか、

 素直に正しく自己評価するということである。

 そのためには、素直な自問自答を、
 くりかえし行なわねばならない。

 みずからに問いつつ、みずから答える。
 
 これは決して容易ではない。
 安易な心がまえで、できることではないのである。

 しかし、そこから真の勇気がわく。
 真の知恵もわいてくる。

 もう一度、自問自答してみたい。
 もう一度、みずからに問い、みずからに答えたい。


         (『道をひらく』松下幸之助)
     

============================================== 


「自問自答」とは、

 「自分と対話すること」でもありますが、

この「自分との対話」の方法の主なものに、

 「反省」と「内省」があります。


「反省」とは、

 起きた出来事を「縁起で見る」すなわち、
 「原因と結果の連鎖で見抜く」ことです。

 「結果」から見て、
 自分の「思いと言葉と行動」は正しかったか?!

 ということを振り返るものです。

一方、「内省」とは、

 「今、自分の身に起きていること」に対して、
 「自分の心は、どう認識しているか?!」」

 ということを確認することです。

 自分は、日々の出来事を、
 「素直に、正しく受け止められているか?!」

 そこに含まれるメッセージを、
 「素直に、きちんと受け取れているか?!」

 ということを振り返るものです。


いずれにしても、

 これらは、「自問自答する技術」です。

このレベルが低いままだと、

 何度「反省」しても、
 あるいは、毎日「内省」しても、

 同じことを繰り返すことになり、
 なかなか人生が変わっていきません。

したがって、この「技術」を

 きちんと身につけていることが重要です。

「正しいやり方」というよりは、

 「自分なりの方法」を確立しておくこと

が大事でしょう。


例えば、田坂広志さんは、

 「内省」を行うとき、

 自分の中に現れる「静かで賢明な自分」が、
 カウンセラーの役割をする

と仰っています。

この

 静かで賢明な「もう一人の自分」との対話

それが、田坂さんにとっての「内省」です。

また、松下幸之助さんの「反省」は、

 「天地自然の理法」というのが、問答の相手

のようです。


なかなかその域には達しませんが、

私も、

 「もう一人の自分」という存在

をいつも意識するようにしています。

私の場合は、

 「反省」や「内省」のときだけではありません。

いつも、一緒にいると思っています。

私のなかでは、

 「自分」というのは、

 すぐに感情的になり、すぐに怠けたくなる
 なかなか「素直」になれない自分です。

対して

 「もう一人の自分」というのは、

 自分の人生における悟りを体現している存在で、

 自分がこれまで学んできた知識や経験を、
 一つの見識として持ちあわせている存在である。

そのようなイメージです。

この「もう一人の自分」は、

 常に、冷静で迷いません。

 私の過去もすべて知っており、

 私の性格や思考法、あるいは失敗パターン
 といった「私の傾向性」をすべて承知しています。

きっと

 私の「人生計画」も知っているのでしょう。

そして、何より、

 私の「最大の味方」であり、
 私の「人生の最大の協力者、応援者」です。

この「もう一人の自分との対話」

 これが、私の「反省」であり「内省」です。


実は、私にとっての「成長」とは、二つあります。

ひとつは、この

 「もう一人の自分」のレベルが上がっていくこと

です。それは、

 対話する相手のレベルが上がること、
 
すなわち、

 より適切な指導が受けられる

ということを意味するのです。

そのために、日頃、

 一所懸命にいろいろな勉強を続けています。

その学びは、すべて

 「もう一人の自分」に蓄積されるのです。

それが、私が

 「法則や原理原則」を学び続ける理由です。


そして、もうひとつの成長が、

 「生身の自分」の人間力が高くなること

です。それは、

 「イライラすること」が減ったり、
 感情を乱しても、あまり長く引きずらなくなる

というようなことです。

より深い「問答」をするには、

 先生も生徒も、
 ともに成長していかなければなりません。

ある意味、

 「自分のなかの競争」

といってもいいかもしれません。


こうして書いてみると、恰好よく見えますが、

実際には、

 もっとドロドロした戦いであり、
 葛藤の連続です。

しかし、

 「メンター」のような「もう一人の自分」が、
 常にそばに居てくれる

というのは、とても有難いことです。

 真の「自己管理」

というのは、こういうことかもしれません。


ただし、

 「見張り」ではなく「協力者である」
 
 「先生」というよりは「応援者である」

というところは、押さえておく必要があるでしょう。



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


今回もお読みいただきありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

下記の通り「ちとえ藤堂塾」を開催いたします。

 東京コースは明後日開催です!


  (東京)4月16日(日)13時~16時

 (大阪)4月23日(日)13時~15時

 (テーマ)「モチベーションの高め方」 

    価値観が多様化する中では、働く理由や
    がんばる理由が変わりつつあります。

    これまでのやり方では、部下を動機づけ
    することができません。

    価値観の違う人に、どうすればやる気に
    なってもらえるか?!

    また、そんな中で、自分のモチベーショ
    ンをどう高め、どう維持するか?!

    今後の「モチベーション」については、
    もう一歩踏み込む必要が出てきました。

    その辺りを具体的に解説します。


  お申し込みは
   ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     


「人生好転」のための『一転語』を
毎朝、お届けしています!
         
こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


第975号 自己矛盾

  「やる気はあってもがんばれない」
  というケースもある。

第976号 できることが前提

   世の中は、すべて
  「できること」が前提になっている!?

第977号 自己嫌悪感

  「自己嫌悪感」が「自己否定」につながり、
    「もう一度挑戦しよう」という意欲を奪う。    

第978号  がんばる理由
 
  「やる気」というものは、
  「出さねばならないから出すもの」ではない。


本日、「第979号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき
毎日のセルフチェックにご活用ください!(無料)
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾  http://www.chitoe.com/  
                       todo-juku@chitoe.com 
───────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
     http://www.chitoe.com/profile.html  
───────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を利用して
発行しています。
配信中止はこちら
    http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/18
部数 4,247部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/18
部数 4,247部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング